ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

406:「日本は円建て債務だから破綻しないはウソ」のウソ+破綻は成長への一里塚:ロゴフ教授の「国家は破綻する」を読んだ感想

2011/10/03 (Mon) 16:07
政治ブログランキング、おかげさまで20位入りです。

ありがとうございます!!!





さて、

今回は私が昨日ツイッターで思わずブツブツつぶやいていたロゴフ教授「国家は破綻する」について。


51cIV5LfCBL_SL110_.jpg




日本の政府負債は自国通貨建てだから大丈夫というが、

この200年で自国通貨建ての債務の破綻は70回も起きている。

だから、自国通貨建てだから大丈夫というのは大間違いだ!」



よく、破綻論者の方が私の著書のアマゾンレビューや当ブログのコメント欄、あるいは他の積極財政派の論客に関係する場所で、このロゴフ教授の本に書かれている内容を元に上記のような書き込みをされています。

つまり、破綻論者の皆さんにとってのバイブルのような本です。

が、

それはちょっと違います。



詳細は追々説明しますが、この本を読んだ私の端的な感想

「破綻論者にとってはノストラダムスの大予言またはそれに類する書。
 しかし、それ以外の人にとっては希望の書


という感じです。

それから邦題の「国家は破綻する」というのはちょっと違うなあ、という印象。

原題は「This time is different (今回は違う)」。
これは、人類は往々にして「今は昔と違うので、このバブルは永遠に続く。今回は違う」と思い込み、危機に対する認識が甘くなり、危機対応が遅れがちになる、という意味合いです。

だから、本書の内容からして「経済危機の歴史は繰り返す」くらいが妥当な線かと思います。

まあ、「歴史に学べ!」というわけです。

ただ、
日本で売るには「国家は破綻する」のほうが経済合理性が高いということでしょうかね。

破綻論者の皆々様には、破綻論者なりの立場というものがお有りなのでしょうが、本書は破綻論者の皆様にとって不都合な事実を非常に多く含んでいます。

著者らは、破綻というか政府の債務不履行が「終末」という認識では全くありません。

つまり、本書は「終末信仰」の書では全くないのです!!!


たとえば、

新興国にとって債務危機は先進国の仲間入りをするための

通過儀礼のようなものである(p.8)」

と記述されています。

つまり、財政破綻は終わりでなく始まりということです。

「国家としての初期段階では、あのフランスでさえ、すくなくとも八回は対外債務のデフォルトを起こしている…。スペインは18世紀末までは六回で済んでいたが、19世紀に入ってから八回を記録して、フランスを抜いた。このように今日のヨーロッパの大国が新興段階からのし上がる過程では、今日の多くの新興市場国と同じく、対外債務のデフォルトを繰り返しおこしている。(p.8)」

フランスやスペインなどは債務不履行を繰り返しながら新興国の段階から先進国へ脱皮したということです。

この時点で私は破綻論者の皆さんが、バイブルにすべき本を間違えた、それこそ「This time is different(今回も違う)」と感じましたが、いかがでしょうか?

また本書によれば1800年以降、

日本が外貨建て債務の不履行

を行ったのは戦時中1942年の


たったの一度だけです(p.163 表6.3)。

にも関わらず、

破綻を繰り返した欧州列強と異なり、日本は新興段階から先進的経済大国にのし上がった
わけです。

これもまた破綻論者の皆さんにとっては大変残念極まりない事実の一例ですが、

この事実からは要するに

日本がいかに素晴らしい国かがよく分かります。




そして、逆に債務危機に対して強い国々が却って改革が遅れてしまい、問題を長引かせるというような話が、冒頭の「日本語版への序文」にあります。

「危機に見舞われたときのほとんどの国とは異なり、日米英政府は危機の間も資本市場にアクセスすることができた。

これは、マクロ経済の安定性に関しても、債務の返済履歴についても、おおむねよい実績を収めてきたからである。

資本市場にアクセス出来たため、この三ヵ国はリセッションの衝撃を和らげることができた

しかしそのために、金融部門の徹底的な修正を先送りすることが可能になってしまった。先送りすれば、ほぼまちがいなく修正に時間がかかり、回復は遅れることになる。」


次に、国内債務のデフォルトについて。

破綻論者さんたちが「自国通貨建てだから大丈夫は間違い。ロゴフ教授の本に70もの国内債務のデフォルトの事例がある」と言っている件のことです。

まず、

【デフォルト=全ての終わり】みたいに認識している時点で100%間違いであることは言うまでもないですが、

このロゴフ教授らが挙げている事例のうち、

3件が中央政府ではなく地方政府(アメリカやカナダの州政府)のもの。

5件が明示的に外貨建て債務の不履行(ドル預金の現地通貨預金への強制転換を含む)

です。

ちなみに、
地方政府の破綻が「国内債務破綻」なら日本の夕張市の破綻も当てはまるのですが、この本の事例には含まれていません。


さて、残りの62件はどうなのか?

例えば、以前当ブログで指摘しましたが、
98年のロシア政府負債の大部分が外貨建てでしたし、現地通貨建て債務も外国人投資家によるロシアの国内銀行での為替予約によって実質はドル建て債務でした。

しかし、ここで大いなる疑問が残りますよね。

自国通貨建ての債務なら、その国の政府(あるいは中央銀行)はいくらでもその通貨を発行できるわけですから、わざわざデフォルトする必要はありません。

98年のロシアについて、私は

GKOやOFZの「債務不履行」の目的は、

ルーブルの外貨への両替や、ロシア国内の資金の海外流出を防ぐため


という仮説を立てておりました。

これに関しても明快な答え、すなわち、破綻論者の皆さんには耳が痛い記述がp.191にあります

なぜ政府は、インフレで問題を解決できるときに、わざわざ国内債務の返済を拒否するのだろうか。

言うまでもなく一つの答えは、インフレがとくに銀行システムと金融部門に歪みを生じさせるから、というものである。インフレという選択肢があっても、支払拒絶の方がましであり、少なくともコストは小さいと政府が判断することもある。

インフレに伴う潜在的なコストは、債務が比較的短期または物価に連動している場合にとりわけ問題になる。というのも、このような場合に返済額を実質的に大幅に減らすには、政府ははるかに強硬なインフレ誘導策をとらなければならないからだ。」

つまり、

国内債務のデフォルトは政府が能動的に選択
するもの

というわけです。

破綻論者の皆さんにはここをよく読んで頂かないといけません。


政府が能動的に、このままインフレを続けたほうが得か、デフォルトさせたほうが得かをソロバン勘定で弾きだした上で、政府の意思で判断するのが国内債務のデフォルトということです。

この本を元に「自国通貨建て債務でも破綻する」と思い込まれている方々にはぜひ、この日本語版p.191を穴が開くまで繰り返し読んで頂きたいと思います。


要するに、

国内債務、特に自国通貨建て債務のデフォルトというのは、インフレ対策の一手段として、政府の自らの意思決定により行われるもの


ということです。


さて、もう一つ面白い事例がp.187表7.3にある1933年アメリカの「金約款を破棄」というものです。

これについてp.191で次のようにあります

大恐慌期のアメリカのように、緩和的な財政・金融政策を通じて経済をデフレから脱却させる前提条件を整えるために、国内債務をデフォルトする措置(1933年の金約款の破棄)がとられることもある」

つまり、1933年のアメリカ政府は、デフレ脱却のために、お札と金の交換の約束を破棄、金本位制の停止をしたということです。

要は、デフレのときは、もっとカネを増やそうね、ということです。

さらに、p.208にも興味深いデータが示されてます。


国内債務デフォルト国

のデフォルトの4年前から3年後の平均の

実質GDPの変化のグラフがありまして、


実質GDPはデフォルト発生年を底に、

発生の3年後には発生の4年前の水準回復しています。



つまり、

デフォルトすることで、経済がむしろ回復に向かった


ということです。


国内債務のデフォルトは経済危機を克服するための手段の一つということが、ここでも裏付けられています。


さらに、p.211では、国内債務デフォルトにおける、危機発生国の危機発生前後の

インフレ率の平均値のデータが出ていますが、例えば、


国内債務デフォルト

発生3年前の平均値が35.9%

発生年の平均値が171.2%

発生3年後の平均値が140.3%


となっています。
えーと、日本の今のインフレ率っていくらですかね?

消費者物価指数 全国 平成23年8月分
 (1) 総合指数 前年同月比は0.2%の上昇

 (2) 生鮮食品を除く総合指数 前年同月比は0.2%の上昇

 (3) 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数 前年同月比は0.5%の下落

ということで、過去に国内債務デフォルトを起こした国の発生3年前の平均、35.9%には遥かに遠く及びません。


この
国家は破綻する」では年率20%以上のインフレを「インフレによる『デフォルト』」としています。つまり、インフレによる債務の帳消しという意味ですが、年率20%です。

実際問題、日本で20%のインフレになれば、「え?国の借金が問題って?えーと、どこの国の話?」みたいなことになるような気がします。


そして、まとめの部分にある記述について。これはどうも日本が取るべき経済政策について著しい誤解を与えかねない記述です。

「債務の維持可能性を分析するにあたっては、経済動向の現実的なシナリオに基づかなければならない。経済成長によって債務を完済できるという見方があるが、過去の事例はこれを裏付けていない。(p.410)」


これだけを読むと「あちゃー。やっぱり日本は地道に財政再建しないとだめだなあ」となってしまいますが、

これはトンデモない話です。

デフレの処方箋はあくまでも、通貨増発と公的債務の増加であります。

上記のような1933年アメリカの金約款の放棄を思い出してください!


そして
、「経済成長によって債務を完済できるという見方があるが、過去の事例はこれを裏付けていない。」という記述の元ネタになるデータを示すp.144を見ても、

これは日本には当てはまらないことがよく分かります。


「3年未満の期間で対外債務GNP比率が25%以上低下した事例を全て抽出し…中所得国で債務比率が圧縮された事例のうち、新興市場国は22件だった。うち5件は、何らかの形で対外債務のデフォルトまたは再編と同時に起きている。」

とした上で、経済成長によって債務比率圧縮に成功したのはそのうち合計で4件となっています。

これを受けて

「国が成長だけによって債務負担から抜け出せるとは言い難い」

と結論づけています。

皆さん、私が日本には当てはまらないとしている理由、お分かりですよね?

