ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

449:TBSで反グローバリズム全開の番組を放送していて驚いた件:関口宏のサンデーモーニング・年末スペシャル

2011/12/27 (Tue) 12:33

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ





どうも↓この写真が気に入ってしまったので、TPPネタのときは毎回冒頭に掲載。




米国・シカゴにおける反TPPデモ 2011年9月5日 レイバーデイ

Citizens Trade Campaign







さて、本題とはあまり関係ないですが、ちょっとビックリするニュースがあったと全開ご紹介した
フランスの「アルメニアでトルコが虐殺したことを否定すると、もれなく刑務所にご招待」法案の続報です。




アルメニア虐殺否定は犯罪 仏下院可決にトルコ猛反発
MSN産経ニュース
2011.12.23 01:25
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111223/mds11122301260002-n1.htm

フランス国民議会(下院)は22日、オスマン・トルコ帝国によるアルメニア人虐殺を否定することを「犯罪」とし、罰則を科す法案を賛成多数で可決した。

 ロイター通信によると、虐殺を否定してきたトルコのエルドアン首相は猛反発し、フランスとの経済、政治に関する全ての会合や軍事協力を中止すると述べた。両国関係の悪化は必至だ。 エルドアン首相は法案を「人種差別だ」と非難。トルコ政府は駐フランス大使の召還も決めた。

 北大西洋条約機構(NATO)加盟国で中東地域に影響力を持つトルコとの関係悪化は、イランの核開発問題、反政府運動を武力弾圧するシリアへの対応など、フランスの中東外交にも影響しそうだ。(共同)




日経新聞の紙面に載っていた記事では、年明けの上院で可決され、大統領が拒否権を発動しなければ、このフランスの言論統制法案はめでたく成立するそうです。

欧州は「ユーロ債務危機」以外にも余計な爆弾を抱え込むことにならなければ良いですが・・・




では、本題です。

以前、オキュパイ運動2ヶ月目記念デモについて書いた時

http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-437.html

に取り上げた、TBSのニュース報道について

運動内部の人の声を余り拾うことなく、また、運動が盛り上がったきっかけである警察の暴力性にも触れずに、オキュパイ運動に対して否定的な見解で締めくくっているのは不公平

と書かせて頂きましたが、

一昨日の日曜日に放送された

関口宏のサンデーモーニング・年末スペシャル

非常に秀逸でしたので、内容を紹介させて頂きたいと思います。

批判だけして良いことをしているのに褒めない、というのではこちらが不公平になってしまいますので^^;。




まず、アメリカでなぜ格差が広がっているかという背景として

金融業の所得が向上する一方で、製造業の所得が低下しているというグラフと

それを軌を一にして

CEOトップ100人の平均給与と一般労働者の平均給与の倍数が
1970年45倍
2006年1723倍
というように格差がどんどん広がっていったというグラフを示しています。

そして、デビッド・コーツ 米ウェークフォレスト大学教授の「カジノ資本主義」という印象的な言葉を紹介。

「金融取引は手数料で収入を得ます。
 何も製造しなくてもです。」


かくして、中間層は崩壊し、貧富の格差が拡大してしまうという構図です。


(そう言えば、80年代はアメリカのみならずイギリスにおいても金融自由化が推し進められました。
 それほど雇用を産まず生産性=金儲けの効率の良い金融業が重視され興隆、
 雇用を産むが金儲け効率の悪い製造業が軽視され衰退という構図です。
 なお、これについては「さらば、デフレ不況」p.192あたりに詳しく書きました。



そして番組のナレーションに曰く

「こうした社会に抗議の声を上げたのが、ニューヨークのデモ(ウォール街占領運動)でした」


で、この番組では以前のニュース報道でほとんど取り上げられていなかったデモの参加者の声を存分に紹介しています。

「上位1%の人達がその財産を使って政府をコントロールしている」

「彼らの財産が増えれば増えるほど他の人達に回るお金が減ってしまう」

「市民よりもロビー団体の声の方が大きい」

「お金があれば自分でルールを作れるのが資本主義」

「同じようなことが世界中で起こっている」





そのあと番組では、ヘレナ・ノーバーグ・ホッジさんという、ニューヨーク(マンハッタン)生まれ、スウェーデン育ちの言語学者の方が、監督として作った「幸せの経済学」という反グローバリズム満載という趣きのドキュメンタリー映画の紹介をしています。




まず冒頭はインドラダックという田舎町(ホッジさんが1970年代以来映像を取り続けていて大きな変化を目の当たりにしているということだそうです)の映像。


番組ナレーション「小規模の農業と近くのむらとの交易で日々の暮らしを営む住民は、質素であっても失業や飢餓とは無縁でした」

ところが、

映画のナレーション「援助という名の下に道路が整備され、安価な食糧が運搬され、地元の経済が衰退しました」

(なにやらどこかのTPPという名のグローバリゼーションを思わせます。)


で、欧米の文化(大量消費の文化)が、このインドの片田舎の質素な街にも押し寄せて…

ホッジ監督「最も残念なのは、精神的に豊かであった人達が不和になり、思い悩んでいるのです。ラダックの文化が根本から崩れたのです。これがラダックのグローバリゼーションです」


(なんと、ちょっと前に紹介した「ホテル・カリフォルニア」の歌詞そのままですね。
 「1969年以降、そのスピリット(精神)は置いていない」)

