ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

380:TPPはデフレ促進

2011/02/28 (Mon) 22:07


札幌 賃貸 賃貸マンション


ツイッターでブログ更新をお知らせしています!(←こちらをクリック)

YNHiromiyaをフォローしましょう 


↓政治ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

皆様、いつも応援ありがとうございます!!! 


自民党大阪鶴見区支部 青年部長
広宮孝信オフィシャルサイト できました!
広宮孝信オフィシャルサイトロゴ
 




新著、
↓アマゾンで好評予約受付中であります! (明日3月1日、いよいよ発売です!!)

「TPPが日本を壊す ~あなたの食と職が危ない!~」

http://www.amazon.co.jp/dp/4594063683/
 





明日、いよいよ発売ということで、一応TPPネタです。



まずは、前々からの読者の皆さんにはご記憶のある、下の説明図から。


インフレ、デフレ 


これは、石油ショックのときのインフレ対応政策と、一昨年の鳩山政権の政策の対応の概略であります。


さて、TPPはというと、


左側の下半分の「供給拡大及び競争政策」の

①「輸入数量制限 緩和or撤廃」、②「関税引き下げ」

が当てはまります。

ただし、

③の「輸出制限(国内消費量確保)」については、自由貿易協定であるため輸出増加となる可能性があります。インフレ対策の逆の方向、つまりデフレ対策とまでは言えないですが、インフレ対策とは逆の方向になる可能性です。

しかし、

TPPの参加国、参加表明国の大半は、一人当たりGDPが1万ドル以下、つまり、人件費が日本よりも非常に低く、それが故の輸出競争力が高い国々です。

また、一人当たりGDPが2万ドル以上のアメリカ、カナダ、オーストラリアは日本よりも金利水準が高く、つまり利下げ余地があるため、通貨安に誘導しやすい、つまり輸出競争力を金融緩和によって高められる可能性が高い国々です。

そう考えますと

今の日本におけるTPPは①、②の影響のほうが③よりも強くなる可能性が高く、デフレ促進になりそうな雰囲気で一杯です。



更に、上の図の左上の「総需要管理政策」についてみてみましょう。

最近では消費税増税が盛んに言われているので、

上半分の②の「増税」

つまり、今の菅政権の政策も

デフレ促進爆走中

ということになりそうですね。
 

ちなみに、消費税の増税だけで国の借金が減ることはありません。

だって、今の政府の財政赤字は50兆円くらいですね。

そして、消費税はだいたい9兆円で、国税だけだと7兆円くらいですかね。

そうすると、25%に増税したとしても単純計算で今の5倍の35兆円。

国税の増収分は35兆円-7兆円=28兆円。

50兆円の財政赤字を埋めることはできません!

40%にしてやっと、8倍の56兆円で財政黒字にできます。

もちろん、民間経済は確実に破綻するでしょう。

え?増税ではなく歳出削減すれば良いって?

結果は同じです。GDPは確実に急減、大恐慌になりかねません。


まあ、よほどのインフレならそれも良いのかも知れませんが…



あれ?ところで、いまの日本ってインフレでしたっけ?

ちなみに、

IMFの

World Economic Outlook Database, October 2010

に基づいて、過去10年の平均インフレ率ランキングを作ってみました:

(ちなみに、かのハイパーインフレなジンバブエは2000年のデータが無いので、ランキング対象外となっています) 

 インフレ率ランキング 



 177ヵ国中、
 堂々の世界一位のキング・オブ・デフレ
 の日本国において、
 デフレ促進の政策が続くなんて
 素敵すぎるぅー 」

と思われた方は、

↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキングへ


http://blog.with2.net/in.php?751771

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 





関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(11)トラックバック(0)|

≪前の記事 広宮の政策論(大阪)、理念【まとめ】
≫次の記事 商店街活性化のお話

コメント

313:商品価格上昇の原因は実需=OECD―【私の論評】やっぱり、昨日書いたように、サンケイ新聞の記事は、『バカも休み休みいえ!!そんなんで、日本は救われない!!

