ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

458:官民ファンドで外資買収-英国の洋上風力建設最大手企業を

2012/03/20 (Tue) 12:08

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ





どうも↓この写真が気に入ってしまったので、TPPネタのときは毎回冒頭に掲載。




米国・シカゴにおける反TPPデモ 2011年9月5日 レイバーデイ

Citizens Trade Campaign




前回のエントリーでコメントを頂いた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m
また、ご心配をおかけしまして、申し訳ありません^^;

新しい本は4月か5月ころに発売になろうかと思います。原稿は出来ていており、現在、出版社での編集作業待ちの状態です。

今回の久々の純然たる単著は昨年の9月ころから開始し、かなり時間をかけて分かりやすさ、見やすさに工夫を凝らすようにしました。詳細が発表出来るようになった段階でまたお知らせさせていただきたいと思います。




それから、

日本経済復活の会、チャンネルAJERに私の動画が登場しました!


スカイプによる遠隔収録です(神戸の自宅)。世の中、便利になりましたねえ…



シリーズ - 『国家破綻セラピー』 - 


"第一回 1/2『「国債を刷れ!」~"国全体のバランスシート"誕生秘話~』"




第一回 2/2 『「預金封鎖」と「財産税」で国の借金は減っていない!』










さて、本題です。





今回の話はTPPに直接関係はありませんが、間接的にはかなり重要な関係のあるお話です。


前回いただいたコメントで、「日本は鎖国すべきですか?」とご質問を頂いたのですが、

私が思うに、鎖国するかどうか、あるいは、国をもっと開くかどうか、というよりは、

他国とどれくらい深い付き合いをするかどうか

という問題ではないかと思っています。


TPPでは、これまでご紹介してきましたように、

・将来の中国参加を想定して、政府による企業への補助金を禁止する方向性
 http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-416.html

・シンガポールの政府系企業も問題視(政府から補助金をもらっていないのに)
 http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-448.html

というようなことを米国が問題提起しているというようなことがあります。


政府による企業支援、産業政策への関与を大幅に規制しようという方向性です。


で、このようなTPPに参加するというような、「他国との更なる深い付き合い」をする必要がほんとうにあるのか?というわけです。

深すぎる付き合いは、深みにハマるリスクもあるよという話です。


それにしても、つぶれかけたGMを2度も助けている米国政府がそれで良いのか?という気がしますが、まあ、それはさておき。


昨日の日経新聞に載っていたような以下のような動きも、TPPに参加するとできなくなってしまうのではないか、というのが本日のテーマです。



英の洋上風力建設 買収
丸紅、革新機構と700億円

日経新聞 2012年3月19日朝刊1面



丸紅は官民ファンドの産業革新機構と共同で、洋上風力発電所建設の英最大手企業を買収する。買収総額は約8億5000万ドル(約700億円)。
自然エネルギーが注目されるなか世界の風力発電ニーズが拡大している。
丸紅は特殊なノウハウが必要な洋上風力発電所の建設技術を確保。
将来は日本を含むアジアでの事業展開にも役立てる。

 洋上風力発電の設備工事・建設を手掛ける英シージャックス・インターナショナル(ノーフォーク州)の株式100%を米投資ファンドのリバーストーン・ホールディングスから買収する。丸紅と革新機構がそれぞれ50%ずつ出資する。

 現在、日本に洋上風力発電設備の建設工事を本格的に手掛ける企業はほとんどない。
将来、革新機構は日本の重電メーカーや船舶会社などの出資を募り、技術を国内に取り入れることも視野に入れる。

 シージャックスは北海を中心に海底に固定する着床式の洋上風力発電設備の工事を担う。世界に約10隻ある最新式の工事用特殊船のうち2隻を保有する。
2010年の売上高は約1億ドルだった。

 世界の風力発電の能力は14年末に4億キロワットと11年末比7割増えるとの試算もある。特に洋上風力発電は欧州で設置が進み、北海では今後10年で4000万キロワットの設備が新設される見通し。
このままでは工事船が不足するとみられている。
シージャックスは15年までにさらに2隻の特殊工事船を増やす計画。丸紅と革新機構は将来の工事需要を取り込めると判断した。

 丸紅は11年に洋上風力発電事業最大手のドン・エナジー(デンマーク)と提携し、同社が保有する英洋上風力発電所の運営にも参画している。




TPPはこういった「政府が企業にゲタをはかせる」ということを制限する方向性を持っています。

一国を一つの企業体とみなしたとき、TPPという「貿易自由化」は、その「企業体」から自由を奪うことになるでしょう。




家の玄関のドア、普通はカギをかけてますよね。でも、必要に応じて開け閉めします。決して開けっぱなしではないし、閉めっぱなしでもありません。国の門戸もそれと同じことではないかと。

家のカギを1週間も開けっぱなしにしていれば、そりゃあもう金目のものはきれいサッパリ消えてなくなっていることでしょう。



 
開けば良いってものじゃねえ! 



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう








<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 







関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(1)トラックバック(0)|

≪前の記事 スーパーでも輸入米販売「好評」。TPP推進派の農業楽観論の危うさ
≫次の記事 日本はギリシャとは違いますがアルゼンチン(ハイパーインフレ?)になります byテレ朝

コメント

818:

う~ん、分かり易いTPP解説でした。要するに、TPPに参加するってことは、日本という家の鍵をアメリカなどの外国企業に握られてしまう、ということですね。最悪ですね。自然に考えれば、これでは日本が主体的に国益を追求することなんて到底出来ませんね。

TPP推進派ってのは、何を求めてるんでしょうか?ただの経済音痴で誤解してるだけならまだ可愛いんですが、何らかの悪意がある様に思えてなりません。経団連企業とかが特に臭いますね。モンサント(遺伝子組換作物生産企業)とつながりのある米倉(住友化学)は既にネット上では売国奴認定されています。こんな企業ばっかりな気がします。

2012/03/21 00:07 | 素浪人 #z8Ev11P6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。