ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

432:TPP仲間はずれ。首脳会議に招かれませんでした→次の国会で野田閣下に「厳しい洗礼」か?

2011/11/13 (Sun) 12:17

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

お陰様で8位です!
 
人気ブログランキングへ





どうも↓この写真が気に入ってしまったので、TPPネタのときは毎回冒頭に掲載。




米国・シカゴにおける反TPPデモ 2011年9月5日 レイバーデイ

Citizens Trade Campaign





今日はTPPジョークを一つ。



日本国憲法は MADE IN USA

TPPは 冥土 IN USA













ANNニュース
野田総理に厳しい洗礼 TPP首脳会議に招かれず(11/13 07:36)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211112038.html

ハワイを訪れている野田総理大臣は、TPP=環太平洋経済協定の首脳会議で、交渉参加に向けた日本の立場を説明したい考えでしたが、会議への出席はかないませんでした。

 アメリカやオーストラリアなどTPP交渉に参加する9カ国が出席した首脳会議では、関税の段階的撤廃など協定の大枠について合意したとオバマ大統領が発表しました。野田総理は当初、この首脳会議にオブザーバーとして出席し、交渉参加に向けて日本の立場を説明したい考えでしたが、今回の大詰めの協議には招かれず、厳しい外交交渉の洗礼を浴びる形となりました。

 その野田総理は、まもなくアメリカのオバマ大統領と会談し、TPP交渉への参加に向けて関係国との協議に入る方針を伝えることにしています。






野田総理は国会での参加意思の表明すらせず、あれだけ無理押しの勇み足でAPECに臨みましたが、


TPP首脳会議に

出席すらさせてもらえませんでした。



そして、TPPについては9ヵ国で大枠は決まってしまったので

「ルールメイキングに参加」というのも夢幻に終わってしまったことが確定しました。

いまだに推進派の論者がテレビで「豪州やニュージーと組んでアメリカに対抗」とか夢物語を熱心に語っておられるのは、これは夢か幻か?





そして野田総理、

オバマ大統領にだけ日本の参加方針についてご報告し、ご満悦の模様

自国の国会への正式な報告をする前に、です。













ANNニュース
TPP交渉への参加方針を伝達 日米首脳会談(11/13 10:55)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211113004.html

 ハワイを訪れている野田総理大臣は、アメリカのオバマ大統領との会談で、TPP=環太平洋経済協定の交渉参加を正式に伝えました。

 野田総理大臣:「TPPの交渉参加に向けて、関係国との協議に入るという私の方針をお伝えさせて頂いた」
 日米首脳会談で、野田総理がTPP交渉への参加方針を伝えたのに対し、オバマ大統領は「野田総理の決断を歓迎する」と述べたということです。野田総理は、「アジア太平洋における経済のルール作りをやり遂げないといけない」と強い決意を示しましたまた、懸案となっている普天間基地の移設問題では、野田総理が移設先の名護市辺野古沖の環境影響評価書を年内に沖縄県に提出する方針を改めて説明しました。これに対し、オバマ大統領は「日本側の取り組みを評価をする」と応じるにとどまりました。







残念ながら、

そのルールを作るのが

野田閣下でないことだけは間違いありません!





 野田総理、

 ISDも知らず、国会への報告も無しに

 TPP参加方針をマスコミ発表し、

 勇み足で挑んだAPEC。

 TPP首脳会議に出席もできず、

 オバマ大統領にだけ参加表明のご報告。

 次の国会でどんな素敵なご報告を

 されるのかしら?

 『ルールメイキングには

  もはや参加できませんが、

  TPPに参加する強い意欲を

  大統領に報告してきちゃいました』

 とか?



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





↓TPPアンケート、驚くべきことに

なんと、5000人を超える皆様に

ご回答いただいております。

全国紙の世論調査でも3000人程度といいます。

物凄い数です!!!


アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 






関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(4)トラックバック(0)|

≪前の記事 反TPP、反APECデモinホノルル+ドイツでも反各差デモ絶賛拡大中
≫次の記事 11.11売国記念日~野田閣下、君が「ISD条項を知らない」と言ったから、今日は私の売国記念日

コメント

713:TPP批准の目処もないのに

参加表明したところで誰も相手にしないでしょ(笑)

野田さんは日本に帰って来たら針のむしろが待っていますので冥土のアメリカに亡命した方が良いんじゃないかな?

ところで投資分野についても危機感を持っているのですが、ヨッシーニさんの意見はどうなんでしょうか?

2011/11/13 16:04 | きんちゃん #G0VbINhw URL [ 編集 ]
714:

郵政民営化。この事は無国籍資本家らの代弁者アメリカが日本に迫った結果であり、又、交換条件として北朝鮮拉致被害者幾人かの帰還との取り引きで成されたであろう事も想像するに難しくは無いが、そこを指摘し非難をする人が居ない。
理由は、人命の重さは地球の重さと一緒といった洗脳が成されてしまった現代日本人の精神状態が、自身の思考の自粛を促しているからです。
それぢゃあ駄目。
数人の拉致被害者の為に公的保険や郵便資産何百兆円を投げ棄てるなんて事は狂気の沙汰以外の何物でも無い。
この資産を正体不明の投機家の餌食とさせる事にどれだけの日本人の生命を危ぶませる事になるであろうか。
多くの人が自由化問題を目に見える範囲でしか想像出来てません。つまり労働力や農作物や物質の事、これだけだと危機感は薄弱である。
TPP問題は目に見えない虚構の問題として見なければ駄目です。
公的保険が民営化された場合、否が応でも人々は民間任意保険に価値を求めざる負えません。今ある公的保険なんかよりもサービスの良い保険商品が出来る事は明白です。そこが落とし穴です。つまりその保険商品を使って何百兆円もの日本の資産を保険屋は奪う気でいます。
TPPとは日本の良貨を保険証と言う紙切れとすり替え奪う為に行われる経済テロです。
とどめは投機。投機は財力のあるものが市場の操作を行えます。この何百兆円の資産を自由にさせてしまったら、投機家の欲一つで日本は破綻。
破綻しなくとも自殺・行方不明者が増えますよ。
今、年間の自殺・行方不明者数13万人以上の命の事は無視する中で、政治・経済の為に利用される拉致被害者だけに与えられてる人命尊重に付き合う必要な無し。
いつか、この日本を牛耳るこの馬鹿体制を一新した時、その時、必ず朝鮮に対し報復すればよい。
http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/

2011/11/13 16:21 | みそ汁の具 #- URL [ 編集 ]
715:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/11/13 19:13 | # [ 編集 ]
716:

冥土 IN USA
座布団1枚!

首脳会議に招かなかったのは、
反対意見が強いことをアメリカも知ってるからじゃないでしょうか。

ランキングまた上がってきましたね。
次に目指すはベスト5ですね。

2011/11/13 22:06 | 朝倉新哉 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。