「国が成長だけによって債務負担から抜け出せるとは言い難い」

とこの本で書いているのは、対外債務が圧縮できるかどうかについてです。

あくまでも対外債務です!この箇所には明示的に書いていませんでしたが、これは当然、対外の外貨建て債務です!

なぜなら
国内債務、自国通貨建て債務は、本書でも指摘されているようにインフレ誘導で問題を解決できる」場合が多いからです。



最後に、
日本に関する、なぜかこの本の他の部分と致命的に矛盾する箇所を指摘しておきたいと思います。

「債務の定義にもよるが日本のように(公的債務GNP比が)170%近くに達していれば、問題が多いと考えられる(日本の外貨準備は極めて潤沢だが、その点を考慮するにしても、純債務がGNP比94%というのはやはりひどく高い)。」

これは非常におかしな記述です。


まず第一に、外貨準備というのは、日本のような経常黒字国では政府が為替介入しないと増えません

外貨準備は国全体の対外資産のうち政府や中央銀行の持分ですので、外国から外貨を借り入れても増えますが、日本の場合はその必要性がほとんどありません。

そして、中国のような固定相場制というか準固定相場制にして、どんどん自国通貨を増発して売り、外貨を買う、という為替介入をすれば、外貨準備はどんどん増えます。

ということで、外貨準備が多いとか少ないとかは本質ではありません!

また、著者らは日本がデフレであることをすっかりお忘れのようです。そして民間債務が死ぬほど勢い良く減っているという点も考察から抜け落ちております。

以前出しました、↓このデータですね。


国内の政府と民間負債合計



日本では10年で民間の負債が500兆円、GDPまるごと1年分、つまりGDP比100%も減っているという事実を抜きにして、政府の負債が大きいのが問題ということ自体が問題です。

そして、その間政府の負債はたったの332兆円しか増えておらず、全体では170兆円の減少

これこそが日本の問題です。

これでは経済成長もデフレ脱却もままなりません!


これぞまさに「This time is different (今回は違う)」

ですね。




 それにしても、

 大恐慌直後のアメリカ

 インフレ誘導のための

 国内債務デフォルトがあったとは

 笑った \(^o^)/

 そして、

 フランスやスペインなど欧州列強にとって

 破綻は成長の元だったというのも

 
笑った \(^o^)/



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう 








↓アンケート、引き続き絶賛実施中であります^^





参考記事:【反ハイパーインフレ論 [神戸空襲編]】







<著書紹介>
さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信



【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 




関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(59)トラックバック(0)|

≪前の記事 技術大国の日本史+超簡単経済、財政論-Q&A
≫次の記事 朝霞宿舎:105億で10兆円増税を釣るソロバン勘定?

コメント

534:

財政問題に関して悲観的な見解を出しがちなロゴフ氏
は過去にリフレーション政策に対して好意的な見解を出しております。

インフレを受け入れよう
http://d.hatena.ne.jp/okemos/20081205/1228442778

大恐慌を防ぐにはインフレ政策しかない
http://www.toyokeizai.net/business/international/detail/AC/829d806c1f49099efa0cc0578e4619f5/


時々財政再建志向にブレる時はあるのですが
(例:http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/581c0c50d817475a0de81d25cdf667a6/
必ずしも財政破綻ガー、ハイパーインフレガーって言う
人たちに都合の良い存在ではない事は確かです。ロゴフ氏は日銀のあり方にかなり批判的ですし。

2011/10/03 19:15 | とあるj人 #- URL [ 編集 ]
535:

すいません、

二番目に紹介した記事は一番目に紹介したものと
原文が同じでした(訳者が違うだけで)

ご紹介したかった二番目の記事は
こちらです。↓
米国の大物経済学者が警鐘!
「世界経済危機の第二波が近づいている」
http://diamond.jp/articles/-/4092


2011/10/03 19:31 | とある人 #- URL [ 編集 ]
536:

ランキング20位入り、おめでとうございます。

>自国通貨建て債務のデフォルトというのは、
>インフレ対策の一手段として、
>政府の自らの意思決定により行われるものだ

うーん、目からウロコですね。
国の借金を心配する根拠は打ち砕かれますね。

それから、破綻論者たちは、自分たちの主張に都合のいいところだけを
つまみ食いしていることもわかりました。

今回もいい勉強させていただきました。

2011/10/03 20:29 | 朝倉新哉 #- URL [ 編集 ]
537:財政再建

企業 ≒ 日本国政府 で よく例(たとえ)えられます。

であるのなら、企業再建の手法で、日本国政府を再建するのは、駄目なんでしょうかね?

増税 を 追加融資 と 仮定した場合、融資する側(日本国民)としては、まず、再建先企業(日本国政府)の人件費(国家公務員、国会議員)を 削る事を求めると思うのですよ。

たしか、人事院勧告では、年に -1.5万円でしたかね?

破綻してる企業ならば、まず賞与をカットする例が多い様な気がしますから、まずは、国会議員、国家公務員の賞与のカットからじゃないですかね?

 特に、財務省さん! 財政破綻してるんでしょ? 財政破綻してないのならば、今までの給与体系でもかまいませんが、財政破綻してるんでしょ!

財務省さん! 自分たちの無能で財政破綻したんでしょ! まずは、自分たちの財布から削ってくださいよ! 国民に負担を求めるのなら!

2011/10/04 09:11 | 774 #- URL [ 編集 ]
538:とある人様

> 米国の大物経済学者が警鐘!
> 「世界経済危機の第二波が近づいている」
> http://diamond.jp/articles/-/4092

ありがとうございます!またネタに使わせていただこうと思います^^

2011/10/04 20:47 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
539:副隊長さん

ありがとうございます!これからも事実を積み上げる孫子流で頑張って参りたいと思います^^

> ランキング20位入り、おめでとうございます。
>
> >自国通貨建て債務のデフォルトというのは、
> >インフレ対策の一手段として、
> >政府の自らの意思決定により行われるものだ
>
> うーん、目からウロコですね。
> 国の借金を心配する根拠は打ち砕かれますね。
>
> それから、破綻論者たちは、自分たちの主張に都合のいいところだけを
> つまみ食いしていることもわかりました。
>
> 今回もいい勉強させていただきました。

2011/10/04 20:49 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
540:774様Re: 財政再建

政府収支+民間収支 = 経常収支
です。そして、世界全体では経常収支は打ち消し合ってゼロになりますので、
世界全体の政府収支+世界全体の民間収支=0
となります。すなわち

世界全体の民間収支 = -世界全体の政府収支

世界全体の政府が黒字になると、世界全体の民間は赤字になります。これは必ず釣合います。

よって、世界の政府がこぞって一斉に黒字化、つまり財政再建に走れば、世界の民間部門の収支は合計で赤字化します。民間には通貨発行権がありませんので、世界中の民間の金融資産は削減されるのみになってしまいます。これでは世界大恐慌になってしまいます。
民間部門が黒字を維持し、貯蓄を積み上げるためには、世界中の政府の収支が合計で赤字でなければなりません。つまり、政府というものは基本的には赤字基調であるべきということです。それが経済というものであり、政府の根源的役割です。マクロ経済に企業会計的発想を適用して考えるときは、全ての経済主体を連結決算しなければなりません。

> 企業 ≒ 日本国政府 で よく例(たとえ)えられます。
>
> であるのなら、企業再建の手法で、日本国政府を再建するのは、駄目なんでしょうかね?
>
> 増税 を 追加融資 と 仮定した場合、融資する側(日本国民)としては、まず、再建先企業(日本国政府)の人件費(国家公務員、国会議員)を 削る事を求めると思うのですよ。
>
> たしか、人事院勧告では、年に -1.5万円でしたかね?
>
> 破綻してる企業ならば、まず賞与をカットする例が多い様な気がしますから、まずは、国会議員、国家公務員の賞与のカットからじゃないですかね?
>
>  特に、財務省さん! 財政破綻してるんでしょ? 財政破綻してないのならば、今までの給与体系でもかまいませんが、財政破綻してるんでしょ!
>
> 財務省さん! 自分たちの無能で財政破綻したんでしょ! まずは、自分たちの財布から削ってくださいよ! 国民に負担を求めるのなら!

2011/10/04 20:56 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
548:

かなり高いインフレにすれば国内債務はデフォルトしませんよ。

ただし、国民生活が困窮しますが。

2011/10/07 08:44 | シント #- URL [ 編集 ]
549:Re:信じていたのに

>内債は破綻しないと言っていたじゃないですか!
>どういう事ですか!?

新手のアラシでしょうかね?
「実質GDPはデフォルト発生年を底に、発生の3年後には発生の4年前の水準回復しています。」
とあるのはガン無視なのですね。国内債の場合は破綻するかどうかは政府の選択だと書いているのもガン無視。政府は破綻せずにいることも出来ると書いているだろうに。まあ全部読まないでくだらん揚げ足取りばかりしてこそ破綻論者の面目躍如ですが。

2011/10/07 09:26 | 権兵衛 #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
550:信じていたのに様へ

ブログ主の2年前の著書「国債を刷れ!」からの引用です。このエントリーの趣旨と同じような主張を2年も前からしていますよ。


 西南戦争後のインフレ(といっても年平均10%弱で大したものでもなかった)を契機に、政府が直接紙幣を発行するシステムは廃止され、日銀が紙幣を発行するシステムが発足した。自ら紙幣を発行できなくなった政府は必要に応じて借金をしなければならない身分となった。「国の借金」はインフレ抑制のための「副産物」に過ぎない。
 問題はあくまでもインフレなのである。
インフレを気にする必要のない状態、つまり、デフレ状態であれば、政府が直接お札を発行しても何ら問題なく適正な経済運営ができる。それは、八代将軍や明治維新政府などの歴史が証明している。
 「国の借金」は「物価の安定を通じて国民経済の健全な発展をはかる」という目的を達成するための手段に過ぎない。あくまでも手段であり、道具に過ぎないのである。
 それにもかかわらず、国の借金の方が「目的」になると、国民経済・国民生活が「手段」になってしまう。どういうことかというと、国の借金の返済のために、国民生活を犠牲にしてでも税金を取り立てたり、必要な社会保障費用を削ってしまうというような、まったく本末転倒の話になってしまうのである。
国の借金はインフレ抑制のための「副産物」に過ぎない。世界最高峰のデフレ、つまり世界屈指の低インフレ国家である日本の国の借金は、一切気にする必要のないものである。
それが、国の借金の本質、正体なのだ。

2011/10/07 09:53 | #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
552:

>だって国内債務、特に自国通貨建て債務のデフォルトというのは、インフレ対策の一手段として、政府の自らの意思決定により行われるものだ、ということなのですから。
>つまり起こり得ない話だったのに、有り得ると言ってるじゃないですか。

横レスで申し訳ないが
本文よく読め。

>政府が「能動的に」選択

そりゃあ、「好き込んで」宣言しようと思えばいつだってできるわな。

借金は極少量だが、とっても黒字で、当座預金も(借金の数倍以上に)潤沢な会社だって
いつでも破綻させようと思えばできるだろ。
「おまえに返す金はねぇ」って公式発表はやろうと思えばできますよ。

>それを指摘しただけで破綻論者のアラシ扱いですか?

