ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

439:米国動乱:雇用なき経済成長。実質GDPは史上最高を更新しているのに…

2011/11/22 (Tue) 11:21

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

お陰様で10位以内継続中です!
 
人気ブログランキングへ





どうも↓この写真が気に入ってしまったので、TPPネタのときは毎回冒頭に掲載。




米国・シカゴにおける反TPPデモ 2011年9月5日 レイバーデイ

Citizens Trade Campaign





成長率に目を奪われていたせいか

アメリカの実質GDPが史上最大を更新

していたのを見落としていました^^;



(↓画像をクリックすると別ウィンドウで拡大されます)
chart.png
U.S. Bureau of Economic Analysis (BEA)



上のチャートで、

青色実質GDPです。微妙ですが、実は少しだけリーマン・ショック直前を上回り、過去最大です。

ついでに表示しているのですが、

薄緑の線が民間最終消費支出(実質)でこれも史上最大


さらについでに、これが物凄く意外なのですが

黄色の線の財・サービスの輸出(実質)がこれまた史上最大です。




にも関わらず!



オキュパイ運動という反格差運動が盛り上がっているのであります。


オキュパイ運動については、非常に興味深いネタを見つけたので、また週末あたりに書きます。今日は経済指標の話だけ。




さて、実質GDPについて

リーマン・ショック直前からの、日本との比較

をしておきましょう。




各国実質GDP推移(リーマン直前から)

http://stats.oecd.org/index.aspx?



余興で保護主義まっしぐらで順調に成長を続けるアルゼンチンと、「国家破綻」したアイスランドも入れてます。

こう見ると、日本は破綻したアイスランドとそれほど差がないような気がするのは気のせいでしょうか…

で、アメリカは繰り返しますが史上最高です。


日本ではTPP反対は盛り上がっていても、反格差運動が他国ほどに盛り上がっているわけではありません。

一方、アメリカは実質GDPが史上最大を更新したにも関わらず、反格差運動による逮捕者がたった2ヶ月ですでに数千人にのぼるという騒ぎです。



ここで、失業率(国際比較できるようにした「調整失業率HUR」)を見てみましょう。

HURについてはデータが無いので、アルゼンチンは無しです。




各国HUR推移(リーマン直前から)

http://stats.oecd.org/index.aspx?



日本は、実質GDPの低迷が続いているのに、失業率はリーマン・ショック前くらいには低下してきております。

逆に、アメリカは実質GDPは完全に回復したにも関わらず、失業率がなかなか低下しません。破綻したアイスランドよりも高い状態が続いています。

つまり、アメリカは昔よく言われていた言い回しを使うと

jobless recovery
ジョブレス・リカバリー

雇用なき回復


という状況であるわけですね。


オバマ政権の積極財政バーナンキFRB議長の金融緩和・量的緩和は効果がなかったということはありません。実質GDPの面では確実に効果があったわけです。

ところが雇用が回復せず、反格差運動が燃え盛っているわけです。


元ネタは政治学者の藤井厳喜さんですが、

当ブログでも繰り返し書いていますように、経済成長していても格差が広がればエジプトやチュニジアのように革命が起きます。
(エジプトやチュニジア、TPPのP4各国との成長率のデータ比較は
 こちら→「TPPで成長」の罠:保護主義で好調経済のアルゼンチンとの対比


アメリカの問題は、

経済成長できるかどうかでは

もはや全くない!


ということです。



そして、

日本の問題は

いかに安定を保ちながら

経済を成長軌道に誘導するか


です。


TPPはほぼ間違いなく格差を助長します。

アメリカにとっても日本にとっても、

必要なのはTPP無しでの経済成長



です。




本来的な解決策は、


日本、中国、ドイツという3大経常黒字国が

さらなる財政出動することで需要を創出し、


その間に、

アメリカのような経常赤字で失業率の高い国が、

アルゼンチンのような保護主義(管理貿易)で製造業の雇用を増やし、

失業率を低下させることに集中すること

です。


保護主義といっても鎖国ではないですよ、念のため。管理貿易です。

アルゼンチンでは輸入バイクを2台売ったら1台は国産バイクを売れ!というようなやり方で、国内産業の育成と雇用の創出に力を入れています(→
「TPPで成長」の罠:保護主義で好調経済のアルゼンチンとの対比)




 経済成長しても雇用が回復しないアメリカ。

 TPPも、新自由主義も、

 もういらない!



