ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

433:反TPP、反APECデモinホノルル+ドイツでも反各差デモ絶賛拡大中

2011/11/14 (Mon) 12:06

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

お陰様で7位です!
 
人気ブログランキングへ





どうも↓この写真が気に入ってしまったので、TPPネタのときは毎回冒頭に掲載。




米国・シカゴにおける反TPPデモ 2011年9月5日 レイバーデイ

Citizens Trade Campaign





昨日、ツイッターでつぶやいていましたホノルルでの反TPPデモの件です。

ロシアの英語放送RT.comのストリーム動画だけでなく、

日本でもニュースでやっていましたね^^;


で、↓「NO TPP」というプラカードが左上のほうに見えますね。
なお、このサングラスの人、日本人には見えません!






TBS News i
APEC会場周辺で反経済格差デモ
http://news.tbs.co.jp/20111113/newseye/tbs_newseye4876659.html

アメリカで始まった経済格差に抗議するデモが12日、ハワイのAPEC会場周辺でも行われ、日本が交渉への参加を表明したTPP=環太平洋パートナーシップ協定に対しても抗議の声が上がりました。

 行進したのはおよそ300人で、「大企業だけが喜ぶ貿易自由化に反対」などと訴えました。また、日本からは北海道の農家の団体が参加し、TPPについて「日本の農業に打撃を与える」と抗議しました。

 「稲作、畑作、酪農、多種多様の人が来ています。世界中どこでも我々の主張を通していく」(北海道から参加した農家)

 抗議活動は厳重な警備の中、各国の首脳らが宿泊するホテル周辺でも行われました。(14日03:00)




関連するAP通信の記事もありまます。

Hundreds protest in Waikiki as APEC leaders meet
http://hosted.ap.org/dynamic/stories/H/HI_APEC_DEMONSTRATIONS?SITE=NYSAR&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT

Nov 13, 12:57 AM EST   The Associated Press



北海道の5人の農家の人々が反TPPのハチマキを巻いてデモに参加していることに触れています。

あとは、ハワイの大学教授が、カネ持ちや企業の意見ばかりが通ってその他大勢の人々が排除されているとインタビューで答えています。




デモの大きな主題は反APECであり、反自由貿易そのものという感じですが、

これはOccupy運動と連動した動きでありす。

↓の動画の3:00辺りで「We are 99%」とやってます。








ということで、Occupy運動と「自由貿易反対、TPP反対」との間に密接な関連性を見出すことが出来ました。


当ブログで注力して紹介していましたOccupy運動によるオークランド港封鎖事件はやはり、自由貿易反対の意思表示の一つと見て良いでしょう。








つまり、Occupy運動は反TPPと親和性があると見て良さそうです。





さらに、最近ではドイツでもオキュパイ運動が急速に盛り上がっているとRT.comが伝えています。

‘Occupy’ movement in bid to save German democracy
Published: 12 November, 2011, 18:37
http://rt.com/news/occupy-corporate-movement-financial-185/







なぜ、経済が安定している「勝者」のドイツでこんなことになっているか?という問いに対し、

活動家はこんなことを言っています


“We have a worldwide problem in the financial sector, which is absolutely deregulated, and we need further regulation in order to make the sector compatible with democratic societies,” he told RT. “Otherwise, we will always see such measures as the enlargement of the EFSF that we saw a couple of weeks ago, [when] the German parliament pushed through within days.”

・金融部門が完全に無秩序なことが世界的問題。金融部門を民主主義社会と互換性のあるものするために、もっと規制すべき

・それなのに、EFSFの拡大などといったことが当たり前のように行われている

→金融部門とその救済の意思決定プロセスが民主主義的でないという指摘

  (個人的には金融システムを維持し、過度の混乱をさけるためには、
   迅速性が必要なのである程度の「非民主的」プロセスは必要な気もします。
   もちろん、バランスの問題ですが。)


そして、別の活動家はこうも言っています。







“Germany is one of the countries that caused quite a lot of trouble we have in Europe now, because of the way international competition is organized,” she told RT. “Germany is very often on the winning side, but that means that we also export poverty and [unemployment].”

・国際競争のやり方が整備されていることによって、ドイツは今、ヨーロッパに実に多くの問題を生じさせている国々の一つ。

・ドイツは非常に頻繁に勝者側に立っているが、それは貧困と失業を輸出していることを意味する。







私はこれは自由貿易の非常に重要な本質をついた言葉だと思います。


過度の自由貿易は効率を良くします。

効率が良いこと自体は良いことです。

しかし、需要が一定である場合、より少人数で供給できることを意味します。

つまり、10人の供給で10人の需要を満たしていたのが、

5人だけの供給で10人の需要をまかなえるようになる、ということです。

ということは、5人は失業するということです。

これが、大企業だけが得をし、その他大勢が損をするという仕組みです。


自由貿易はいいことです。しかし、何でもやり過ぎはよくありません。

ほどほど、中庸が良いのです。





 野田総理、

 TPPや自由貿易は格差拡大ですぜ!

 そして、エジプトやチュニジアでは経済成長しても

 格差拡大で革命が起きましたぜ!

 もちろん、意味分かっていますよね?



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





↓TPPアンケート、驚くべきことに

なんと、5500人を超える皆様に

ご回答いただいております。

全国紙の世論調査でも3000人程度といいます。

物凄い数です!!!


アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 






関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 反TPPは攘夷運動?~三宅久之さんの「反TPP派は幕末の外国船を打ち払えと言ってた連中と同じ」説を論破しましょう♪
≫次の記事 TPP仲間はずれ。首脳会議に招かれませんでした→次の国会で野田閣下に「厳しい洗礼」か?

コメント

717:APEC参加国は今度の日本の首相も頭がおかしいと思っているはず

上の動画で拡声器を持った女性が「APEC SUCKS!!!」と言ってデモ行進している。TPPもSUCKSだ。野田もSUCKS!

2011/11/14 13:20 | 愛国者と右翼はまったく別物 #8.gIlSqM URL [ 編集 ]
718:

ドイツは、BI議論が急速に進んでいる国ですね。
このBIは社会信用論(抜本的な金融・通貨改革)というものの中で提案されているものです。
金融システムが問題なのだとドイツ人は見抜いているとの記事ですが、金融規制だけではなく、抜本的な金融改革も国民の間で議論されているのでしょう。
既に欧米、豪では金融機関がデモの対象となっており、新しい金融・経済システムを探る時代が到来したのだと思います。

2011/11/14 14:52 | しそ #SFo5/nok URL [ 編集 ]
719:

BIは現在のところ怠け者による弱者切捨ての側面があるから
インフレ期に増税・公共投資削減、デフレ期に量的緩和・公共投資拡充
という常識的な政策をやってほしいです、今は社会実験する余裕ないですw

2011/11/15 07:17 | #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。