ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

354:IMF「財政再建、負の影響大」

2010/10/03 (Sun) 02:19




ツイッターでブログ更新をお知らせしています!(←こちらをクリック)


↓政治ブログランキング、お陰様をもちまして遂に、

 25位になりました!!!


人気ブログランキングへ

皆様、ありがとうございます!!!



前回も多数の投票&コメント、ありがとうございました^^


↓こちらも引き続きやっておりますので、
 よろしければどうぞ^^

[10月04日(月)までです!]




↑これに関連しまして、
コメント欄

FreeJapanPatoriots of Japan

【請願】尖閣問題に憤る全ての皆様への協力依頼
FreeJapan http://www.sns-freejapan.jp/2010/09/28/senkaku-3/
Patoriots of Japan http://www.poj-cobaltblue.com/data/seigan.html

を紹介されていましたので、本文でも紹介させていただきました。

少しでもご興味のある方は是非ご覧になって下さいませ。

ちなみに、
Patoriots of Japan
のページの方では、自衛隊のかっこいいプロモーションビデオのリンクも貼ってあります。



さて、本題です。

前回と同じ

日経新聞2010年10月1日朝刊の記事です(同じく、記事の部分だけコピーして出先に持ってきたので何面かは分かりませんm(_ _)mが、同じく、国際面の「ダイジェスト」に載っています)。

これまた、IMFネタです



 【IMF「財政再建、負の影響大」】

  国際通貨基金(IMF)は30日、
  世界経済見通しに関する報告書の一部を公表した。

  財政赤字の削減が重要であることを強調したうえで、
  現在の環境下で短期的にには通常より負の影響が大きくなると分析。

  財政再建を進める際には、
  景気に与える影響を注視して慎重に進める必要があるとの認識を示唆した。

  財政赤字を国内総生産(GDP)比で1%削減した場合、GDPが2年間で0.5%縮小し、
  失業率を0.3%ポイント程度上昇させると試算した。

  財政支出を減らすことで消費や投資が減少し、
  経済に悪影響を与えるという。




おお、IMFが「財政支出を減らすと大変だー」とな?

あの緊縮財政の総本山、
構造改革派の大権現のIMFが路線転換か?


と思ったら、IMFの元の文書を見ると

残念ながら、そんなこともありませんでした…



http://www.imf.org/external/pubs/ft/survey/so/2010/RES093010A.htm

Budget Cuts and Growth: Short-term Pain, Long-term Gain

予算削減と成長:短期は痛み、長期はプラス


■Most advanced economies will have to make difficult budget cuts

ほとんどの先進国は、困難な予算削減を行わなければならなくなる


■Results tend to be painful in the short term

その結果は短期的な痛みを伴う


■In the long term, reducing government debt is beneficial

長期的には、政府の負債を減らすことは有益である





うーん、日経の記事(「財政再建、負の影響大」)とはニュアンスがだいぶ異なるようです…


が、今回のIMFのレポートでは意外(?)と冷静な分析もされていたりもします。


あとは面倒くさいので、和訳版で見てみましょう:




往々にして、財政再建の短期的な影響は、多くの要素により緩和される。

 第一に、通常中央銀行が金利の引き下げを行ない、貨幣価値が下落する。
 これが消費及び投資への影響を緩和し、また輸出を押し上げる。

 第二に、財政の持続性に対する市場の懸念がより大きい場合は、財政再建のコストが少ない。

 第三に、支出の削減を軸とした再建は、増税を主軸としたものと比較し痛みが少ない。
 これは主に、中央銀行が支出の削減の後に一層の金利の引き下げを行うことによる。



長期的には、財政再建は産出高にプラスの効果をもたらすことが判明した。

 特に、債務を削減することで、実質金利が引き下げられ債務返済コストが低くなり、
 将来減税が可能となる傾向にある。
 民間投資が増加することにより、長期的に産出高が向上する。



我々の分析は、今日の状況下で行う財政再建は、通常と比較し、
短期的に一層のマイナスの効果をもたらす可能性が高いことを示している。


 多くの国では既に金利がゼロ近辺にあることから、
 中央銀行の金融刺激策は限られたものとなる。

 さらに、貨幣価値の下落と純輸出の拡大が全ての国で同時に実現することは不可能であるこ
 とから、多くの国が同時に調整を行う場合、産出高へのマイナスの影響はより大き
 くなる可能性が高い。

 我々のシミュレーションによると、中央銀行が金利を引き下げることができず、
 また調整が全ての国で同時に行われた場合、産出高は我々の基本想定の2倍以上縮小
 する可能性があることを示している。

 しかし、政府債務不履行のリスクが高いとされる国々については、
 短期的なマイナスの影響は比較的小さいと考えられる。





この分析というのが、よくよく見てみると

 我々は、過去30年間で行われた財政再建の、
 産出高及び失業に対する影響について分析を行なった。

ということで、過去のデータから財政再建の効果を分析してみたものだということです。



それで、
簡単にまとめてしまうと…


短期的には
 財政再建(財政支出のカット)をやりながらでも金融緩和で金利を下げれば

 →通貨安で輸出増加

 となるので、財政再建の経済への悪影響を緩和できる。


長期的には

 債務削減で実質金利が低下
 債務削減で債務返済コスト減→減税が可能になる

 →消費や投資を刺激

 となるので、景気にプラスになる


という分析結果があったと。



しかし、

現在

 多くの国では既に金利がゼロ近辺→これ以上、中央銀行の利下げは困難

 通貨安&純輸出の拡大が全ての国で同時に実現することは不可能
 多くの国が同時に歳出カット→世界的にGDPマイナスへの影響大となる可能性大



という状況だよー、と。



うーん、

せっかくこの現在の状況に関する分析

「みんなが同時に歳出カット&通貨安誘導しても無意味
 (筆者注:これじゃあ世界的デフレスパイラル!!!)」


というような意味に取れる、非常に的を射たまともなものになっているのに、


「でも、長期的にはみんなで財政再建やればきっと実質金利が下がって良くなるぴょーん」

というこの楽観的な結論が、正直、怖いです。


この「長期的には良くなる」って、

「よその国が景気の良いときに、自分とこの国だけ財政再建してても、
 自国の需要減を輸出増、つまり外国の需要増でとりあえずカバーできる」


ということがあって、初めて成り立つものなんじゃあないのでしょうかね、IMFさん…


例えば、アジア通貨危機なんて、

世界経済の大部分を占める先進国はほとんど打撃を受けていなかったため、

経済危機に陥った新興国はみな通貨切り下げ→輸出大幅増で復活しましたので!



そして、もう一つの私の正直な感想は、

今回の日経新聞が付けた

【IMF「財政再建、負の影響大」】

とした見出し実に本質を突いているように思えてなりません!




「通貨安&純輸出の拡大が全ての国で同時に実現することは不可能
 多くの国が同時に歳出カット→世界的にGDPマイナスへの影響大となる可能性大」

と分かっていながら、「財政再建すれば長期的には景気は良くなるぴょーん」ということで、

各国が同時に財政再建=世界同時需要減を薦めるなんて、

それじゃああんた、世界大恐慌の再来じゃん、IMFさん!!!


と思われた方や、


「財政再建、負の影響大」

という見出しを付けた今回の日経新聞のセンスは、とりあえず素晴らしい!!!

と思われた方は、

↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/in.php?751771

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m


<著書紹介>
さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信


【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして本書の目的の第二
 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
 つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
 そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
 この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
 本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
  こちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc
 
関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 尖閣だけでない中国の布石
≫次の記事 円建て外貨準備増加!

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。