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





↓TPPアンケート、驚くべきことに

なんと、6500人を超える皆様に

ご回答いただいております。

全国紙の世論調査でも3000人程度といいます。

物凄い数です!!!


アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 






関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(5)トラックバック(0)|

≪前の記事 ドイツ国債札割れ:ユーロ解体へ前進か?
≫次の記事 推進派の幻想「農業は関税撤廃でも補助金で保護」を根こそぎ打ち砕いておきます:TPP

コメント

740:教えていただけないでしょうか

GDPは国における民間最終消費支出(個人消費)と総固定資本形成(住宅投資や設備投資、公共投資)と政府消費支出と在庫変動に純輸出を加えたものです。

これらは実体経済を表していますが、金融経済の金の動きはGDPにどんな影響を与えるのでしょうか。例えばデイトレーダー達の日々の株式取引や貨幣取引、先物取引などの金はGDPの項目のどこに入るのでしょうか。

2011/11/22 15:52 | にっぽんじん #- URL [ 編集 ]
741:インターネットをしない人へ

アメリカはGDPが伸びたとしても、国民の大多数がそれを享受できたわけではないですよね。韓国もそう。TPPに参加しようと一部の多国籍企業や輸出企業だけしか恩恵をこうむる事が出来ないのは明らかです。TPP大反対!

TPP反対のチラシ作成したので良かったら見てください。
http://loda.jp/chirasihokanko/?id=890
TVで言わないようなことメインに取り上げました。
廣宮さんのブログお借りして恐縮ですが、気に入って頂けた方は、自分の周りのネットをやらない両親祖父母や興味のない人に印刷してあげてくれたらいいなと思います。もしくはツイッターなどでURL広めて頂けると幸いです。

2011/11/22 22:45 | タビのバナナ #- URL [ 編集 ]
742:

雇用なき経済成長・・・公共投資はムダのレッテル貼られてますからねー
廣宮氏や三橋氏のように国債発行して防災と雇用創出する公共事業をちゃんとやれ!
その結果、リフレーション効果によってデフレを脱却できるじゃないか!に賛成なんですが
所謂「リフレ派」の方々って公共事業は無駄なので量的緩和さえすればいい
自由貿易は一般物価を下げないからデフレ下でやってもいい等と言う人が多い
中野氏の言う財政政策の基準である物価・金利・失業率の失業率(雇用)が
(デフレ脱却は必須として)リフレだけで可能なのか疑問ですね、防災の視点も抜けてますし
彼らの言うとおり公共事業を増やさずリフレに持っていってインフレ下で防災事業すれば
インフレが加速しますがそこら辺はどうなんでしょうね?

2011/11/23 08:32 | リフレ派=TPP賛成派? #- URL [ 編集 ]
743:

ここでアメリカが輸出依存型政策すればまさしく小泉政権型実感無き景気回復ですね。小泉政権の場合はドルが裏から支えてくれたけど、どうするつもりなんでしょ。日本を頼ろうにも見ての通りの不景気ですからね。
となると先に見えるのは…更に10年を失うですか。主軸通貨国の景気停滞は間違いなく乱を呼び込むでしょうね。

2011/11/23 19:20 | #XqYWyCZE URL [ 編集 ]
744:Re: 教えていただけないでしょうか

にっぽんじん様

株や先物やFXなどの金融取引はGDPに算入されません。
ただし、売買手数料はサービスの提供であり付加価値の提供であるので算入されます。

> GDPは国における民間最終消費支出(個人消費)と総固定資本形成(住宅投資や設備投資、公共投資)と政府消費支出と在庫変動に純輸出を加えたものです。
>
> これらは実体経済を表していますが、金融経済の金の動きはGDPにどんな影響を与えるのでしょうか。例えばデイトレーダー達の日々の株式取引や貨幣取引、先物取引などの金はGDPの項目のどこに入るのでしょうか。

2011/11/24 12:57 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。