ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

488:米バーモント州モンサントの警告で遺伝子組換え表示規制の採決を延期。モンサントのトウモロコシ、フランスで禁止。その他モンサント大特集 #TPP

2012/06/10 (Sun) 13:01

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ






さて、TPPについて、↓のようなJPEGファイルを作ってみました。

これは、あくまでも私の主張ではなく、
アメリカの反TPP
の皆さんの主張ですが…

No_TPP.jpg  



先日の

【モンサントを提訴!ブラジル農家500万人が「一度モンサントから種を買ったら永久に年会費を支払わなければならない」と。#TPP、本当に大丈夫?


のアクセスが非常に多く

モンサント、皆様の関心が非常に高いようですので、

RT.com (ロシア・トゥデイ)のモンサント関連の記事をまとめてご紹介。

あくまでもRTはロシアのメディアであり、アンチ・モンサントの立場である、ということは、予めお断りしておきたいと思います。





The perfect drug? Monsanto hooks Nepal on GMO corn
完璧なドラッグか?
モンサントが遺伝子組換えトウモロコシでネパールを引っ掛ける

http://www.rt.com/news/monsanto-nepal-crops-maize-seeds-095/
15 April, 2012






↑動画ではアメリカ大使館前での抗議活動の様子が映っています
 アメリカ人が現地での活動にかなり参加しているようです。


The Nepalese government has teamed up with notorious agricultural giant Monsanto to force farmers use its GMO seeds.
ネパール政府は悪名高き農産巨大企業 モンサントと協力し、農家に遺伝子組換え種子を用いることを強要することとなった。

The strain, banned in several EU countries, will be used to substitute imports and boost the starving nation’s maize production.
いくつかのEU諸国で禁止されている種子(による生産)が輸入に代替されることで、ネパールのトウモロコシ生産の危機が加速しようとしている。



食糧輸入の依存度が高く、国民の40%が栄養失調状態であるので、生産性を高めるためにUSAID(アメリカ合衆国国際開発庁)の仲介でモンサントの遺伝子組み換え種子を導入することになったとのことですが、

「トウモロコシの輸入がモンサントの種子の輸入に代わるだけ」との声も。






Monsanto sued for poisoning farmers
モンサント、農家を汚染したと訴訟される
http://rt.com/usa/news/monsanto-farmers-tobacco-use-809/
11 April, 2012

A lawsuit filed this week claims that the Monsanto corporation, "motivated by a desire for unwarranted economic gain,” knowingly poisoned farmers that were pressured to use the company’s chemicals.
モンサント社は、同社が不当な経済的利益を動機として、同社の化学薬品を使用することを強要された農家を、同社が意図的に汚染したとして今週、提訴された

Farmers from Argentina claim that agricultural giant Monsanto, along with Philip Morris and other major American tobacco companies, asked them to use chemicals on their crops that caused “devastating birth defects.”
アルゼンチンの農家は、モンサントがフィリップモリスその他アメリカの大手タバコ会社とともに、彼らの作物に化学薬品を使うよう要請した結果、深刻な先天的障害が発生したと主張している。



A 55-page complaint filed in court alleges that those chemicals caused conditions to develop that include cerebral palsy, epilepsy, spina bifida, congenital heart defects, Down syndrome, missing fingers and blindness.
55ページにのぼる訴状で、それらの化学薬品が脳性小児麻痺、てんかん、脊椎披裂、先天性心臓疾患、ダウン症、指の欠落、視覚障害を引き起こしたと主張しています。


どこまで本当に因果関係があるかは分かりませんが…




Monsanto threatens to sue the entire state of Vermont
モンサントが「バーモント州を訴える」と警告
http://rt.com/usa/news/monsanto-sue-gmo-vermont-478/
07 April, 2012

Lawmakers in Vermont are looking to regulate food labels so customers can know which products are made from genetically modified crops, but agricultural giants Monsanto say they will sue if the state follows through.
米国バーモント州の立法者たちは、遺伝子組換え作物由来の食品かどうか消費者が知るための食品表示を規制することを模索しているが、モンサントは州がその法案を通せば訴訟を起こすとの声明を発表している。

→TPPに関わらず、日本では遺伝子組換え食品の表示が存続し続けることを願います。


ちなみに、この「表示義務」の件、上の「モンサント、農家を汚染したと訴訟される」の記事で後日談があり、

Monsanto made waves last week after RT reported that the corporation announced that it would sue the state of Vermont if legislators there approved a bill that would force companies to label food stuffs that are made from genetically modified crops. Following a warning from Monsanto, the state suspended voting on the measure.

