ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

441:米国動乱:ウォール街の反撃は失敗?「マスコミを活用し、調査に基づいたストーリーを仕立て、オキュパイ運動を貶めるべし!」というメモが逆にマスコミに暴露されるの巻

2011/11/26 (Sat) 12:36

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

お陰様で10位以内継続中です!
 
人気ブログランキングへ





どうも↓この写真が気に入ってしまったので、TPPネタのときは毎回冒頭に掲載。




米国・シカゴにおける反TPPデモ 2011年9月5日 レイバーデイ

Citizens Trade Campaign





まず、いくつかTPP関連の動画のご紹介。


当ブログで頻繁に紹介させていただいている政治学者の藤井厳喜さんの英語によるTPP反対のPR動画です。

アメリカ人にとっても不利益であり、日本でも多くの人々が反対しているということを世界に広めましょう^^









そして、オバマ大統領が以前、大統領選挙運動中に


Trade agreement should not just be good for Wall Street but should also be good for the mainstream.

貿易協定は、ウォール街だけに良いものであってはいけない。大多数の国民の利益と両立すべきだ。


We've got make sure that our agreements are good for everybody.

我々は、貿易協定をすべての人々にとって良いものにしなければなならない。


Because the globalization right now is creating winners and losers.

現在のグローバリゼーションは、勝者と敗者を創り出している(つまり、格差を助長している)


力説している動画が↓こちら











このTPP議論を見ていると、35年前に発表され、900万枚売れたというイーグルスのアルバム、「ホテル・カリフォルニア」のことを思い出してしまいました。

この表題作で1曲目の「ホテル・カリフォルニア」の歌詞がまさに現代アメリカの問題点を正確にえぐっています







So I called up the Captain
'Please bring me my wine'
He said
'We haven't had that spirit here since 1969'

ワインある?とウェイターに頼むんですね。「ホテル」なので。
すると、「そんなスピリットは1969年以降、置いていません」と。

スピリットはアルコールの意味もありますが、この歌詞の意図は、精神とかけています。

そして、ホテル・カリフォルニアというのは実はアメリカという国家そのものを指していると見てよいでしょう。

つまり、1969年以後、アメリカには「精神」がなくなってしまった、と嘆いているわけです。


そして、こんな一幕も。

They gathered for the feast
They stab it with their steely knives,
But they just can't kill the beast

彼らは宴のために集い、
鋭いナイフを突き立ててその野獣を殺そうとするが、出来なかった。


ここで、
野獣というのは、欲望の比喩です。

よくオキュパイ運動の人たちが口にする

corporate greed
企業の強欲


とか、そんなことでしょう。

【米国動乱:元軍人ら「我々も99%」と絶賛反格差運動中】
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-428.html


で取り上げた、元軍曹も口にしていました。


その「野獣=強欲」を殺そうとするが、殺せなかった。

まるで「格差助長のグローバリゼーションはダメだ。ウォール街だけの利益になる貿易協定はダメだ」といっていたのに、「企業の強欲」という「野獣」を殺せず、TPPを推し進めようとするオバマ大統領そのものじゃないですか。


イーグルスはこのアルバム、この曲をアメリカ建国200年という象徴的な年(1976年)にドカンと発表したのですが、ほとんどよく当たる占い師なみに予言を的中させてしまっている感がありますね…


そして、このアルバムの最後の曲「The Last Resort」の歌詞がまた刺激的です。


Who will provide the grand design?
What is yours and what is mine?

誰が「グランドデザイン」を提供し、
何を君たちのものとし、何を我々のものとすると決めるのか?

(→まるでTPPそのまんまですね。どの国の取り分をどの国が決めるのか?)


'Cause there is no more new frontier
We have got to make it here

もはや未開拓の地などない。
我々はここに留まって、うまくやらなければならない。

(→アルゼンチンみたいに保護主義ちっくに行った方が良い、って感じですね)


We satisfy our endless needs and
justify our bloody deeds,
in the name of destiny and the name of God

我々は我々の果てしない欲望を満たし、
流血の事態を正当化する。
運命という名の下に、そして神の名の下に

(→”corporate greed”のことですね)


They call it paradise
I don't know why

彼らはそれをパラダイスと呼ぶ。
僕にはなぜか分からない。

(→推進派の皆さんはTPPをパラダイスと呼びますが、私にはなぜだかサッパリ分かりません)


You call someplace paradise,
kiss it goodbye

君がそれをパラダイスと呼ぶなら
僕はキスしてオサラバさ

(→”君がTPPをパラダイスと呼ぶなら、
僕はキスしてオサラバさ" )






10数年前、英会話学校でたまたま「ホテル・カリフォルニア」の歌詞を取り上げた授業があって、アメリカ人の講師にあとで

1曲目の歌詞の意味は今日教えてもらって分かったけどな、実は最後の曲でこんな凄まじいことを言っていて、しかも建国200年の年に敢えてぶつけてんでー、イーグルスはすごいやろ

と教えてあげたら、かなり驚いていました。

ということで、上の藤井厳喜さんの英語の解説でTPPがアメリカ人にとっても損ですよ、ということを、アメリカ人に教えてあげましょう!




