ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

475:「潮力発電」政府主導で推進へ+「エネルギー全方位戦略/分散投資型政策」のススメ

2012/05/25 (Fri) 13:44

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ




まずは、例のシンガポールにおける中国人フェラーリ暴走死亡事故の続報です。

シンガポール在住の"在星邦人"さんから頂いたコメントによりますと、

中国大使館が異例の謝罪をしたのは、

シンガポールに気を使っている、というよりは

中国政府筋が当初、
「タクシーがきちんと周りを見回して避けるべきだった」とコメント

その後、明らかに中国人運転手の信号無視ということが
明らかなドライブレコーダーの動画がネットで大騒ぎに

謝罪せざるを得ない状況になった


という顛末であったそうです。


このような経緯であったのなら、

「尖閣の動画も、どこかの政権が隠すこと無く
 さっさと公表していれば良かったのに…」


とつくづく思う、今日この頃。

中国”様”に媚を売ろうとして、却って日中関係を悪化させたんじゃないかしら、と思わずにはいれません。







さて本日の本題です。




海で発電、実証実験

政府主導、年内に候補地公募
日経新聞2012年5月25日朝刊3面


政府は波や潮の力を使う海洋発電の開発に本格的に取り組む。
波のうねりによる海面の上下の動きを電気に変える波力発電や潮の流れを生かした潮力発電の候補地の公募を年内に始め、2013年度中に実証実験に着手する。
必要な法律も整える。
温暖化ガスを増やさない新しいエネルギーとして、原発への依存を減らす役割も期待する。

25日に野田佳彦首相を含むすべての閣僚が出席する政府の総合海洋政策本部が「海洋再生エネルギー利用促進に関する今後の取り組み方針(仮称)」をまとめる。
このなかで
①大規模な実証実験をする海域の整備
②関係者との調整のあり方
③コストを安くする方法
④海を使う際の法律の整備
――について政府全体で検討する方針を示す。

これまで海を発電などで使うには、企業や大学が漁業者らとじかに交渉しなければならなかった。
今後は発電に使う海の範囲を定めるときに、政府が主導して権利などを調整するようにする。





ふむふむ。良いじゃないですか。

もちろん、やってみたら漁業や環境への影響がことのほか大きかった、みたいなことが出てくるかも知れません。
その辺りをうまく調整しながら、やれることはどんどんやって頂きたいものです。


では、記事の続きを要約しておきます。

・12年度予算で海洋再生エネ普及のため、
 経産省や環境省が合計100億円強の支援策を盛り込んだが、
 そのほとんどは「浮体式」の風力発電向け

 →おっと、前に当ブログで紹介した話ですね。
   あのときは「総事業費188億円」となっていましたが…、
   ああ、それは複数年度の累計かな。

13年度は潮力、波力、海底と海面の温度差を使った発電に対象を広げる。

・重工メーカーや造船会社など民間企業や大学と協力。
  事業として成り立つ採算性も重視


・東北や九州近くの海域が候補地に

・再生可能エネルギーとしてすでに
 太陽、風力、中小水力、地熱、バイオマスが買取制度の対象。
 将来的に海洋発電も対象となれば普及が促されるとみられる





あとは、メタンハイドレートとかトリウム溶融塩炉とかも予算をしっかり付けて、研究開発を進めて頂くのがよいのではないかと…


こないだ、浮体式風力のエントリーで、前々からよくコメントを頂いている”alt”さんから

「洋上発電するなら、地熱発電、潮力発電とか小型水力発電とか分散して発電量を稼ぐのはどうでしょうか?」

というコメントを頂きまして、まさに仰っしゃるとおり、我が意を得たり、と感じました。


それを受け、以下のような発想を思いつきました。


・エネルギー問題に関しては全方位戦略が望ましい

 ちなみに、
 「アメリカで太陽光ベンチャーの破綻が相次いだのは
  シェールガス開発が急速に進んだことも原因」
 という説もあります。 

 エネルギーに関しては、

 何が出てくるか、何が芽を出すか、やっているうちに思わぬ弊害が出てくるか、 
 全てを最初から見通すことは出来ませんので、
 やはりやれることは全部予算をつぎ込んでやるべし