他の人があなたをアラシ扱いするのはいちいち口出ししないが、
ROMってる人に馬鹿と思われてるのは確実でしょうね。

2011/10/08 18:39 | #- URL [ 編集 ]
554:

>借金は極少量だが、とっても黒字で、当座預金も(借金の数倍以上に)潤沢な会社だって
>いつでも破綻させようと思えばできるだろ。
>「おまえに返す金はねぇ」って公式発表はやろうと思えばできますよ



だから内債(自国通貨建て)でも破綻は有り得るって話になるでしょ?
日本語通じてますか?

2011/10/08 21:27 | #- URL [ 編集 ]
555:

>内債(自国通貨建て)でも破綻は有り得るって話になるでしょ?
>日本語通じてますか?

だから「能動的に」ってな話だっていってるでしょ。

さっきの会社の話だってやろうと思えばできるけど、普通はしない。莫大な投資が必要なら増資すればいい。
国(現在の日本のようにデフレかつ自国通貨立て内債での問題でしかない場合)も同じ。
インフレ率が極めて低い現在、わざわざデフォルト宣言しなくても金融緩和なりするわな。

>自国通貨建ての債務なら、その国の政府(あるいは中央銀行)はいくらでもその通貨を発行できるわけですから、わざわざデフォルトする必要はありません。

日本語通じてますか?
君は一体何と戦っているんだい?

2011/10/08 21:55 | #- URL [ 編集 ]
558:承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011/10/08 23:37 | # [ 編集 ]
559:

>それを指摘しただけで破綻論者のアラシ扱いですか?

アラシな破綻論者ですね。

>内債は破綻しないと言っていたじゃないですか!
>どういう事ですか!?

と言っている時点でどうひいき目に見てもアラシです。なぜならあなたの書き込みにはブログ主と協調する意思がまったく感じられないからです。だから間違いなくアラシ。アラシと言われることに何か問題でもあるのでしょうか?もしアラシと言われるのが不本意なのだったらブログ主や他の読者と協調する意思を示してみてください。

>だって国内債務、特に自国通貨建て債務のデフォルトというのは、インフレ対策の一手段として、政府の自らの意思決定により行われるものだ、ということなのですから。
>つまり起こり得ない話だったのに、有り得ると言ってるじゃないですか。
>過去の発言と違いますよね。

政府にその意思がなければあり得ません。それはあり得ないということとですよ。それだけの話なのにそれを嘘と言っているあなたの方が嘘です。あなたはそんなことを書いている時点で完全に粘着系アンチでバリバリ破綻論者丸出しです。
他の人が超優良企業でも意思があれば破綻できるというたとえ話を書いてますが誰でも人生を自分の意思ですぐにでも破綻できますよね?どれだけ大富豪でも今すぐできますよ。1兆円カネ持ってても自分の意思で切腹すれば今すぐ破綻できます。それを「どんな大富豪でも破綻はあり得る」と言いますか?もしそうなのであればあなたが今から1秒後に切腹することもあり得ますよね?あなたが切腹することはあり得るということになりますよ。あなたはそれくら無茶な言い掛かりをつけているんですけど。そんなんでアラシでないと言う方が日本政府の破綻よりあり得ないです。ぜひひとつ質問に答えてみてくださいよ。「あなたが一秒後に切腹することはあり得ますか?」

もちろんあり得ない、起こり得ないと答えますよね?それともあり得る、起こり得ると答えますか?もしあり得る、起こり得ると答えるつもりなんだったら今すぐ命の電話か何かに電話相談した方が良いよ。それこそあなた自身の意思です。それはあり得ますし起こり得ます。そんなんだったら何だってあり得るし起こり得ますよ。人類が1秒後に滅亡することだってあり得ますし起こり得ます。だって全人類が1秒後に自分の意思で切腹することはあり得るし起こり得るんだからね。

ところであなたはこのエントリーで何か実害でも受けたのですか?このエントリーに出てるロゴフのデータで実質GDPが破綻から3年で元に戻ってますね。それは国が財政破綻しても国民生活の完全な破綻なんてことではないということですよね?違いますか?それより国の財政破綻のあとに急激な経済成長の恩恵を受けていることが多いのではないですか?違いますか?それともそれはあなたにとって不都合なのですか?国が破綻したら国民全員の人生が破綻して全員死亡した方があなたにとって都合が良いですか?太平洋戦争でもそんなことになっていないのに?あなたは破綻の何が気になっているのですか?

私も上の人と同じことを聞きたい。君は一体何と戦っているんだい?その戦いに勝って何かを得られるのかい?このブログで他の人と協調するようになってアラシと言われるのをやめるつもりはあるのかい?

2011/10/08 23:39 | アラシはアラシです #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
560:

>しかし過去に廣宮さんは「自国通貨建ての借金で財政破綻は起こりようが無い」と発言しています。
>日本語として、財政破綻が「有り得る」と「起こりようが無い」は全然意味が違いますよ。
>それは分かりますよね?
>そこが私の論点です。

で、その論点を問題にする目的は?君は一体何と戦っているんだい?君はブログ主と協調することなくアラシのままでいるつもりかい?それともブログ主と協調してアラシと言われるのをやめるつもりがあるのかい?ブログ主は最近よく問題よりも問題の解決に焦点を合わせるのが良いと書いているが、君にとっての問題の解決は一体何ですか?一体誰に何をして欲しいわけ?

2011/10/08 23:43 | やはりアラシはアラシですね #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
564:

>政府にその意思がなければあり得ません。それはあり得ないということとですよ。

これに関しても明快な答え、がロゴフ教授のThis time is different p.191にあります。

「なぜ政府は、インフレで問題を解決できるときに、わざわざ国内債務の返済を拒否するのだろうか。

言うまでもなく一つの答えは、インフレがとくに銀行システムと金融部門に歪みを生じさせるから、というものである。インフレという選択肢があっても、支払拒絶の方がましであり、少なくともコストは小さいと政府が判断することもある。

インフレに伴う潜在的なコストは、債務が比較的短期または物価に連動している場合にとりわけ問題になる。というのも、このような場合に返済額を実質的に大幅に減らすには、政府ははるかに強硬なインフレ誘導策をとらなければならないからだ。」

2011/10/09 01:38 | #- URL [ 編集 ]
569:

>ぜひひとつ質問に答えてみてくださいよ。「あなたが一秒後に切腹することはあり得ますか?」

一秒後は流石に極端なので将来という事でお答えします。
私はどんな終わりを迎えるか分かりませんが、今は有り得ないとお答えしましょう。
更に言うなら自害自体が有り得ない。
しかし切腹という有り得ない終わりを迎えた人が過去にいた訳でしょ?
自害した者が年に何人出るか知っていますか?
過去の彼らに自分が自害するかを質問できるなら「有り得ない」という返答が多いのでは?



>で、その論点を問題にする目的は?

単に情報リテラシーの問題です。
間違った認識は間違った問題解決を生むからです。

2011/10/09 01:44 | #- URL [ 編集 ]
570:

>>ぜひひとつ質問に答えてみてくださいよ。「あなたが一秒後に切腹することはあり得ますか?」

>一秒後は流石に極端なので将来という事でお答えします。
>私はどんな終わりを迎えるか分かりませんが、今は有り得ないとお答えしましょう。
>更に言うなら自害自体が有り得ない。
>しかし切腹という有り得ない終わりを迎えた人が過去にいた訳でしょ?
>自害した者が年に何人出るか知っていますか?
>過去の彼らに自分が自害するかを質問できるなら「有り得ない」という返答が多いのでは?

ということはあなたの自害が起こり得ないということでいいのですね?

>で、その論点を問題にする目的は?
>>単に情報リテラシーの問題です。
>>間違った認識は間違った問題解決を生むからです。

具体的にどのような間違った問題解決を生むのですか?

ていうか問題の解決が間違っているとはどういう意味ですか?問題を解決することが間違いなのですね?ということはあなたが自害することも正しいということですね?全人類が滅亡することも正しい。問題の解決が間違っているのだから!あなたの体内では常に問題の解決が起こっています。でなければあなたの生命の維持自体ができません。問題の解決が間違っているのならあなたの肉体は生命を維持するために食べ物を消化してエネルギーにする問題を解決できないし活性酸素を処理して細胞のガン化を防ぐ問題も解決できないですね。問題の解決が間違っているのならあなたはもう死んでいる。更に言えばあなたの存在自体が間違っています。

で、あなたはやはりアラシですよね?問題を解決する意思が感じられません。だって問題の解決が間違っているのだからね。問題の解決をしようとしない書き込みをアラシというのですよ。あなたはその認識でどう問題を解決するつもりですか?というか問題の解決が間違いだから問題を解決する必要がないか。

分かりますか?私はあなたの細かい言葉尻を捉えて揚げ足を取っているんです。これがあなたがブログ主にしていることです。自分の姿を鏡に映してみてください。あなたがブログ主にしていることを私はあなたにしているのです。こういうことをされてあなたは私に少しでもシンパシーを感じることがありますか?うれしいですか?もしあなたが書いているブログで同じことを私がしていれば私はアラシということになります。あなたはそれを自分の意思で望みますか?それともそんなことはあり得ない、起こり得ないですか?

