ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

40:マネー「袋入り砂糖」理論

2010/02/05 (Fri) 13:18

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788



当ブログのランキング状況は→ こちらです

いつも、ありがとうございますm(_ _)m







コメント欄にて
「このまま国債残高が増えると利払いができなくなるのでは?」

と聞かれた場合の反論をどうすれば良いでしょうか???

というご質問をお受けしました。


基本的には

「その利息を受け取った人はその利息をどうするのでしょうか?」

「(1)預金として貯めておくか、(2)使うかですよね。」

「(1)預金として貯めておく

 →何かしら円建ての債権で運用される

  →民間資金需要のないとき→国債に回る

  →民間資金需要のあるとき→民間への貸付等に回る→企業収益等が向上→税収アップ

 となり、結局政府が資金調達に困ることは無いです。

 ただし、自国通貨建ての国債に限りますが」

「(2)使ったとすれば、

 それは景気にとって結構なことですし、それに

 使ったということは、他の誰かの預金になるだけで、預金は減らないですよね


という形になろうかと思います。

あとは、

「外国人が国債残高の半分を保有しているアメリカでも、

 現在の景気の悪い状況では、国債、特に短期国債は大人気で

 現在3ヶ月物の利回りはなんと0.09%






 です。

 外国人が国債残高の半分を持っていても、アメリカは自国通貨建ての債務しかないので
 こうなるわけです。

 預金というものは必ず運用先を求めるものであり、不況で不安一杯のときこそ

 国債に流れ込んできます。

 景気が良くなれば、民間に流れ、国債金利も上昇しますが、そのときは税収が上がるし
 景気対策も不要になるので、政府の財政状況は好転し易くなります。
」 



 え?日本では自国通貨建て債務しかなかったのに終戦直後にえらいことになった?
 
 いや、原爆を2個も落とされてエライことにならんほうが異常でしょ。

 戦時中は日本もアメリカももの凄い勢いで公的債務が増えましたが、

 本土をボコボコにされた日本では激しいインフレ(最大で300%台)、

 本土をボコボコにされていないアメリカでは、
 戦時中に1回、戦後に1回、10%台のインフレ率になっただけです。



 しかも、アメリカの終戦直後の10%台のインフレにしても、

 世界中で強烈な復興需要があってのインフレです。それですらその程度なんですよ。


 この戦中戦後の日米の比較から分かりますように

 インフレというのはカネの問題というよりもモノ不足の問題、供給能力が追いつくかどうかの
 問題です。




あとは、

三橋さんが「高校生でも分かる…」のp.68で書いているように

日本人が最後の一人になった場合について説明してみるのも良いでしょう。

この最後の一人は全ての債務と債権を一人で負っているわけです。

すると、全ての資産から負債を差し引いて対外純資産250兆円ほどを一人占めできることになります。



という感じで。


あと、↓こちらの記事もどうぞ

PIMCO:日銀は円売りと国債購入の無制限実施を-デフレ対策で
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aPFMpWXjQfP0

PIMCOのウェブサイトに掲載したリポートで、
日本の問題はデフレであって、インフレではない。リフレーション(通貨膨張)政策をフルに導入する必要がある」と指摘
(紹介様、文字通り(?)ご紹介ありがとうございました!)


世界最大の債券ファンド運用会社であるPIMCOがこんなレポートを出していることは、非常に心強い話でありますね。



さて、
もしも

喫茶店やファミレス等々で話される場合は

袋入りの砂糖を使っての説明をお奨め致します。












以下、「砂糖袋」理論の説明トーク集:

・誰かがおカネを使っても、そのおカネは世の中から消えるわけではない。


・貸付であれ税金であれ、何であれ、
 民間から政府に、政府に移ったおカネは、
 結局は何らかの形で民間に戻り、
 また政府に戻り…

 というキャッチボールを続けるだけです。


という話をして、ひたすら中の砂糖を右から左、左から右に移動させ続けてください!


そして、何を言われても、ひたすらこの動作を繰り返すのです。

(しつこくしつこく、どんな反論があってもこの動作を続けるのがミソです)

それから


・この砂糖は幾らでも増やせる。

 日銀がお札をするなり当座預金を増やすなりして国債を買えば、

 その国債の利息は基本的に国庫納付金という名目で政府に戻される。


・しかし、

 国としての供給能力(=砂糖袋の大きさ)を超えて砂糖を増やしてしまうと、

 砂糖袋がパンクして、インフレになってしまう。


・だから、

 砂糖袋(供給能力)そのものを大きくする投資が非常に重要なんです。

 景気対策は将来の供給能力を高める投資を中心にやるべきです。


・そうすれば将来にわたって砂糖袋がパンクすることはないのござんすよ!


・逆に、「国の借金大変だ!」「利払い大変だ!」と騒いでたら、

 日本の供給能力を支えている中小企業がバンバン破綻し、技術も失われ、

 この砂糖袋は小さくなっていってしまい、

 砂糖袋がパンクしてしまうことになります。


・国の借金を気にすることで将来の供給能力が萎縮し、

 将来、モノ不足になって終戦直後みたいな状態になる。

 あなたの老後、あるいはあなたの子孫が、

 そんな「物流上の破綻」で食べ物の供給すらままならない状況に陥ることをお望みですか?


・それとも、供給過剰の今なら幾らでも創れるおカネを使って

 今のうちにしっかり将来への投資し、

 将来の物流上の破綻を防ぐことを望みますか?

 二つに一つ、選んだって下さい。


という

「砂糖袋理論にナットク!」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!
 
スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 反ハイパーインフレ論 [神戸空襲編]
≫次の記事 米、「予算凍結」?

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。