ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

456:「牛丼に豪州産米」--TPP、本当に大丈夫?

2012/02/12 (Sun) 21:59

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ





どうも↓この写真が気に入ってしまったので、TPPネタのときは毎回冒頭に掲載。




米国・シカゴにおける反TPPデモ 2011年9月5日 レイバーデイ

Citizens Trade Campaign




3月2日が期限の

「5分でできる、ホワイトハウスへのTPP反対の請願ネット署名パート2

開始のご紹介。
(↑これは私が勝手に付けている名前ですが)

↓ホワイトハウスの当該請願ページはこちら
http://wh.gov/kWa

↓詳細(日本語)はこちら
http://jump.cx/whitehouse

↓請願署名やり方の解説動画はこちら
2回戦!5分で完了ホワイトハウス宛TPP反対ネット署名(住所不要!捨てメOK






そう言えば、前回とりあげました「軽自動車の規格廃止要求」は早々に取り下げられていましたね。

やはり、前回書きましたように「最初にハードルを高くしておいて、相手から良い条件を引き出しながら段階的にそのハードルを下げる」という交渉術の一環、という感じで一杯です。


では、本題です。

日経新聞2012年2月12日朝刊1面より


牛丼に豪州産米
松屋フーズ 試験導入 
国産高止まり収益圧迫


牛丼大手の松屋フーズはオーストラリア産のコメを使用する方針を固めた。商社経由で豪州産玄米を調達、今春にも試験的に導入する見通し。すかいらーくも輸入米を使用する検討に入った。大手外食チェーンが店舗で提供する白米はいずれも国産だが、国産米の価格は東日本大震災後に高止まりしており、外食企業には収益圧迫要因。外食大手が使用に踏み切れば、割安な輸入米を求める動きが加速しそうだ。

 政府は輸入米に高い関税率を課す代わりに、ミニマムアクセス(最低輸入量、MA)を設けて海外からコメを77万トン輸入している。MA米を希望する企業は入札で購入する。2011年度分の主食用(10万トン)については需要が旺盛で完売した。松屋は使用する年間約2万トンのコメに対し、4千トン以上の豪州産玄米(主食用)を確保するとみられる。これを自社工場で精米し、店舗で「牛めし」などに使う。

 北海道産や青森県産などが多い外食店向けの玄米の卸価格は現在、1キロ250円前後。昨年同時期の10年産に比べて約2割値上がりしている。一方、政府の入札を通じた豪州産玄米の調達価格は同200円と国産よりも2割ほど安い。

 牛丼チェーンの価格競争は激しく、同社は1月に「牛めし」の通常価格を並盛りで280円と従来より40円値下げ。これまで外食大手は輸入米について消費者の反応が読めず、使用するケースはまれだったが、今回は利益維持のため、使用が必要と判断したようだ。



ウェブ版の記事には続きがあり、

すかいらーく米国産中国産のコメの使用を検討(試食の段階では品質に問題がないとのこと)。
サイゼリヤTPPでコメの関税がどうなるか次第で輸入米の使用も再考の余地ありとしている

というようなことが書いてあります。

輸入米であっても日本人の味覚に合うコメの値段は高いからTPPでも大丈夫」というご意見もあるようですが、このように外食産業で使用が広がりつつあり、

「あれ?意外と輸入米でもいけるね」

という認識が広がるようなことがあれば、どうなるでしょうか?

また、日本のコメ関税が撤廃されれば、それまでは日本向けのコメなど作ろうとも思っていなかった人々までこぞって参入してくることも考えられます。

特に地理的にも近いTPP参加表明国であるベトナムの人々は、どう考えるでしょうか?