2011/10/09 01:56 | 続アラシはやはりアラシですね #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
571:

>ていうか問題の解決が間違っているとはどういう意味ですか?

ごめんなさい、間違った問題解決策を生む、です。
その辺は同じ日本人として雰囲気で感じて欲しかったなぁ。


しかしそういう幼稚な煽りは廣瀬さん及び、このブログの品位を落とすだけだと思うのですが自重されてはいかがですか?
アラシ呼ばわりされている私が言うのも何ですが。

2011/10/09 02:21 | #- URL [ 編集 ]
572:

あ、わざと幼稚に書いてらしたんですね。
目に余る内容だったので読み飛ばしていました。

私は揚げ足取りをしているのではなくて、過去との矛盾を確認しているだけです。
それは許されない事なのですか?

2011/10/09 02:27 | #- URL [ 編集 ]
573:

>>ていうか問題の解決が間違っているとはどういう意味ですか?
>>ごめんなさい、間違った問題解決策を生む、です。
>その辺は同じ日本人として雰囲気で感じて欲しかったなぁ。

あなたは間違っていても許される。で、ブログ主は許されない。そんな理不尽を許せるかっての。

あなたはブログ主に対して
>内債は破綻しないと言っていたじゃないですか!
>どういう事ですか!?

と書いていますが私が

>間違った問題解決と言っていたじゃないですか!
>どういうことですか!?

とあなたに対して書いたらどう感じるのですか?良い気分ですか?良くない気分ですか?「良い気分」か「良くない気分」かのどちらか一つで答えてください。

>私は揚げ足取りをしているのではなくて、過去との矛盾を確認しているだけです。

過去との矛盾によってどのような問題が生じたのですか?「間違った認識によって間違った対策が生まれる」のですか?
で、国内債務の債務不履行が「起こり得る」と書いた場合と「有り得る」と書いた場合の言葉の違いによる「間違った認識」によってどのような間違った対策が生じるのですか?それを具体的に書いてください。また、具体的に正しい対策とはどのようなものになるのですか?もしそれが書けないのであれば
>内債は破綻しないと言っていたじゃないですか!
>どういう事ですか!?
と書くのは単なる嫌がらせの揚げ足取りで幼稚です。それに品がありませんね。あなたは自分の書いたことに品格を感じているのですか?

>しかしそういう幼稚な煽りは廣瀬さん及び、このブログの品位を落とすだけだと思うのですが自重されてはいかがですか?
>アラシ呼ばわりされている私が言うのも何ですが。

廣瀬さんって、誰?

2011/10/09 02:49 | 続々アンチはアンチ #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
575:

答えがないので同じ質問を繰り返します。

あなたはブログ主に対して
>内債は破綻しないと言っていたじゃないですか!
>どういう事ですか!?

と書いていますが私が

>間違った問題解決と言っていたじゃないですか!
>どういうことですか!?

とあなたに対して書いたらどう感じるのですか?良い気分ですか?良くない気分ですか?「良い気分」か「良くない気分」かのどちらか一つで答えてください。

>私は揚げ足取りをしているのではなくて、過去との矛盾を確認しているだけです。

過去との矛盾によってどのような問題が生じたのですか?「間違った認識によって間違った対策が生まれる」のですか?
で、国内債務の債務不履行が「起こり得る」と書いた場合と「有り得る」と書いた場合の言葉の違いによる「間違った認識」によってどのような間違った対策が生じるのですか?それを具体的に書いてください。また、具体的に正しい対策とはどのようなものになるのですか?もしそれが書けないのであれば
>内債は破綻しないと言っていたじゃないですか!
>どういう事ですか!?
と書くのは単なる嫌がらせの揚げ足取りで幼稚です。それに品がありませんね。あなたは自分の書いたことに品格を感じているのですか?



>>過去との矛盾によってどのような問題が生じたのですか?

>いや、問題が生じなければデマを垂れ流してもいい事にはならないでしょ?

これのどこがどうデマなのですか?どのような問題を生じさせるデマなのですか?具体的に書いて下さい。

>マスコミもそこまで酷くないですよ。

意味不明。具体的にどう酷いのか説明して下さい。説明できないのであれば、これは何の意味もない書き込みということで良いですね?

>今回の場合、国内債務の債務不履行が「起こり得ない」と「有り得る」という矛盾です。

だから、その本質的な違いは何ですか?それによってあなたはどのような損害を被るのですか?この世界はどんな損害を被るのですか?デマというのは損害を及ぼす可能性のある流言飛語のことですよね?この場合、どのような具体的な損害をもたらす可能性があるのですか?具体的に指摘して下さい。

具体的に指摘できないのであれば損害をもたらす可能性がまったくないことになります。損害をもたらす可能性がまったくないのであればそれはデマとは言えません。その場合はあなたの書いていることは完全にブログ主に対する名誉毀損ということになります。そういう解釈でよろしいですな?

>つまり、どちらかが間違っている事になります。
>それを確認する事は許されないのですか?

↓この失礼極まりない言い方で一体何を「確認」するつもりなのですか?あなた正気ですか?それとも嫌がらせがしたいだけですか?

>内債は破綻しないと言っていたじゃないですか!
>どういう事ですか!?


>今回の場合、国内債務の債務不履行が「起こり得ない」と「有り得る」という矛盾です。

じゃああなたが自害することが「あり得ない」と「起こり得ない」とでは何か違いがあるということなのですね?

2011/10/09 03:33 | いい加減にしろ! #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
576:

>で、その論点を問題にする目的は?
>>単に情報リテラシーの問題です。
>>間違った認識は間違った問題解決を生むからです。

とあなたが書いたことは、

>いや、問題が生じなければデマを垂れ流してもいい事にはならないでしょ?

と明らかに矛盾していますね。あんた問題を生むことを問題にしてただろが!


>>間違った認識は間違った問題解決を生むからです。
を問題にしていたのですから。
とにかく間違った認識でどのような間違った対策が生まれるかということを具体的にさっさと書け!それが論点で問題なんだろ?え?違うのか?あんたこんな短時間で言ってることが矛盾だらけだぞ。

2011/10/09 03:45 | 追加でいい加減にしろアラシ野郎! #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
577:

落ち着いてください。
どこかの半島人のようで、みっともないですよ。

確かに私は「間違った認識」は「間違った問題解決策」を生むから問題だと申し上げました。
貴方は具体的に「間違った認識」により何か実害があったのか?と問う。
自分の発言を冷静に考えて下さい。
それは詐欺師の道理であって、それを貴方が廣宮さんを擁護する形で発言してしまうと廣宮さん及びこのブログの信頼を損なうだけなのです。
貴方こそ巧妙なアラシなのでは?

よって貴方とやり取りしても廣宮さんの迷惑になるだけなので以後スルーさせて頂きます。
そもそも貴方とやり取りしても私が求める回答は得られませんし、正直ヒステリックな人の相手は疲れる。

2011/10/09 08:49 | #- URL [ 編集 ]
578:別に矛盾はしていない

何やらコメント欄が騒がしくなっているようですが、

私は551で引用されている文章が矛盾しているとは思えません。

何故かというと廣宮さんの議論は「政府と中央銀行がベースマネー増加+国債増発+財政出動による信用創造でいくらでも日本円を創り出せるので」とあるように債務者(日本政府)が債務を履行する意志があるという事を前提としているからです。

よって債務者が債務を履行する事の意志を放棄したケースではそれにあたりません、551さんは上記の議論を「債務の意思を放棄した」と勘違いしているだけです。
債務者に履行能力があるかどうかに拘わらず履行する事を意図的に放棄した場合だったら債務不履行は有り得ますよ。つい最近アメリカで債務上限を伸ばすか伸ばさないかで大揉めになった事がありましたが、これもそのケースに近いですね。アメリカ自身に債務を履行する意志が無いとは思いませんが、債務返済期限を過ぎればそう見なされても仕方の状況だったと思います。(最終的には法案が通って何とか事無きを得ましたが)

「債務者が債務を履行する意志を放棄したケース」は考えなくても良いのかという文句
が来そうですけど資本主義社会は不完全とは言え基本的に債務がきちんと履行される事を前提とした社会なのでそういったケースを考えるのなら北朝鮮のようなならず者国家のような所に当て嵌めるべきでしょう。実際、北朝鮮はロシアの対外債務を踏み倒した事がありまして、ロシアから経済制裁くらいましたから。借金踏み倒すってのはそれくらいのされても仕方無い訳で、我が国がそれやったら国際社会に対する信頼丸潰れですね。

2011/10/09 09:25 | とある人 #- URL [ 編集 ]
579:

578 訂正

×「債務の意思を放棄した」
○「債務の履行の意志を放棄した」

2011/10/09 09:29 | とある人 #- URL [ 編集 ]
580:

>落ち着いてください。
>どこかの半島人のようで、みっともないですよ。

あんたこそ自分が「信じてたのに」と嘘ついてるのにブログ主を嘘つきとかデマ呼ばわり。

>内債は破綻しないと言っていたじゃないですか!
>どういう事ですか!?

こんな落ち着きの無い乱暴な書き方を先にしてきたのはお前だろ!アホか!お前は一体どこの国の人間なんだ?何考えてるんだ?お前が先に落ち着け!

>確かに私は「間違った認識」は「間違った問題解決策」を生むから問題だと申し上げました。

だからその間違った認識で具体的にどんな間違った解決策を生むの?それが問題なんだろ?それが論点なんだろ?アホかお前は。早く書け!

>貴方は具体的に「間違った認識」により何か実害があったのか?と問う。

お前が問題にしていたんだから逃げずに答えろ!

>自分の発言を冷静に考えて下さい。

お前こそ自分の発言を冷静に考えろ!
自分の間違いを指摘されるとブログ主を嘘つきとかデマ呼ばわりするお前は一体何だ?お前が詐欺師だろが。

>それは詐欺師の道理であって、それを貴方が廣宮さんを擁護する形で発言してしまうと廣宮さん及びこのブログの信頼を損なうだけなのです。
>貴方こそ巧妙なアラシなのでは?

