ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

477:豹変中国 ― 絶賛権力闘争中につき「ポーズだけでも反日しないと失脚」のため、日本の要人との面会はドタキャンさせて頂きます

2012/05/27 (Sun) 13:40

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ






さて、TPPについて、↓のようなJPEGファイルを作ってみました。

これは、あくまでも私の主張ではなく、
アメリカの反TPP
の皆さんの主張ですが…

No_TPP.jpg  





まずは

いくつかの件について、フォローアップ

しておきたいと思います。



では、シンガポールの件。

【(復刻版)「移民お断り」に転換 ― シンガポール:格差差拡大&中国人若手投資家フェラーリ暴走死亡事故で国民がたいそうご立腹】
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-474.html


例の「野党議員の不倫疑惑に伴う補欠選挙」は、中国人によるフェラーリ暴走死亡事故の影響もあってか、野党候補が勝ちました。

シンガポール補選で野党勝利
日経新聞 2012年5月27日朝刊 5面

シンガポール国会議員補欠選挙が26日投開票され、野党・労働者党(WP)候補が62%の得票率で、1965年の独立以来の絶対的な政権党である人民行動党(PAP)候補を下した。
選挙戦では移民政策が最大の争点…リー・シェンロン首相にとっては痛手となる。




ちなみに、同記事によると、「不倫」した野党の前議員は、不倫発覚で国外逃亡したために自動失職したのだとか。
日本では「不倫発覚した野党議員」がその後大臣になってたりしますから、お国柄が随分と違うようです。





アルゼンチンについて。

アルゼンチンの保護主義推進も少々やり過ぎたようで、曲がり角が来ているようです。

アルゼンチンを提訴 EU 輸入規制で、WTOに
日経新聞 2012年5月26日朝刊6面




同記事によると「アルゼンチンがすべての輸入品について事前登録・許可などの規制を設けており、EUからの輸出に影響が出ていると訴えている」とのことです。

今回のWTOへの提訴は、例のスペイン企業傘下の石油会社YPFをアルゼンチンが国有化したことも多少影響があるようです。

ただし、これは保護主義が間違い、ということではなく、あくまでもやり過ぎが良くない、ということです。


自由主義も保護主義も、

どちらもやり過ぎはいけません!



少なくとも、アルゼンチンでは01年の破綻後、保護主義に舵を切ったことがその後の急成長に大いに貢献したと言えます。

アルゼンチンの急成長ぶりは↓参照

【日本はギリシャとは違いますがアルゼンチン(ハイパーインフレ?)になります byテレ朝】
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-457.html

とりあえずは、去年あたりまでのこの保護主義による急成長は、実績としてしっかり認識すべきでありましょう。

これはバランスの問題です。

時と場合に応じて自由主義に舵を切るのが正解である場合もありますし、その逆も然りです。

アルゼンチンの場合90年代の超インフレ期では、新自由主義的政策の推進がひとつの最適解であったのではないかと思われます。そして01年の「破綻」はインフレが収まったあとの「安定恐慌」の一種と考えられますから、その後の保護主義的政策の推進もこれまた最適解であったものと考えられるのであります。

このテーマ、またいずれ詳しくやります。




さて、本題です。


今回のエントリー、TPPに分類するのもどうかと思いますが、日中FTAに絡む問題で、「自由貿易協定」つながりということで一応TPPシリーズということにしておきます。




真相 深層
豹変中国、訪日・会談中止なぜ相次ぐ? 
日経新聞2012年5月26日 朝刊 3面

中国要人の日本への態度がなぜか、とても冷ややかだ。
予定していた来日や会談を取りやめる動きが相次いでいる。
豹変(ひょうへん)の背景には外からはうかがい知れない、指導部内のし烈な権力闘争が深く絡んでいるようだ。



5月13~14日に、日中韓の首脳が北京で一堂に会したときもそうだ。
中国の胡錦濤主席はこれとは別に韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した。
だが、野田佳彦首相とは個別に会わず。日韓への対応にあからさまな差をつけた。



なぜか。
まず思いつくのが、亡命ウイグル人の組織である「世界ウイグル会議」が、14日から東京でアジア初の代表大会を開いたことだ。
中国政府はこの組織が国内のウイグル族の反体制派につながっていると認めている。
このため、開催を認めないよう求めたが、日本は「集会の自由」を盾に突っぱねた。

もう一つは尖閣諸島の問題だ。
中国側は、東京都の石原慎太郎知事が購入を計画していることに反発している。

だが、これだけが理由とは思えない。
いずれも、今に始まった対立ではないからだ。




内情を知る日中関係筋は打ち明ける。
「いま、へたに日本と接触すれば、権力闘争で足を引っ張られかねない。…」



政敵から攻撃の材料にされやすいのが、歴史的に敏感な日本問題だ。
日本側と会談したとき、ちょっとでも発言を誤れば、「弱腰だ」と批判されかねない。
「だったら会わないほうがいい」というわけだ。



共産党のある重要幹部が最近になって突如、「主権の問題で、日本などへの対応は甘いのではないか」と主張しはじめた。
中国要人は批判を恐れ、あわてて日本側との会談を取りやめた・・・・・・。

新しい中国指導部も、要人が日本に弱い姿勢をみせられない構図は同じだ。
日本は首脳対話を呼びかけるとともに、中国がさらに強硬にふれる展開にもそなえておくべきだろう。





要約すると、今回のエントリーのタイトルのように

絶賛権力闘争中につき「ポーズだけでも反日しないと失脚」のため、日本の要人との面会はドタキャンさせて頂きます

というわけですが、

これが本当なら「あんたら、どんだけ反日やねん!」と思わずにはいられない、今日この頃ですが…。


さて、ここが今日の肝心かなめの部分ですが、

中国の要人が日本に対してほんの少しも「弱腰」になれない、

という状況のなかで

日中FTA交渉なんて、まともに出来るんかいな


ということであります。


さて、その間隙を突くかのように、あの方が↓こんな事を仰っているとか




韓国大統領 「中韓FTA優先」
日経新聞 2012年5月27日朝刊 5面

韓国の李明博大統領は米CNBCのインタビューで、日中韓自由貿易協定(FTA)に関し「先に中韓FTAが妥結すれば、おそらく日本がその枠に入ってくるので3ヵ国が一緒に交渉するより早いだろう」と述べた。(後略)




えーと、アジア通貨危機のとき、韓国をほかのどの国よりも積極的に支援したのはどこの国だったのかとか、そういったことはほとんど関係が無い模様ですが…

まあ、それはさておき、

これに関しては、韓国の対中貿易、対日貿易の興味深い構造についてのデータを後日お見せしたいと思います。





それにしましても、

「絶賛権力闘争中」で日本に対して少しも妥協できなさそうな中国を相手に、

野田閣下

FTA、年内交渉開始で合意=日中韓
‎ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 - 2012年5月12日
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_441625

と約束して来ちゃいましたが、大丈夫なのかしら。




「 

 野田閣下、

 できれば

 『政権交代、年内開始で合意』

 して頂ければ…
 


と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう








<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc


 



関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 笑激!「韓国の貿易黒字(全体)は日本の対韓国貿易黒字より小さかった!!」 - それでも韓国を見習って「壊国」じゃなかった、「開国」すべきなんでしょうか??
≫次の記事 TPP:米国保険会社のがん保険はしっかり守るので日本も参加させて下さい! ― TPPは「成長戦略」というより、単なる「利権闘争」だったようです

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。