ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

387:消費増税の皮算用

2011/05/25 (Wed) 13:58
 






YNHiromiyaをフォローしましょう 


↓政治ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

皆様、いつも応援ありがとうございます!!!





現在発売中の週刊ポスト2011/6/3号、p.40に私も取材を受けました経済記事が掲載されております。

 

【給与&年金カット、大増税で国民資産100兆円が消える】

http://www.weeklypost.com/110603jp/index.html

 

私の担当は内閣府経済社会総合研究所(ESRI)の

短期日本経済マクロ計量モデル(2011年版)

詳細乗数表

を参考にした「増税で復興事業をした場合の経済成長」についてのシミュレーションです。

まあ、結論は端的に書くと「復興事業の効果を増税(消費税)が打ち消して成長は差引きゼロ」となります。

 

記事に掲載されているのは結論部分のみで、私が登場するのはほんの十数行ですが、取材はかなり綿密に受けております。私の作業時間と実際に電話でやりとりをした時間を合わせると8時間くらいでしょうか。逆に言えばこの十数行「結論」を得るために週刊ポストの記者さんはきっちりした裏取り、あるいは、根拠の確認をする努力をされているわけであり、私もみっちりご協力させて頂いた次第であります。

 

さて、当ブログでは何回か(たぶん、2,3回)に分けてこの記事の補足事項を書いてみたいと思います(あくまでも予定です)。

 

まずは今回、消費税の増税について。

 

よく、消費税1%増税で2.5兆円税収が増加するというように言われます。


例えば、読売新聞
2011419日:


【消費税8%へ引き上げ検討、復興財源に3年限定】

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110419-OYT1T00088.htm

東日本大震災の被害額は、内閣府の試算で最大25兆円に上る。消費税収は1%あたり年間約2・5兆円で、税率の3%引き上げで約7・5兆円を確保でき、3年間で復興に必要な支出の大半を賄えることになる。

-----

 

総額25兆円の支出を、消費税3%で年7.5兆円、3年で22.5兆円で賄うという試算です。

 

が、残念ながら、それは

取らぬ狸の皮算用

になりそうです。

 

まず、国税庁の消費税収のデータを見てみますと…

 

たしかに、「納税申告額」は国税分つまり4%分だけで10兆円近くあります。

よって、1%あたりだいたい2.5兆円。

(確認事項ですが、消費税5%のうち、4%分が国税、1%が地方税です)

 

ところが、還付される税金というのがあります。細かいことは置いておきますが、これが毎年2~2.5兆円くらいあります。これを考えると

消費税(国税分だけ)の純税収は7.5兆円前後、1%あたり1.8~2.0兆円程度となります。

 

間をとって1%あたり1.9兆円×3%×3年=17.1兆円

 

となります。先ほどの

 

消費税3%で年7.5兆円、3年で22.5兆円

 

と比べると5.4兆円が皮算用という計算です。

 

ちなみに、

冒頭の内閣府【短期日本経済マクロ計量モデル(2011年版)】を使って、

消費税1%増税だけをした場合に税収がどれだけ増えるか、というのを見積もりしてみます。あくまでも、増税だけして、それによって復興事業(=公共投資)を行わない場合です。

 

              租税総額(TAXV                         

              実績値(a           乗数表(b)             (a)×(b)

2005      87.1兆円             2.60%                  2.3兆円

2006      90.6兆円             1.64%               1.5兆円

2007      92.9兆円             1.45%               1.3兆円

3年合計で5.1兆円

3%は単純に3倍してみますと15.3兆円となります。

ちなみに、租税総額の出典は総務省です。

さて、なぜ税収が年を追うごとに減る計算になっているかというと、

つまりは、景気が悪化し、消費税以外の景気に影響を受けやすい所得税や法人税などの税収が減るからです。

「短期マクロモデル」では消費税1%で実質GDP0.25%悪化する計算になっています。

 

ただし、この増収分を財政再建ではなく、追加の公共事業(=復興事業)に充てるならば、景気の悪化はちょうどゼロになると推定されます(詳しい計算過程はまた後日)。

 

景気の変動がゼロであるならば、所得税や法人税の税収は影響を受けないため、税収の増加は先ほどの国税庁のデータから計算した消費税の純増税分ということになると考えられます。

 

つまり、

1%で2.5兆円税収が増えるぜ!

しめて3%3年で22.5兆円!

うひひ!

 

という皮算用をやっていると、

げ!ふたを開けてみると5兆円足りねえ@0

となって、あとで慌てふためくことになりかねません。

 

しかも、景気押し上げ効果はゼロ。ということは、震災の影響により落ち込んでいる分はそのまま残る、ということになります。

 

もちろん、増税しようとしまいと、復興事業は必要不可欠なことであります。
しかし、増税による復興事業は、マクロ経済的には政府は何もしないに等しいということになります。


「『何もしない政府なら、そんな政府はそもそも要らない!』なんて言われても仕方ないような気がする今日この頃」

と思われた方は、
↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 



<著書紹介>
さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信


【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
 つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
 そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
 この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
 本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
  こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc


関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 TPP、「国有化」に劣る?
≫次の記事 通貨割安ランキング

コメント

360:

議員が多くの所有物をオークにかけて復興資金確保してほしい
私欲を国民が捨てるためにも議員が己の財産を国民の前に投げ出す事をお願いします
過去にも大久保利通は財産を国政に投資してさらに借金を重ねては投資した
そこまで必要はないけど
歴史の偉人は私財を行政に投げ出している
国会議員すべての議員が財産を投げ出せ!
また小沢一郎は所有不動産を無償で国に逆献上して
被災難民を救うべし!

2011/05/26 06:42 | みるる #xN7Za8Hk URL [ 編集 ]
367:

もう増税後の結果はわかっているのに ?
財務省の大本営発表はどうでしたっけ ?

2011/06/02 20:54 | inadak #- URL [ 編集 ]
792:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/01/21 15:55 | # [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。