欧米流の物質的豊かさ、大量消費文化が入ってきたことで、
伝統的文化や精神的豊かさが失われてしまった


という構図です。


映画の中では、

それまでの小規模農業で生活していた人々は生産性が悪いので、グローバリゼーション、自由化で外国から入ってきた安価な農産物によって失業

→都会に出てきて希少な仕事を奪い合い、不和が生じた

というようなことが語られています。

また、グローバリゼーションによる大量消費推進は環境破壊をもたらす
という指摘もしています。

そう言えば、アメリカでも環境団体がTPPに反対していましたが、そういう理由だったのですね。

まあ、世界中で交易が盛んになり過ぎると、運搬のためのエネルギー消費によっても環境が破壊されてしまうような気もします…。


これに関連して番組出演者の田中優子・法政大学教授

「映画を見ましたが、監督はグローバリゼーションよりもローカリゼーションすべきだと語っています」と補足していました。


ローカリゼーション


ということばは何とも良い響きがしますが、皆さんはいかがでしょうか?

私はこれに関して以前、

国際関係ハリネズミ理論という考えを書きました。

国と国の間には、ほどほどの距離があったほうが良いという考え方です。



野田政権は

TPP推進+日中韓FTA推進

なので完全にグローバリゼーション推進派
ですね。





で、映画ではなぜグローバリゼーションが推進されるかについて

「経済成長をもたらすから」

としています(番組の中でそのように紹介)。

この点は若干違和感があります。

まず、経済成長そのものに否定的であることが1点。

それと
私の意見では「グローバリゼーションはほどほどであれば経済成長を促すが、行き過ぎると成長を損なう」です。

これについては、

「TPPで成長」の罠:保護主義で好調経済のアルゼンチンとの対比
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-421.html

で、TPPのP4参加の国々はむしろ成長が鈍化し、保護主義に傾倒したアルゼンチンに負けている、という話を書きました。


なお、この点に関して慶応大学の金子勝教授が「とはいっても失業を解決するには経済成長が必要です。経済成長の質が問われているのです」

のような指摘をしていましたが、まったくその通りではないかと思いました。


また、番組のナレーションでは

「企業の横暴を規制するのが政府の役割のはず。」

のような感じのことを言っていましたが、これも正にその通りだと思います。


で、TPPに関してですが、


前出の田中優子・法政大学がグローバリゼーションは問題だ、という文脈の中で「TPPは心配」と言っていた以外はこれといった発言はありませんでしたが、少なくとも「それでもTPPは推進すべきです!」という人は皆無でした。

まあ、この話の流れでTPP推進は言えないでしょうねえ(笑)。


田中教授が複数回TPPに否定的なコメントをしていたので、

格差拡大は(行き過ぎると)ダメだ

格差拡大や環境破壊につながるグローバリゼーションはダメだ

ローカリゼーションが大事だ

という話の流れのなかでTPPを捉えることが出来るような感じに番組が仕上がっていたのが

まことに秀逸
であると感じました。




それと、番組を見て思ったのは

食糧もエネルギーも可能な限り地産地消がいいなあ

ということです。

これは安全保障にもつながる話ですので。

つまり、ローカリゼーションというわけです。

なお、私の思うローカリゼーション

高度な技術開発(省エネ技術や自然エネルギーの効率的利用技術など)によって成し遂げられるという類のもので、その点がホッジさんと若干違うかな、という印象です。

というのも、環境負荷を減らしつつも、すでに消費の味を知ってしまい、便利さに慣れきってしまった社会の満足を満たす(=環境と経済成長を両立させる)ための道筋が必要であると考えるからです。

それには技術開発以外に道はありません。

技術立国、日本!



さようなら、グローバリゼーション!

こんにちは、ローカリゼーション!



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





↓TPPアンケート、驚くべきことに

なんと、7000人を超える皆様に

ご回答いただいております。

全国紙の世論調査でも3000人程度といいます。

物凄い数です!!!


アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 







関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(5)トラックバック(0)|

≪前の記事 TPPと強欲と恐怖心+自由貿易という「新自由主義」をとことん突き詰めると「地球市民」という左翼思想に一致する
≫次の記事 TPP:かんぽ危うし!補助金をもらっていなくても政府系企業であることを過保護として問題にするアメリカ

コメント

784:

みんなの党のHPで面白いものを見つけました。

「TPP反対論」vs「TPP反対論」への反論 - みんなの党 :
http://www.your-party.jp/policy/tpp/

ご参考までに。

2011/12/30 13:15 | Zudgkx4 #n2MERrl. URL [ 編集 ]
785:

今年1年お疲れ様でした。色々勉強させてもらいました。

来年もお世話になりますが、よろしくお願いします。

それでは良いお年を。

2011/12/31 14:02 | シント #NgDLdiQA URL [ 編集 ]
786:

経済や財政について、実態(あるいは実体)にせまる精緻な分析で、今年も教えていただきました。

ことしは特にTPPの件でご苦労様でした。ありがとうございました。

廣宮様も常連の皆さんも、よいお年をお迎えください!

2011/12/31 22:57 | jp@kansai #/.OuxNPQ URL [ 編集 ]
787:

今年は廣宮様のブログで色々勉強させていただき、あり
がとうございました。来年も宜しくお願い致します。
それでは皆様、良いお年をお迎えください。

2011/12/31 23:06 | 文鳥 #- URL [ 編集 ]
788:

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2012/01/01 10:32 | 朝倉新哉 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。