ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

427:米国動乱:7千人で港湾封鎖 ―「俺達の政府は企業に買収されている」と ― 米カリフォルニア州オークランド

2011/11/06 (Sun) 15:45

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

お陰様で遂に10位!!!
 
人気ブログランキングへ




どうも↓この写真が気に入ってしまったので、TPPネタのときは毎回冒頭に掲載。



米国・シカゴにおける反TPPデモ 2011年9月5日 レイバーデイ

Citizens Trade Campaign






TPPこばなし をひとつ。


(推進派)「TPPでアジアの成長を取り込む!」


(反対派)「中国も韓国もインドも入らないのに

       どちらのアジア?」




(推進派)「昔、アジア系のインディアンの国だったので

       アメリカもアジアなんです!」


(反対派)「↓アメリカじゃ港が封鎖されちまったので、

      この分じゃ、成長は取り込めまんぜ」       







TPPに関して、

アメリカの反TPPに密接な関連があると思われる、

反自由化もしくは格差反対の動きを書く人が

余りいないので、

私が書きます。



アメリカの動きは非常に重要です。

なぜなら、アメリカでの反TPPが燃え盛り、
そんなタイミングで日本がうっかりTPP参加表明などしようものなら、
何らかのきっかけでアメリカの一般人による
日本攻撃が燃え上がっても、
ちっとも、おかしくないからです。

つまり、TPP推進派の大前提、TPP参加国の中で最大の輸出先であるアメリカへの輸出を増やすという幻想が完全に崩れる、ということです。






今回は、いつもの「TPP=DEATH」の写真よりもっとインパクトのある画像と映像でお送りする、

スーパー・バイオレンス・ホラー・アクション・ストーリー

です。






11月2日に発生した港湾封鎖の発端は、↓これのようです。






米オークランドのデモがゼネストに発展も、帰還兵の負傷事件で

2011年 10月 28日 10:59 JST 

[オークランド 27日 ロイター] 「ウォール街を占拠せよ」をスローガンに全米各地に広がった反格差社会デモは、カリフォルニア州オークランドでデモに参加していたイラク帰還兵が警察の催涙弾で負傷したことを受け、活動家らが同市でのゼネストを呼び掛ける騒ぎとなっている。

 負傷したのは元海軍兵のスコット・オルセン氏(24)で、25日夜にオークランド市内でデモに参加していたところ、警官隊が発射した催涙弾を頭部に受けた。病院側は、オルセン氏が27日夜に危険な状態を脱したとしており、友人によると、同氏は自発呼吸をしており、近く手術を受ける見通しだという。

 デモ主催側は、こうした取り締まりを「容赦がなく卑劣だ」と非難し、市の機能停止を狙ったストライキを来週行うと表明。オルセン氏の負傷で、デモ支持者の間には強い怒りが広がっており、オークランドなどの活動家らは、ツイッターなどで大規模なデモを呼び掛けている。



スコット・オルセン氏が負傷したときの詳細は↓こちら(動画付き)
http://www.truthdig.com/report/item/truthdigger_of_the_week_scott_olsen_20111104/
※オルセン氏の血まみれとなっている姿の写真なので、敢えて、リンクのみにしております。


今回の「オキュパイ運動」では元軍人の人々が参加しており、「俺達は安月給で命を的に国のために働いてきたのに、長期間失業状態。なのに銀行家は公的資金で高級を取ってやがる」という心情がある模様です。




で、起こったのが10万人規模という説もある、

大規模ゼネラルストライキ&デモです







オークランドに1974年から住んでいるというブロガーの記事(サンフランシスコ・クロニクル紙のサイト内ブログ)

Occupy Oakland Strike Draws 100,000; Violence Caused By 100


では、


Oakland’s Interim Police Chief Howard Jordan (a capable and politically smart leader in a tough position) got the Occupy Oakland General Strike crowd count massively wrong: it’s not 7,000, but 100,000.
警察発表では7000人だが、それは大間違いで10万人



I’ve never seen anything like that in the entire history of this city.
こんなことはオークランド市の歴史上初めて


とあります。

その10万人の一部、これまた警察発表では7000人、が港に向かって行進します。








これを報じるロシアの英語放送RT.com記事(動画付き)

Oakland turns to 1st general strike in 65 years
Published: 02 November, 2011, 20:18

オークランドで65年ぶりゼネラルストライキ



The port will lose roughly $8 million per day if the "blockade" continues.