で、今日の本題です。


MSNBCという、マイクロソフトと、いわゆる3大ネットワークのひとつ、NBCが共同出資して作ったニュース専門チャンネルのスクープです。(といっても既に1週間前のネタですが)

ちなみに、MSNBCもNBCも本社はロックフェラー・センターにあり、しかもマイクロソフトも出資していますから、ある意味では1%側ですが、

MSNBCはリベラル派のキャスターを起用することで知られているそうです。

オキュパイ運動全否定のFOX Newsとは正反対という感じになっている模様です。


Exclusive: Lobbying Firm's Memo Spells Out Plan to Undermine Occupy Wall Street
http://upwithchrishayes.msnbc.msn.com/_news/2011/11/19/8896362-exclusive-lobbying-firms-memo-spells-out-plan-to-undermine-occupy-wall-street-video
Sat Nov 19, 2011 8:53 AM EST

独占報道:ロビイスト企業のメモにウォール街占領運動に打撃を与える詳細な計画



Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy





A well-known Washington lobbying firm with links to the financial industry has proposed an $850,000 plan to take on Occupy Wall Street and politicians who might express sympathy for the protests, according to a memo obtained by the MSNBC program “Up w/ Chris Hayes.”

MSNBCの番組、"Up with Chris Hayes"が入手したメモによると、
金融業界とつながりのある、よく知られたワシントンのロビイスト企業が、
ウォール街占領運動や、それに共感を表明している政治家に対処するための、
85万ドル(約7000万円)の計画を提案
していることが分かった。


The proposal was written on the letterhead of the lobbying firm Clark Lytle Geduldig & Cranford and addressed to one of CLGC’s clients, the American Bankers Association.

この提案書は、ロビー企業Clark Lytle Geduldig & Cranford (CLGC)のレターヘッドに書かれており、CLGCの顧客の一つである、米国銀行協会に宛てられたものとなっている。


CLGC’s memo proposes that the ABA pay CLGC $850,000 to conduct “opposition research” on Occupy Wall Street in order to construct “negative narratives” about the protests and allied politicians.

CLGCのメモでは、米国銀行協会がCLGCに85万ドルを支払い、抗議者やその仲間の政治家達を否定する物語を作り上げるための、ウォール街占領運動に反対攻勢をしかけるための調査業務を依頼することを提案している。


The memo also asserts that Democratic victories in 2012 would be detrimental for Wall Street and targets specific races in which it says Wall Street would benefit by electing Republicans instead.

このメモはまた、2012年の選挙(大統領選、下院選)で民主党が勝利することは、ウォール街に致命的であると力説し、共和党が勝つことがウォール街の利益になると説いている。

---

そのあとの内容を、かいつまんで紹介すると

メモによれば、「民主党がウォール街占領運動を取り込むと、ウォール街にとって長期的な不利益になる」

・メモによれば、「しかし、最大の懸念は2012年の選挙ではない。
最大の懸念は共和党がウォール街を守らなくなってしまうことである」

・メモの作者の一人は、共和党John Boehner下院議長の元スタッフ。

・米国銀行協会のスポークスマンはそのメモを受け取ったことを認めたが、頼んで書いてもらったわけでもないし、
そんな計画を実行するつもりも全くないとコメント

・CLGCは取材に回答なし

・下院議長のスポークスマンはメモへの取材は回答拒否。
しかし、ウォール街から一番献金してもらっているのはオバマ大統領ではないのですか、とコメント

・オバマ大統領の選挙戦アドバイザーは番組に出演して「大統領は個人からの小口献金のみ。ウォール街からはもらっていない」と発言


・CLGCのメモはもうひとつの問題を提起:
年末の銀行のボーナス時期になると、Tea Partyとオキュパイ運動が連携し
「沢山のアメリカ国民が苦しんでいるのに」と大衆の怒りが爆発する可能性
を指摘。


・ということで、
メモでは、60日計画でしっかり調査して、オキュパイ運動に対抗するメディアキャンペーンを執り行う準備をする、という計画を概説。
ウォール街の企業がいまだ強力な政治力を持っていることを示すことが大きな課題、とも。

・メディアではジョージ・ソロスと関係があるという推測が報道されている。

・オキュパイ運動の資金提供者が誰かを洗い出し、背後関係を明らかにし、
それを広く知らしめることが重要。そうすればオキュパイ運動に深刻な打撃を与えることになるだろう。






