ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

401:超簡単TPP概論2 :「自由化」の罠+信長の野望

2011/09/26 (Mon) 15:24
 





YNHiromiyaをフォローしましょう 


↓政治ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

皆様、いつも応援ありがとうございます!!!

あと少しで25位入りです!!!




前回もコメント欄やツイッターなどで大変多くの反響を頂きました。

ありがとうございます。


ちなみに、前回の表のデータの単位は全て「100万現地通貨」となっています。


あと、この記事の目的は竹中さんを批判することではありません。


その目的は、多くの破綻論的な立場の方々がおっしゃっている

「国の借金の限界は家計の金融純資産」

という
木っ端微塵に破壊し尽くすための中性子爆弾的な事実を提示することです。

この説そのものを破壊することが目的であって、この説を唱えている人たちを攻撃することが目的ではありません。


超簡単TPP概論】の最後のほうで宣言しました通り、私の新たなる目標

「全ての日本国民をいまよりも裕福にすること。
 その達成を通じて世界中の人々をいまよりも裕福にすること。
 それと同時に自分自身を裕福にすること。」


であります。その「破綻説」を唱えている人々も「裕福にする」対象であるわけです。


また【超簡単TPP概論】で「TPPは大金持ちに有利。ゆえに圧倒的多数の大金持ちを抱えるアメリカに有利」というようなことを書きましたが、

私の目的は大金持ちを不利にすることではありません。


共産主義的発想だと、打倒ブルジョワで大金持ちを倒すことが正義ですが、そんな発想は持ち合わせていません。

結局は革命を指導した一部の層が新たなブルジョワ、新たな特権階級になるだけで旧来の状況と何ら変わらないことは、旧ソ連や旧東欧、中国や北朝鮮を見れば一目瞭然です。


また私は、極端な言い方をすると「大金持ちにだけ有利」となるような新自由主義も当然支持しません。

つまり、
共産主義だろうが新自由主義だろうが特定の人だけ有利、となりそうな説は一切支持しません。



私の目標は、


そのような不毛な対立を

これ以降の人類の歴史から完全に消し去ってしまうこと


です。


カネ持ちはよりカネ持ちに。
あるいは少なくともカネ持ちであることを維持できる状況

貧乏人も今よりも裕福に。

あらゆる人々が今よりも裕福になること。



それが私の目指すべき方向性であります。



ところで、「より裕福な状態」とは何でしょうか?


より多くのお金がある状態でしょうか?

それは違います。

より裕福な状態とは、より多くのモノが手に入る状態です。


では、全ての人を今より裕福にするためにはどうすれば良いでしょうか?

つまり、全ての人が今よりも多くのモノを手に入れることが出来る状態にするにはどうしたら良いでしょうか?


・・・さて、今回はその問いに対する私の答えは敢えて書かずにおきます。

ただし、そのようなことが出来るかどうか、その可能性を探るための別の質問だけ書いておきたいと思います。

現代を生きる人々は、100年前、1000年前と比べて、より裕福であり、より多くのモノを手に入れることが出来る状態になっているだろうか?

出来ているとすれば、それを可能にしているのは何であろうか?



ちなみに私の用意している答えは漢字2文字の言葉です。

それはもちろん「現金」とか「預金」ではありません!



ではでは、本題に入ります。

前に予告したように、竹中さんのTPPに関する発言をネタにします。

しかし、くどいようですが、これもまた個人攻撃が目的ではないことを先に宣言させて頂きたいと思います。


先般、9月17日にテレビ大阪で放送された「たかじんNOマネー」で、
竹中さんは↓こんな感じの発言をされていました


TPPを推進するべきなのは自由であることが大切だからです


それで、↓これを繰り返し連呼されていました。

「自由!」「自由!」「自由!」

私、これを見ていて一昔、一世を風靡…じゃなかった、世間を騒がせた「スーパーフリー」をついつい思い出してしまいました(笑)。

でも、少なからぬ人々は「自由が大事。だからTPPが大事」と言われると、自由という言葉の持つ心地良い語感によって、TPPに良い印象を持ってしまうのではないかと思います。

さてここで質問です。「自由」って何でしょう?

小学館の大辞泉によると

1 自分の意のままに振る舞うことができること。また、そのさま。

2 勝手気ままなこと。わがまま。

となります。

上記の

「(TPPを推進するべきなのは)自由であることが大切だからです」


「自由」の辞書的定義に従って言い換えると↓こうなります:


「(TPPを推進するべきなのは)勝手気まま、わがままであることが大切だからです」



辞書的には全く同じ意味
であるのですが、↑こんな言い方をすれば誰も賛成しなくなるでしょう。



ところで、これをもっと切れ味の良い、分かりやすい日本語で言い換えれば

「(TPPを推進するべきなのは)弱肉強食であることが大切だからです」

となります。

もし誰かが「自由!」「自由!」「自由!」と連呼していたら、

頭の中でこのように変換
しましょう。

「弱肉強食!」「弱肉強食!」「弱肉強食!」





さて、「竹中さん」、「自由化」と聞けば、思い出すのはスーパーフリーよりは

「小泉さん」と「構造改革」

ではないでしょうか。


小泉さんが首相になられたときは、小泉さんが信長を尊敬されていることもあり、

よく信長による楽市楽座などの自由化・規制緩和が引き合いに出されたものです。

ちなみに楽市楽座信長ではなくて、信長の舅、つまり正室の父親であるところの斎藤道三が始めたもののようです。

で、その楽市楽座

私、最近ようやく気づいたのですが楽市楽座、これは実は単純に「自由化・規制緩和」とは言い切れないのです。

楽市楽座というのは、
それまで大商人に独占されていた市場を、誰にでも参加できる状態にするような制度です。

これは、それまで市場に参加できなかった個人や零細事業者にとっては自由化・規制緩和ですが、それまで市場を独占していた大商人にとっては、規制強化です。


つまり、これは一種の独占禁止法であり、一種の規制です。


そして、信長と言えば忘れてはならないのが

一銭斬り

です。


信長の軍隊は、少しでも盗みを働けば即斬首、死刑という厳しい規律が課せられていました。

当時、他の大名の軍隊は敵地において略奪放火し放題というのが常識です。

あの秩序を重んじ、朝廷や室町幕府を重んじた上杉謙信の軍隊ですら
敵地での略奪放火は普通に行っていたという話です。

信長が新たに自分の軍隊に課した規制というのは、
文字通り死ぬほどキツイ規制ですね。

この規制強化によって信長は一般庶民に幅広く支持されたために、急速に勢力を拡大できたのです。

信長の真骨頂は「自由化」や「規制緩和」という言葉では無かったのです。
その真骨頂は

秩序

です。適切な秩序をもたらすことで、民力を最大限に引き出し、それによって富国強兵を実現したわけですね。


さきほどの楽市楽座もこれは「適切な秩序」です。
一部の大商人だけが市場を独占している状態というのは「不適切な秩序」であったわけです。

信長道三は楽市楽座によって「適切な秩序」をもたらし、社会全体の生産性を高めるための適切な競争の原理が働くようにし向けた、と言うことが出来るでしょう。



ということで、TPPに戻りましょう。

TPPの問題は、それをやることによって今よりも適切な秩序をもたらすかどうかの問題です。

労働市場の外国人労働者への抜本的開放は、今よりも適切な秩序をもたらすか?

公共事業の外国企業への抜本的開放は、今よりも適切な秩序をもたらすか?

金融や保険部門の更なる外国企業への開放は、今よりも適切な秩序をもたらすか?




さてさて、
TPP推進派の皆さんには以下の(1)から(3)の命題を考えて頂きたいと思います。

(1)全ての国民を今よりも裕福にするための適切な秩序が今現在、より良く整っているのは日本でしょうか?アメリカでしょうか?

(2)アメリカには、全てのアメリカ国民を今よりも裕福にするための適切な秩序が存在しているのでしょうか?

(3)TPPは本質的にはアメリカと日本との経済統合ですが、アメリカ流の先進国で最も進んだ自由主義社会・競争社会の中に、全ての日本国民を今よりも裕福にするための適切な秩序が存在していますか?




過度な自由化は、独占禁止法とは反対の方向、つまり、富の寡占化を生みます。

それは「不適切な秩序」です。


ただし、問題の根底は「富の寡占化」ではありません。


一部の人だけがカネ持ちになることが問題なのではなく、

問題は、貧困にある人々がさらに貧困の度合いを増すこと、あるいは貧困が改善しないことによって生じます。


自身の富や権力を維持するには、必ず自分以外の人々の貧困を改善する必要があるということについて、

サウジアラビアの王様


よく分かっていらっしゃるようです。


サウジアラビア国王が帰国、経済対策発表
    2011年02月24日 10:35 発信地:リヤド/サウジアラビア  AFP

サウジが追加懐柔策 今度は8兆円超
    2011.3.19 09:47  産経


自国民の貧困を改善せず、または悪化させるだけで、自身は大金持ちのまま
それではルイ16世やマリー・アントワネットと同じ運命をたどるのは火を見るより明らかです。

そうならないために、サウジのアブドラ国王は「適切な秩序」を保つためのあらゆる手段を講じているわけですね。

それは結果として、
自分を含めた全ての国民を今よりも裕福にする、

という方向を志向しています。


方向性としては完全に正しい
と思いますが、いかがでしょうか?



実際問題として、動乱が続く中東・北アフリカにおいて、チュニジア、リビア、エジプト、シリア、イエメンといった混迷が続く国々と比べると、サウジを始めとする王制諸国は今のところかなり安定しています。



野放図な自由化、弱肉強食化は結果として
不適切な秩序を生み、不適切な富の寡占状態をもたらすことを通じて、多くの一般市民を不幸にし、最終的にはそれによって大金持ちを不幸にしかねません。


TPPで気をつける必要があるのはまさにその部分です。



我々に必要なのは

自由化=弱肉強食化

ではなく

全ての国民が今よりも裕福になるための、

適切な秩序の回復です。





俺は【弱肉強食】よりも

【焼肉定食】が好きだ!




