ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

489:EUも「移民お断り」:世界的不況による不法移民大量流入で+ギリシャの不法”残虐”移民問題の惨状、現地生レポート付き。「国を開け」が招いたEUの悲劇

2012/06/11 (Mon) 11:04

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

↓お陰様で15位です!

 
人気ブログランキングへ






さて、TPPについて、↓のようなJPEGファイルを作ってみました。

これは、あくまでも私の主張ではなく、
アメリカの反TPP
の皆さんの主張ですが…

No_TPP.jpg  





今日は本当は更新する予定ではなかったのですが、あまりにも興味深いコメントを頂いたので、思わず更新です。





今回のエントリーで取り上げるのは基本的には非合法の移民、不法移民問題ですが、

「国を開きすぎるとどうなるか?」

という一つのケーススタディーと言えます。





まず、ギリシャ在住の「グリコーゲン」さんから頂いた貴重なコメントです(ありがとうございます!。

いやあ、以前シンガポールの話題を取り上げたときはシンガポール在住の方からこれまた貴重なコメントを頂いたのですが、インターネットってのは本当にすごいですね。

アメリカという国の、こういうモノを生み出すようなところは、やはり非常に素晴らしいと思います。

では、ギリシャからの採れたて生情報をどうぞ:





経済危機より不法移民がすごいことに!

ギリシャにおります!
今のところトルコ人とギリシャ人の問題はありません。

(廣宮注:以前【ネオナチと左翼が「激突」:ギリシャ】で取り上げました、選挙で躍進したネオナチ政党が「トルコ国境に対人地雷を埋めよ!」と主張していることに関連して、書いて頂いたことだと思います)


ギリシャ人もトルコ人も世界情勢の中でお互いの関係を忘れているかも。

ギリシャ人が嫌いな人たちは不法残虐移民たちです。

アフガニスタンとか南アジアとか、旧ソのイスラム国(アゼルバイジャン)、
旧ソの白人系国家の人々が、真夜中を縫って歩いてきます。

トルコとの国境にあるエヴロス川の水中をすごい数の人が渡って来ます。

夜な夜な渡ってくるおかしな移民が毎日100人から300人もいます。


もうグルジア人やアフガニスタン人の犯罪はギリシャ人を滅多刺しても、
僅かなお金のために犯罪を犯すのが平気な人ばかりです。

毎日不法外国人の犯罪ばかりで困ります。
ギリシャ人たちも怖がって外歩きができなくなったのです。
 
経済の問題以上に、不良で無軌道な移民問題であるので、
「黄金の夜明け」の議席数が増えてしまいました。

田舎の私有地の草むらにトイレし放題!
英語もギリシャ語も分からない移民に絵で説明する看板もあります。


またエーゲ海の島々にアフリカの移民がぞろぞろ到着して、
経済危機よりも不良で不法で残虐でどうしようもない移民のほうが庶民には大問題です。

過疎化の村のお年寄りの家々をぐるぐる歩き回る黒人系アフリカ人とか、
もう経済もたいへんですが、世界的には経済の陰に隠れて、この問題は大きいです。

警察よりも頼りになるので「黄金の夜明け」に投票する人もいます。

隣国アルバニアの外務大臣がベンツでギリシャ訪問したとき、
そのベンツがイタリアの盗難車だったことがギリシャ警察によって明らかにされました。


また旧ユーゴマケドニアにはギリシャで盗難された車がたくさんあるそうです。






いやはや、まったく驚くべき事態ですね\@o@/。


さて、「黄金の夜明け」と警察の関係について、RT.comに興味深いことが書いてありました。




Half of Greek cops go ultra-nationalist at elections
ギリシャ、警官の半数が、選挙で超国粋主義政党に投票

http://www.rt.com/news/greek-police-vote-nazis-350/
RT.com 16 May, 2012


More than half of all police officers in Greece voted for the far-right ultra-nationalist party Golden Dawn – described by many as neo-Nazi - in the elections on May 6.
ギリシャの全警察官の半分以上が極右の超国粋主義政党、多くの場合ネオナチと表現される、「黄金の夜明け」に、5月6日の選挙で投票した。