非常に面白い状況になっています。

オバマ大統領の陣営も、下院議長の共和党議員の陣営も、そろってウォール街との蜜月関係を否定しているところがなんとも言えず、興味深いところです。

そして、この金融業界と深い関係のあるロビー企業が、オキュパイ運動を相当に警戒していることがよく分かります。






そして、この同じMSNBCの番組”Up”で、以前紹介したオキュパイ運動のデモに参加して逮捕された元警部が登場しています。


どうやら罪状、道交法違反みたいなことだったようですが、この番組に出ていたということは1日かそこらでとっとと釈放されています。

元警部は、

the fact they were not doing this for themselves.
they were doing this for all people suffering injustice.
That just conviction that they had for social justice just inspired me.

「彼らは彼ら自身のために運動しているのではない。」
「彼らは、不公正に苦しむ全ての人々のために活動している。」
ということに共感を覚えてデモに参加したと語っています。


アメリカで警部というと、所轄署の署長か副所長クラス、ということになるようです。


ちなみに、なんと、高等裁判所の元判事も法律顧問としてボランティアでオキュパイ運動に参加しているという話まであります。

RT.com
Bloomberg’s office admits to arresting journalists for covering OWS
http://rt.com/usa/news/press-nypd-arrest-bloomberg-689/
Published: 18 November, 2011, 21:24

Retired New York Supreme Court Judge Karen Smith adds that on Thursday's Day of Action, she was threatened with arrest herself while volunteering as a legal observer during the protests and was nearly assaulted by the NYPD.

で、NYPDに「逮捕するぞ」と脅され、もう少しで「攻撃」というか暴力を受けそうになった、とのことです。

以前のエントリーでは大学教授もデモに参加していることを取り上げました(ホノルルのオキュパイ運動、APEC抗議デモ)。

こういった社会的地位の高い人々が自然発生的にこの運動に身を投じているということですから、そりゃウォール街の皆さんも政治家の皆さんも脅威を覚えてしまうわけですね。



Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy



なお、上記の「メモ」でも「噂」程度の書き方にとどまっていましたが、ジョージ・ソロスが資金提供、というのはまだまだ不確定情報のようです。

あったとしても、金額が18万ドルと大した金額ではなく、かなり間接的なもののようです。(あくまでも今判明している情報では)

焦点:格差是正求める反ウォール街デモ、背後に富豪ソロス氏の影
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23634520111014?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0
2011年 10月 14日 18:25 JST

なお、↑の記事で興味深いのはカナダの労働系の雑誌がエジプトやチュニジアを参考にしてオキュパイ運動を煽った、というような内容があることです。





ちなみに、
↓こちらのリンクに行って動画を見ると、画面右下の「transcript」を押すと、元警部の動画、書き起こし文を見ることができます。
http://video.msnbc.msn.com/up-with-chris-hayes/45366571#45366571

しかも、その書き起こし分の文字をクリックすると、そこの時点から動画を再生することができます。
英語学習者には素晴らしい仕掛けになっています。
それでも意味を取るにはかなり厳しいです^^;


で、この元警部殿、語り口は穏やかですが、結構過激です。

ウォール街のデモでは

I was holding a sign that said
"NYPD, DO NOT BE WALL STREET MERCENARIES"


「ニューヨーク市警よ、ウォール街の傭兵になるな!」というプラカードを持っていた。


でも元警部はそれは間違っていた、と言います。

They already are mercenaries.
「彼らは既に傭兵だった」



「なるな!」では遅かったと…





それから、この番組中、警官が座っている学生たちに催涙スプレーをかけている映像、すでに世界中で、日本でも報道ステーションなどで放送されている映像を出し、警察の暴力性を問題にしていました。


↓こちらの00:11あたりです。





元警部殿は、これについて、冷静な監督者であるべきWhite Shirts(白シャツ)と呼ばれる幹部たち(警部補以上の階級)が現場に出て冷静さを失い、冷静な監督者でなくなっていることが問題、これでは「anarchy 無政府状態だ」と指摘しています。

それで、元警部(フィラデルフィア市警ですが)である自分がその冷静な監督者として参加すべきと思った、とも。


このWhite Shirtsの問題については、ニューヨーク・タイムズも、タイトルがそのものズバリの記事にしています。

‘White Shirts’ of Police Dept. Take On Enforcer Role
http://www.nytimes.com/2011/10/03/nyregion/nypds-white-shirts-take-on-enforcer-role.html?_r=1
Published: October 2, 2011

この記事を読むと、今回の長期継続的な大規模デモが、警察にとってもいかに未曾有の出来事であるかよく分かります。

記事の内容を要約すると、

普通のデモと違い、不規則、予測不能な行動が多いので、予め指示していた通りに動くように訓練されている現場の警察官達では対処できないことが多い。ということで、どうしても現場に指揮官が出動する必要がある。

