ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

368:人口動態と経済成長

2010/11/17 (Wed) 17:23


札幌 賃貸 賃貸マンション


ツイッターでブログ更新をお知らせしています!(←こちらをクリック)

YNHiromiyaをフォローしましょう




↓政治ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

皆様、いつも応援ありがとうございます!!!
 




※近頃多忙につき頂いたコメントにあまり反応できておらず、申し訳ありませんm(_ _)m
 いつも、ありがとうございます!


さて、本題です。

ひと月ほど前に

「人口減少でデフレ」はウソです
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-date-201010-4.html


という記事を書きましたが、


その後、

総人口よりも、消費意欲旺盛な20歳~59歳の人口の方が消費や経済成長に与える影響が大きい

という説があることを知りましたので、

国連の人口動態推計のデータ
http://esa.un.org/unpp/index.asp?panel=2
↑の "Population by five-year age group and sex (thousands)"

を引っ張り出してきてみました。

※人口動態推計データは5年ごとのデータです。
※人口動態も、経済指標も、2010年は推計です。
※経済指標については、2010年10月の発表の推計なので、
 2010年のデータについては、それほどブレが無いものと思われます。


現役人口と物価1  



うーむ。

ロシアでは総人口は95年以降減少を続けていますが、

確かに20歳~59歳人口はむしろ増えています。


日本はというと…


現役人口と物価2



95年以降、総人口に先行して20歳~59歳人口が急激に減少しています。


ということはやはり、


20歳~59歳人口の推移がデフレや経済停滞の決定打なのでしょうか?


と思いきゃ、そうでもありません。



現役人口と物価3 



ドイツも95年以降、20歳~59歳人口が先行して減少していますが

消費者物価指数は
95年以後もそれ以前と変わらず、ほぼ一直線で増加しています。

また、実質GDPも増加の勢いもそれほど衰えていません。

現役人口と物価4
 


ハンガリーでも2000年以降、20歳~59歳人口が減っていますが、 
消費者物価指数はかなりの勢いで伸びています。


ということで今回のまとめです。
 
 現役人口と物価5 

上表のデータにおいて

ドイツよりも20歳~59歳人口の減少率の大きい

 ・ハンガリーにおいて、
  実質GDPや消費者物価指数の上昇率が大きい

ということが分かります。

つまり、20歳~59歳人口だけが物価や経済成長を左右するわけではないということになります。



日本は、消費旺盛な20歳~59歳人口が大幅に減る中で、
政府支出もちっとも伸びていない

つまり、需要の増えようがない、という状況になっています。

そりゃ、デフレになるでしょう。


さてさて、
恐らくは、人口動態は物価や経済成長に影響を与える大きな要因の一つではあると思われます。



 しかし、
 あくまでも要因の一つであって、
 全てではない。
 
 日本の政府支出の増加率が
 他国と比べて非常に小さく、
 つまり、まだ伸びしろがある。
 というところにこそ、
 日本国民にとってまだまだ望みがある
 ということではないかしら?


と思われた方は、

↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/in.php?751771

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m



<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信


【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
 つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
 そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
 この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
 本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
  こちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc


関連記事

マクロ経済コメント(5)トラックバック(1)|

≪前の記事 ポジティブマネー
≫次の記事 赤字国債は麻薬?

コメント

188:

>消費意欲旺盛な20歳~59歳の人口の方が消費や経済成長に与える影響が大きいという説

これは藻谷氏の理論のことでしょうかね?
私はこの方の書籍を読んでから、影響がないとは言えないなと感じておりました。

今回の廣宮氏の「影響を与える大きな要因の一つ」という分析は、正しいと思います。
団塊の世代の大量退職というものは、日本独特の人口動態であり、単純に他国と比べるには無理があるかなと思っています。

だからといって悲観するのではなく、対策は十分にありますね^^

2010/11/18 11:34 | Xマン #- URL [ 編集 ]
189:円高と円安とどちらが良いか

私は経済音痴ですので具体的な経済統計指標は持っていません。また、分析する力もありません。わからない場合は極端な仮定を置きます。

仮に1ドルが0円の円高になれば日本は金がなくても輸入が出来ます。が、1ドルが1兆円になれば外国からは何も買えません。

確かに、円高になれば製品輸出企業は輸出出来なくなります。が、日本の資本財がないと製品を作れない外国企業は高くても日本の資本財を買う必要があります。

日本は資源の無い国ですから輸入出来なければ生きていけません。極端なことを考えれば円高は日本にとっては良い事ではないかと思われます。

為替の影響は、輸出先国の物価状態にも左右されるはずで、10%円高でも輸出先の物価がそれに相当する上昇であれば相殺されるのではないでしょうか。

為替の変動は企業努力とは全く関係ない損益が発生します。日本全体の問題として、輸入企業と輸出企業が協力し、為替変動の影響による損益を最小にするしくみはできないでしょうか。IT技術が発達している現在であれば可能ではないかと思っています。

為替が変動してもその影響は20分の1位にできるのではないでしょうか。

2010/11/19 20:02 | にっぽんじん #- URL [ 編集 ]
190:中国のバブル崩壊

もし崩壊したら、中国はどうなるのでしょう。
日本も影響を受けると思いますが、経済的なものにとどまらずとても危ういような気がします。気のせいでしょうか。

2010/11/23 00:02 | ゆりうす #- URL [ 編集 ]
192:金融緩和策

欧米で積極的にとった金融政策をスポットにあててもらえないでしょうか。どんな政策も副作用がありますが財政投入を伴わない金融緩和がデフレ下でどのような効用があるか興味があります。よろしくお願いします。

2010/11/27 09:13 | ぷにょ #- URL [ 編集 ]
301:


2011/01/23 12:33 | あ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3:三橋貴明敗れる(経済討論)

今回そういう視聴者の不満に番組側の配慮があったのかもしれない。財政再建派と思われる小黒一正(一橋大学経済研究所准教授)が登場し、異論を唱えた。経歴を見ると財務省出身となっているのでバリバリの体制側ロビイストだろう。...

日本を変える論客たち 2010/12/12 16:42

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。