This gave them a record 7 per cent of the vote, securing 21 seats in parliament.
このことが、黄金の夜明けに国会で21議席(7%)を与えることにつながった。


­The analysis published by the country’s To Vima (The Tribune) newspaper reveals much of the contribution came from the country’s police officers.
ギリシャVima紙の分析によれば、その結果には警察官の投票が貢献しているという。


The journalists studied the voting results in several constituencies in Athens, where 5,000 police officers in service in the Greek capital cast their ballots.
そのジャーナリストは、首都アテネのいくつかの選挙区を調査したところでは、アテネでは5000人の現職警察官が(黄金の夜明けに)投票した。




ただ、この記事ではオチとして、

選挙後に黄金の夜明けの代表が「アウシュビッツにガス室は無かった。それは嘘だ」等の主張を始めたため、正式な政権発足とならず再選挙となったことは、有権者がネオナチの急拡大について冷静に考える機会になった

と締めくくっています。

しかし、冒頭でご紹介した話を考慮すると、意外と冷静に判断して
再び「黄金の夜明け」に多くの有権者が投票する可能性もなきにしもあらずですね。


そして、もう一つ関連するEU全体のことについて。



Keep out, migrants: EU eyes ‘emergency’ Schengen border closures
移民を入れるな: EUが「シェンゲン協定国境の緊急閉鎖」という事態を見ることに

http://www.rt.com/news/schengen-border-control-law-migrants-299/
08 June, 2012


(廣宮注:シェンゲン協定とは「ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定」Wikipediaより)

このRT記事では、シェンゲン圏内の国境、たとえばフランスからイタリアに移動する場合にこれまではパスポートすら見せる必要もないくらフリーパスでしたが、入国検査を一時的に復活させるということのようです。

私は1999年にフランスに行きましたが、フランスとイタリアの国境には、ほんとうに何もありませんでしたし、誰もいませんでした。入国審査していたと思しきブースはありましたが)


EU countries have agreed that border control in the Schengen zone can be restored temporarily under "exceptional circumstances."
EU各国は、シェンゲン協定圏において、”例外的状況”の下での一時的な国境検査について合意した。

The measure is moved by the uncontrolled flow of migrants into the EU in the wake of the economic crisis.
これは、経済危機によって引き起こされたEUへの移民の無制御な流入に対応する動きだ。


Under the proposal, which was approved at a meeting of EU home affairs ministers in Luxembourg, the control of national borders the Schengen Area would be able to be reimposed for six months, renewable for another six, "when the control of an external border is no longer ensured due to exceptional circumstances."
今回、ルクセンブルグで開かれたEU自治大臣会合で承認された提案は、「シェンゲン圏外との国境が例外的状況にあって保証されない場合」において、国境検査を6ヶ月間復活させ、6ヶ月ごとに更新する、というものである。


“We have an agreement about the new mechanism, which will guarantee the cooperation in exceptional circumstances.
「我々は、例外的状況における協力態勢を保証する新しいメカニズムに合意した。

Sometimes decisions need to be taken quickly, if Schengen cooperation is under threat,”
シェンゲン協定が脅威にさらされた場合には、速やかな決定が必要になることもある。」

said Danish Minister Morten Bodskov at a press conference in Luxembourg.
と、デンマーク自治大臣Morten Bodskovがルクセンブルクにおける記者会見で語った。





Migration has become one of Europe's most sensitive issues amid a severe debt crisis, slow growth and mounting unemployment.
深刻な債務危機、低成長、膨れ上がる失業といった諸問題がある中で、移民問題はもはやEUで最も重大な問題となっている。


"The situation on the Greek-Turkish border shows that we need a very clear action mechanism in the Schengen Area," said Austrian minister Johanna Mikl-Leitner.
ギリシャ・トルコ国境における状況は、我々がシェンゲン圏で非常に明快な行動を起こす必要があることを示している」とオーストリア自治大臣 Johanna Mikl-Leitner が語っている。


