ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

461:資産逃避? ~ 財務省が円を売ってドルを買うと《為替介入》。民間人が円を売ってドルを買うと《資産逃避》 ~

2012/04/02 (Mon) 11:12

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ





1ヶ月以上前ですが、日経ビジネスでこんな刺激的な特集をやってました

【資産逃避 日本を見限る個人マネー】

その特集にあたって、巻頭の「編集長の視点」




「日本の国債は9割以上が国内で消化されているから大丈夫」。
ソブリンリスク(国家の信用危機)の話題になると、決まって出てくるこの論理。しかし、国内投資家はどれほど日本に対して忠義心があるのでしょう。

今の財政状況は、親(国家)が子供(国民)に借金しているようなもの。親が他人(外国人投資家)から借金している欧州債務危機などとは次元がことなる。「日本は大丈夫」論を家族に例えれば、こんな理屈になるのでしょう。しかし、浪費を続ける親に、子供が愛想を尽かしたら、その前提は崩れます。

(後略)




私は日経ビジネスは好きで、定期購読で10年くらい買っておりますが、まあ、この手の財政破綻論的な内容は私自身の脳内フィルターで完全シャットダウンしています。

なのでこの手の破綻論には何らの影響も受けることはありませんが…

「国内投資家の日本への忠義心」を損なわせるようなことがあるとすれば、それはマスメディアが国家破綻を毎日のように煽っているからなんじゃないでしょうか?


さて、いつも当ブログで書いていることですが、私は「日本国債大丈夫論」ですが、「9割国内消化大丈夫論」ではありません。

3年前に書いた「国債を刷れ!」以来、書籍でもそれは書いていません。

関係無いですからね。

だって、国債の外国人保有率が50%を超えるアメリカですらちっとも破綻してませんから。

昔、どんなことを書いていたかしらと、「国債を刷れ!」を読み返してみましたところ、




おそらく、米国でも今回の危機で民間はあまり借金をしなくなると思われるし、
金融機関はリスクをやたらに回避したがるので、預金の運用先は民間への貸
出しから「安全資産」である米国債へ大幅にシフトするものと考えられる。

そうなると、米国債の金利は抑えられることになるので、大幅な財政出動を表明
しているオバマ新政権も資金調達に困ることはないだろう。




と書いてました。



確かにアメリカは、「連邦債務の上限引き上げ問題」で政治的には「デフォルト」の危機もありましたが、

参照:【米国債デフォルト危機?】
    http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-383.html


少なくとも、「おカネの基本原理」の上では破綻も資金調達に困ることもあり得ないのです。

実際のところ、米国債を取り巻く状況は

「米国債の金利は抑えられることになるので、大幅な財政出動を表明しているオバマ新政権
 も資金調達に困ることはないだろう。」

と、色々な意味で幸いにも私が書いた通りになっていました。


米国長期金利
(出典:OECD.StatExtract


↑このグラフの期間中、

アメリカの政府債務GDP比は64%(07年)から99%(11年)へと急増していました。

しかし、長期金利は下落傾向だったのです。少なくとも、上昇はしていません。


政府債務の絶対額でいうと、
8.95兆ドル
から
14.76兆ドル

差し引きで
5.81兆ドル

1ドル=80円で換算すると、

465兆円

なんと、アメリカの「国の借金」は、わずか4年で日本のGDP1年分近くも増えていたのです。

米政府負債:

US Government - Historical Debt Outstanding

US Treasury's measure of US National Debt


これだけ国の借金が増えても金利上昇が無かったのはなぜでしょうか?

もちろん

①民間に貸せなくなり、行き場を失ったドルが国債に向かったこと

が大きいですが、海外からの借金の多いアメリカで、なぜそういうことが起こったかというと、

②ドルの発行権限を持つアメリカの中央銀行であるFRBが国債を市中から買い入れて金利を調整したこと

がなんといっても大きいでしょう。

つまり、米ドル建てでカネを貸すなら、最終的にはドルをいくらでも刷れるFRBが付いている米国政府が一番安心だ、という安心感、自国通貨建て国債の安心感です。


この安心感は、当たり前のように日本にもあります。

だから、

「国債の9割が国内消化」

とか、

「子(国民)が親(政府)に貸している」

とか、そんなことは、まあ、言ってしまいますと、どうでも良いことです。

え?「でも、おカネを刷りすぎればはいぱあいんふれになる!」ですって?

