ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

389:「市場の反乱」で日本終了?

2011/06/06 (Mon) 15:58
 






YNHiromiyaをフォローしましょう 


↓政治ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

皆様、いつも応援ありがとうございます!!!


今朝の日経新聞朝刊1面の論説記事です。

 

タイトル:【マーケット 波乱のマグマ 財政リスク見えぬ解】

 

G7各国政府の債務残高34.2兆ドル(2700兆円くらい)に膨らんでいる!大変だ!日本はGDPの2倍でもっと大変だ!ひー

 

という趣旨です。

 

最後の方をちょこちょこ引用してみます。

 

財政の持続可能性に疑問符が付いた途端、債券市場が反乱を起こし、今は1%すれすれの長期金利がハネ上がりかねない。一方で、復興のための第2次以降の補正予算をほったらかしにしておいては、企業や家計の景況感を悪化させ、株式市場の懸念を強めてしまう。

 


「復興のための第2次以降の補正予算をほったらかしにしておいては、企業や家計の景況感を悪化させ、株式市場の懸念を強めてしまう。」

の部分は何らの違和感もないですが、


「債券市場の反乱」とな?

 

ていうか、「債券市場」って誰のこと?

例えば、2010年末で国債を362兆円持っている銀行のことかな??

 

じゃあ、銀行が「もうこれ以上国債買わない!」という「反乱」を起こしたとしましょう。

 

 

家計や企業の負債、つまり、銀行から見れば民間への貸し出し残高が減り続ける中で、預金をどうやって運用すればいいのでしょう?


以下、図表の出典は全て日銀「資金循環統計」

1国内部門負債


株式?

だめです。

「銀行等の株式等の保有の制限等に関する法律」というやたら「等」の多い名前の法律で「自己資本に相当する金額」までしか買えません!

他人資本、つまり、借金である預金を株式で運用するのは法律違反です!

 

じゃあ、社債とか?

いやいや、だから企業は全体として負債を減らしているので国債の代わりにはなりませんな。景気が悪化する中でリスクがさらに高まる社債なんてそうそういっぱい買えるかいな。

 

ということは、やはり…

 

結局国債買うしかないか

 

ということになりますね。

特に、短期国債はすぐに換金できて非常に便利でござる。普通預金のような、いつでも払い戻ししなきゃいけない「借金」の運用には、すぐに換金し、預金者への返済に回すことのできる短期国債がいちばん!

短期国債なら長期国債のような価格変動がほとんど無いしね!

 

ということで、反乱はむなしく「鎮圧」。というかそもそも起こす動機すらないので起こりませんでした、というオチで終わりです。

 

 

いや、

もう少し話を続けましょう。

市場の反乱とやらが「もうこれ以上国債を買わない!」ではなく、「保有国債を残さず売り払ってやる!」だとしたらどうでしょうか?「362兆円分、全部、売り尽くすぜい!」

 

残念なことに、そんなに大量に売ろうとしても買い手が付かず、売れませんので謀反は見事に失敗です。

 

じゃあ、少しずつ売りますか。

少しずつ、国債を売り払います。受け取った代金は「円預金」ということになります。これ、何に使うの?

え?「円預金」のまま置いておくって?

じゃあ、その円預金を預かっている、つまり、借りている銀行さんはその円預金、何で運用するの?

AAA」の魅惑のサブプライムローンを組み込んだ最先端の証券化金融商品か?

 

「そんなやつ、おらんやろ」(大木こだま風)

というわけですね。

 

円建ての何か価値変動リスクの小さいもので運用しなければ、円建て預金の預金者への責任が果たせません!

ということは…

 

ちなみに、銀行(預金取扱金融機関)は国債の保有残高を絶賛増加中!


2預金機関資産 


過去13
年、金融資産全体は1500兆円前後でほぼ横ばいのなか、
預金取扱金融機関の国債の保有残高は278兆円増加です!



 

さらにちなみに、
政府が赤字ということは、政府以外は黒字ですね。

 

 3国内部門資金過不足





ついでに、国内部門の金融純資産の推移。

 

 4金融純資産の推移

 


※復習ですが、金融純資産は、資金過不足(フロー)の累積を時価評価したものです。また、国内部門の資金過不足を合計したものは経常収支と一致します。


ということで、
政府の借金が増えて金融純資産が減り続ける中、企業や個人の金融純資産は絶賛増加中!
より正確には、企業部門は借金がどんどん減少していっている状況ですね。

 

 

このような流れは国内部門、つまり日本だけに限りません。

世界全体で見れば、

 

