ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

478:笑激!「韓国の貿易黒字(全体)は日本の対韓国貿易黒字より小さかった!!」 - それでも韓国を見習って「壊国」じゃなかった、「開国」すべきなんでしょうか??

2012/05/28 (Mon) 13:04

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ






さて、TPPについて、↓のようなJPEGファイルを作ってみました。

これは、あくまでも私の主張ではなく、
アメリカの反TPP
の皆さんの主張ですが…

No_TPP.jpg  




本日は、「日本は韓国を見習ってもっと国を開くべきだ!」的TPP推進派の皆様にお贈りする、

感動のスペクタクル大巨編(笑)です。



いや、実際には

前回予告の韓国の対日、対中貿易のデータ」ですが。


さて、まずは、韓国相手国別の輸出と輸入の全体的な状況をざっくり。

いちいちデータをグラフ化するのが面倒なので、韓国銀行データベースのグラフ化機能を利用させて頂きます。

(なお、韓国銀行のデータベースは非常に使いやすいです。これだけはアメリカ(FRB)や日本銀行よりも、進んでいます。本当に…)



まず、韓国の輸出先


韓国の国別輸出
単位:1000米ドル




韓国最大の輸出先は、ダントツで中国。

以下、
2位 アメリカ
3位 日本
4位 香港
5位 シンガポール

という感じです。凡例が中途半端な状態で申し訳ないですが、以上のような感じ。



次に、国別の輸入先


韓国の国別輸入
単位:1000米ドル




韓国の輸入先、
トップはやはり中国。

そして、輸出とは状況がまったく異なり、
第2位が中国と僅差で日本!

以下、
3位 アメリカ
4位 サウジアラビア(要するに、石油ですね)
5位 オーストラリア(食糧でしょうか?)

という具合です。


まあ、輸出も輸入も最大の貿易相手国が中国なので、

前回の話にありましたように

韓国大統領が日中韓のうち中韓FTAだけ優先させたい気持ちも分からないではない、と言えるのかも知れませんが…。


さて、ここまでは実は大した話ではありません。単なる状況確認です。
次が面白いところであります。



ということで、

韓国全体の貿易収支、対中国貿易収支、対日本貿易収支


韓国の貿易収支
データ出展:韓国銀行





対中国の貿易黒字が全体の貿易黒字を上回っておりますが、

一方、対日貿易収支は過去20年以上、ひたすら赤字を続けています。


簡単に言ってしまいますと、韓国の貿易というのは、

日本から仕入れて中国に売って儲けている

というような構図です。


次に、韓国全体の貿易収支と日本の対韓国の貿易収支を比べてみます。

(日本の対韓国貿易収支とは、韓国の対日本貿易収支を単に正負反転させているだけです)


韓国全体の貿易収支と日本の対韓国貿易収支1
データ出展:韓国銀行


この単純な月別データではギザギザ過ぎるので、12ヶ月移動平均(要するに、過去12ヶ月間の累積値を12で割っただけ)でスムージングしたグラフを見てみましょう。



韓国全体の貿易収支と日本の対韓国貿易収支2


最新のデータは先月(4月)までの1年間のデータ(を12で割ったもの)を示しますが、

・最新のデータで、
 
日本の対韓国貿易黒字が、韓国全体の貿易黒字を上回っています!

もう一つの特徴は、

・韓国全体の貿易収支よりも、日本の対韓国貿易収支のほうが、
 滑らかに右肩上がり!



皆さん、ここで思い返していただきたいのですが、上記の状況は、

・「FTA先進国である韓国は、日本よりも貿易で有利
なはず」であり、
 かつ、
 「日本における空前の韓流ブーム(笑)で、
  韓国の対日貿易黒字が膨らんでいる
はず
 の状況のなかで起きている!


のです。


それともう一つ重要なのは、

・90年代後半まで、韓国の貿易収支は赤字基調

だったことです。これが黒字基調に転換、つまり、韓国が「貿易立国」に転換されたのはもちろん、あの出来事がきっかけです。

・97年のアジア通貨危機で韓国が文字通り破綻しかけ、
 急激なウォン安になったことで、
 貿易収支が赤字から大きな黒字に転換!

 
  →【経済破綻と回復】
    http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-83.html
   参照



つまり、
「韓国に見習え!」
「韓国に遅れるな!」
と主張
するのは、


・早く、韓国みたいに破綻しかけるくらいの危機に陥れ!