アメリカ、4年で国の借金が465兆円、日本のGDPまるごと一国分も増えたアメリカでは、じゃあ、はいぱあいんふれになっているんですかね?


米インフレ率

U.S. Bureau of Labor Statistics
http://www.bls.gov/

えーと、私の目には、アメリカの最新のインフレ率は2.9%程度にしか見えないのですが…




さて、その「資産逃避」の特集記事本体を見てみますと、


case1
香港

若手実業家
手荷物で700万円

「資産逃避」の事例として700万円の現金(日本円)を手荷物で香港に持ちこみ、HSBCに入金した、という話を紹介しています。
記事の中でも触れているのですが、100万円を超える現金を申告なしに国内から持ち出すのは違法行為でありますが、まあ、それはそれとして。

この700万円、HSBCが預かって、それでどうするんでしょうか?


①金庫の中でひたすら放置する、「放置プレイ」


②香港人か誰かが他の通貨と円を両替するときに渡して手数料を稼ぐ


③日本円建ての金融商品に投資する



①の「放置プレイ」。これはまずあり得ないですね。儲けることが目的の銀行さんで、そんなアホなことはしません。
仮に「放置プレイ」していたとしたら、その日本円の現金は経済活動から隔離されており、インフレ、ましてやハイパーインフレを引き起こすことは未来永劫有りません。だって、おカネとして使われないのだから。

②のように、両替に供されるのであれば、その円を両替によって手にした香港人は、日本に旅行するか、日本向けのビジネスに使うことになるでしょう。この場合、日本政府の破綻には何らの貢献もすることはありません。

もし、HSBCで円資金がだぶついているのなら③のように、円建ての金融商品に投資することになるでしょう。
さてこのとき、最も安全で、換金性に優れた円建て金融商品は何でしょう?

もちろん、日本銀行が必要とあればいくらでも買うことになる、日本国債です。





資産逃避、って何でしょう?

私には単なる「カネ余り日本人による海外投資」にしか見えません。

最近当ブログで取り上げた、

【官民ファンドで外資買収-英国の洋上風力建設最大手企業を】
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-458.html

も、金融資産がどこか外国の誰かのフトコロに入るのですから、文字通り海外に「逃避」します。

つまり、これもいわば「資産逃避」です。

さっきの「若手実業家」の700万円持ち出しと何が違うのでしょうか?




今、日本はむしろ円高で困っているくらいです。


財務省が為替介入をやり過ぎると、色々なところ(特にアメリカ)から怒られることになりますが、

「資産逃避なんです」ということで、民間人に外貨建資産をバンバン買わせれば、これもまた実質的には「為替介入」になります。




なーんだ、

財務省が円を売ってドルを買うと《為替介入》

民間人が円を売ってドルを買うと《資産逃避》

かあ。

じゃあ、《資産逃避》上等じゃん♪



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう








<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 







関連記事

国の借金コメント(2)トラックバック(1)|

≪前の記事 「TPPで農業成長」への違和感+「アジアの成長」は既に取り込み済み!
≫次の記事 消費税 閣議決定 - 増税で真っ先にツケを払わされるのは誰?

コメント

824:今の日本、インフレの方が良いのではないでしょうか。

為替介入って、国がわざわざ市中消化で借金して、その金をドルに替えてアメリカ国債買っている、と小生は聞きました。それを昨年は8兆円位、やった訳ですよね。その効果は殆ど無く、今の円安の流れは、日銀のインフレターゲット政策が奏功していると思います。

デフレだから日銀引き受けで借金すれば良いものを、通貨供給量が変わらない市中消化では、デフレ対策にならないし、円高にも水鉄砲で一時的な効果しか無かったでしょう。言わば、政府がわざわざ借金して8兆円をアメリカ様にお貸しした、という形になっている様です。政府も日銀も、何でそんなにインフレが怖いんでしょう?素人目にも理解出来ません。デフレで困っているというのに、インフレ目標も1%とかではどうしようもないと思います。

2012/04/02 13:44 | 素浪人 #z8Ev11P6 URL [ 編集 ]
828:こんにちわ!

こんにちわ!
いつも更新ありがとうございます。

応援ポチ、今日も完了です!
どうか当FXブログも応援よろしくおねがいします。

2012/04/15 17:45 | ヴィヴァーチェ #- URL編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

14:書き換えられる日本人の物語

皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。↓のエントリー(青文字部分をク

日本の狂った反日スポーツライターたち 2012/04/14 16:00

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。