ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

373:国債金利急上昇で破綻(笑)

2010/12/29 (Wed) 11:17


札幌 賃貸 賃貸マンション


ツイッターでブログ更新をお知らせしています!(←こちらをクリック)

YNHiromiyaをフォローしましょう 


↓政治ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

皆様、いつも応援ありがとうございます!!! 


 
☆引き続きアンケートにご協力下さいませ(m(_ _)m):

  注記:大阪「都」構想は、国の法律を変えなければなりません。
      つまり、「都」構想は大阪府や大阪市だけの問題ではなく、
      国のあり方の問題、国全体の問題です!
      大阪以外の皆さんにとって決して他人事ではありません!!!





※携帯でも参加可能なアンケートはこちらをクリック

参考記事:
       ・MPJコラム http://mp-j.jp/free_9_29.html  
     大阪「都」構想、「夢のまた夢」 広宮孝信 2010.12.24
  
     ・上記MPJコラムの補足記事(当ブログ): 「都」構想、夢のまた夢




さて、本題です。


みなさん、大変です。

国債金利が急上昇(=国債価格が急落)しています!



国債金利(3か月)


 出典:DreamVisor.com http://www.dreamvisor.com/chart_news.cgi?code=0551&



と言ってみたりして。

まあ、いつものようにシャレです(笑)。

その一方で株価が急上昇しています。
要は、「そろそろ景気戻りそうかな」と予想している投資家が多いので、
国債から株などに資金がシフトしているだけ、ということでしょう。


日経平均(3か月)
出典:DreamVisor.com http://www.dreamvisor.com/technical.cgi?code=0101&candle=D&term=1&dat=0&


これは民主党政権の手柄ということではなく
アメリカの景気が回復傾向を強めているからでしょう(とりあえず、ニューヨークのダウ平均株価はほぼリーマンショック前の水準まで回復しています)。

なにせ、アメリカはかなりの財政出動と超が付くほどの金融緩和をやりましたので!

ちなみに、アメリカ連邦政府の予算は↓こんな感じです。


アメリカ予算
出典:ホワイトハウス行政予算局 http://www.whitehouse.gov/omb/budget/Historicals/ 


どこかのチマチマとしか予算を増やさず、景気が悪いのになんたら仕分けにかまけている国と違い、

支出はなんと08年から10年にかけて25%増、
0.7兆ドル(1ドル82円で計算するとなんと60兆円!)も増加しています。


さて、
おさらいですが、
おカネというのは誰かが損した、誰かが使ったからと言って消えることはありません

株で誰かが損をしたら、他の誰かが得をしています。
(信用取引や先物取引やFXでレバレッジをかけて膨らまして取引しても、タネ銭である証拠金が、
 損をした人から得をした人に移るだけです。)


おカネが減らない、というのは、株価が乱高下しても、預金総額がちっとも減っていないという統計によって裏付けられます。

blog_import_4c5189121ea99.gif

 


株というのは、毎日発行した株の総数のうち、大体はせいぜい1%未満しか取引されません。
全体のうちのほんの一部のサンプルに価格が付いて取引されているだけです。
それゆえに乱高下しますが、それによって世の中のおカネそのものが増減するわけではありません。


株や不動産のマクロ経済の中での位置づけについては

株・不動産は純資産〔補足〕

をご参照ください。


株が暴落してもカネを持っている人は持っています。
だから割安になればほぼ間違いなく買戻しが入ることになります。
それゆえに株が暴落したとき買いのチャンスであり、
ウォーレンバフェットが金持ちになれたのもこの仕組みがあるからです。

実際、世界的に株価は、08年に始まった暴落から、結局は2年ほどでだいたい戻って来ていますね。


さて、日本国債に話を戻しましょう。

これも常連の読者の皆様にはおなじみの話ではありますが、こういう話は繰り返しておくことが重要ですので^^;

(というのも、コメント欄で「この前のチャンネル桜の経済討論で、国債を増発すると金利が上昇して…」といまだにおっしゃっている方がいらしたということを教えて頂きましたので…)

では、おなじみの長期の国債利回りのグラフです。



国債金利(長期) 



90年代以降、国債はひたすら「増発」されていますが、
1990年の9月をピークに国債金利は低下、低迷し続けています

「国債を増発したら金利が上昇して…」というのはこの厳然たる事実をしっかり認識した上で語らなくてはならないでしょう。


さて、そのコメント欄では、国債の借り換えとはどういうものですか?というご質問も入っており、それについて長い文章を私もコメント欄で書きましたので、せっかくなのでブログ本文でも紹介させて頂きたいと思います。(太郎様、ご質問ありがとうございました)


> チャンネル桜の経済討論の中で小黒さんが
 日本は国債の借り換えが170兆円ほどあり国債増発で
 金利が上昇してしまうと大変なことになるという理由で国債増発に反対していた
 と思いますがそもそも借り換えとはどういう意図で行うのでしょうか?

