ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

411:「国の借金」がゼロになったことは?

2011/10/12 (Wed) 20:30
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ

唐突ですが、

クイズです。


日本の「国の借金」というか中央政府の借金

ゼロ円になったことはある
でしょうか?




正解は…





















明治5年(1872年)以来、

ただの一度もありません!




グラフは↓こんな感じです。

出典:総務省統計局


中央政府負債1




これだと1960年代以前がサッパリ分かりませんので、

縦軸を対数軸にしたものが↓こちら




中央政府負債2


こうやって見てみますと、

戦前は主に戦争のたびに、中央政府の借金が急増しています。それと大恐慌対策

戦後はというと、社会資本整備社会保障のために急増。その後バブル崩壊後の経済崩壊を防ぐための財政拡大による急増。

まあ、大雑把にはそんなところでしょうか。


とにかく着実に言えることは、



 明治5年以来130年の間、

 ・中央政府の借金が減ったことは、ほとんど無い。

 ・中央政府の借金がゼロになった試しが全く無い。



ということか、と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





↓アンケート、引き続き絶賛実施中であります^^





参考記事:【反ハイパーインフレ論 [神戸空襲編]】







<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信




【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 




関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(5)トラックバック(0)|

≪前の記事 食糧は一人で何人分作れるか?―江戸、明治、大正、昭和、平成。そして世界との比較
≫次の記事 日米の国益を一致させる(TPPを除く)

コメント

625:引用の許可を願います

私のブログで、

TPP、国有化に劣る?
日米の国益を一致させる(TPPを除く)
『TPPが日本を壊す』

の内容の一部を引用させていただきたいのですが、いかがでしょうか。

http://ameblo.jp/karate246/
に、その記事を掲載しておりますが、
もし「引用はまかりならん」
ということであれば、即刻削除します。

2011/10/12 21:09 | 朝倉新哉 #- URL [ 編集 ]
627:Re: 引用の許可を願います

どうもどうも副隊長さん、いつもお世話になっております。

どうぞご自由にお使い下さい!

ただ、成長率のデータのあるエントリーのリンクが違っている模様ですので、ご確認のほどを

388:TPP、「国有化」に劣る?
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-388.html

> 私のブログで、
>
> TPP、国有化に劣る?
> 日米の国益を一致させる(TPPを除く)
> 『TPPが日本を壊す』
>
> の内容の一部を引用させていただきたいのですが、いかがでしょうか。
>
> http://ameblo.jp/karate246/
> に、その記事を掲載しておりますが、
> もし「引用はまかりならん」
> ということであれば、即刻削除します。

2011/10/12 21:23 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
628:

これって、「日本だけでなく、どんな国であっても中央政府の負債がゼロになったことなど(基本的には)ない」という理解で良いのでしょうか?

2011/10/13 21:45 | あっちゃん #- URL [ 編集 ]
629:Re: タイトルなし

あっちゃん様

> これって、「日本だけでなく、どんな国であっても中央政府の負債がゼロになったことなど(基本的には)ない」という理解で良いのでしょうか?

いや、それはなかなか言えないです。アメリカでは1835年に土地バブル起きまして、そのときの政府の負債が限りなくゼロに近づいています。厳密にはゼロではないですが、GDP比0.0025%くらいです。ちなみに絶対額で3万3千ドルくらい。

ある統計によると当時の米国の消費者物価が今の24分の1程度なので、3万3千ドルは今の価値では82万ドル程度、日本円で6500万円程度です。

2011/10/13 22:31 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
630:

お答え、ありがとうございます。

なかなかそうは言えないですか。

最近はようやく「日本の国債は90%以上国内消化で、100%自国通貨建て」という事実が常識として語られるようになったのですが、にも関わらず

「それでも、これ以上負債を増やすのは良くない!」

といって、震災復興への財政出動すら渋るような意見が根強いようで、先日mixiの日記でもコメントの応酬をやったばかりでして。

どうやら、「彼らは政府に負債が存在すること自体が許せないのではないか?」という疑問から、昨日のような質問をしてみたのですが、そういう方面からのアプローチは難しいようですね。
(物やサービスの供給についても触れてみましたが、理解されませんでした)

2011/10/14 10:02 | あっちゃん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。