廣宮さんのことを嘘つきとかデマとか言っているお前が信頼を損ねてるんだよ。そんなことも分からんアホか?ていうかお前のアホな書き込みで信頼が落ちることなどはないか。

それで具体的にどうデマなんだ?何の実害もないのになんでデマなんだ?そのデマで一体誰にどういう具体的影響が出るんだ?政府の政策決定にどんな違いが出るんだ?具体的にさっさと答えろ!逃げるな詐欺師!嘘つき!デマ流しのアラシ野郎!

>よって貴方とやり取りしても廣宮さんの迷惑になるだけなので以後スルーさせて頂きます。

単なる逃げ口上ですね。要するに負けを認めたということならそれで良いですが。
ていうかお前が嘘つきとかデマ呼ばわりして廣宮さんに十分迷惑かけてるんだろが。どうしようもないアホだな。自分で何やっているかなんも理解してない。

>そもそも貴方とやり取りしても私が求める回答は得られませんし、正直ヒステリックな人の相手は疲れる。

だからお前が問題にした問題にさっさと落ち着いて答えろ!そもそも最初の書き込みがその論点なんだろ?答えずにブログ主を嘘つきとかデマ呼ばわりして逃げているお前がヒステリックだ!アホ!

2011/10/09 09:36 | アラシはどこまでもアラシですね #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
581:

アラシはどこまでもアラシですね #Wo7cu4MYさんへ

あなたのおっしゃりたい事も分からなくも無いが
551さんの言うように少し冷静になられた方が宜しいかと。
551さんがそこまで大人だと思いませんがあなたの振る舞いはいささか過剰反応ではないでしょうか?議論の妥当性を云々を言う前に廣宮さんの支持者として我々は大人であるべきだと思いますが如何でしょうか?


2011/10/09 09:42 | とある人 #- URL [ 編集 ]
582:

とある人様

あなたの言われることもごもっともですがこの551の人の書いていることは異常です。だから教育をして差し上げているのです。誰かが言ってあげないと気付かないと思うので。だってこのままの状態で実社会で生きてたらいじめられますよ、確実に。そう思いませんか?言ってることメチャクチャだもん。だから愛の鞭なんですね。

2011/10/09 09:48 | アラシはアラシですね #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
584:

とある人様

>551さんは廣宮さんの事を侮辱したり、名誉を棄損している訳では無い

え?ブログ主のことを嘘つきと書いているしデマとまで書いているのに名誉毀損ではないというのはおかしいですね。名誉毀損や公然侮辱は立派な刑事犯罪ですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E7%BD%AA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%AE%E8%BE%B1%E7%BD%AA

>むしろ見ず知らずの他人を教育してやるだの愛の鞭だの与える方がよっぽど異常だと思います。あなたは廣宮さんの近親者では無いんですよ。少し自重すべきではないでしょうか?

こっちは詐欺師呼ばわりされてるんだから怒るのは当然です。それはあなたとは無関係ですね。それにこの人がブログ主を嘘つき、デマと言っていることは明らかに名誉毀損罪や侮辱罪に当たる行為です。

ところであなたこそ人に自重すべきと言いながら何を言っているのですか?あなたに異常呼ばわりされる筋合いは全然ありませんね。名誉毀損罪、侮辱罪という刑事犯罪を黙って見過ごせというあなたには言われる筋合いが本当にありませんよ。

2011/10/09 10:14 | アラシはアラシです #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
586:

とある人様へ

>名誉棄損罪は親告罪なんですが・・・あなたその意味分かってて言ってますか? 以後私も551さんと同じ様にあなたの事はスルーします。

親告罪なら本人が何もいわなければ社会的に許される行為なのですね?だから「ブログ主は嘘つきとかデマだ」と書くことも正常なのだと。本気で言ってるのか?それに人を異常呼ばわりしておいて謝罪もしないあんたこそ本気でおかしい。

人の名誉を毀損したり侮辱することが正常であると言っているあなたは異常です。常識がなさ過ぎるよ。

追記
強姦罪も親告罪です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E5%A7%A6%E7%BD%AA

とある人さんの言っていることは「親告罪だから強姦しても訴えられなければヤリ放題で許されるのが正常」ということです。どうかご自分の異常性をよくよく認識してまっとうな市民に生まれ変わって下さい。

2011/10/09 10:32 | アラシ擁護もアラシだと思います #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
587:

551さんが引用した「財政破綻も起こりようが無い」のエントリーの他の部分を引用しておきます。あくまでも「物流上の破綻」がメインでそれを起こさないことが大切という主張ですね。551さんは引用するときに「財政破綻も起こりようが無いが、物流上の破綻は、将来、いくらでも起こり得るので備える必要がある。」の後半を外しています。これに基づいて廣宮さんを嘘つきとかデマとか言っているんです。明らかにおかしいし不公正ですよね?皆さん!

http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-144.html

日本は、

政府の借金がほとんど全て自国通貨建てで、かつ、国全体(政府+民間)でも対外債務より対外債権が多い(対外純資産世界最大!)

のですから、

アルゼンチンのように政府が外貨建て対外債務で財政破綻したり、
アイスランドのように民間の外貨建て対外債務の不履行で国家経済が破綻したり、
という可能性は今のところ、全くありません。

しかし、

財政破綻はしなくても、

エネルギー自給率も食糧自給率も低い日本は、

将来、物流上の破綻を来たす恐れは少なからずあるわけです。


1.財政破綻する心配は全くない、

2.将来、「物流上の破綻」を来たす可能性は大いにある

3.ただし、現在はデフレ、モノ余り。

というのが、現在の日本経済の本当の本質的な課題です。


日本は外貨建ての借金の問題はなく、
また、
日本円建ての借金については、
政府と中央銀行がベースマネー増加+国債増発+財政出動による信用創造でいくらでも日本円を創り出せるので、日本政府の財政破綻も、国全体としてのマクロでの財政破綻も起こりようが無い

が、

物流上の破綻は、将来、いくらでも起こり得るので備える必要がある。

2011/10/09 10:48 | 551氏ととある人氏へ #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
589:

とある人様

ご理解頂きありがとうございます。
また私も少々至らぬ点があった事は謝罪します。

恐らく世間(少なくともロゴフ教授の本)の理解では、「債務の履行の意志を放棄せずに紙幣増発→激しいインフレ」と「債務の履行の意志を放棄した」は財政破綻にあたると思います。
そして内債の場合、政府はそれを能動的に選択ができる。
(日本が財政破綻するかどうかは脇に置いといて)

だから廣宮さんの「自国通貨建てで財政破綻は起こり得ない」という主張をロゴフ教授の本を元に反論する人達は、P191を読んだ上で主張しているはずです。
こういった本を読む人達がP191だけ見落とすドジっ子とも思えませんし。
そもそも自国通貨建てでも「債務の履行の意志を放棄した」国が実際に過去にあった事を示している本なのですから。
そこは破綻論者等と揶揄せずに過去の発言からの乖離を埋めて欲しかったですね。
(廣宮さん自信は乖離と思ってないかも知れませんが)


私がネットで見た話になりますが「自国通貨建て」だから、という理由だけで日本の財政は安泰だと主張する人達は少なくありません。
これはこれで問題だと思います。

2011/10/09 12:26 | #- URL [ 編集 ]
590:

>恐らく世間(少なくともロゴフ教授の本)の理解では、「債務の履行の意志を放棄せずに紙幣増発→激しいインフレ」と「債務の履行の意志を放棄した」は財政破綻にあたると思います。

知らない人の方が多いでしょう。

>そして内債の場合、政府はそれを能動的に選択ができる。(日本が財政破綻するかどうかは脇に置いといて)

こんな話は今まで聞いたことなかったよ。これはきっとほとんどの人が知らないね。

>こういった本を読む人達がP191だけ見落とすドジっ子とも思えませんし。

「日本政府の財政破綻も、国全体としてのマクロでの財政破綻も起こりようが無いが、物流上の破綻は、将来、いくらでも起こり得るので備える必要がある。」の後半部分を見落としているドジっ子がすぐそこにいましたよね。あなたのことですが。

>そこは破綻論者等と揶揄せずに過去の発言からの乖離を埋めて欲しかったですね。
(廣宮さん自信は乖離と思ってないかも知れませんが)

「国債を刷れ」のときから一貫して悪性インフレが問題と書いていますがそれは無視。「物流上の破綻は、将来、いくらでも起こり得るので備える必要がある」というのも無視。これを外して引用するというマスコミ顔負けの偏向報道をしておきながら廣宮さんのことを「マスコミより酷い。嘘つき。デマを流した」と名誉毀損。このような偏向報道で勝手に乖離させているのはあなたでしょうに。責任を人に押し付けるなっての。申し訳ないけど「名誉毀損は親告罪なので本人が何も言わなければ問題ない。」とおかしなことを言っているとある人さんにだけ謝罪して何の意味があるの?意味ないよ。強姦罪も親告罪なので本人が何も言わなければ問題ないと言っているのと同じなんですが。これについてはどう思うわけ?あんたもネット上で実名で名指しで名誉毀損されてみたいか?名誉毀損は親告罪だからいくらでもやってもいいんだろ?じゃあ実名を教えてくれ。いくらでもして差し上げますよ。

>私がネットで見た話になりますが「自国通貨建て」だから、という理由だけで日本の財政は安泰だと主張する人達は少なくありません。これはこれで問題だと思います。

だからブログ主は物流上の破綻のことを耳にタコができるくらい訴えているわけでしょ?それは完全に無視するんですね?卑怯ですよね。本当に。その物流上の破綻の部分を意図的に隠して引用するという偏向報道をやりながら平気な顔をして「廣宮さんはマスコミより酷い。嘘つき。デマを流している!」と書くようなあなたのような人が大勢いるのが問題です。

2011/10/09 13:03 | #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
591:

ついでに書いておくとこのエントリーに書いてあることで下のようなことを書いている人、ネットで他に見たことありません。


国内債務デフォルト国

のデフォルトの4年前から3年後の平均の

実質GDPの変化のグラフがありまして、


実質GDPはデフォルト発生年を底に、

発生の3年後には発生の4年前の水準回復しています。


つまり、

デフォルトすることで、経済がむしろ回復に向かった

ということです。

国内債務のデフォルトは経済危機を克服するための手段の一つということが、ここでも裏付けられています。


俺はロゴフを読んだぞと言いながらそういう自分たちに都合の悪いことを隠していることが偏向報道ですよ。こういうことを問題視することなく一方的にブログ主を非難するのが支離滅裂なのです。これが私が551氏を非難している理由の一つです。

2011/10/09 13:37 | #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
592:

>>551さん

>今回のエントリーで内債は政府が「能動的に」破綻させる事が有り得ると言っている訳です。

やっぱり日本語がわかっていないようですね。。。

繰り返しになるけど、
あなたの
>「能動的に」破綻させる
とは全く意味が違う。
(本文)
>国内債務のデフォルトは政府が能動的に選択するもの
って
別に全く財政的に破綻状態ではないのに「いや、金返したくないわ」って言うことでっせ。
(そしてわざわざそんなことはする必要なし。廣宮氏は「起こりようが無い」と書いてるし。)
例えば
わざわざ意図的に外貨建て国債乱発しまくった、
返したいけど「返せない」(返済能力が無い)
とかなら、
>「能動的に」破綻させる
という意味になるが。
破綻=「返せない・できない」(返済能力が無い)

あと、
>国内債務のデフォルトは政府が能動的に選択するもの
は廣宮氏、というよりロゴフ氏の意見(の要約)だよね。
廣宮氏は
>自国通貨建ての債務なら、その国の政府(あるいは中央銀行)はいくらでもその通貨を発行できるわけですから、わざわざデフォルトする必要はありません。
ただし、これはロゴフ氏の意見に対してそんな頓珍漢な事し得ないだろってところでしょう。
廣宮氏は
>日本政府の財政破綻も、国全体としてのマクロでの財政破綻も起こりようが無い
と述べている。
自国通貨建て国債購入によって日銀の通貨発行が行われている場合、「政府の」財政破綻=通貨の発行をしない
あなたの
>つまり起こり得ない話だったのに、有り得ると言ってるじゃないですか。
>過去の発言と違いますよね。
は的外れそのもの。「本文よく読め」って最初に指摘したのに。

さりげなく、引用において原文の意図を捻じ曲げ、ありもしない意見を作り出し、藁人形を釘で打つという、
実に馬鹿げた事をしているんですよ、あなたは。
まぁ、自覚は無いんでしょうけど。

一体、あなたは何が言いたいんだか?

2011/10/09 14:57 | 552及び555 #- URL [ 編集 ]
593:

私は>>551さんに「本文よく読め」って最初に指摘しました。
よって今一度読み直すと、こう書いてあります。

ロゴフ氏の
>なぜ政府は、インフレで問題を解決できるときに、わざわざ国内債務の返済を拒否するのだろうか。
>言うまでもなく一つの答えは、インフレがとくに銀行システムと金融部門に歪みを生じさせるから、というものである。インフレという選択肢があっても、支払拒絶の方がましであり、少なくともコストは小さいと政府が判断することもある。

これ、
自国通貨建て債務だけではなく外貨建ても合わせて持ってるときじゃないか?
エントリ本文中で紹介されたロゴフ氏が書いた70もの国内債務のデフォルトの事例:
1998年のロシアは対外債務が莫大だったし。
3件が中央政府ではなく地方政府。
5件が明示的に外貨建て債務の不履行。
とかごちゃまぜにしてるし。

その上での「国内債務の返済を拒否」byロゴフ氏だ。

あと、戦争で目茶目茶に破壊された1946年の敗戦後の日本みたいなとき。
これも確かロゴフ氏が事例としてあげてた記憶がある。
(当時の日本はかなりの対外債務があり、その後も払い続けた)
国内に対しては預金封鎖と払い戻し額の制限があったはず。

廣宮氏の
>日本政府の財政破綻も、国全体としてのマクロでの財政破綻も起こりようが無い
は今の日本国債のような事例を言ってるわけだが。
>>551さんは捏造もいいところ。だからいろんな人に文句言われてるわけだ?

2011/10/09 15:01 | 552及び555 #- URL [ 編集 ]
594:

あの、何度も同じ事を投稿するのは好まないのですが、


廣宮さんの主張は過去のエントリーから引用した通り、「自国通貨ての債務の場合、政府はインフレで問題を解決できるから破綻は有り得ない」であったと私は理解しています。

しかしロゴフ教授は以下の様に主張していたと。
「なぜ政府は、インフレで問題を解決できるときに、わざわざ国内債務の返済を拒否するのだろうか。
言うまでもなく一つの答えは、インフレがとくに銀行システムと金融部門に歪みを生じさせるから、というものである。インフレという選択肢があっても、支払拒絶の方がましであり、少なくともコストは小さいと政府が判断することもある。 」

そしてロゴフ教授の本を読んだ人達が廣宮さんに自国通貨建てでも財政破綻は有り得ると反論したと。

しかし現在、本エントリーで廣宮さんはロゴフ教授の言葉を引用し、同意しているようにすら感じます。

なのにタイトルは『「日本は円建て債務だから破綻しないはウソ」のウソ』だからどっちなの?という事です。
過去の廣宮さんの主張のままならタイトルに違和感が有りませんが、ロゴフ教授の言葉を借りるだけなら疑問符を付けざるを得ないですね。

2011/10/09 18:14 | #- URL [ 編集 ]
595:

>さりげなく、引用において原文の意図を捻じ曲げ、ありもしない意見を作り出し、藁人形を釘で打つという、
>実に馬鹿げた事をしているんですよ、あなたは。
>まぁ、自覚は無いんでしょうけど。

うまい!

>そしてロゴフ教授の本を読んだ人達が廣宮さんに自国通貨建てでも財政破綻は有り得ると反論したと。
>しかし現在、本エントリーで廣宮さんはロゴフ教授の言葉を引用し、同意しているようにすら感じます。

あまり怒ってばかりいてもしょうがないので懇切丁寧に書いてみますか。
破綻論者のお決まりのパターンで日本は世界最高のデフレ状態であるという当たり前のことがスッポリ抜け落ちるんですね。ロゴフの記述では国内債務問題の処理には更なるインフレか破綻かの選択肢があるということが読み取れるわけですね。ブログ主の見解ではそういう時には物流の問題が生じているということですね。その場合はインフレ率が高くなっているはずですよね。実際ロゴフのデータによれば国内債務を破綻させることを選んだ国のインフレ率は破綻の3年前で30%を超えているということが示されているわけですね。これはインフレの問題ということです。物不足なので物流上の問題ということですね。それで日本がデフレということに話が戻るわけですね。それに対して今の日本のインフレ率が0.2%だと。日本は世界最高のデフレであると。それでデフレの日本が国内債務で破綻することがまずないということになるわけですね。ロゴフのデータもそれが分かるということでしょう。


>なのにタイトルは『「日本は円建て債務だから破綻しないはウソ」のウソ』だからどっちなの?という事です。
>過去の廣宮さんの主張のままならタイトルに違和感が有りませんが、ロゴフ教授の言葉を借りるだけなら疑問符を付けざるを得ないですね。

デフレだから自国通貨建て債務の破綻はないということですね。どこが間違っているのか意味が分からない。それで廣宮さんが嘘つきとかデマとかマスコミより酷い偏向だとかなんで言われなければならないのですかね?それは繰り返しますが名誉毀損罪や侮辱罪というれっきとした刑事犯罪なのですが。私があなたのことを「嘘つきとかデマとかマスコミより酷い偏向している」とあなたの実名を出してネットに書いたらどう感じますか?それは犯罪になりますのでしませんがね。あなたはどんな文章を読んでも偏向だ!と言い出しそうですがね。例えば

「日本政府の財政破綻も、国全体としてのマクロでの財政破綻も起こりようが無いが、物流上の破綻は、将来、いくらでも起こり得るので備える必要がある。
という文章を引用するときも太字の部分を削ぎ落して引用する。「が、」で文章が続いているのですがねえ。で、ブログ主が「物流上の破綻」とか「物流中心主義」と繰り返し書いていることについてはあなたは評価しないわけですね?それならこのブログを読みに来る必要がないよ。意味が無いから。そこが一番大事なのに。それを繰り返し強調しているのにその一番重要な部分をこれからも無視するのならね。

2011/10/09 18:47 | #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
596:

>日本は世界最高のデフレであると。それでデフレの日本が国内債務で破綻することがまずないということになるわけですね。ロゴフのデータもそれが分かるということでしょう。


別にインフレかデフレかは関係有りません。
また日本かどうかも関係有りません。
私が知りたい事は何時如何なる時も『自国通貨建て債務で財政破綻は有り得る』は真か偽かです。
これが偽であれば、それを踏まえた上でデフレだからという前提条件を加えた上で日本の財政を語ればよいだけです。
だからこそ本エントリーのタイトルは非常に違和感があります。

携帯からだとIDが表示されないので、貴方は私がスルーするとした方かも知れませんが気にしないで下さい。

2011/10/09 19:22 | #- URL [ 編集 ]
597:

>別にインフレかデフレかは関係有りません。
>また日本かどうかも関係有りません。
>私が知りたい事は何時如何なる時も『自国通貨建て債務で財政破綻は有り得る』は真か偽かです。

だから破綻してるじゃん。あんたこれ何の冗談なんだ?このエントリーに思い切り書いてるじゃないの。ロシアの自国通貨建て国債の債務不履行の事例とか。でもロゴフの言い方であれば夕張市の破綻も国内債務の破綻だけどとも書いてある。それも理解してないし覚えてないのでしょうかね。信じられんな。あんた議論に向いてないよ。ほんと。

>これが偽であれば、それを踏まえた上でデフレだからという前提条件を加えた上で日本の財政を語ればよいだけです。

そうしてるじゃん実際。上でも引用したでしょ?「国債を刷れ」の文章。読んでないのかよ。信じられんよ。もう一回引用します。私はなんて親切なのでしょうか。赤のとこだけ読んでよ。ね?それだけでいいから。