The border between Greece and Turkey saw 55,000 detections last year.
ギリシャとトルコの国境では昨年、5万5千件(の不法移民)が検知されている。

Also, reports say the amount of illegal crossings into the Schengen zone rose by 35 per cent in 2011, from 104,000 in 2010 to 141,000.
また、報告書によれば、シェンゲン圏への不法移民の流入は、2010年の104,000人から141,000人へと、35%も増加している。

This is largely due to flows across the Mediterranean following the Arab Spring upheavals.
「アラブの春」の勃発により、地中海をわたって流入したケースが大半である。








つまり、世界的不況、そして中東・アラブ諸国における革命騒ぎでヨーロッパへの「民族大移動」が起こっているわけですね。

なんだか「フン族がローマ帝国領内に乱入して暴れまわっている」ような感じです。


そして、これまでシェンゲン圏内では、一度シェンゲン圏に入ると、シェンゲン各国を自由に行き来できていた、と。

トルコ経由でギリシャに不法移民が入って来ると、もしシェンゲン圏の移動が自由なら、ギリシャ・トルコ国境が不法移民の欧州への「フリーウェイ」みたいになってしまうので、それで「黄金の夜明け」も「トルコ国境に対人地雷」という過激なことを言っているのかも知れません。


そう言えば、以前、

「移民お断り」に転換 ― シンガポール

で、


東南アジア連合(ASEAN)は2015年のASEAN共同体発足を控え、移民労働者が域内を自由に移動できるよう、加盟国間の短期就労ビザ免除を検討している。

という日経記事を紹介しました。


逆に、

ヨーロッパでは、移民問題が下手をするとほかの経済問題よりも深刻で

「移民労働者が域内を自由に移動」できないようにしたわけですね。


そして、シンガポールも遂に移民の流入を制限する方向に転じた、といこともご紹介したとおりです。



TPPかどうかは別にして

アジア共同体

→共同体内の国境はシェンゲン協定並みのフリーパス

→それに日本も「バスに乗り遅れるな」と参加



なんてことをした場合、どうなるか?


それは、冒頭でご紹介したように、

ギリシャ人を始めとするヨーロッパの皆さんが、ヒイヒイ言いながら
、まさに体を張って証明して下さっているように思えてなりません。


「 

『国を開け』

という日本の首相閣下は


ヨーロッパの自治大臣会合における

『とりあえず、国境を閉じさせて頂きます』

という声もしっかり聞きましょうね♪


国を開きすぎたヨーロッパじゃ、

いまや毎日が

スーパー・バイオレンス・アクション映画

並みの生活ですぜ!




と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう








<著書紹介>

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

(2010/03/02)
廣宮 孝信

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―

【↓著者本人による解説】

国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
本書の目的の第一読者の皆さんにその「正反対の見方」を提供することです。

・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
「財政黒字なのに国家破綻」「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、本書の目的の第二
本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

本書の最大の特徴は、一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。

・この本当に恐るべき「破綻」が起こらないようにするにはどうしたら良いか、
つまり将来において供給不足が起こらないようにするにはどうしたら良いか
そして、それを踏まえた上で、現在の需要不足にどう対応すべきか
この問題の解決策に関して年金問題をも絡めての具体的な提言を行っていることも、
本書についての類書との際立った特異点でありましょう。



☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】は
こちら→
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc



 






関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(4)トラックバック(0)|

≪前の記事 不法移民VSネオナチ:「開国は壊国だ!」仁義なき戦い in ギリシャ ― 今回も抱腹絶倒間違いなし、のギリシャ在住読者からのご投稿…いや、本当は笑えないのですが。#TPP
≫次の記事 米バーモント州モンサントの警告で遺伝子組換え表示規制の採決を延期。モンサントのトウモロコシ、フランスで禁止。その他モンサント大特集 #TPP

コメント

892:

トルコ経由でギリシャに不法移民が入って来るといっても、陸路小アジアを横断しポスポラス海峡を渡ってくるとは思えません。むしろ、グルジア沿岸から黒海を横断してトルコ領欧州側に直接上陸してギリシャに入ってるのではないでしょうか。アフガン人の場合はトルクメニスタン-カスピ海経由でしょうか?
こんな長距離を移動するにはそれなりに元手が必要なわけでそれが彼らを余計犯罪行為に駆り立ててる可能性はありそうですが、彼らを擁護する気には全くなりませんね。ギリシャにおける極右の躍進の裏の理由がわかりました。ありがとうこざいました。

2012/06/12 01:14 | sdi #bMvHK8/c URL [ 編集 ]
893:

コメントを取り上げてくれてありがとうございます。
私の知人不法入国者のバングラ人が言うには、
陸路はトルコのほうが安全といっていました。
そうだ、ヨーロッパへ行こう!と思い立ち、
「トコトコとバングラディシュから歩いてきたよ」といってました。
理由はやはり逮捕されたときの待遇上の問題です。
待遇はトルコはひどいですが、ほかの国だと警察に殺されるかもしれないということでした。
加えて、トルコの庶民のほうがましだからと言っていました。
特にお金がなかったときにトルコ女性警察官がお金をくれたとそうです。
トルコも長い国境線だから警戒はたいへんなんだと思います。
ギリシャ側のエヴロス川岸の農村の人は絶対に不法外国人には声をかけないし、
親切にはしません。そのようなことをしたら手引き者と認定されますから!

ギリシャのエーゲ海の島の農村の家の窓ガラスには不法移民の真っ黒顔が張り付いて、
家の中を覗き込まれる話を以前にラジオで聞きました。

ちなみ青空トイレ禁止のマークですが、ギリシャの笑える風景として、
写真雑誌にありました。誰でも描けますよ。

青空トイレ禁止の絵看板の作り方です。
まず画用紙の中央にωという文字を大きく描き、
そのω両脇に!のマークを3つ合計6つ、
そしてお尻に見立てたωの中央の下の部分に、
汚い落し物に見立てた?マークを逆さに描きます。
どうぞやってみてください。

皆さんも日本で不法外国人のトイレ問題が起こるところには
上記の通り画用紙に描いて、ペタペタ貼り付けるとよいでしょう。

最近の話ですが、わが家の近くの古いマンションのオーナーが改修工事をして、
新しいトイレと新しい浴室も新調しました。
職人が夏休みでいないときに、黒人系アフリカ人が13人以上そこに住みこんでしまいました。
もうトイレ使い放題、お風呂はいり放題で、オーナーさんは怒髪天です。

警察に電話しに来てもらいました。
すると警察がアフリカ人に
「あなたたちのしていることは違法なので、すぐに出て行くように」
としれっと言い渡して消えましたが、アフリカ人が消えませんでした。

長くそこにアフリカ人13人が不法に暮らしているので、ついに「黄金の夜明け」に頼みました。
すると黄金の夜明けはさっそくムキムキのいかつい男たちを送ってくれたので、
あっという間にアフリカ人が消えました。
そして「黄金の夜明け」に絶大な支援者たちが増えました。
このオーナーさんは結構年配の方で
「私が残りの人生に使用するトイレとお風呂の回数よりも数倍の回数を、
アフリカ人に使用されたと嘆いていました。とても気の毒な話です。

それからナイジェリア人の売春婦がものすごい数います。色黒で結構かわいいです。
しかし写真撮影は難しいです。アフリカ人の撮影はする衣服しか写りません。
ラジオで聞いたところ、ナイジェリア売春婦はピレウス港のうしろっかわで
ズラッと並んで客引きをやっています。1時間10ユーロでも、誰も買いません。
何しろギリシャのピレウス港の男よりもナイジェリア売春婦数が多いし、
こちらも少子化なのでお年寄りが多い国ですから、デフレです。
それに警察発表ではギリシャにおける外国人のほぼ100パーセントはエイズです。