「世界中の政府の財政赤字が深刻で、政府債務が膨らんでいる!大変だ!」

ということは、すなわち、

「世界中の政府以外、つまり民間の財政黒字が深刻で、金融純資産が膨らんでいる!大変だ!」ということにほかなりません。

 

「いや、残念ながらうちの金融純資産、というか、貯蓄は減り続けてるんですけど」とおっしゃる読者もいらっしゃるかもしれません。しかし、資金循環統計を見る限り、マクロでは国内民間部門の金融純資産は確実に増えています。ちなみに、住宅ローンの返済、つまり、借金の減少は金融純資産の増加ですので、その場合は「金融純資産が増えた!」という実感が薄いかも知れません。

 

 

「世界中の政府の財政赤字が深刻で、政府債務が膨らんでいる!大変だ!」は大々的に報じられますが、その反対側で確実に起こっている「世界中の政府以外、つまり民間の財政黒字が深刻で、金融純資産が膨らんでいる!大変だ!」が報じられることはありません。

 

例えば、エンロンが破綻したときは「どこそこの年金ファンドが何百億円の損失」とかいうニュースはあちこちで流れますが、その反対側でボロ儲けしたヘッジファンドの話がNHKの夜9時のニュースで取り上げられるようなことは全くありません。それらヘッジファンドの成果が、エンロン事件で暴落した天然ガスの先物市場のショートポジションの自動売買の結果であるなんて口が裂けても言わないでしょう。

 

まあ、世の中、そんなものなのですが。

 

さて、冒頭の日経新聞の論説記事の締めくくりはこんなんです:

無為を重ねると、米欧と比べものにならない市場の混乱を誘発しかねない。それは天災ではなく人災だ。

 


 
「『債券市場の反乱』とか、ちょっと考えてみると完全に意味不明な言葉で人々の不安を煽るほうが余程『天災ではなく人災』では?
 問題は政府の巨額の財政赤字=民間の巨額の財政黒字ではなく、その政府の財政赤字の使い方であって、他の何かではあり得ませんよ、日経さん!」

と思われた方は、
↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 



<著書紹介>
さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信


【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
 つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
 そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
 この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
 本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
  こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc


関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(11)トラックバック(0)|

≪前の記事 IMF、日本に増税要請!?
≫次の記事 TPP、「国有化」に劣る?

コメント

371:リスクゼロって・・・

師匠!ご無沙汰しております。

債券市場の反乱は、今のところありえませんよねw
問題は、銀行がリスクゼロの国債買いに走ることだと思うんですよ。
企業もリスクを冒すのが怖く内部留保に走り、銀行は企業や家計から預かる資産運用にリスクを冒すのが怖くて国債購入に走る・・・
この無限ループを打開するには??

もちろん需要を喚起するのが一番重要なのはわかるのですが、金融政策で銀行にリスクを冒すよう仕向ける政策ってないのですかね?

最近、そんなことを考えてますw

2011/06/06 16:21 | Xマン #- URL [ 編集 ]
372:

銀行がリスクを冒せば企業は借金するようになりますか?

2011/06/06 22:49 | あ #- URL [ 編集 ]
375:Re: リスクゼロって・・・

Xマンさん

ご無沙汰しております!

うーん、そうですね。銀行が頑張って「リスク」を取り過ぎるとあの破綻した「日本振興銀行」の木村さんみたいにタイホされかねませんので注意を要しますね^^;

ただ、改善の余地は多々あるように思います。ある中小企業経営の方から伺ったのですが、その方の会社は某省庁お墨付きの有望技術を持っていて、その技術を使った事業拡大のための融資を地元の金融機関に申し込んだところ…財政状態も良好であるにも関わらず敢え無く却下されたそうです。とにかくリスクを取りたくないということで。
その経営者の方はその後苦心して色々と手を尽くし、その某省庁の担当者からその金融機関の本部に連絡してもらい、何とか融資を取り付けたものの、相当時間を無駄に費やす羽目になったといいます。
日本の銀行はいまだにガチガチの担保主義なところが多いですが、事業の有望性などをキチンと評価して適正なリスクを取る融資も必要ですね。
すなわち、欧米ではあたりまえの無担保融資、ノンリコースローンへの取り組みをもっと進めるべきではないかと思います。アメリカ並みに、というとこれまたやり過ぎになるかも知れません。
しかし少なくとも、現状のように担保主義に凝り固まっていては、これから人口減少で地価が全体的にあまり上がることが期待できない経済状況では、銀行経営にも将来性が見えにくいように思います。

> 師匠!ご無沙汰しております。
>
> 債券市場の反乱は、今のところありえませんよねw
> 問題は、銀行がリスクゼロの国債買いに走ることだと思うんですよ。
> 企業もリスクを冒すのが怖く内部留保に走り、銀行は企業や家計から預かる資産運用にリスクを冒すのが怖くて国債購入に走る・・・
> この無限ループを打開するには??
>
> もちろん需要を喚起するのが一番重要なのはわかるのですが、金融政策で銀行にリスクを冒すよう仕向ける政策ってないのですかね?
>
> 最近、そんなことを考えてますw

2011/06/07 10:20 | 廣宮孝信 #- URL [ 編集 ]
376:

鷹宮さん、是非たかじんのそこまで委員会で辛抱さんを論破して下さい!