借り換えというのは償還期限が来た国債の返済を、
新たに別の国債を発行することによって賄うということです。
昔、2008年問題というのがよく言われていました。
「98年に小渕内閣が大量に発行した10年国債の償還期限
 である08年に国債の償還ができず、日本が破綻するー!」
という内容でしたが、残念ながら日本政府は破綻することなく、
日本国債はひたすら世界最低水準の金利で発行され続けています(笑)

借り換えについては銀行預金を思ってください。
定期預金を想像しましょう。
太郎さんがある銀行に5年物定期でおカネを預け、
5年後に払い戻してもらったとします。
その銀行は太郎さんから預かったおカネを5年間運用し、
5年後に太郎さんに返すのですが、
太郎さんに返しっぱなしで他から資金調達しなかったらもう商売できませんよね?

銀行預金は日銀統計を見る限り、ほぼ一貫して増加し続けています
(少なくとも減っていません→注:上の預金のグラフ参照)。
色々な人が引き出しをする一方、いろいろな人が預け入れてトータルでは減らないのです。

預金は銀行にとっての借金、政府で言えば国債です。
引き出しが国債償還、預け入れが新規国債発行に相当します。
つまり銀行は常日頃からひたすら借り換えをやり続けているのです。
「借り換えがダメ」なのなら、銀行はひとつ残らずつぶれています。


> また国債増発で国債金利が上昇することもあるのでしょうか?そしてそれは悪いことでしょうか?

もちろんあるでしょう。
ただ、90年代以降、国債の発行残高が増え続ける中で金利は下がり続けました(注:上の国債利回りグラフ参照)。
金利というのは景気動向や日銀の政策によって変動します。
前に日銀が量的緩和をやっていたときは10年物の国債の利回りが0.4%台と、
買い手からすればふざけるな、と言いたくなるような低金利になっていました。
そして、量的緩和解除後は少し上昇しています。

またこの問題を考える際には、その金利の受け取り手は誰か
ということも考えなくてはなりません。
その受け取り手がその受け取った金利を何に使うか、
どう運用するのか、ということです。

ギリシャ国債であれば保有者が外国人の場合が多いので
金利のかなりの部分は外国に流れ、
しかもユーロなのでギリシャ以外で運用(たとえば安全とされるドイツ国債)
または使われる可能性大です。

日本では9割以上が国内保有であるのでほとんど国内に流れます。
かつ、ユーロのような共通通貨とは違い、日本円で支払われた金利は結局、
日本国内で使われるか日本円で運用されるため(日本円は日本円建てでしか運用できないわけですから)、
かなりの部分が結局は日本国債の運用に回るでしょう。

もしかしたらトヨタ社債に回るかも知れませんが、
そうなればトヨタ社債の金利が下がり、
国債の金利が上がって国債の金融商品としての魅力が上がり、
また国債を買う人が増えることになります。

それによって誰が損するかだけを見るのではなく、
誰が儲かるかということまで考えれば、
国債増発=金利上昇とは限りませんし、悪いこととも限らないでしょう


世の中、基本的に誰かが損をすれば、他で誰かが儲かっているものです。
誰かの支出は他の誰かの収入になるのですから。
(その証拠に、統計を見ても預金総額は減っていない)




 今回のタイトル通り
 『国債金利上昇で破綻(笑)』


と思われた方は、

↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキングへ


http://blog.with2.net/in.php?751771

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m
 



<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信


【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
 つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
 そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
 この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
 本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
  こちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc


関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(4)トラックバック(0)|

≪前の記事 「国の借金はゼロにしなくて良い」by 池上彰氏
≫次の記事 「都」構想、夢のまた夢

コメント

260:

誠に不思議なことなのですが、一部?のいわゆる経済学者や評論家は、何故か事実があるのに「仮説」を優先しています。少なくともそう見えます。
科学でいうと、実験結果より仮説を優先するというおおよそあり得ないことが平然とまかり通っています。こういうことがあるからこそ、丁寧に数々のデータを分析し、仮説、検証を繰り返すブログ主様の理論を支持している訳です。

小黒氏で追加なのですが、その番組の中で家計の金融資産が増えていないことを指摘して持論に持って行っていました。当然、民間企業の金融資産については触れていませんでした。

2010/12/29 20:37 | alt #- URL [ 編集 ]
262:

>では、おなじみの長期の国債利回りのグラフです。

このグラフを見ていたら、この動画に出てくる犯罪件数の統計を思い出しました。

子供の犯罪被害が増えているというマスコミの嘘と煽り
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1892455

2010/12/31 01:16 | シント #NgDLdiQA URL [ 編集 ]
263:

今年1年、広宮さんやブログの皆さんにはお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

それでは良いお年を

2010/12/31 18:14 | シント #- URL [ 編集 ]
271:

http://www.youtube.com/watch?v=8VsNdricqaI&feature=related

第81回 日本経済復活の会 廣宮孝信2

ついにアップされましたね。
待っていた甲斐が有りました。

2011/01/03 20:59 | inadak #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。