西南戦争後のインフレ(といっても年平均10%弱で大したものでもなかった)を契機に、政府が直接紙幣を発行するシステムは廃止され、日銀が紙幣を発行するシステムが発足した。自ら紙幣を発行できなくなった政府は必要に応じて借金をしなければならない身分となった。「国の借金」はインフレ抑制のための「副産物」に過ぎない。
 問題はあくまでもインフレなのである。
インフレを気にする必要のない状態、つまり、デフレ状態であれば、政府が直接お札を発行しても何ら問題なく適正な経済運営ができる。それは、八代将軍や明治維新政府などの歴史が証明している。
 「国の借金」は「物価の安定を通じて国民経済の健全な発展をはかる」という目的を達成するための手段に過ぎない。あくまでも手段であり、道具に過ぎないのである。
 それにもかかわらず、国の借金の方が「目的」になると、国民経済・国民生活が「手段」になってしまう。どういうことかというと、国の借金の返済のために、国民生活を犠牲にしてでも税金を取り立てたり、必要な社会保障費用を削ってしまうというような、まったく本末転倒の話になってしまうのである。
国の借金はインフレ抑制のための「副産物」に過ぎない。世界最高峰のデフレ、つまり世界屈指の低インフレ国家である日本の国の借金は、一切気にする必要のないものである。
それが、国の借金の本質、正体なのだ。


とりあえずこれを読んでからコメントしてよ。ね。

>だからこそ本エントリーのタイトルは非常に違和感があります。

あんたそんなんでブログ主をデマとか嘘つきとかマスコミ以上の偏向とか言って侮辱したり名誉毀損してるわけ?この名誉毀損については何も言わない。
あんたみたいな人間がこの世にいること自体にかなり違和感があります。以上、終り。

2011/10/09 20:15 | インフレかデフレかが問題ですよ #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
598:

>ロゴフ教授の本を読んだ人達が廣宮さんに自国通貨建てでも財政破綻は有り得ると反論したと。
>本エントリーで廣宮さんはロゴフ教授の言葉を引用し、同意しているようにすら感じます。

その「有り得る」は対外債務も結構ある場合に対して、廣宮氏は「有り得る」と言っているでしょ。
今の日本のような自国通貨建てのみの場合に対して廣宮氏は「破綻は有り得ない」と言っていた。

その辺をなぜ無視する?



>私が知りたい事は何時如何なる時も『自国通貨建て債務で財政破綻は有り得る』は真か偽かです。

あぁ、経済学的な理論として、ってこと?ですか?
ならば、答えは(自国通貨建てのみの場合に対して)「ない」
って、既に書いたでしょ。

2011/10/09 20:17 | 552及び555以下長いから(ry #- URL [ 編集 ]
599:

政府の自国通貨建て債務について、ある方は「だから破綻してるじゃん。」と発言し、別の方は「答えは(自国通貨建てのみの場合に対して)「ない」 」と発言している。
この情報の歪みに対して情報発信者に苦言を申し上げたい。
まあ受け取り手に問題あるだけかも知れませんが。



まず政府の自国通貨建て債務に対して財政破綻は起こり得ないと廣宮さんは発言されていた訳です。
しかし他の方が発言されていた通り「だから破綻してるじゃん。」という事です。
だからタイトルに対しても疑問符が付くのです。
経常黒字国でも財政破綻が有り得るのと同様に、自国通貨建て債務でも財政破綻が有り得るはずなのに。
そこは一歩引いても良い箇所では?

2011/10/09 20:53 | #- URL [ 編集 ]
600:

>>599さん

>政府の自国通貨建て債務に対して財政破綻は起こり得ないと廣宮さんは発言されていた訳です。
>しかし他の方が発言されていた通り「だから破綻してるじゃん。」という事です。

だから
その「有り得る」は対外債務も結構ある場合に対して、廣宮氏は「有り得る」と言っているでしょ。
(#Wo7cu4MYさんも?)

#Wo7cu4MYさんは
>だから破綻してるじゃん。
の後に
>ロシアの自国通貨建て国債の債務不履行の事例とか。
と、これは外貨建て対外負債がある事例という但し書きを付けてる。
そして>>599さんは私の発言を
>「答えは(自国通貨建てのみの場合に対して)「ない」 」と発言している。
と引用している。
そう、私は「自国通貨建てのみの場合に対して」という条件つきで「ない」と書いてる。

私が「ない」って書いたのは「自国通貨建てのみの場合に対して」だ。
はっきりはっきり書いたのに。
都合の悪いことは無視ですか。

>経常黒字国でも財政破綻が有り得るのと同様に、

例えばアイスランド。ドバイ。
(自国通貨建てもあったが)国家として外貨建て対外負債があってそれで死亡。

>自国通貨建て債務でも財政破綻が有り得るはずなのに。

これに対しては既に書いたとおり。
再掲:
その「有り得る」は対外債務も結構ある場合に対して、廣宮氏は「有り得る」と言っているでしょ。
今の日本のような自国通貨建てのみの場合に対して廣宮氏は「破綻は有り得ない」と言っていた。

その辺をなぜ無視する?

>政府の自国通貨建て債務について、ある方は「だから破綻してるじゃん。」と発言し、別の方は「答えは(自国通貨建てのみの場合に対して)「ない」 」と発言している。 この情報の歪みに対して情報発信者に苦言を申し上げたい。

・自国通貨建て債務+豊富な外貨建て対外負債
・自国通貨建て債務only

このどちらかのケースかで
「だから破綻してるじゃん。」か「答えは(自国通貨建てのみの場合に対して)「ない」 」に分かれるんだ、と何回も言ってるんだが。
それなのに、あえてそこを無視して
>ある方は「だから破綻してるじゃん。」と発言し、別の方は「答えは(自国通貨建てのみの場合に対して)「ない」 」と発言している。 この情報の歪み
とか言われてもなぁ。
原因、メカニズムが違えば、結果も異なって当然だ。

>まあ受け取り手に問題あるだけかも知れませんが。

完全にあなたの読解力の問題。わざとでしょうけど。

>そこは一歩引いても良い箇所では?
そんな訳のわからん印象操作する前に国語の勉強したらいかがでしょう。
中学校のあたりの基本的なところも意外とバカにできない重要度よ。



まぁ、呆れたよ。。。

2011/10/09 21:14 | 552及び555以下長いから(ry #- URL [ 編集 ]
601:

自身(例>>551=599さん)の主張にとって都合の悪い指摘はあえて無視し、
他人の意見を捻じ曲げる。挙句の果てに、無意味な印象操作に走る
発言者に苦言を申し上げたい。

これまでの私のコメを見れば>>551=599さんがやってきたことはこれにモロに当て嵌まる事は一目瞭然であろう。
このブログに限らないけど、ときおり沸くんだよな、こういう輩。
特に経済ネタのブログは。

>>551=599さん

例えば、私があなた宛に

一旦出してしまった矛を収められないの気持ちは分からんでもないが、
そこは一歩引いても良い箇所では?

とか、書いたらどうする。
そんな事書いてもROMってる人にアホかと思われるだけ。

2011/10/09 21:27 | 552及び555以下長いから(ry #- URL [ 編集 ]
602:

>政府の自国通貨建て債務について、ある方は「だから破綻してるじゃん。」と発言し、別の方は「答えは(自国通貨建てのみの場合に対して)「ない」 」と発言している。

あのね、もう一人の人は厳密な意味での債務不履行は理論的にあり得ないと言っているわけ。ちっとも間違っていませんね。でもジンバブエのようなハイパーインフレになるとそれはそれで一種の破綻ですねということ。そんなことはここの常連読者はみんな分かってるの。

で、エントリー読めよ。自国通貨建て債務の債務不履行があったと書いてるだろ。別に誰もそのことを否定してないだろ?さっきの人も前の方のコメントで「自国通貨建て債務だけではなく外貨建ても合わせて持ってるときじゃないか? 」と触れてただろ?だから別に混乱なんてないの。お前が勝手に騒いでるだけだろ?

>この情報の歪みに対して情報発信者に苦言を申し上げたい。まあ受け取り手に問題あるだけかも知れませんが。

あんたが余りにも読解力がなさ過ぎるということに問題があるだけです。そもそも「あなたのことはスルーします」と宣言しておいて守れてないしね。まあ予想通りですが。これも有りがちなアラシの習性です。アラシはかまってちゃんなので必ず反応しますが。

>経常黒字国でも財政破綻が有り得るのと同様に、自国通貨建て債務でも財政破綻が有り得るはずなのに。

経常黒字国の破綻?ああアメリカの1933年の金約款の放棄のことか?債務不履行ですから破綻なんでしょうな。だからどうだってのよ。それでアメリカは終わったのかよ。それだったら日本は戦争に負けてないよ。
それでなんでお前は無意味にブログ主に対して「嘘つき」とか「デマ」とか言って名誉毀損するわけ?で、お前はそんなに偉いのか?それについて何も謝罪してないし釈明もしてないよね。人間として最低だね。


>まず政府の自国通貨建て債務に対して財政破綻は起こり得ないと廣宮さんは発言

おい、お前。

「日本政府の財政破綻も、国全体としてのマクロでの財政破綻も起こりようが無いが、物流上の破綻は、将来、いくらでも起こり得るので備える必要がある。

と書いてるだろ?

「財政破綻は起こり得ないが無い」のあとに「が、物流上の破綻は、将来、いくらでも起こり得るので備える必要がある。」と書いてるだろ?お前何なの?これ難しすぎて読めないの?「物流」という言葉の意味が分からないの?

>しかし他の方が発言されていた通り「だから破綻してるじゃん。」という事です。だからタイトルに対しても疑問符が付くのです。

それについてお前は
>これが偽であれば、それを踏まえた上でデフレだからという前提条件を加えた上で日本の財政を語ればよいだけです。

と書いてたわけだろ?それで廣宮さんが2年前の著書から既にデフレを前提に語っているということを示しただろ?なあ、

>これが偽であれば、それを踏まえた上でデフレだからという前提条件を加えた上で日本の財政を語ればよいだけです。

これが満たされればそれでいいんだろ?なあおい。そうだろ?なあ?お前、結局何がしたいの?お前自分が矛盾だらけなのを棚にあげて

>そこは一歩引いても良い箇所では?

