ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

483:ドイツで「戦争」騒ぎ: ネオナチと左翼の衝突、土曜の朝から火の手が上がり、700人逮捕 ― 実質GDP過去最高で低失業率なのに、「格差拡大」で…

2012/06/03 (Sun) 14:11

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ






さて、TPPについて、↓のようなJPEGファイルを作ってみました。

これは、あくまでも私の主張ではなく、
アメリカの反TPP
の皆さんの主張ですが…

No_TPP.jpg  





本日は、TPPとは直接関係ないですが、

「グローバリゼーションで成長」幻想への教訓

として、ドイツのケースステディーです。




ということで、

なぜか日本ではあまり報道されていない、

ドイツ ハンブルグにおけるネオナチVS反ネオナチの「戦争」


ソース:当ブログでおなじみ、ロシアのRT.com

↓クリックすれば、いきなり「ファイヤー!!!」です。




↓こちらでは、静止画も。

Hamburg warzone: 700 arrested as leftists clash with neo-Nazis
ハンブルグが”戦場”に: 左翼活動家がネオナチと衝突、700人逮捕
RT.com  02 June, 2012
http://www.rt.com/news/hamburg-clashes-leftists-neo-nazis-853/

これを見ると、土曜の朝からほとんど戦争状態です。


RTの記事によれば、
左翼と右翼(ネオナチ)のデモがかち合い、逮捕者700人という騒ぎです。



しかし、ドイツは不思議な状態です。

一般的には「ユーロ圏(=共通通貨の導入というグローバリゼーションの典型的な一形態)で一人勝ち」

と言われています。

確かに、ユーロ圏で比べれば実質GDPはかなり好調な方であり、失業率が極めて低いのが特徴です。



データを確認しておきましょう。

先に失業率
(ILO定義による、国際比較可能な調整失業率)

ドイツなど調整失業率
出典:OECD



日本ほどでないにせよ、ドイツの失業率は低めに推移しています。

そして、最大の特徴は、リーマン・ショック直前の7.2%から、直近の2012年3月には5.6%と、大幅に低下していることです。
逆に、アメリカはショック直前6.1%で2012年3月は8.2%に上昇です。




次に、実質GDP


ドイツなど実質GDP
出典:OECD



ショック直前の2008年第2四半期を100として計算すると、

直近のデータ(2012年Q1)では、ドイツはアメリカとほぼ同じであり、過去最高を更新しています。



成長する中で失業率が高止まりし、ウォール街占領運動が起こったアメリカと違い、

ドイツは着実な成長と、着実な失業率の低下を同時に達成しました。


であるにもかかわらず、上記のような日本では考えられないような、火の手が上がり、700人もの逮捕者が出る、騒ぎが起こったのです。


この背景は何でしょうか?
どうやら、労働の規制緩和ということがあるようです。



ドイツに学ぶべきところ、ドイツが学ぶべきところ
日経ビジネスDigital 2012年04月20日(英エコノミスト誌ライセンス記事)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/NBD/20120418/231144/?ST=pc

ドイツ社会民主党のゲアハルト・シュレーダー政権(当時)が2003年に始めた「アジェンダ2010」改革により、ドイツは国内労働市場の自由化を進めてきた。このことが、他国がうらやむほどの低失業率の一因となっている。




ドイツ、労働規制緩め一人勝ち 輸出絶好調、格差は拡大
朝日新聞2012年5月2日 解説面
http://digital.asahi.com/20120502/pages/tokushu.html




失業率が低下したとはいえ、雇用の非正規化や低賃金化が進行した。

というようなことがあり、それによって国民の不満が高まっているようですね。

(規制緩和を全否定するわけではありませんが、要はバランスの問題ということだと思いますし、いずれにせよ、もっと景気対策が必要、ということだと思います)



その辺りのことが、地方選挙とは言え、与党が惨敗した背景にあるようです。




独主要州の議会選挙で与党CDU大敗、首相の緊縮財政策に影響も
ロイター 2012年 05月 14日
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE84C01320120513

ドイツ最大州であるノルトライン・ウェストファーレン州で13日に実施された議会選挙で、メルケル首相率いる与党キリスト教民主同盟(CDU)が大敗を喫した。これを受け、野党は欧州諸国に緊縮財政策を求めるメルケル首相に対する攻撃姿勢を強める可能性が高まった。

ノルトライン・ウェストファーレン州の議会選挙では、第1回速報ベースで社会民主党(SPD)が38.9%の得票率を獲得した見通し。SPDは緑の党と連立を組み、州議会の過半数を確保するとみられる。


フランスの大統領選挙で社会党のオランド氏が当選したことや、今回のノルトライン・ウェストファーレン州での勝利により、SPDは2013年9月に実施される連邦議会選挙に向け、勢いがつきそうだ。