ナイジェリア売春婦の後ろにナイジェリア人マフィアがいて、
彼らはタクシーの料金を踏み倒し連中なのです。
運転手の首にナイフを突きつけるらしいです。
アフリカもいろいろあって、特にナイジェリアは怖い!ということで、こちらでは共通理解されています。

まぁそういうわけなので、トルコ人ガーとか、今言っている人はいないです。
トルコもシリア問題とか、通過する外国人とか、国境線も長いので、手薄になっているのでしょう。

私は最近ギリシャの地下鉄でアルバニア人3人組にバッグを取られそうになりました。
そして後ろに立っていた男に後頭部を殴打されました。日本人なので、カモ!と思われたのです。
最初に私の前にいた男が私のバッグをつかんだので、勇敢にも、その腕をぐるぐる回してやりました。
それであわてたようで後ろにいた男が私を殴打したのでした。流血はありません。
危機一髪、私もバッグも無事でした。この3人組は私のまさかの反撃に驚いていました。

その後60人以上の地下鉄スリが逮捕され、
ほぼバルカン半島(旧ユーゴスラヴィア+アルバニア)人でした。
 
フランスのマルセイユ港の後ろはひどいです。
すごい写真をたくさん見ました。
ありとあらゆる国の非常識な外国人に乗っ取られている状況のようです。
私はギリシャのピレウス港だと思ったら、フランスのマルセイユでした。

昨年私がもっともショックを受けたのはアテネ国会議事堂前で、
おびただしいイスラム教徒が集まってメッカに向かってお祈りなんかをしていたのでした。
日本の国会議事堂前で、いかにもアラベスクな服装で、
ものすごい数のイスラム教徒が終結して、
いっせいにひれ伏してお祈りしていた度肝を抜かれますよ。 
  
経済危機もひどいですが、いつもその話題ですが、
この不法残虐極まりない外国人のために、
恐怖を味わっている国民はどうしたらよいのでしょうか?
私も今やギリシャ国民に準じているので、
イミンガーといつも近所のギリシャ人と話しています。

まぁ経済危機ですが、トマトとフェタチーズとパンとオリーブオイルがあります。
みんなで野良仕事しよう!と思ったら羊飼いがすべてパキスタン人!
そしてマラトン(マラソン)の農家の手伝いもパキスタン人かバングラ人になっていました。 

2012/06/12 07:47 | グリコーゲン #DDJALrL2 URL [ 編集 ]
897:

貴重な情報ありがとうございます。

トルコ経由でギリシャに入る密入国は、昔からよくある話です。トルコは重要な経由地です。ギリシア警察は、移民対策としては、対ブルガリア・アルバニア国境や海ではなく、対トルコ国境の警備を一番気をつけています。

トルコはNATO加盟国、EUにも半分足をいれた状態の国で、なんだか立派な国みたいなイメージをお持ちかもしれませんが、実は結構いい加減な国なんですよ。

2012/06/12 22:27 | 通行人 #pMxN6uq. URL [ 編集 ]
1042:本気で社会正義・日本を思う方は

突然失礼いたします。

2007年から、訳分からずに

公権力の悪用・犯罪の被害を受けて、訴えてる中、

警察2名に殺されかけたり、

役所で偽公文書の作成、発行、捏造をはじめ、

裁判所で、八百長裁判など

公務員組織が犯罪組織化になってるのではと思われる事をあらゆる所で沢山経験・目撃してます。

原発問題と同時に取り組まなければならない事は、【公務員組織が犯罪組織化してる】事です。
これなしでは、いくら脱原発、政権交代、法制定をしても、何にも変わらない、
いくら社会正義・愛国を掲げても無駄で、
正せないです。

http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59 で、

人権も存在しない、
民主国家でもない、
法治国家でもない、

犯罪国家になってる本当の日本が見えます。

本当の事を知らなければ正せないです!

2012/08/07 03:57 | 安淳徳 #5JFVhk/s URL編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。