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。TPP絶対反対ですね!!ところで、OECDが4月のG20に提出する報告で、小麦、砂糖、綿花、金属、石油、その他の商品の価格上昇は一部で指摘されているような投機筋によるものではなく、世界の需要が供給を上回るペースで伸びていることが主因だとの見解を示すことが、その草案で明らかになったと、WSJに掲載されていました。産経新聞の直近の「日曜経済教室」では、これをはっきりと、投機筋によるものとし、挙句の果てにこれが日本のインフレの引き金になり、日本が輸出価格をあげなければ、消費税10%相当の富を喪失すると結論づけていました。しかし、商品価格上昇の原因が実需であれば、この記事の前提そのものが崩れるわけです。やはり、この記事は煽り記事とみるべきだと思います。広宮さんは、どう思われますか?詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

2011/03/01 11:31 | yutakarlson #.BcbyNME URL編集 ]
315:理論も時間軸も無視した愚論、それがTPPでデフレ促進

TPPで輸入デフレというのは、相対価格と一般物価の混同という失笑物の間違いなのですが、そういった理論が仮にわからなくても、TPPが合意され、調印され、発効し、さらに猶予期間が終わるのは十数年も先の話なのに、足下のデフレと絡めた批判をするなんてマヌケ以外の何ものでもありませんね。それとも、デフレがあと十年以上も続くことを期待しているんでしょうか。そうなればTPP以前に日本はもうボロボロでしょうね。

2011/03/05 20:28 | yasu #- URL [ 編集 ]
316:

↑おっしゃる意味がよく解らないのですが…

TPPが日本を壊す~を購入しました。なるほど、と思う反面、企業のメリットについては抗いがたいモノがあるのかな、とも思いました。どんな未来像が待っているのでしょう?
良書があるようなので、そちらを読んでみたいと思います。
インフレバスターとしては今の内閣がやろうとしている政策はどの程度強烈なのでしょうか。デフレの時にインフレバスターをやるって、心理的には史上もっとも強烈に感じてしまうのですが…。

2011/03/05 21:21 | クマのプータロー #/gM4Tgrc URL [ 編集 ]
317:久しぶりにアンチが湧いてきましたね

>TPPで輸入デフレというのは、相対価格と一般物価の混同という失笑物の間違い

意味が分からん。いずれにせよ日本人の実質賃金が全体的に下がるんじゃないの?

>デフレがあと十年以上も続くことを期待しているんでしょうか。そうなればTPP以前に日本はもうボロボロでしょうね。

日経ビジネスより
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20101028/216855/?rt=nocnt
TPPはシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイで2006年に結んだFTAが発端。農林水産物を含め原則として、すべての品目について即時、または10年以内に段階的に関税を撤廃するのが大きな特徴だ。


「即時、または10年以内に段階的に関税を撤廃」なのでその影響は締結時点で出てくるでしょう。「十数年も先の話」ではないですね。「失笑物の間違い」とか「マヌケ」とか書いていること自体が失笑物の間違いでマヌケですな。

まあ最近このブログもそんなに更新されていないし枯れ木も山のにぎわいってことで。

2011/03/05 21:56 | 地底人 #tPqeqQMM URL [ 編集 ]
318:

55 ■>#33

>yasud@さん

TPPでデフレを考えること自体が間違っていると考えていたので気にしていませんでしたが、確かに時間軸を考えても変な話ですね。

TPPではデフレ圧力にならないというのは、仰る相対物価と一般物価の話もそうですが、それ以外にも供給力の高まりを単純に需給ギャップ拡大とみなすのが誤りという面もあります。これは三橋氏やその一派などに特徴的な、時間軸の考えが入っていないが故に勘違いし、間違った結論を導いたという典型例です。

規制緩和や構造改革、あるいはTPPなどで生産性が向上し、供給力が増える政策を考えます。この時、時間の概念を無視すれば、供給力の拡大によって需給ギャップが拡大し、それがデフレを悪化させるという考え方は一見正しそうに見えます。しかし、このような政策で供給力が増加するのは、実際には将来であって現在ではありません。なので、現在に高まるのは供給力ではなく供給力成長率です。この供給力成長率の高まりは、(ゼロ金利という)金利一定の下では金融緩和の効果を高めることになりデフレ脱却の助けとなります。また、将来の供給力拡大を見越して人々が現在の消費を増やす場合、現在の需給ギャップも縮小するので、これもデフレ脱却の助けとなります。

