ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

429:今日11.10は独裁記念日となるか?~国を守るのも滅ぼすのも「人」次第

2011/11/10 (Thu) 11:57

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

お陰様で10位です
 
人気ブログランキングへ




どうも↓この写真が気に入ってしまったので、TPPネタのときは毎回冒頭に掲載。



米国・シカゴにおける反TPPデモ 2011年9月5日 レイバーデイ

Citizens Trade Campaign






皆さん、中国の国歌であるところの「義勇軍行進曲」というのをご存じでしょうか?


起來!不願做奴隸的人們!
把我們的血肉、築成我們新的長城!

立ち上がれ!奴隷となりたくない人々よ!
我らの血と肉を以って、我らの新しい長城を築くのだ!


(中国語歌詞はWikipediaより引用)


長城というのはもちろん、中国人が大好きな万里の長城のことです。

民族の誇りの象徴と言えるでしょう。


さて、その民族の誇りの象徴たる万里の長城にまつわる、明末のこんな逸話があります。


明の将軍である呉三桂は万里の長城の外で満州族軍と対峙していました。

反乱軍が北京を陥落させ、皇帝も自殺。それでも呉三桂は動かなかったのですが…

反乱軍の将が自分の愛人を奪ったとの報に接した途端、将軍は満州族と同盟することに決し、満州族軍を難攻不落の山海関を開いて
満州族軍を長城の内側に引き入れました。

そして、それによって明は滅亡は決定的になったのでした…




愛人を取られたから山海関を開いた、というのは作り話の可能性も高いのですが、いずれにせよ、

明が内側から崩れたことに変わりはありません。

そして、万里の長城という国防のハードウェアも、結局は内側の人の意思によって開かれ、国防のためには何らの役に立たなかったのです。





11月8日の時点でJAの「TPP交渉参加反対に関する国会請願」紹介議員は364人、衆参合わせた議員定数722人の半数を超えています。

JAプレスリリース:「TPP交渉参加反対の国会請願」紹介議員について


国会議員の過半数が交渉への参加に反対しているわけです。

にも関わらず、

TPP交渉への参加について「最終判断は総理が行われる」(民主党前原政調会長)とのこと。

参考記事
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011110901022&rel=y&g=pol
時事通信(2011/11/10-00:12)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20111110-00000002-ann-pol

テレビ朝日系(ANN) 11月10日(木)6時51分配信





その野田総理、民主党の代表選のときの演説では、












一人ひとりを大切にする政治は私の原点です。

ここに集った、ご縁があって集った、かけがえのない、民主党の一人ひとりの同志を大切にしたいと思います。私は排除の論理は、これは、絶対に申しません。



と仰っています。


民主党会派の国会議員数は408のうち126名もの議員が「TPP交渉参加反対の国会請願」紹介議員となっています。


野田総理の126名もの

「かけがえのない、大切にしたい同志」

が反対している



にも関わらず、

独断でTPP交渉参加を推し進めようとしています。




「民主党の一人ひとりの同士を大切にしたいと思います。私は排除の論理は、これは、絶対に申しません。」

というのは全くの嘘だったのでしょうか?




そして、

全国会議員の過半数の意思を無視

して推し進めようとしている。

これではそもそも選挙なんて何の意味もない、ということになります。


午後に野田総理が独断でTPP交渉参加を表明すれば、


「2011年11月10日をもって

日本の民主主義は終焉を迎えた。」



後にそう言われることとなるでしょう。




TPPだけでなく、増税も国内での合意形成する前に勝手に国際公約をして来る、野田佳彦第95代内閣総理大臣。


私には

「呉三桂」と「野田佳彦」が重なって見えて仕方がない

のですが、皆さんはいかがでしょうか?


国が滅びるときは大抵の場合、内側から滅びるのであります。


いま、正に日本にとっての「山海関」が開かれようとしています。





アメリカのごく一部の人々のゴキゲンを取るために、民主主義を放棄する。

それをアメリカ人が手放しで喜ぶとは到底思えません…


それに、こんなグダグダの状態で交渉に参加(と言ってももはや遅すぎて条件交渉の余地はほとんど無いですが)すれば、米国を始めとする9ヵ国に迷惑をかけるだけでしょう。

自国民からも、世界の諸国民からも信頼を失う。

それが野田総理の受け取る報酬、「哀れな一匹、ドジョウの末路」とならなければ良いですが…










【一人ひとりを大切にする政治は私の原点です。】

たった2ヶ月半前に仰ったご自分の言葉、

忘れていませんよね?野田総理!



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう



↓TPPアンケート、驚くべきことに

4600人を超える皆様にご回答いただいております。

全国紙の世論調査でも3000人程度といいます。

物凄い数です!!!


アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
(2010/03/02)
廣宮 孝信




【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 






関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 米国動乱:警官隊が学生を警棒で殴りつけています(UCバークレー)
≫次の記事 米国動乱:元軍人ら「我々も99%」と絶賛反格差運動中

コメント

702:首相は何を考えているのか?

首相はTPPに入ると個人的に何か良いことが有るのかな?
これだけ慎重派の意見をどう思っているのだろう?
参加表明して解散総選挙してもらえないかな?

2011/11/10 18:47 | 政兄い #- URL [ 編集 ]
703:ISD条項

ISD条項について、みんなの党の江田健司氏が日本もFTA EPAに入れていると言ってました。
単純にISD条項と言っても、日本と米国では違うのかなと思いますが
広宮殿はどの様にお考えですが?
いつも質問ばかりして申し訳ないです。
最近順調に10位に入ってますね。
おめでとうございます。

2011/11/10 18:58 | 政兄い #- URL [ 編集 ]
705:反日どじょうの悪行

このあいだどじょうが韓国へ行ったときに、日中韓FTAの話し合いもしたそうですよ。日本に不利な事ならなんでも呑みそうな、このバカどじょうどうにかなりませんかね。

2011/11/10 20:09 | 愛国者と右翼はまったく別物 #8.gIlSqM URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。