ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

48:「国の借金」論のトレンド

2010/01/19 (Tue) 17:11

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




当ブログのランキング状況は→ こちらです

いつも、ありがとうございますm(_ _)m




(前回の補足)

ハイパーインフレというのは、実際的にはモノ不足の状況です。

カネだけあって、モノが無い

それゆえに物価が急上昇するわけです。

つまり、前回の鳥取城の状態――カネが山のように積まれているけど食糧が無く、餓死者続出という状態です。




さて、本日の本題です。

最近の「国の借金」問題に関する新聞やテレビでの論調につきまして、ちょっくらまとめてみようかと思います。


【新聞】
国の借金、家計の貯蓄頼み限界 個人資産の7割に
 政府が家計の貯蓄に頼って借金を重ねる構図に限界がみえ始めた。(後略)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091230AT2C2901129122009.html
日経新聞 09/12/30

[寸評]
紙面版では一応、資産・負債だけではなく純資産・純負債で見ているので、その点は評価できますが、
政府と家計しか見ていないだけでこの記事は価値ゼロです。

格付けで言えば投資不適格

なぜ、企業部門(金融+非金融)をここまで華麗にスルーできるんですやろか…

企業部門を含めていない時点で、これはマクロ経済ではなく、ミクロ経済です。

今度から「日本経済新聞こと日本ミクロ経済新聞」と呼ばせて頂こうかしらん。



ギリシャ危機 ユーロ直撃 EU対応協議へ
(中略)
 日本の財政 さらに「危機的」

日本の財政は数字上、ギリシャ以上に危機的だ。

10年度末の国・地方の長期債務残高は約862兆円で、対GDP比が約180%となる見込みで、先進国では最悪となる。

それでも円が他の通貨に対して暴落しないのは、日本の個人金融資産額が債務残高を上回っているためだとされる。
(後略)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20100118-OYT8T00370.htm
読売新聞 10/01/18

[寸評]

ギリシャがヤバイという記事なのに、なぜか日本の方がもっとヤバイという尾ひれ付き。

皆さん、今すぐ日本株・日本国債を売り飛ばし、ギリシャ株・ギリシャ国債を買いまくりましょう!!!

読売新聞の記事を信ずるならば、そのようにすれば相対的に必ずや儲かるハズであり、これは宝くじよりも堅い、確実な儲け話です。やったー!!!


さてさて。

公的債務GDP比が「最悪」と言っている時点で最悪です。単に「最大」なだけ。

アジア通貨危機のとき、韓国やタイは公的債務GDP比わずか10%台でしたが、見事に危機に陥り、IMF等々に助けてもらいました。それは韓国やタイが民間部門の外貨建て債務を自国内で救済できなかったからです。

IMFだって、もしこれが韓国ウォンやタイバーツの問題であれば、逆に助けようがありません

仮に自国通貨建て債務の問題であれば、

「お前ら勝手にもっとウォンやバーツを刷って何とかしたらんかい!」

で終わる話です。

残念なことに、IMFはウォンやバーツを発行できましぇんので、救いようありましぇん。

「公的債務GDP比」など、国家経済の安定度の目安としては、何の役にも立ちましぇん。

それは、あたかも火縄銃でステルス戦闘機F-22ラプターを打ち落とそうとするくらい、何の役に立ちましぇん


ギリシャの問題は、債務の問題がユーロ建て債務であり、ユーロが純粋な自国通貨でないことが問題です。




【テレビ】

複数の方々からコメントもありましたが、先週日曜日の「サンプロ」や「たかじんのそこまで言って委員会」について(これは私も見てました)。


●「サンプロ」
 榊原英資さん:個人の金融資産が1400兆円もあるから、国の借金はそこまでは増やせる(という趣旨の発言)

[寸評]
これはちと、まずいですね。
上でも書きましたが、
企業部門が入っておりませんので、残念ながら、これではミクロ経済です。

それと、これだと「国の借金 個人金融資産限界説」になってしまいます。

そもそも金融資産と負債はセットなので、差し引けばゼロ。

金融資産が増えれば負債も増え、負債が増えれば金融資産も増えるのですから、限界などありましぇん。

最後にモノを言うのはモノ作り力であり、エネルギー・食糧自給率であります(これは前回の「鳥取城籠城戦」でどうすれば死人が出ないかというのを考えれば明らかでありますね)。


●「たかじん」
 いま一番ヤバイものランキングということで5位くらいに「国の借金」が出てました。

 ここで、三橋さんの本を絶賛していたという宮崎哲弥さんが頑張ってくれるかなー、
 と期待を込めて見ていたのですが…

 うーん、残念ながら、「政府の資産を考えると国の借金はそれほどでもない」
 という感じで終わってしまいました T T

そのあとは「長期金利が上がったらヤバイ」

 という話になり、出演者全員「ヤバイヤバイ」で終わってしまい、あちゃーと言う感じで…。


[寸評]

 これを見ながら、

  金利が上がったらその金利の支払いを受けるのは誰やねん!

 という突っ込みをテレビに向かって叫んでいた私。

 
 国債の金利が上がるというのは、吉宗の元文の改鋳と同じ話ですね。

 吉宗の元文の改鋳

 「小判1枚持ってきた奴には1.6枚にして返してやる」

 という話でした。

 ということは、金持ちほど得する「金融資産比例型 給付金」

 みたいなものです。

 国債金利が上昇すれば、金持ち、預金持ちほど儲かりますが、

 元文の改鋳がデフレ不況脱却の切り札になったのと同じことが起こるんとちゃいますか?

 まあ、変動金利で金借りてる人はかなり痛い目に遭いますが、それはそれで個別対応すれば
 良いでせう。

 でも、マクロでは民間は巨大な金融純資産を持っているのですから、
 マクロで見れば、民間部門全体では金利支出よりも金利収入が間違いなく大きくなります。

ほんで、その受け取った金利はどないして運用すんねん、てなわけですね。



【総論】

まあそれにしましても、

最近はどうも「国の借金 個人金融資産限界説」が超ナウい(死語)トレンディー(重ねて死語)な理論のようです。

これでも、1年前に比べれば原始人が初めて火を使えるようになったくらいの劇的な進歩でありますが^^;


あと、
「国の借金が増えると子や孫の負担になる」という説も、バイオハザードに出てくるゾンビのごとく、非常に強力な生命力を遺憾なく発揮している模様。

ちなみに、みんな大好き諭吉さん=一万円札も日本銀行の負債、いわば「借金」ですね。そして、日本銀行は政府の55%子会社

ということは、

「お札が増えるほど、日銀の借金、その55%株主である政府の借金が増えるぅ~><。 ということは、俺っちがタンス預金を増やせば増やすほど、俺っちの子や孫の負担が増えるぅ~。うぎゃー!YOUはSHOCK!!!」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!
スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 まとめ
≫次の記事 続 「破綻」を再定義してみます[2]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。