ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

408:国の借金1年で700兆円増でもハイパーインフレにならなかった-「破綻でハイパーインフレ」のウソ:アルゼンチン編

2011/10/05 (Wed) 23:39
政治ブログランキング、おかげさまで20位入りです。

ありがとうございます!!!



アルゼンチンの公的債務日本で言えばたった1年で700兆円以上増えたけれども、ハイパーインフレどころか年率40%のインフレで打ち止めになった、という話です。

【破綻=ハイパーインフレ】という迷信を完全打破すべく…

まあ、ダメ押ししておきます。(以下すべて、データはIMF WEO




アルゼンチン公的債務  


01年の破綻後、02年までに公的債務が01年のGDPの1.46年分増加しました。

日本で言えば、
500兆円×1.46729兆円も国の借金が1年で増えた! 

ということです。


そして、まあ、はいぱあいんふれなんぞ全くどこの国の話なの?という具合に

01年から02年にかけての
インフレ率はたったの41%。それで打ち止めです。


更には、最近繰り返し述べています

「破綻は終わりでなく、始まり!」

という格好の実例が展開されます。

実質GDPと失業率の推移を見てみましょう。



アルゼンチン実質GDPと失業率


たった4年実質GDP破綻前の水準に回復

そして、たった3年失業率元の水準まで低下。しかも、その後もだだ下がりでした。


ちなみに、公的債務GDP比は、


アルゼンチン公的債務GDP比

破綻後、172.3%まで急上昇しましたが、その後はあっと言う間に減少です。

破綻→通貨下落→輸出急増→経常収支大幅に改善
                  →景気回復と税収増

GDPが伸びたこと、また、
それにより税収が増えたこともあって、債務の絶対額も減らせたことなどが寄与しました。
(ただし、その後はまた債務を増やしていますがそれ以上にGDPが伸びて、債務GDP比は順調に減少
一応、データを示しておきます。

アルゼンチン公的債務とGDP



以前、
信長の楽市楽座の本質は「規制緩和」というよりは「秩序の最適化」

と書きましたが、


アルゼンチン
のこの事例は、

財政破綻もまた、やりようによっては
経済成長のための秩序の最適化となる


ことの一例です。





 破綻→ハイパーインフレ

 =
うそ800


 証明終了。


と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





↓アンケート、引き続き絶賛実施中であります^^





参考記事:【反ハイパーインフレ論 [神戸空襲編]】







<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信




【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 



関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(5)トラックバック(0)|

≪前の記事 日本を救うひょっこりひょうたん島。未来に希望を持てる話:清水建設「グリーンフロート構想」
≫次の記事 技術大国の日本史+超簡単経済、財政論-Q&A

コメント

545:初めまして

いつも興味深く拝見されていただいております。

今日のアルゼンチンの件や先日のアイスランドの件といい、破綻後の実際の動きというものの解説されている方は本当に少ないと思います。
昨今の評論家はこの国はこのようにしてハイパーインフレで破綻した、だから大変だ!!止まりでその後の事実に興味ない方が多いですものね。

ランキング急上昇ですが、これはひとえに更新の頻度が上がってきたからではないでしょうか?
中身の充実ぶりは全く問題ないと思うので、三橋さんのように毎日更新されれば、もっとランキングは上がりますよ(とはいえ三橋さん以上にデータを提示されておりますので非常に大変なことは百も承知なのですが)。
次回も楽しみにしております。

2011/10/06 05:28 | mosquito #jVpKaEpg URL [ 編集 ]
553:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/10/08 18:46 | # [ 編集 ]
588:

廣宮様はじめまして。
ひそかに毎回読ませていただいております。

しかし、前回&今回のエントリーで、今までこの世の終わりと同じと思っていたデフォルトが、かくも益をもとあらすものだったとは驚きです。

日本もこのまま延々と赤字国債垂れ流し、金融権力に絞り取られるだけならデフォルトしてすっきりしましょう…と本気で思いました。

追伸
拙ブログに、貴ブログのリンク張らせて頂いてもよろしいでしょうか?

2011/10/09 11:53 | リトル愚礼 #- URL編集 ]
604:リトル愚礼様

はじめまして。いつもお読み頂きありがとうございます。

私も昔は破綻とか国の借金とかの言葉のイメージに金縛りにになっていた口でして^^;

最近は増税という言葉のイメージからも抜けだしたところであります。

いや、まあフランスが8回も破綻しながら列強に脱皮していったというのは私も青天の霹靂でありました。

さて、リンクはスーパーフリー…じゃないや、どうぞご自由にお貼り下さいませ!

> 廣宮様はじめまして。
> ひそかに毎回読ませていただいております。
>
> しかし、前回&今回のエントリーで、今までこの世の終わりと同じと思っていたデフォルトが、かくも益をもとあらすものだったとは驚きです。
>
> 日本もこのまま延々と赤字国債垂れ流し、金融権力に絞り取られるだけならデフォルトしてすっきりしましょう…と本気で思いました。
>
> 追伸
> 拙ブログに、貴ブログのリンク張らせて頂いてもよろしいでしょうか?

2011/10/09 22:18 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
605:Re: 初めまして

mosuquito様

いつもお読み頂きありがとうございます。私も昔はノストラダムスがやっと終わったかと思って安心しているところに日本がすぐにでも破綻するなんて言われてエライ心配してしまったものです。破綻というのは要するに新秩序の始まりですね^^

> いつも興味深く拝見されていただいております。
>
> 今日のアルゼンチンの件や先日のアイスランドの件といい、破綻後の実際の動きというものの解説されている方は本当に少ないと思います。
> 昨今の評論家はこの国はこのようにしてハイパーインフレで破綻した、だから大変だ!!止まりでその後の事実に興味ない方が多いですものね。
>
> ランキング急上昇ですが、これはひとえに更新の頻度が上がってきたからではないでしょうか?
> 中身の充実ぶりは全く問題ないと思うので、三橋さんのように毎日更新されれば、もっとランキングは上がりますよ(とはいえ三橋さん以上にデータを提示されておりますので非常に大変なことは百も承知なのですが)。
> 次回も楽しみにしております。

2011/10/09 22:24 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。