このように、構造改革やTPPなどを「インフレ対策です!」などと言って、デフレを悪化させるかのように喧伝することは、時間の概念を考慮すると間違いだとすぐわかるものなのですが、元々の時間の概念のない場合のどこがおかしかったのかを考え直してみると、それは「供給力は増えるのに需要は一定」という誤った仮定を暗黙に置いていた点にあります。供給力を変えるには当然、雇用量が変わったり、給料が変わって所得が変化して消費量が変わったりと、需要側も変化する必要があります。三橋氏らは、一般には供給力より変化しやすい需要が一定のまま、供給力だけが変化するというトンデモな仮定に基づいて、需給ギャップが広がると主張しているわけです。そして、その結論もトンデモであり、間違っているわけです。

檜佐木 2011-03-06 18:20:44 [コメント記入欄を表示]

2011/03/06 21:24 | yasu #- URL [ 編集 ]
319:またアンチが湧いたので

繰り返し同じコメントで対応w

>TPPで輸入デフレというのは、相対価格と一般物価の混同という失笑物の間違い

意味が分からん。いずれにせよ日本人の実質賃金が全体的に下がるんじゃないの?

>デフレがあと十年以上も続くことを期待しているんでしょうか。そうなればTPP以前に日本はもうボロボロでしょうね。

日経ビジネスより
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20101028/216855/?rt=nocnt
TPPはシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイで2006年に結んだFTAが発端。農林水産物を含め原則として、すべての品目について即時、または10年以内に段階的に関税を撤廃するのが大きな特徴だ。


「即時、または10年以内に段階的に関税を撤廃」なのでその影響は締結時点で出てくるでしょう。「十数年も先の話」ではないですね。「失笑物の間違い」とか「マヌケ」とか書いていること自体が失笑物の間違いでマヌケですな。

まあ最近このブログもそんなに更新されていないし枯れ木も山のにぎわいってことで。

2011/03/07 20:42 | 地底人 #tPqeqQMM URL [ 編集 ]
320:

ついでに

>なので、現在に高まるのは供給力ではなく供給力成長率です。この供給力成長率の高まりは、(ゼロ金利という)金利一定の下では金融緩和の効果を高めることになりデフレ脱却の助けとなります。また、将来の供給力拡大を見越して人々が現在の消費を増やす場合、現在の需給ギャップも縮小するので、これもデフレ脱却の助けとなります。

それこそ根拠ゼロの勝手な妄想。アンチはしょせんアンチという典型的なお手本w

2011/03/07 20:44 | 地底人 #tPqeqQMM URL [ 編集 ]
321:デフレとインフレ、インフレなのに失業率高い?なぜ?

ニクソンショック(米ドルと金の交換停止(1971年8月15日))以来、主要通貨は紙切れかコンピューターデータに過ぎなくなった。(マイナーな通貨に金本位制等が残っているかは知りません。)お金の本質は各自が「他の人々がモノやサービスを○○と交換してくれる。」と信じていること、何がその○○であるかの合意が人々にあること。人々が合意して信じるのであれば、貝でも羽根でも金でも銀でも紙切れでもコンピューターデータでもなんでもお金になる。世界の不況は、「お金をモノやサービスに替える力」より「モノやサービスをお金に替える力」が強いことが原因だと思います。モノやサービスをお金に替えた人は、そのお金をモノやサービスに交換しないで貯め込んでしまう。「モノやサービス」の交換プロセスが寸断されている。リーマンショックの前までは、貯め込まれるお金より、借金で信用創造されるお金の方が多くて、貯蓄増大の爆弾を抱えながらも世界経済は拡大していた、既にそれは臨界点に達したように思います。一方で、お金のもう一つの機能、貯蓄手段について考えると、お金(各国通貨=紙切れorデータ)のほかに不動産、株、債権、商品(石油、金、とうもろこし、コーヒーほか色々)、さらには書画骨董等々、古代人類と同じく色々なモノがお金(貯蓄手段)の働きをして、実需以外に投機的需要が発生し、それをインフレと呼ばれていて、全体的に需要が強いインフレと同一視されているのではないかとさえ思ってしまいます。全体的にモノやサービスに対する需要が強い実需のインフレは失業率が低く、特定のモノが貯蓄手段として使われ実需以外に投機需要が発生した場合の「インフレ」は失業率が高い、そしてその特定のモノの相場が高騰し(バブル発生)そして暴落し、負け組から勝ち組に資産が移転する。ブログ主を含めて三橋貴明さんやその他海外の著者の本に書かれたことから考えた結果ですが、本屋さんでも図書館でも、なぜか少数派なんですね。残念です。