メルケル首相は連邦議会で欧州の新たな「財政協定」に関する承認を得るためSPDの支持が必要だが、SPDは「成長協定」に対するコミットメントを求め、「財政協定」に関する投票の延期を求めている。






ドイツは、借金がすべて外貨建て同然とは言え、

・ドイツは対外純資産が大幅にプラス(=対外負債よりも対外資産が多い状態)

・国債利回りが過去最低水準

  独10年債利回り低下、初めて1.50%割り込む
  ロイター 2012年 05月 9日
  http://jp.reuters.com/article/JPbusinessmarket/idJPTJE84800T20120509

・インフレ率も一応はまだ低め(2012年4月 2.1% OECD)

ですから、もっと積極財政すれば良いんです。

前出ロイター記事の野党SPDが求める「『成長協定』に対するコミットメント」というのは、積極財政以外にはあり得ないでしょう。

ここでもし、「成長のためには、さらなる規制緩和を!」とか訳の分からんことを言い出した日にゃ、

↓こんな騒ぎじゃ済まないでしょうね。







日本はドイツ以上に好条件です。

・借金はほとんど日本円、自国通貨建て

・対外純資産が大幅にプラス(=対外負債よりも対外資産が多い状態)で、
 しかも世界最大を絶賛更新中

・国債利回りが過去最低水準、かつ、世界最低水準

しかも、インフレ率がマイナスで、かつ、世界最低水準





「 

 ドイツのような

 『戦争』同然の騒ぎが起きる前に、

 普通に積極財政で

 景気・雇用対策・将来への投資

 をしましょう♪


 日本ほど恵まれた国に生まれたこの幸運を

 しっかり行使したいと思う、今日この頃。



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう








<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 







関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 モンサントを提訴!ブラジル農家500万人が「一度モンサントから種を買ったら永久に年会費を支払わなければならない」と。#TPP、本当に大丈夫?
≫次の記事 「ユーロ建て債務のドラクマ化は必要」とサブプライムショックを予見したルービニ教授 ― つまり、「自国通貨建て債務は安全」ということですな

コメント

856:

廣宮先生いつも勉強になる情報有難うございます!
正確なデータに基づいた解りやすいグラフ、データ分析、そして説得力のある解説、
本当にいつもありがとうございます!
日銀や政府の政策がどれだけおかしいか
なぜ日本がいつになってもデフレから脱却できないのか
素人の私にも本当によくわかりました。
デフレは自然現象や少子高齢化のせいなのではなく
完全な政策ミスによるものだったんですね。
それにしてもどうして政策立案者や日銀はいつも常に
間違えるのでしょうか?
素人の私にもわかるようなことが彼らにわからないはずはありません。。
たった今も政府は不退転の覚悟(?)で景気悪化を促進しようとしていますね。
ところで最近中国人スパイ事件が明るみになりました。
陰謀論なんて馬鹿馬鹿しいとは思いますが
http://asianews2ch.livedoor.biz/archives/6487011.html
ここに紹介されているソースなどをみていると
間違い続きの政策は意図的にされていたのではないかと
思われてなりません。(あまり当てになるサイトともおもえませんがw)
先生のような方にはどのように思われるのでしょうか。
財務総合政策研究所のメンバーをみていると
日本の政策が日本国民のためになされていないのも当然のように思われてなりません。。orz
なんだかとても怖くなります。。。
真夜中に突然のコメント大変失礼いたしました。
これからも私たちの蒙を啓く光であってください!
いつも応援(クリックw)しています。それでは。






2012/06/05 02:08 | ねじれ #zAKlGQ3U URL [ 編集 ]
860:

横レス失礼。あくまで私の見解ですが。

>間違い続きの政策は意図的にされていたのではないかと 思われてなりません。

当然意図的です。証拠がこれ↓ 間違えてるわけじゃない。
「外国格付け会社宛意見書要旨」
http://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm
外向けには廣宮さんらと同じ事を言い、内には借金がーーと増税させようとする。こんな矛盾が偶然とか間違いとか勘違いで起きるなんて有り得ないですね。
陰謀というと敬遠する人が多いが、世の中におかしな事が如何に多いかくらいは、いい加減気が付き始めてきたんじゃないかな。

2012/06/06 16:45 | ?? #WdM.VUD2 URL [ 編集 ]
861:

通りすがりさん、有難うございます。
財務省の外国格付け会社宛意見書要旨によれば
 
 先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない!
 マクロ的に見れば、日本は世界最大の貯蓄超過国!!
 国債はほとんど国内で極めて低金利で安定的に消化!!!

全部解ってるじゃないですかぁぁぁ。。。orz
その上で一種悲壮感さえもって
消費増税待ったなし、後の世代につけをのこさない
なんていってるあの人物は
いったいどこの国の首相なんですか?!
そういえば民団とのつながりを西田先生に追及されたたし。。。
やっぱりそういうことなんですかね。。。

2012/06/06 19:02 | ねじれ #zAKlGQ3U URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。