この封鎖が続けば、オークランド港は一日あたり800万ドル(6.4億円)を失う。





ゼネラルストライキ、ゼネスト

なんて日本ではとんと聞かなくなった言葉ですが、

一業種や一団体だけでなく、様々な産業で一斉に行うストライキのことであります。


65年ぶりって、1946年、終戦直後以来初めて、ということですね!





次に、CBSサンフランシスコ支局の記事

Occupy Oakland General Strike Shuts Down Port; Anarchists ‘Bent On Creating Problems’
November 2, 2011 11:52 PM
CBS San Francisco

オキュパイ・オークランドのゼネストが港を封鎖 
/無政府主義者が問題を起こす傾向



という記事では、デモというか封鎖の参加者がインタビューに

“Our government is being bought by corporations,”
“The middle class and lower class are being subjugated,”


「俺たちの政府は企業に買収されている」

「中間層と貧困層は奴隷にされている」


と答えています。






なぜ、港湾の封鎖なのでしょう?

上に挙げたYouTubeの動画
http://www.youtube.com/embed/r4jYdCaHrjQ
のコメントで、こんなことを書いている人がいます。

It's not a highway. it's the entrance to the port. Only trucks carrying goods from China use it and we shut it the fuck down.

これはハイウェイじゃなくて港の入り口。中国からの輸入品を運ぶトラックだけが使っている。それで俺達は封鎖した。


これは一種のアメリカン・ジョークだと思いますが、

上記のサンフランシスコ・クロニクルの記事で出ている写真

を見ると、小さくですが

BRING BACK BLUE COLLAR MANUFACTURING

という文言を書いたプラカードが写っています。

意味としては、ブルーカラー、つまり肉体労働者のための製造業の雇用を取り戻せ、ということでしょう。

要は「人件費の安い中国などの国々に仕事が出て行ってしまった」ことへの反感です。

彼らの感覚では、「アメリカは中国から失業を輸入している」

ということなのかも知れませんね。


行き過ぎた自由貿易はまさに、「失業の輸入」に他ならない、ということです。

ということは、

この港湾封鎖は「自由貿易反対!」

という意味合いがある



と推測されます。

つまり、

TPPなんてやってる場合じゃない、

という雰囲気で一杯
です。




ただし、この封鎖は1日で終了します。

デモで閉鎖の米オークランド港、業務再開

2011年11月04日 18:00 発信地:オークランド/米国
AFPBB





この
サンフランシスコ・クロニクルやCBSの動画を見るかぎり港湾封鎖は平和裏に行われた、というかほとんどお祭り騒ぎであった模様です。

実は、オークランド港の社長公認!

http://www.portofoakland.com/

Open Letter to the Community of Oakland from the Port of Oakland
November 1, 2011


We understand that Occupy Oakland has voted for a general strike in Oakland tomorrow, November 2, 2011, and further plans to march to the Port of Oakland at 5 PM.

我々はオキュパイ・オークランドが明日11月2日にゼネラル・ストライキを行うことを議決したことを理解し、更に午後5時にオークランド港へ行進する計画について、理解しています。

We also understand that there will be participation from people who do not live and work in the City of Oakland, which is understandable given the global nature of the Occupy movement.

我々はまた、これは世界的な「オキュパイ運動」の性質でありますが、オークランド市以外に住み、働く人々が参加することについても、理解しております。

Omar R. Benjamin
Executive Director
オマール・R・ベンジャミン
エグゼクティブディレクター

Pamela S. Calloway
President
パメラ・S・キャロウェイ
社長





こんな封鎖されたら損失が1日800万ドル(6.4億円)というのに、

社長、なんと気前のいい事でしょうか。

(社長、といっても市の傘下の組織ですが)





一方、平和的でない動きもあり、

サンフランシスコ・クロニクル紙が書くところの「無政府主義者」によるものと思われますが、
銀行のガラスが割られています写真のリンク


また、2日の夜には、市街地で↓こんな場面も









火の手が上がり、

催涙弾がまかれ、

騒然としている様子がよく分かります。






日本のTPP推進派の皆さん、

これを見てもまだ「TPPでアジアの成長を取り込む

」とか寝ぼけた平和ボケなこと言ってられますかい?

アメリカはもはや分裂の危機ですぜ!

これ以上の自由化、もはや無理でしょう。


TPPなんぞ、日本もアメリカもダメにしますよ!!







ということで、
今日の結論



TPP推進派のみなさん、

港湾封鎖されたら、

輸出も経済成長もヘッタクレも

何もありませんぜ!




と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう



↓TPPアンケート、驚くべきことに

3300人を超える皆様にご回答いただいております。

全国紙の世論調査でも3000人程度といいます。

物凄い数です!!!


アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信




【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 






関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(5)トラックバック(0)|

≪前の記事 米国動乱:元軍人ら「我々も99%」と絶賛反格差運動中
≫次の記事 「TPP亡国論のウソ」のウソ:日経ビジネス

コメント

696:

TPP推進論者の中には
「TPPで雇用が危ないのなら先進国のアメリカもマズイから労働者の移動は反対派の憶測」って言うのもいますけど

そもそもTPPを推進しているのは大企業や大資本の投資家という政治家を事実上支配している勢力なんですよね。
例え労働者の移動の自由化がなくても企業の移動の自由化(他国企業の自国待遇など)が通れば企業は安い労働力のある場所に移動して先進国に輸出するのでは?
特に日本は円高対策をしないから、この傾向が加速する。

2011/11/06 18:23 | K・K #udg4x/Zk URL [ 編集 ]
697:

まあなんというか、自由貿易反対派はリカードさんの比較生産費説でしたっけ、あれが理解できない人たちなんでしょうね。馬鹿の壁だ、っと推進派に罵倒されてしまいました。

何でも自由貿易を推進すれば需要が増えて 供給<需要 に成るんだそうです。馬鹿の壁にはリカードさんの比較生産費説を理解してもらうよりも、「アメリカは中国から失業を輸入している」と言った方がわかりやすいんだそうです。

円高で企業の海外移転も実際には、海外支店が増えた分その統括の為、本社の人員も同時に増えてるのが現実なんだそうです。

2011/11/06 20:16 | 74 #Y13LEUPk URL [ 編集 ]
698:

いやあ、やりましたね、ついにベスト10入り!
おめでとうございます!

しかし、アメリカのこの現状は、マスコミでは報道されてませんね。
このままだと、アメリカに”本当の意味での共産革命”が
起こりそうな気配ですね。

確かマルクスは、資本主義が高度に発達して、貧富の格差が拡大し、どうしようもなくなった結果、
革命が起こって社会主義、共産主義に移行するとか
そんなことを言ってたと思います。
ロシアや中国は、資本主義が高度に発達した結果、社会主義になったわけではないので、
本当の意味での共産革命とは言えないわけです。
その条件を満たしているのは、むしろアメリカです。
資本主義が高度に発達し、貧富の差が大きい…。

ただ、経済体制としての社会主義、共産主義はダメだということが判明してしまっていますから、
共産革命を起こすわけにもいきません。

そうなると、所得再分配をきっちりやっていた
かつての日本の政策は正しかったということですかね。


2011/11/06 20:41 | 朝倉新哉 #- URL [ 編集 ]
699:

>あなたのおっしゃるアジアとは、どのアジア?

よし子シェンシェ~、ご自分の言葉を思い出して!(爆)

2011/11/07 19:17 | 三瓶DEATH #- URL [ 編集 ]
707:自由貿易は支配者の理屈

>リカード
その推進派に言ってやれ
「リカードの比較優位説に基づく自由貿易論は特殊な状況下でしか成立しない事が証明されてる」と。
現実とかけ離れた理論に何の意味があるのやら。第一、リカードは金持ちで、アダム・スミス共々英東インド会社など帝国主義支配層の代弁者だし。

考えれば解るが、リカードの説で向上するのは生産性であって、国際分業をして生産性が上がっても離職した失業者がそのまま雇用されるわけではないし、賃金も維持されるわけではない。収入が減ったら需要なんて増えようがない。
円高で企業が工場移転して統括のために人が増えたとしても、元の工場従業員が全員雇用されるわけがなかろう。それとも移転した工場で全員雇ってもらえるとでもいうのか?そいつは。

現実には今のアルゼンチンや十九世紀のアメリカのような保護貿易の方が国民経済的には発展でき、英フェビアン主義者に侵食された今のアメリカのように、自由貿易を選べば弱い部分は崩壊していくのが真実。国境があり、為替や経済格差、従業員を「物」としか考えない経営方針等がある限りそうならざるをえない。賃金も比較の対象だとは誰も言わないのだ。
大体、自由貿易で国が栄えるなら、なぜトヨタやホンダはアメリカ人の雇用のために現地生産する必要があるのだろうw

利口な人はマルクス主義者や自由貿易論者のように、それがどういう目的で作られたかも考えず、ただの「理論」を盲信し大間違いを犯すが、馬鹿は現実を見て判断する分正しいのである。

2011/11/11 15:02 | ?? #WdM.VUD2 URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。