それで普段は現場に出ることがない‘White Shirts’が現場にお出ましになる。

で、デモの最中では、指揮官があそこの3人を逮捕して来いと部下に命じている間に、その指揮官の間近で逮捕すべき行動を取るデモの参加者が出た場合、指揮官が直接逮捕行動を取らなければならなくなる。

ここで問題が生じます。

現場での活動ではなく、試験によって昇進してきた幹部たちは、現場に全く不慣れである、ということによって。

そこで、過剰な行動を取ってしまうことになる、というメカニズム

---

といったことが警察の頻発する暴力性の原因の一つのようです。

つまりは、

アメリカ社会にとって、

極めて異例、異常な事態が現在も進行している


ということがこの記事からは読み取れます。



↓11月2日に発生した全米4位の港であるオークランド港が封鎖された時点でかなり異例で異常な事態ですが、これもまた警察の「暴力性」が直接の引き金になった事件です。


【米国動乱:7千人で港湾封鎖 ―「俺達の政府は企業に買収されている」と ― 米カリフォルニア州オークランド】
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-427.html



さらには、これまでにプレス・パスを持っていた人を含む、ジャーナリストが26人逮捕されるという異常事態も進行中です。

RT.com
Police lockdown and brutality on journalists at OWS
http://rt.com/usa/news/press-occupy-street-wall-885/
Published: 22 November, 2011, 02:00



An estimated 26 journalists have been arrested at Occupy Wall Street protests. Brutally handcuffed, thrown onto the ground, pepper sprayed, and threatened to have press credentials taken away – is this the future for freedom of press in the US?

ウォール街占領運動に関して、推計ではこれまで26人のジャーナリストが逮捕さた。
暴力的に手錠をかけられ、地面に打ち倒され、催涙スプレーを噴射され、プレス・パスを没収すると脅され--これがアメリカの報道の自由の未来像か?



ロシアのメデイアにここまで言われてしまうとは…

日本のメディアの皆さんはこの問題、どういう感想をお持ちになるでしょうか?





前々回で指摘しましたように、

アメリカの実質GDPは過去最大です。

ところが、これだけの前代未聞の異常事態なのです。


このまま格差拡大につながる自由化を推し進めるならば、

それは「1%」の大企業にとっても必ず損失になります。

ほどほどの規制をかけ、

格差をほどほどに止めることこそが、

結局は1%も含めた100%の長期的利益、社会の安定的発展につながるのです。





経済成長しても雇用が回復しないアメリカ。

TPPも、新自由主義も、

もういらない!

君がそれをパラダイスと呼ぶなら

僕はキスしてオサラバさ!



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





↓TPPアンケート、驚くべきことに

なんと、7000人を超える皆様に

ご回答いただいております。

全国紙の世論調査でも3000人程度といいます。

物凄い数です!!!


アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 






関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(4)トラックバック(0)|

≪前の記事 ユーロ導入で「勝ち組と負け組」が出来ちゃいましたという鮮やかなデータを示します
≫次の記事 ドイツ国債札割れ:ユーロ解体へ前進か?

コメント

748:天然?OWS

天然なアメリカ人!を象徴するOWS。
Boycott "Black Friday", Solidarity with Striking Chinese Workers!
http://occupywallst.org/article/solidarity-striking-chinese-workers/
自分達の職を奪ったシナの労働者たちがEUとUSがシナ製品を買わないので失業汁なので、デモ!
俺たち、連帯して戦うぞ!

歴史がないアメリカは、4000年の歴史!シナに頭ごなしに弱いのだ(笑)。


2011/11/26 19:44 | MOP #- URL [ 編集 ]
749:

日本のメディアが何かを考えるなんてことあるわけないじゃありませんか。

例え彼らが何かを考えたとしてもそれが恐ろしく陳腐なものであることを私たちは知っているわけで、だからこそこのブログにも訪れるわけで。。。

2011/11/27 01:30 | #- URL [ 編集 ]
750:OWSの効果!20万人をレイ・オフ

OWSの連中がウォール街を占拠したくれたおかげで、ゴミと騒音で仕事にならない(ジョークですが)ウォール街では20万人をレイ・オフするようです。
http://www.youtube.com/watch?v=JFtpXbWp9Cc&feature=player_embedded
失業仲間を増やすための運動だったんですね(笑)。

2011/11/28 22:12 | MOP #- URL [ 編集 ]
751:緊急告知!西田先生が情報を求めていらっしゃいます!

緊急告知!西田先生が情報を求めていらっしゃいます!

http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11092136538.html

2011/11/29 13:02 | #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。