法案の採決はモンサントの警告に従って延期された

とのことです。




Monsanto maize banned in France
モンサントのトウモロコシ、フランスで禁止される
http://www.rt.com/news/monsanto-maize-france-genetically-793/
17 March, 2012

A genetically modified strain of maize created by the notorious American company Monsanto has been temporarily banned in France “to protect the environment.”
モンサント製の遺伝子組換えトウモロコシ種子が、「環境を守るため」に
フランスで一時的に禁止された。

This comes at a time of protests against the biotech giant in its homeland.
これは、本国での抗議活動と時を同じくして起こっている。


France’s Agricultural Minister Bruno Le Maire Friday imposed the temporary ban on maize strain MON 810, in what his ministry is calling “a precautionary measure.”
フランス農業大臣Bruno Le Maire は金曜日、MON810トウモロコシ種子を一時的に禁止した。同農業省はそれを「予防策のため」としている。

However, Monsanto itself said in January that it would not sell genetically modified maize in France, as it considered the market “not ready.”
しかしながら、モンサントは1月に、彼らはフランスの市場が「準備できていない」ため、フランスでは遺伝子組み換えトウモロコシを売っていないと声明を発表していた。


MON 810 is known by its trade name, YieldGuard.
MON810YieldGuardという商標で知られている。

It was modified genetically in order to insert a bacteria into its DNA structure, allowing YieldGuard to be promoted as resistant to insect pests that damage harvests.
それは、バクテリアのDNA構造を組み込み、害虫による収穫へのダメージへの耐性を強める目的で遺伝子組み換えがなされている。

However, according to some experts, it can be dangerous for plants and animals.
しかしながら、何人かの専門家によると、それは動植物を危険にさらす可能性があるとのこと。

In February, France’s Ecology Ministry announced its request to the European Commission to suspend authorization for the use of MON 810 crops due to potential risks to the environment.
2月、フランス環境大臣は潜在的な環境へのリスクに基づき、欧州委員会にMON810による作物の使用許可を、延期することを要請した。

The ministry referred to a European Food Safety Authority study saying that threats linked to another form of genetically modified crop – BT11 – might also be associated with MON 810.
大臣はEFSA欧州食品安全機関の研究を参照して、他の遺伝子組換え作物BT11に関連する脅威がMON810と関連する可能性があると発言した。


Tensions are growing for the American corporation as protests by Occupy Monsanto, a group opposed to the biotech giant, are on the rise in the US capital.
モンサント社への抗議活動団体であるオキュパイ・モンサントによる抗議活動が米国首都で行われ、モンサントを巡る緊張は高まっている。







Occupy Monsanto vs genetically modified Congress
オキュパイ・モンサント 対 遺伝子組み換えされた国会
http://rt.com/usa/news/occupy-monsanto-modified-congress-751/
16 March, 2012

America’s Congress has been contaminated, but don’t worry ― someone is already on it.
アメリカの国会は汚染されていますが心配いりません。

Members of Occupy Monsanto, a protest group opposed to the biotech giant, are dispatching aid to the nation’s capital.
モンサント抗議グループ、オキュパイ・モンサントのメンバーが首都に援軍を派遣しています。



→ちなみに、オキュパイ・モンサントホームページには↓こんなのが



国会は遺伝的に汚染されている



いや、なんとも刺激的で…






Monsanto plans massive biotech experiment in the US
モンサントは米国でバイオ技術の大規模実験を計画
http://rt.com/usa/news/monsanto-biotech-us-seed-683/
15 March, 2012

The US government has for the first time signed off on a large-scale experiment involving genetically modified crops, which will lead to biotech big shot Monsanto introducing an engineered corn seed across America from South Dakota to Texas.
米国の政府は遺伝子組み換え作物に関する大規模な実験を初めて承認しました。それにより、モンサントが遺伝子組み換えトウモロコシをサウスダコタからテキサスまで、アメリカじゅうに広めることにつながるでしょう。


The Monsanto Corporation has been given the go-ahead to test out a man-made corn variant that they claim can thrive in dry, unfavorable conditions. With much of the American south and southwest experiencing abnormally arid conditions, the freak-seed could revitalize a chunk of the nation’s agriculture.
モンサント社は、
彼らが「乾燥に強く、厳しい環境にも強い人工的変種であり、アメリカの農業を大いに復興させる」と主張している遺伝子組換えトウモロコシ種子をテストすることを許可されている。

More likely, however, is that a success will mean revitalization in terms of Monsanto’s profits and not much more.
それが成功したとしても、モンサントの利益の復興を意味するだけであって、それ以上のものではなさそうだが。






Organic farmers sue Monsanto
オーガニック農家がモンサントを提訴
http://rt.com/usa/news/organic-monsanto-lawsuit-seed/
28 July, 2011

