ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

358:メキシコ100年債発行

2010/10/08 (Fri) 10:01




ツイッターでブログ更新をお知らせしています!(←こちらをクリック)


↓政治ブログランキング、お陰様をもちまして遂に、

 25位以内継続中です!!!


人気ブログランキングへ

皆様、ありがとうございます!!!


さて、本題です。

日経新聞2010年10月7日朝刊9面より



 【メキシコが100年債発行】
 【発行額10億ドル、2.5倍の応募】

  メキシコ財務省は5日、
  償還期限を2110年とする国債、10億ドルを発行したと発表した。

  同省によると、国が100年債を発行するのは、1996年の中国に続き2例目で、
  中南米では初めて。

  新興国が発行する債券への資金流入が続く中、
  より有利な発行条件を確保できると判断した。

  
  利回りは6.1%と、今年4月に発行した30年債(6.22%)を下回った

  …

  今回の国債発行でメキシコ政府は、今月償還期限を迎えるサムライ債をはじめ、
  2012年までの対外債務の償還に必要な資金を手当てできたとしている。

  メキシコ政府
  為替相場や海外の景気変動の影響を受けやすい外貨建て債券の発行
  抑制してきた。

  残高に占める割合
  2000年の45%から、
  今年6月には19.4%まで下がり
  一定の成果が得られたと判断して
  ドル建てによる100年債の発行に踏み切った。



 

100年満期の外貨建て債券の発行ということですね。


ドル建てで6.1%の利回りとなると、なかなかのものです。

利回り

ブルームバーグの記事でも
yield 6.1 percent

と書いているのですが、


yield 利回り

ということは、複利のはずですので、

そうすると、100年もたつともの凄いことになります…


メキシコ100年債


6.1%の100年複利というと

1.061の100乗です。


計算してみますと…

100年たったら372倍?? @0@

単利ベースで考えると、年371%の金利が付くのと同じ、ということに


ほんとかしら…



メキシコ政府にとっての外貨であるドル建ての債券となると、

デフォルトリスク、つまり踏み倒されるリスクを考えないといけません。


しかし、本当に上記のようなパフォーマンスならあえてリスクを冒してみようかしらと

いう気もしないことはないですね。


 
ところで、

この記事で私が本当に注目したいのは、



  メキシコ政府
  為替相場や海外の景気変動の影響を受けやすい外貨建て債券の発行
  抑制してきた。




という部分です。


とくに、メキシコは外貨建て債務に起因して、

過去30年で2回の経済危機(国債のデフォルトと通貨危機)を経験しておりますので…


【経済破綻と回復】
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-83.html




100年債の利回りも興味深いけれど、

メキシコはその前に、

外貨建て債務の怖さを骨身にしみているので、

外貨建て債務をしっかり減らしていたのねん。


メキシコ人は、

政府の外貨建て債務がなく、
国全体で海外への債権の方が債務よりずっと多いのに

「国の借金がー」と騒いでいる日本人をどう思っているのかしらん

と思われた方は、

↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/in.php?751771

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m


<著書紹介>
さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信


【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして本書の目的の第二
 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
 つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
 そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
 この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
 本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
  こちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc
 
関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 日銀、株と不動産の買取へ
≫次の記事 財務省へプチ助言

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。