2011/03/16 05:46 | 真の日本独立希望人 #RgHKQykw URL編集 ]
323:廣宮先生、教えてくださいませ。

どちらに質問していいものやらよくわからないので、こちらのコメント欄に質問。下記の記事。

「日本銀行は30日午前9時半過ぎ、銀行や証券会社などが必要な資金をやりとりする短期金融市場に、公開市場操作(オペ)で8千億円の資金を供給すると発表した。4月1日に金融機関に資金を供給する分。東日本大震災後の資金供給は12営業日連続で、この間発表した供給額は計119兆1千億円。」http://www.asahi.com/business/update/0330/TKY201103300087.html

これは、金融市場安定のためなんだろう、というもはよく分かるんですが。今回の震災復興や、長期的な日本経済の復活にどれだけの効果があるんでしょうか?

日銀が国債を通常より多く買い込んだり、復興債なんかを政府が発行してそれを日銀が引き受けたりしたらよくないのでしょうか。

やはり上記のように金融市場に資金を供給したらそれでよいのでしょうか?

2011/03/30 10:11 | 経済ぽにょ #mQop/nM. URL [ 編集 ]
324:Re: 廣宮先生、教えてくださいませ。

経済ぽにょさん、

すみません。しばしお待ちくださいm(_ _)m

なお、4月11日ころまで諸般の事情によりコメント欄を閉鎖しますm(_ _)m

2011/03/31 23:01 | 廣宮孝信 #- URL [ 編集 ]
329:Re: 廣宮先生、教えてくださいませ。

経済ぽにょ様

遅くなりすみません!

> どちらに質問していいものやらよくわからないので、こちらのコメント欄に質問。下記の記事。
>
> 「日本銀行は30日午前9時半過ぎ、銀行や証券会社などが必要な資金をやりとりする短期金融市場に、公開市場操作(オペ)で8千億円の資金を供給すると発表した。4月1日に金融機関に資金を供給する分。東日本大震災後の資金供給は12営業日連続で、この間発表した供給額は計119兆1千億円。」http://www.asahi.com/business/update/0330/TKY201103300087.html

119兆という信じがたい規模の数字は朝日新聞の間違いあるいは勘違いだと思いますが(笑)、まあ、それはさておき、

> これは、金融市場安定のためなんだろう、というもはよく分かるんですが。今回の震災復興や、長期的な日本経済の復活にどれだけの効果があるんでしょうか?

金融機関にしたら、いずれは返さなければいけないおカネですので、長期的な景気押し上げ効果ということであれば、疑問符です。


> 日銀が国債を通常より多く買い込んだり、復興債なんかを政府が発行してそれを日銀が引き受けたりしたらよくないのでしょうか。
>
> やはり上記のように金融市場に資金を供給したらそれでよいのでしょうか?

結局のところ、政府そのものが財政拡大しないと、いくら日銀が頑張っても駄目だと思います。それは01年から06年にかけての量的緩和(日銀が国債の保有を数十兆円規模で増やした)でも日本経済はちっともと言っていいくらい拡大しませんでした。なぜなら、財政が拡大するどころか縮小したからであります。その間の名目成長率は世界最低だったのであります。

政府が財政を拡大する、そして日銀は国債の買い取りなどを増やして金利が上昇するのを抑える(金融緩和を拡大する)ことを通じて政府をサポートする、という

財政拡大+金融緩和

の組み合わせが重要であります。金融緩和だけでは成長はままならないというのが01年から06年の結果から読み取れるものと考えます。

2011/05/03 11:18 | 廣宮孝信 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。