Nearly 300,000 organic farmers are filing suit against corporate agriculture giant Monsanto, who have in recent years squashed independent organic farms from coast to coast.
30万人近いオーガニック農家が、近年、国じゅうの自営オーガニック農家モンサントを抑圧してきたモンサントを相手取り、訴訟を起こした。


270,000 organic farmers filed a lawsuit in March 30 in an attempt to keep a portion of the world’s food supply organic.
27万のオーガニック農家が、3月30日、世界の食料供給の一部が有機栽培であり続けるために、訴訟を起こした。

The plaintiffs in the case are members of around 60 family farms, seed businesses and organic agricultural organizations.
原告団は例えば、60近い家族経営農家、種苗会社、有機農業団体のメンバーである。




最後はアメリカ ミズーリ州セントルイスFOXグループと提携している地方局FOX2NOWの軽めのニュース

地元の大学の学位授与式なのに、なぜかモンサントが…



Thousands Attend Wash U. Commencement
ワシントン大学(セントルイス)の学位授与式に数千人
http://fox2now.com/2012/05/18/washington-university-graduation-friday/


(前略)

Richard Mahoney will get an honorary degree.
リチャード・マホニーが、名誉学位を取得することになっています。

He is the former CEO of Monsanto.
彼はモンサントの前CEOです。

But not everyone was happy to see him receive this degree.
しかし、皆が彼の名誉学位の取得を喜んでいるわけではありませんでした。

Several students and alumni turned their backs on Mahoney when he received his degree.
マホニーが学位を受け取る時、何人かの生徒や卒業生が背を向けました。

Washington University has several buildings named after Monsanto and the corporation funds several fellowships.
ワシントン大学にはモンサントの名を冠した建物がいくつか建っています。また同大学にはモンサントが資金提供している奨学金制度があります。




ついでに、FOX2NOWから、上のRT記事にあったオキュパイ・モンサントの抗議活動の動画がありましたので、ご紹介。

※残念ながら動画の埋め込みがうまく行かず、このブログの記事の左下の枠外に表示されてます。ご覧になりたいかたは、当ページを一番下までスクロールしてみてください^^;

Occupy Midwest Protesters Rally Against Monsanto And Peabody Energy
中西部占領運動のメンバーが
モンサントとピーボディー・エナジーに対する抗議デモ

http://fox2now.com/2012/03/16/occupy-midwest-protesters-rally-against-monsanto-and-peabody-energy/
March 16, 2012



Police arrested 15 protesters for peace disturbance, refusing to obey a police officer and resisting arrest.
警察は公務執行妨害の容疑で15人を逮捕。

There was one arrest for assault on a police officer and unlawful use of a weapon.
1件は警察官への暴行と違法な武器の使用による逮捕。

Two protesters had blood on their faces, but it is not known how they suffered those injuries.
2人が顔から流血していたが、怪我の原因は不明。


→この記事によれば、抗議活動に行き過ぎがあったようです。
 (もちろん、米国では警官の暴力性が問題になっていますし、
  当事者には当事者の主張もあるはずですが)

 しかし、一企業に対する抗議活動としては、
 日本のフジテレビへの抗議デモとは比べ物にならないほどの、
 
他に類例を見ないほど激しい抗議活動モンサントに対して行わてている
 
ということは確かなようです。






最後は、今のモンサントにぴったり

イーグルスの名曲、デスペラード(ならず者)をお贈り致します。







以下、


「ならず者」を「モンサント」に置き換えながら読んでみてください…



Desperado, why don't you come to your senses?
ならず者よ、正気に戻らないか?

You been out ridin' fences for so long now
君は長い間、フェンスの上に乗ったままだ。

Oh, you're a hard one
ああ、君は気難しいヤツだよな。

I know that you got your reasons
ボクにはその理由が分かる。

These things that are pleasin' you
君を喜ばせているこれらの物事が

Can hurt you somehow
なぜか君を傷つける



Now it seems to me, some fine things
ボクにはいくつもの素晴らしいものが

Have been laid upon your table
君のテーブルの上に並んでいるように見える。

But you only want the ones that you can't get
けれど、君はいつも高望みで、
君が手に入れられなさそうなものばかりを望んでいる。




Desperado, why don't you come to your senses?
ならず者よ、正気に戻らないか?

Come down from your fences, open the gate
君のそのフェンスから下りてきて、扉を開けるんだ。

It may be rainin', but there's a rainbow above you
雨が降るかもしれない。しかし、君の上には虹がかかる。

You better let somebody love you,
誰かに君を愛させるんだ

You better let somebody love you,
誰かに君を愛させるんだ

before it's too late
手遅れになる前に




「 

Monsanto,

モンサントよ、


why don't you come to your senses?

正気に戻らないか?