と思われた方は、


↓のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 








<著書紹介>
さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信



【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc




関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(5)トラックバック(0)|

≪前の記事 国の借金53,138京円!!!(明治18年GNI換算)
≫次の記事 世界は破綻国だらけ!

コメント

514:

アメリカは、秩序よりも自由を重んじている、
という感じがします。
日本は逆に、少しくらい不自由でも秩序が保たれているほうがよい、
というのが、共通認識になっているような気がします。
あまり口に出すことはありませんが、
多くの人がなんとなくそう思っているのではないでしょうか。
外国では、災害が起こると略奪がおこるのも、心の底で、
「秩序より、好き勝手できるほうがいい」
と思っているからこそ、略奪に走るのだと思います。
その”好き勝手”には、犯罪をする好き勝手も含まれています。
だから平気で略奪ができるのだと思います。
日本で略奪が起こらないのは、日本人の心には、
”秩序を求める心”があるからだと思います。

2011/09/26 20:37 | 朝倉新哉 #- URL [ 編集 ]
516:貧困問題と経済政策

良く生活保護のニュースになると、そんなのは打ち切れとか、楽な生活をさせるな、などというコメントが見られますが、この生活保護こそ、「秩序維持」のためにあるものだと思います。
もし、生活保護が無ければ、貧困者は生き残るために、普通に食料を万引きするでしょう。そんなことが多発したら、コンビニなどの商売が成り立たなくなります。
確かに、現行の生活保護には多々問題がありますが、秩序を維持するためには、やむを得ない側面もあるのかなと思います。

それで、貧者の秩序維持、また貧乏人も今よりも裕福ということで、思い浮かべるのが、ベーシック・インカムです。実際に、イランでは、そうした貧困層による反乱を未然に防ぐという意味で、ベーシック・インカム的な政策が導入されているようです。
このベーシック・インカムについて廣宮さんは、どうお考えですか?

三橋さん辺りは共産主義的であるということで反対されていますが、廣宮さんの定義からすれば、共産主義的であろうと、国民に最低レベルの生活を遍く平等に保障し、革命や反乱が起こるのを未然に防ぐには十分理に叶った政策だと思います。

私は今ある膨大なデフレギャップを活かして、失業対策や景気対策のためにも、実施して見る価値はあると思います。これで生活保護が受けられない、職にも就けない貧困層がどれだけ助かるか、今より豊かになれるのかという話です。
なお、日本の生活保護の捕捉率はこれでも2割という話もありますから、実際、日本には1000万世帯も生活保護に値する世帯が内在的に存在することになります。

2011/09/27 00:48 | MI #km.1.aW2 URL [ 編集 ]
517:

感動したー!
あらゆる人々が今よりも裕福になる!すばらしい!(号泣)
楽市楽座の解説は、納得。信長の真意は、自由でなく新秩序の確立でしたね。
まむしの道三も登場とは!
今、大阪は、不況のショックドクトリンによって、小型小泉みたいな悪党知事に洗脳されつつあります。
廣宮はんには、まず地元大阪で、あらゆる人々が今よりも裕福になるため、
「国取り物語」を実現してください。

2011/09/27 08:31 | sunboy #- URL [ 編集 ]
518:

市場原理主義を支持する人は、市場原理がすべての人の幸せを底上げしてくれると、本当に信じている人も中にはいるんでしょう。(胡散臭いのが大半なように見えますが…)
でも現実を見るとやっぱり、市場原理の追求が世の中を良くするとはとても言えないように感じます。
大体、資本主義黎明期を見れば、剥き出しの資本主義がとても皆を幸せにするわけでないのは明らかですし、今日までの歴史は資本主義の修正の歴史でもあるわけですからねえ…

廣宮さんの「秩序」という表現は新鮮です。
市場原理を追求したほうがいいのか、市場に何らかの「秩序」があったほうがいいのか、このあたりを経済学はどのような答えを出してるんでしょう。
前者が新古典派系? 後者はなんだろ?

まあいずれにせよ、リーマン・ショック以降、新自由主義の流れは「世界的には」反転したものと思います。
多少ガラパゴス気味の我が国においては、いささか反転力が弱いような気がするのが気になりますがw

2011/09/27 21:29 | ohtomo #- URL [ 編集 ]
519:

竹中さんは詭弁が大有りですね。
TPPは自由化というけど 廣宮さんが言ってる通り
より富や資本は独占化されるから自由が無くなりますよね。自由化といいながら実は自由もなくなり秩序も無くなる
世の中になるだけだと思います。

2011/09/28 16:32 | 権兵衛 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。