・その際は隣にある、とてつもない親切な国に援助してもらえ!

と言っているようなものです。


外貨建て借金の問題の無い日本で、アジア通貨危機(=外貨建て債務危機)当時の韓国のような危機になるのは極めて困難であり、
日本のような親切極まりない国もそうはいないので、まあ、ありえないですね。


つまり、韓国に見習えと言われても、無理。




っていうか、さっき書きましたように、

韓国全体の貿易黒字 < 日本の対韓国貿易黒字

ですから、

「日本が見習うべきは、韓国」

ではなく、

「韓国が見習うべきは、日本」

の間違い
ですよね、「韓国に遅れるな!」的TPP推進派(笑)の皆さん!



「 

 野田閣下、

 世界中に向けて

 『日本を見習え』

 『日本に遅れるな!』

 と、日本の中心で叫んで下さい!
 


と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう








<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc


 



関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 「米景気不安」で戦争の足音が聞こえてしまうのは、心配しすぎ?
≫次の記事 豹変中国 ― 絶賛権力闘争中につき「ポーズだけでも反日しないと失脚」のため、日本の要人との面会はドタキャンさせて頂きます

コメント

1193:意見

韓国は確かに日本の助けがなければ、輸出も難しい国であります。しかし、韓国は日本に2-3兆円のお金を日本に毎年献上しているのです。
中国は韓国にそれ以上の物を買ってあげているのです。ワザト。狙いがあって。中国は韓国を大事にしているのです。韓国にとって中国は神様のような大事なお客なのです。
韓国は中国との関係はますますいい方向になっていく。
日本は日韓中、、、、を、どう狙いを持って、、、、、

2012/12/07 08:00 | 石田マイケル #- URL [ 編集 ]
1369:偽りの煽動しないで!!!

2013年
韓国の全体貿易黒字:441億$
日本の対韓貿易黒字:245億$(昨年は254億$)

うそしないでください

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140102/fnc14010215550001-n1.htm

2014/03/10 21:26 | 조선족 #gpPih1yM URL [ 編集 ]
1370:Re: 偽りの煽動しないで!!!

조선족さん

コメントありがとうございます。
コメント頂いたエントリーは2012月5月28日のものであり、この中で「最新のデータ」としているのは2012年4月の月別データを12か月移動平均で比較した数値となります。
その数値において、韓国の対日貿易赤字(日本の対韓貿易黒字)は、韓国全体の貿易黒字を上回っており、それは一つの客観的事実であり、「うそ」や「偽りの扇動」ということにはならないものと考えられます。

なお、1990年以降の各年における韓国の1年間の貿易収支については、以下のようになります。
※データはいずれも韓国銀行データベース http://ecos.bok.or.kr/flex/EasySearch_e.jsp より

韓国の貿易収支データ:

Thou.U$ 対日貿易赤字 全貿易黒字
1990 5,935,972 -4,827,946 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
1991 8,764,378 -9,654,735 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
1992 7,858,196 -5,143,742 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
1993 8,451,101 -1,564,279 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
1994 11,867,128 -6,334,939 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
1995 15,570,857 -10,060,945 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
1996 15,681,809 -20,623,965 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
1997 13,135,953 -8,452,172 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
1998 4,602,822 39,031,388 対日貿易赤字 < 全貿易黒字
1999 8,279,542 23,933,176 対日貿易赤字 < 全貿易黒字
2000 11,361,927 11,786,496 対日貿易赤字 < 全貿易黒字
2001 10,127,606 9,341,323 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
2002 14,713,045 10,344,374 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
2003 19,036,953 14,990,784 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
2004 24,443,126 29,381,986 対日貿易赤字 < 全貿易黒字
2005 24,375,744 23,180,477 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
2006 25,392,276 16,082,217 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
2007 29,879,933 14,643,353 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
2008 32,703,920 -13,267,409 対日貿易赤字 > 全貿易黒字
2009 27,656,676 40,449,038 対日貿易赤字 < 全貿易黒字
2010 36,119,836 41,171,601 対日貿易赤字 < 全貿易黒字
2011 28,640,465 30,800,565 対日貿易赤字 < 全貿易黒字
2012 25,567,023 28,285,319 対日貿易赤字 < 全貿易黒字
2013 25,367,065 44,063,193 対日貿易赤字 < 全貿易黒字

2014/03/11 17:55 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。