何を一歩引けっていうの?なあ?お前みたいな言ってること矛盾だらけのやつが一体誰に向かって何を言ってるの?
その前にあんた侮辱罪と名誉毀損罪の要件を満たす刑事犯罪者なんだけど誰に何を一歩引いて欲しいの?心配しなくてもあなたの支離滅裂ぶりにはみんな10000歩くらい引いてるよ。



2011/10/09 21:39 | とてつもないアラシですね #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
603:お二人のお名前がわかりませんが…

お二人様、どうもお疲れ様でした^^;。色々とありがとうございます。【物流中心主義】という考え方がどうも分かりにくいのですかねえ…

> 自身(例>>551=599さん)の主張にとって都合の悪い指摘はあえて無視し、
> 他人の意見を捻じ曲げる。挙句の果てに、無意味な印象操作に走る
> 発言者に苦言を申し上げたい。
>
> これまでの私のコメを見れば>>551=599さんがやってきたことはこれにモロに当て嵌まる事は一目瞭然であろう。
> このブログに限らないけど、ときおり沸くんだよな、こういう輩。
> 特に経済ネタのブログは。
>
> >>551=599さん
>
> 例えば、私があなた宛に
>
> 一旦出してしまった矛を収められないの気持ちは分からんでもないが、
> そこは一歩引いても良い箇所では?
>
> とか、書いたらどうする。
> そんな事書いてもROMってる人にアホかと思われるだけ。

2011/10/09 22:13 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
606:

>>551さん

なぜ、廣宮氏#603より後に書かれた>>551さん自身のコメ消したんですか?
返信しようと思っていたのに。

2011/10/10 00:35 | 552及び555以下長いから(ry #- URL [ 編集 ]
607:

まとめると、

・1988年のロシアなど(自国通貨建て国債もあるけど)外貨建て対外負債がヤバイ事例に対して
廣宮氏「自国通貨建ての債務なら、その国の政府(あるいは中央銀行)はいくらでもその通貨を発行できるわけですから、わざわざデフォルトする必要はありません。」
・日本みたいに自国通貨建て国債only状態の国に対して
廣宮氏「日本政府の財政破綻も、国全体としてのマクロでの財政破綻も起こりようが無い」

これを見た>>551さん
>起こり得ない話だったのに、有り得ると言ってるじゃないですか。
>日本語として、財政破綻が「有り得る」と「起こりようが無い」は全然意味が違いますよ。
>自国通貨建てでも「債務の履行の意志を放棄した」国が実際に過去にあった事を示している本なのですから。

ぽかーん。状態



ロシアの件について:
>自国通貨建てでも「債務の履行の意志を放棄した」国が実際に過去にあった事を示している本なのですから。
が如何にずれまくった意見かを示すいい例なので、過去ログ。

自国通貨建て国債で破綻?~ロシア危機の場合
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-349.html

2011/10/10 01:22 | 552及び555以下長いから #- URL [ 編集 ]
608:

ちょっと訂正

まとめると、

・1988年のロシアなど(自国通貨建て国債もあるけど)外貨建て対外負債がヤバイ事例に対して
廣宮氏「自国通貨建ての債務なら、その国の政府(あるいは中央銀行)はいくらでもその通貨を発行できるわけですから、わざわざデフォルトする必要はありません。」
(インフレがとくに銀行システムと金融部門に歪みを生じさせるから、というものである。インフレという選択肢があっても、支払拒絶の方がましであり、少なくともコストは小さいと政府が判断することもある場合byロゴフ氏)
廣宮氏「国内債務のデフォルトは政府が能動的に選択するもの」=「有り得る」

・日本みたいに自国通貨建て国債only状態の国に対して
廣宮氏「日本政府の財政破綻も、国全体としてのマクロでの財政破綻も起こりようが無い」

これを見た>>551さん
>起こり得ない話だったのに、有り得ると言ってるじゃないですか。
>日本語として、財政破綻が「有り得る」と「起こりようが無い」は全然意味が違いますよ。
>自国通貨建てでも「債務の履行の意志を放棄した」国が実際に過去にあった事を示している本なのですから。

ぽかーん。状態



ロシアの件について:
>自国通貨建てでも「債務の履行の意志を放棄した」国が実際に過去にあった事を示している本なのですから。
が如何にずれまくった意見かを示すいい例なので、過去ログ。

自国通貨建て国債で破綻?~ロシア危機の場合
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-349.html

2011/10/10 01:30 | #- URL [ 編集 ]
609:

また修正^^
#Wo7cu4MYさんの指摘を取り込み

日本みたいに自国通貨建て国債only状態の国に対して
×「日本政府の財政破綻も、国全体としてのマクロでの財政破綻も起こりようが無い」
○「日本政府の財政破綻も、国全体としてのマクロでの財政破綻も起こりようが無いが、物流上の破綻は、将来、いくらでも起こり得るので備える必要がある。」

・日本政府の財政破綻は既に書いたとおり、起こりようが無い。
・国全体としてのマクロでの財政破綻も対外負債が無ければ起こりようが無い
壊れた水道の蛇口のように金融緩和を思いっきりドバドバ際限なくやり続ければ当然インフレ率に跳ね返るけど。そんな馬鹿なことはしない。
・物流上の破綻は、将来、いくらでも起こり得るので備える必要がある、については
物流上の破綻(悪性インフレ)は生産供給が破壊されてるとか、とかそんな状態なんで、
長期的には維持発展が必要だけど、
短期的な問題(需要がない・デフレ)で悩んでる今の日本経済では考えるべき方向は別、ってこと、かな(?)

書くの面倒なので、あとは#Wo7cu4MYさんの#620へ
あと、
「破綻」を再定義してみます
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-144.html

2011/10/10 02:19 | #- URL [ 編集 ]
610:

551さんと書くと551の蓬莱さんに迷惑がかかるのでアラシの551さんとします。そのアラシさんの引用

>なのにタイトルは『「日本は円建て債務だから破綻しないはウソ」のウソ』だからどっちなの?という事です。 (594)

>別にインフレかデフレかは関係有りません。
>また日本かどうかも関係有りません。
私が知りたい事は何時如何なる時も『自国通貨建て債務で財政破綻は有り得る』は真か偽かです。(596)

アラシの551さんが問題にしているこのエントリーのタイトルが

日本は円建て債務だから破綻しないはウソ」のウソ+破綻は成長への一里塚:ロゴフ教授の「国家は破綻する」を読んだ感想

日本かどうかは関係ないと書いているのに「「「日本は円建て債務だから破綻しないはウソ」のウソ」というタイトルを問題にしてます。このアホアホぶりは何だったんですかね?人を馬鹿にし過ぎですね。

このアホな人、よく分からない理由で私を半島人と言っていますが、私は能登半島出身なので確かに半島人です。そのアラシの551さんは「日本かどうかは関係ない」そうです。つまり日本はどうでもいいんですね。どこの国の人なのやら。

廣宮さん、こんなアホな人もいて疲れるでしょうが頑張ってください。でも廣宮さんの言い方だとこのアホも裕福にする対象ということになるのかな。

552及び555以下長いからさんもお疲れさんしたー

2011/10/10 13:19 | アラシはアラシですね #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
611:

「財政破綻」と「債務不履行」は同じですか?

2011/10/10 19:19 | やへがき やくも #- URL [ 編集 ]
620:

>この本を元に「自国通貨建て債務でも破綻する」と思い込まれている方々にはぜひ、この日本語版p.191を穴が開くまで繰り返し読んで頂きたいと思います。

先生!日本破綻論者は国語の読解能力に欠ける方々が多いので、ぜひとも「音読」ならびに「手書きによる写経」を強制すべきと思います。

「音読」「手書き」はいずれも脳の活性化を促す効能があるそうなので、「破綻論」で凝り固まった頭をほぐす効果も期待できるのではないでしょうか。

2011/10/11 17:38 | あっちゃん #- URL [ 編集 ]
644:池田信夫

って人が、この本取り上げて「非破綻論者の言い分は間違い」とか、他の本の書評で「三年後くらいに国債暴落して破綻する可能性ある」と言ってますね。
「メガバンクは国債を短期にシフトして逃げ始めた」とか「地方銀行が逃げ始めたらヤバイ」などとも言ってるけれど、この情報はどこまで信頼性があるの?

2011/10/20 15:27 | ?? #WdM.VUD2 URL [ 編集 ]
645:

>池田信夫って人が、この本取り上げて「非破綻論者の言い分は間違い」とか、他の本の書評で「三年後くらいに国債暴落して破綻する可能性ある」と言ってますね。
「メガバンクは国債を短期にシフトして逃げ始めた」とか「地方銀行が逃げ始めたらヤバイ」などとも言ってるけれど、この情報はどこまで信頼性があるの?

池田信夫って放射性セシウムを燃やせば分解して毒性がなくなるので大丈夫って言ってた人でしょ?ツイッターで「燃やしてしまうのだから、セシウムも分解する。これでどういう健康被害が出るのか、京都市は専門家の見解を明らかにすべきだ。」と書いて後から削除してます。
http://togetter.com/li/173671
この人を格付けしたら投資不適格のジャンク債以下でしょw

2011/10/20 16:53 | 池田信夫を格付け #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
649:

ふーん。経済学部出の評論家らしいから少しは実のある話のできる人かと思ったけど、門外漢だからってそんな事言ってるようでは困ったものだな。
ま、「今はデフレではない」とか言ってるから経済面でも??と思ったのは事実w
「メガバンクが云々」ともっともらしい事言うから、何か意味があるのかと思って訊いてみましたが、大した意味はなさそうですね。ありがとう。

2011/10/22 00:46 | ?? #WdM.VUD2 URL [ 編集 ]
1258:

すごい分かりやすかった

特に外貨建てだと借金減らないけどけど自国通貨建てだとお金刷ったら借金減るあたりが

2013/04/18 07:16 |   #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。