2011/06/07 10:47 | #- URL [ 編集 ]
377:

赤字や黒字の見方や価値観が色々ある、と言うのを我々は知っておかねばいけませんね。

勉強になりました、ありがとうございます。

2011/06/08 20:02 | シント #- URL [ 編集 ]
378:

ブログお読みくださいまして、ありがとうございます。

誤解を与えてしまったようですね、すいません。

俺はパクってないぞ!と怒っているわけではないので、ご安心を。


>朝倉さんがよくまとめて書かれているので…


いやあ、廣宮さんのレベルの高い意見に比べたら、

レベルが低すぎて、お恥ずかしい限りです。

しかし、”債券市場の反乱”って何なんでしょうね。

マスコミは、こういうセンセーショナルな言葉を使いますね。

これも”印象操作”なのだろうと思います。

よく考えれば、なんじゃこりゃ?、意味ないじゃん、

とわかるのですが、言葉から受ける印象によって、

金利が上がるんだ、国債は発行しないほうがいいんだ、

という方向へ知らず知らずのうちに誘導されてしまう、という…。

私も及ばずながら、こういう世論誘導に、人々がひっかからないよう

役立つような記事をブログで展開できたら、と思います。

2011/06/08 20:14 | 朝倉新哉 #- URL [ 編集 ]
379:ちょっと質問が・・・

すいません、ちょっと質問が…バーゼルⅢとかで自己資本比率が8パーセント以上でなければならない、と言う取り決めが進行中なので、民間の金融機関や日銀は自己資本比率を高めるために、利益を上げて、利益剰余金を積み立てないといけないと聞きますが。

その解決策として、国債発行で民間の金融機関や日銀に買わせれば、バーゼルⅢの自己資本比率を達成することができるのでしょうか?

よろしくお願いします。

2011/06/09 09:03 | シント #- URL [ 編集 ]
380:ありがとうございます

なるほど、ノンリコースローンへの取り組みは有りかも知れませんね^^

シント様
国債の自己資本率への繰り入れは、うる覚えですが格付けが影響があったような気がしますね。
格付けの低い国債は、自己資本として認めないみたいな・・・

そこで心配なのが日本国債の格付けでして、低すぎて自己資本に組み入れられない状態になったら・・・
これは市場の反乱になる予感が。
実際、ありえるかどうかわかりませんが^^;

2011/06/09 15:39 | Xマン #- URL [ 編集 ]
381:

>Xマンさん

お返事ありがとうございます。

そうですか、格付けの低い国債は駄目と…でもギリシャ国債並みなら、たしかに自己資本には加えられないでしょうね。

何はともあれ、しっかりとした積極財政政策を取って行きたいです。

2011/06/09 19:24 | シント #- URL [ 編集 ]
382:

まあこれも原発メルトダウンという政府霞ヶ関による完全人災の刑事責任追及をネット言論上でやりにくくする目的と、空き缶アメポチ内閣の刑事責任がアメリカさまご本尊の地位協定に及ぶ前に,国民世論めくらましの陽動作戦で早期に参院通過させニュースにするよう米政府から指令が出た証拠ですな。

アメリカ軍事覇権政府もよっぽど日本国に地位協定破棄されるのが恐怖の極みでヤキがまわって恐慌状態に陥ってると見える。頭隠して尻隠さずの内政干渉丸出しですがw

アホですね、オバマ政権。原爆落として66年間占領し続けている他国がこれ以上いわれのない「思いやり予算」を払ってくれる道理がないでしょ。乞食じゃあるまいし人の懐をあてにしなさんな、合衆国が仮りにも独立国なんならね。


2011/06/17 20:41 | SHIN #- URL [ 編集 ]
383:

なぜ、
政府の借金を、
家計や企業の借金と同一視するんでしょう ?
日銀が国債を買えば借金はチャラになるだけでしょう。
家計や企業の借金と性質が全然異なります。
政府の借金だけ特別視するべきです。
バランスシートから政府の借金だけを削って考えても良いのでは ?

2011/06/18 11:02 | inadak #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。