ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

420:TPP報道、歪められた真実―民主党議員による怒りの告発

2011/10/27 (Thu) 10:22

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 
人気ブログランキングへ



昨日の報道ステーションによるTPP偏向報道について、民主党の長尾たかし衆院議員(大阪府14区)がFaceBookの「TPPって何?」グループに興味深い投稿をしていますので、紹介させて頂きます。

「拡散希望」ということで、そのまま転載。



報道ステーションの報道、おかしいっ。

書かないつもりだったが、私も少し映っていた、経済連携PTでの報道。東大・戸堂教授(廣宮注:「さらなる開国で世界の知恵と活力を取り込める」とする典型的TPP推進派)の話。

誰も、賛同していなかった。

因に私も質問しましたが、答えになっていない。経済学者も私如きの質問に答えられない程にまで、レベルが落ちたということ。

一方の、東大院・鈴木教授(廣宮注:TPP反対派)の講演は素晴らしかった。

続きです・・

今、議員宿舎へ帰りました。会館で仕事をしながらボーッと見ていた番組でしたが、視聴者に対して、党内議論は推進派が多いかのような見せ方に大変な違和感を感じました。

実は、PT会議で、慎重派のゲストが来る場合、報道はフルオープン。何故、TPPが問題なのかをじっくりと質疑応答し、その間カメラはしっかりまわっています。一方、推進派のゲストが来る場合は、議員との質疑応答の際には、マスコミは退出させられるのです。

まぁ、これはマスコミの問題というよりは、会議を進める執行部の問題なのであるが、ゲストの意向に沿ってそう対応しているかどうか、その真偽は不明。視聴者には、推進派のゲストが我々から質疑応答でボコボコにされている絵図等を見せたくないのだろうと疑いたくなる。それでいて、説明を聞いている場面では、推進派のゲストの画を使い、「推進すべき」という音声まで流して会議の様子を流す。


因に、今日は刎頸の友である

福島伸享議員(廣宮注:民主党茨城1区衆院議員)が、

マスコミカメラに向かって、「非関税障壁問題で情報通信市場がこじ開けられるかもしれない、皆新自身の問題だ」と極めて尤もなことを訴えていたが、

これもお蔵入りの様子。

記者クラブだって外圧によって廃止になるかもしれないのです。

言い訳したくありませんが、兎に角、アンフェアの中で我々は戦っています。PT会議参加者の9割は慎重派です。これを収録していながら、現実が報道されていないという事実をここに記します。



追記①

コメント欄にて

> >一方、推進派のゲストが来る場合は、議員との質疑応答の際には、マスコミは退出させられるのです。
>
> 反対派の誤りでは?


とのご指摘。

これについて、私も最初はそう思ったのですが、その後の「視聴者には、推進派のゲストが我々から質疑応答でボコボコにされている絵図等を見せたくないのだろうと疑いたくなる」とつながります。

推進派のゲストが来る場合は、ボコボコにされることになるので、その姿を民主党の「会議を進める執行部」がマスコミに見せない、という構図です。



追記②

今朝の中野剛志さん出演のフジテレビ「とくダネ!」について。

まず笑えたのが前フリの映像に出てた、反対派決起集会亀井静香「ここで間違えればこの日本にはドジョウ一匹住まなくなる」

次に笑えた、賛成派集会伊藤元重東大教授「国を開くことをやめるという選択をしてですね、残念ながら、繁栄した事例は私の知る限りは、ない」。私の知る限り、

アルゼンチンはその選択で絶賛繁栄中!






やはり、TPP推進ゴリ押しマスコミは

『狡兎死して走狗烹らる』

あるいは、

『飛んで火に入る夏の虫』

か?

」 



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう



↓TPPアンケート、

 1000人近くの皆様にご回答いただいております。

 ありがとうございます!

 アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信




【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 




関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(6)トラックバック(0)|

≪前の記事 「TPPで成長」の罠:保護主義で好調経済のアルゼンチンとの対比
≫次の記事 日韓通貨スワップ協定(2) 立場の強いほうが利益を得る取引

コメント

662:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/10/27 16:29 | # [ 編集 ]
663:Re: これって単純ミス?

内緒様
> >一方、推進派のゲストが来る場合は、議員との質疑応答の際には、マスコミは退出させられるのです。
>
> 反対派の誤りでは?

私も最初はそう思ったのですが、その後の「視聴者には、推進派のゲストが我々から質疑応答でボコボコにされている絵図等を見せたくないのだろうと疑いたくなる」とつながります。

推進派のゲストが来る場合は、ボコボコにされることになるので、その姿を民主党の「会議を進める執行部」がマスコミに見せない、という構図です。

2011/10/27 17:05 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
664:

マスコミがなぜTPPを偏向報道するか、やっぱり裏で約束があるとしか思えないですけどね。
「お前らは守ってやるよ」って。
マスコミは権力にしてみれば、飼い馴らすことができるならそれが一番いいでしょうから。

ただ仮にそんな約束があったとしても、目先は日米両政府から守られることはあっても、中長期的にはアメリカにやられていくとしか思えないですけどね。

2011/10/27 21:13 | ohtomo #- URL [ 編集 ]
665:

国立大学の教授が政治運動すんな!!といいたい。

2011/10/28 09:56 | 千葉県民 #- URL [ 編集 ]
666:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/10/29 04:34 | # [ 編集 ]
668:

中野さんはニコニコ動画の生番組でおすすめの経済学者として廣宮先生をあげていました
財政破綻論とTPPは面白い共通点(出発地点が同じ?)が多いですねw

2011/10/30 05:00 | #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。