前提条件が変われば、参入プレーヤーはガラリと変わります。



「遼」という国に苦しみ続けたは、女真族と結託して遼を滅ぼしました
「やったー!」と喜んでいるのも束の間、今度はその女真族の立てた国である「金」に圧迫されるハメに(「水滸伝」の時代)。

そのあとは、その「金」をモンゴル人と組んで滅ぼし、今度はそのモンゴル人に完全に滅ぼされる憂き目に遭うことに…



孫子には

廟算(びょうさん)して勝つもの

という教えがあります。

戦争するからには必ず勝てるお膳立てを整えてから開戦すべきであり、勝つ見込みがないならそもそも戦争などするな、という教えです。


ということで、

TPPについては、
①もし参加するのなら、「大丈夫、大丈夫」と高をくくるのではなく、
  何があっても絶対に対応できるようにしっかり備えておく


か、もしくは、



 ②そもそも最初から参加しないほうが良い!


と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





↓TPPアンケート、驚くべきことに

なんと、8000人を超える皆様に

ご回答いただいております。

全国紙の世論調査でも3000人程度といいます。

物凄い数です!!!


アンケートは絶賛続行中です











<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(6)トラックバック(0)|

≪前の記事 日本はギリシャとは違いますがアルゼンチン(ハイパーインフレ?)になります byテレ朝
≫次の記事 TPP、日米事前協議へ。「それ見たことか」という感じで一杯の日経記事

コメント

808:

社会保障と税の一体化:
農業でいえば種もみを食う行為になる。これは餓死直前の絶望的な最後の手段である。
そして解決策ではない。餓死の時期を延ばしただけだ。
社会保障という発想を止めるしかない。地上に天国を作ることをあきらめるのだ。
政治家は皆無理と知っている。しかし選挙では有権者を騙すのだ。
とにかく、保障を受けるものは、保障の決定に参画させないことが必要になる。
猿でもわかる。現代日本人は阿呆である。
http://pub.ne.jp/surugasankei/

2012/02/18 16:25 | # #- URL [ 編集 ]
809:

一体改革大綱:
これは赤ん坊のミルク代と老人の生活費を同じ財布にするという政策だ。
老人がミルク代を奪うという制度だ。とんでもない発想だ。
老人は死んでも赤ん坊を育てるのが人間の世界の掟である。
日本人は発想を転換しなければならない。英国では社会保障充実のスローガンとして
「ゆりかごから墓場まで」と云った。しかし実際は、ゆりかごを墓場に持ち込む政策となり、
英国の社会保障は破たんした。地上に天国を作るのは止めになった。
民主党政権は、金を稼がない。もっぱらばらまくだけだ。
放漫財政で行き詰まると国民の財布に手を突っ込む。泥棒政権だ。
裏で幹部は美味しい生活をしている。これは左翼政治常套の政治の私物化だ。
http://pub.ne.jp/surugasankei/

2012/02/18 16:26 | # #- URL [ 編集 ]
810:

貿易赤字1.5兆円:
日本経済は、個人と同じで外貨を稼ぐのと使うのとの差額が日本の利益である。
しかし浪費で稼ぐのが追い付かなくなってきた。となると消費を減らすしかない。
浪費の最大のものがエネルギーコストだ。そこで日本は原発を開発してきた。
生命線だ。それを止める。産油国は当然好機とみて日本に高い値段をつけてくる。
嫌でも買わされる。そこで大赤字だ。国際競争下で外貨を稼ぐことは大変難しい。
民主党には外貨を稼ぐものは一人もいない。浪費だけだ。
このままでは、日本人の生活はじり貧になって行く。
http://pub.ne.jp/surugasankei/

2012/02/22 07:31 | # #- URL [ 編集 ]
811:

>日本経済は、個人と同じで外貨を稼ぐのと使うのとの差額が日本の利益である

これはちと違うような。ユニクロは輸入はしても輸出はしてない。外貨を使ってばかりで外貨を稼いでいないがユニクロは利益が出ていないのでしょうか。石油元売会社なんかも。

2012/02/24 05:36 | #Y13LEUPk URL [ 編集 ]
812:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/02 06:35 | # [ 編集 ]
813:

外交問題は難しいですよね。

2012/03/05 17:38 | ハーバードナンパスクール佐藤エイチ #- URL編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。