ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

45:「国債をもっと出せ?」[1]

2010/01/25 (Mon) 10:48

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




当ブログのランキング状況は→ こちらです

いつも、ありがとうございますm(_ _)m





今度は毎日新聞さんが

日本国民を絶望の淵に叩き落す素晴らしい論説記事を書いてくださいました!

(ラインメール様、情報ご提供ありがとうございますm(_ _)m)

千波万波  国債をもっと出せ?=潮田道夫
<せんぱばんぱ>

(前略)

財政再建は必要だが、そのためにはまず、
景気をよくしなければならない。

問題は公的債務の国内総生産(GDP)比であって、
これを現状以下に封じ込めれば財政は破綻(はたん)しない。



だからアイスランドは50%台で破綻したんだから公的債務GDP比と財政破綻はは関係ないっちゅうねん。

アイスランド支局とかあるんだったら是非、行ってきて下さいね。
それでできれば二度と帰って来ないで下さい。

なんて
思わず言ってしまいそうな読者の方もいらっしゃるかも知れませんが、まあ気を取り直し、続きをお楽しみ下さいませ…



具体的には金利より高い成長率を達成すればいい。

分かりやすい理屈である。

一にも二にも成長だ。

ところが、

ハーバード大学の財政学の権威ケネス・ロゴフ教授らの最近の研究によると、

公的債務のGDP比が90%を超すと、その国の成長力は平均して約4%も低下してしまう。

44カ国の財政史を200年にわたって精査した結果である。

 まいったなあ。意味するところは重大だ。

日本の公的債務のGDP比は国際通貨基金(IMF)によれば今年219%

公的債務から政府資産を差し引いた純債務残高でも105%なのである。

平均で4%も成長が押し下げられたら、日本はプラス成長すらできなくなる。

国債を増発して成長をめざす時代は終わった。

国債を出せばそれだけ、日本は低成長国家に向かうのだ。

(論説室)

毎日新聞 2010年1月24日 東京朝刊

潮田道夫(うしおだ・みちお) 毎日新聞 論説委員長

http://mainichi.jp/select/biz/ushioda/news/20100124ddm008070092000c.html


はい、

ということでプロフェッサー・ロゴフの書いたその魅惑の論文

ちゃんと現物を読んで↑この素晴らしい記事を検証してみましょう!

↓↓↓↓↓↓
ハーバード大学に落ちてました
http://www.economics.harvard.edu/faculty/rogoff/Recent_Papers_Rogoff


いやあ、グーグルって便利ですね。

「ケネス・ロゴフ」って日本語で入れてクリックしたら英語のつづりが出てきて、それで検索してたらものの3分でその論文、見つかっちゃいました

以下、この論文を「論文(1)」と呼びます

さて、
公的債務のGDP比が90%を超すと、その国の成長力は平均して約4%も低下

論説委員長さんが書いていることについて。


論文(1)p.22では↓こう書かれています

high debt/GDP levels (90 percent and above) are associated with notably lower growth outcomes.

債務/GDP比が高い水準(90%以上)であることは、より低い成長結果と顕著な関連が認められる。

まあ、

細かいことから言えば「90%超」は間違い。「and above」ですから正しくは「90%以上」です。

それはさておき、

公的債務のGDP比が90%超→成長力(?)が4%低下

というような

「原因と結果の直接的な因果関係がある」などとは論文(1)では一言も書かれていません

そして、p.23ではこんなことも書かれています。

Why are there thresholds in debt, and why 90 percent?

なぜ(成長率ががた落ちすることに関して)90%が閾値(しきいち)となるのか?

This is an important question that merits further research,

この重要な質問は更なる研究・調査に値する。

つまり平たく言えば、

なんでそんなことになってるのかよう分からんちゅうわけです。

ただし、

but we would speculate that the phenomenon is closely linked to logic underlying our earlier analysis of “debt intolerance” in Reinhart, Rogoff, and Savastano (2003).

ただし、この現象は、我々は我々の2003年の論文“debt intolerance(負債に関する不寛容性)”において示した理論と密接な関連があるものと推測する


で、その
“debt intolerance(負債に関する不寛容性)” 
 ↑以下、論文(2)と呼びます!

は残念ながら全文ダウンロードできなかったのですが、

概要はありました→こちらをクリック

こんな↓内容です

IN THIS PAPER WE argue that history matters: a country's record at meeting its debt obligations and managing its macroeconomy in the past is relevant to forecasting its ability to sustain moderate to high levels of indebtedness,

この論文では、

ある国の過去における負債管理やマクロ経済運営の経歴は、
その国における負債が高水準な状態での安定を維持する能力を予測することと関連する

というような歴史問題を議論する

という書き出し。そして、

・国によって安定を維持できる負債水準(GDP比)は異なる

・「負債に関する不寛容性」の高い国(過去に低いGDP比でも破綻したような国)では、
   低いGDP比でもデフォルトするリスクが高くなり易い

とかいったようなことが書かれています。


それとこの論文(2)の非常に興味深い点は、

特に対外債務の水準を重視している点です。

For example, Spain defaulted on its external debt thirteen times between 1500 and 1900,

例えば、スペインは1500年から1900年の間に13回も対外債務を不履行している。

whereas Venezuela, the recordholder in our sample for the period since 1824, has defaulted "only" nine times.

一方、ベネズエラは、我々のサンプルにおける記録保持者で、1824年以降、「たったの」9回(対外債務で)不履行を起こしている。


スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「国債をもっと出せ?」[2]
≫次の記事 「日本、借金漬け深刻」

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。