You better let somebody love you,

誰かに君を愛させるんだ

before it's too late

手遅れになる前に



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう








<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 







関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(8)トラックバック(0)|

≪前の記事 EUも「移民お断り」:世界的不況による不法移民大量流入で+ギリシャの不法”残虐”移民問題の惨状、現地生レポート付き。「国を開け」が招いたEUの悲劇
≫次の記事 橋下市長「過半外国人に」:原子力新組織 - 市長!日本にはスパイ防止法がないのですが、大丈夫なのでしょうか? @t_ishin

コメント

884:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/10 16:57 | # [ 編集 ]
885:

日本でも家畜用の飼料は既に遺伝子組み換えだとか聞いたことがあります。

ところで、遺伝子組み換え作物がどう問題なのか、残念ながら私にはいまいちわかりません。毒性があるなら問題でしょうけど。

といってもちゃんと表示はして欲しいですがw

2012/06/10 18:35 | alt #WCSj23LI URL [ 編集 ]
886:

> alt さん

私も詳しくはないのですが、作物そのものよりも、それとセットになる農薬や除草剤が問題なのではないか、と思われます。
というのも、大規模に耕地を管理(遺伝子組み換え作物での小作という話は、寡聞にして聞いたことがありません)する関係上、除草剤の散布で一気に余分な雑草を除去する=強力な除草剤使用、となります。それに耐えられるようにするのが、元々の遺伝子組み換えのメリットの一つなわけです。

逆に言うと、そんな強力な除草剤を散布されても大丈夫な代物、それを散布されながら栽培された物が果たして本当に食べても良い物なのか…というのがあると思います。

2012/06/10 20:57 | 暇執事 #VIr8LHPo URL [ 編集 ]
889:

>暇執事様

ご回答ありがとうございます。

>逆に言うと、そんな強力な除草剤を散布されても大丈夫な代物、それを散布されながら栽培された物が果たして本当に食べても良い物なのか…


なるほど、そう考えると、その強力な除草剤などの残留農薬の方が気になりますね。

2012/06/10 23:20 | alt #WCSj23LI URL [ 編集 ]
890:

モンサントの特集記事、ありがとうございます。保険や投資もさることながら、モンサントの恐ろしさには毎回絶句しています。TPPは絶対に阻止しなければなりません。海外にもモンサントに反対する団体があったのですね!ロシアも反モンサントだそうで、こういう面は是是非非で共闘していきたいと思います。(左傾の人もモンサントには反対でしょう、真面目な人ならw)。

応援クリック。

2012/06/11 01:32 | おれんじ #- URL [ 編集 ]
891:

廣宮先生更新お疲れ様です。
モンサントについて大変詳しい情報有難うございました。
Monsanto should not have to vouch for the safety of biotech food.
まんまじゃないですか...コワ。。
住友(米倉)も同じようなもんなんでしょうね。。。orz

2012/06/12 00:24 | ねじれ #zAKlGQ3U URL [ 編集 ]
894:理系ガンバレ①

①今回のエントリーもおもしろかったです。最後にイーグルスのエスペラードを持ってくるところも最高。(笑
僕もTPPには以前から大反対だし、モンサントの「食の安全に対する暴挙」にも大反対です。しかし保守系ブログや保守系メディアを見ていると、TPPに反対するあまり、ホラの作り話まで始めている人間がいる事が残念でなりません。例えば「米国ではすでにモンサントの種以外は使用禁止である」かのような事を書いたり、チャンネル桜に出ていた新井さんという元自衛隊の吹奏部か何かの人だったと思いますが、『枯葉剤を家庭用に、散布しやすいように乳化剤などを入れて薄めて使っているのが今の除草剤』などと、ウソを言ってるんですよ。本人は「自分は専門家だ」と豪語してましたが、こんなとんでもないホラを吐いてるんです。

2012/06/12 07:49 | 左翼も右翼も紙一重 #8.gIlSqM URL [ 編集 ]
895:理系ガンバレ②

②枯葉剤と言えば、ベトナム戦争の時に米軍がまいたものですが、高校の時の化学でも習ったエクイリブリアムリアクションです。枯葉剤は主に2,4-Dichlorophenoxyacetic acid(除草剤、殺虫剤)とTrichlorophenoxyacetic acid(合成植物ホルモンで除草剤)を混ぜてより大量のダイオキシンを生成させるんです。そのため除草剤や殺虫剤は混ぜてはいけないと言うのを昔聞いた事がある人も多いと思います。しかし現在は2,4-Dichlorophenoxyacetic acid自体、米国でも日本でも販売されていません。上記のチャンネル桜での新井さんの発言は全くのホラ話です。(注:申し訳ありませんが、日本の化学のノーマンクレーチャは自信がないので、英語で書かせてもらいました)

2012/06/12 08:03 | 左翼も右翼も紙一重 #8.gIlSqM URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。