 と考えます。


・「投機」から学ぶ、リスクヘッジ政策論

 以前、AJERの動画

 テクニカル投資とファンダメンタル投資のそれぞれ一例ずつ、

 ①投機でボストン・レッドソックスのオーナーになるまでのしあがった
  ジョン・W・ヘンリー氏のトレンドフォロー型ヘッジファンドと、

 ②フィデリティー投信を世界最大の投信会社にした
  「株の神様」ピーター・リンチ氏

 を紹介しました。

 両方に共通するのが分散投資です。

 リスク分散
 確率統計的に「利益が出る可能性の高そうなものに投資(というか投機)」する

 ようなやりかたで、

 両者とも長期的に莫大な利益を上げています。


 ちなみに、

 一般的な「トレンドフォロー型ヘッジファンド」では、
 個別の投機の勝率は4割以下
です。

 また、ピーター・リンチ氏は著書で「投資した銘柄の4割は失敗」と書いています
 (と記憶しております)

 要するに、4割から6割以上負けていても、長期的には勝っているわけです。

 また、

 一般的なベンチャー企業への投資は、
 10社のうち9社が破綻しても、1社あたれば大儲け


 というような世界だったりもします。


このような発想はほかのビジネス、あるいは政府の政策にも十分応用可能
 考え方ではないかと思います。
 (というか、ビジネスの世界ではこれが普通では無いでしょうか)


そして、

エネルギー関係のような個別の案件の投資金額が巨額にのぼるような分野では、

 「分散投資」を徹底して実践できるのは政府だけです。

 しかも、日本のような経済大国ならばこそ、と言えるでしょう。






ちなみに、私が繰り返し言っています
「経済はカネではなくモノだ!」「だから将来投資が重要だ!」という考え
を着想できたのは、

当ブログ(Yahoo!ブログ時代)に、ある方から
「いくらでもカネが創れるという考えに立つと、年金についてはどう考えれば良いですか」という趣旨のご質問があったからです。

で、

「経済はカネではなくモノだ!」「だから将来投資が重要だ!」
という趣旨の考えを最初に発表したのが↓これです。

【年金問題、何が問題?【2】】 2009年5月2日
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/16160690.html


そして、この考え方をチャンネル桜で発表したり
(詳細は↓こちら)

【需給ギャップ】 2009年12月27日 
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-55.html


著書「さらば、デフレ不況」に書いたり、

ということを通じて、
三橋貴明氏がその後、繰り返しこの考え方をあちこちで話されるようになりました。


当ブログに頂いたコメント、ご意見がこのような形で発展して行く、というようなことがあったというわけなのです。

まことに感謝の極みです。ありがとうございます!!!


…と、いうことでありますので、

ご意見、ご感想がありましたら是非、コメント欄にご投稿下さいませ。




本日もご覧いただき、誠にありがとうございます。


さて…


「 

 野田閣下、

 TPPとか消費税とかは要らないので、

 エネルギー問題にだけ
 
 エネルギーを使って下さい!
 
 \(^o^)/
 


と思われた方や、


 
 エネルギー全方位戦略/分散投資型政策

 
に一票!



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう








<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 







関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 TPP:米国保険会社のがん保険はしっかり守るので日本も参加させて下さい! ― TPPは「成長戦略」というより、単なる「利権闘争」だったようです
≫次の記事 (復刻版)「移民お断り」に転換 ― シンガポール:格差差拡大&中国人若手投資家フェラーリ暴走死亡事故で国民がたいそうご立腹

コメント

853:

お役に立てて光栄です。

>「経済はカネではなくモノだ!」「だから将来投資が重要だ!」

プラグマティックに考えれば、こういった結論にいずれ行き着くのではないかと、藤井聡京都大学院教授の「プラグマティズムの作法」を読んで益々確信するようになりました。

2012/05/27 20:35 | alt #WCSj23LI URL [ 編集 ]
855:

>その後、明らかに中国人運転手の信号無視ということが
>明らかなドライブレコーダーの動画がネットで大騒ぎに
>↓
>謝罪せざるを得ない状況になった
>という顛末であったそうです。

まさに、有って良かったネットですな。
被害者に日本人女性が居ると知ったのもネットです。

2012/06/04 08:11 | 白珠 #- URL [ 編集 ]
858:Re: タイトルなし

白珠さん

いやはや、まさしくネットでありますね。

ちなみに、最近ドイツで急激に支持を拡大している「海賊党」なる政党は、ネット民主主義というのを掲げているそうです。

> >その後、明らかに中国人運転手の信号無視ということが
> >明らかなドライブレコーダーの動画がネットで大騒ぎに
> >↓
> >謝罪せざるを得ない状況になった
> >という顛末であったそうです。
>
> まさに、有って良かったネットですな。
> 被害者に日本人女性が居ると知ったのもネットです。

2012/06/06 12:55 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。