ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

49:続 「破綻」を再定義してみます[2]

2010/01/16 (Sat) 13:35

[1] http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/23867535.html からの続きです。





羽柴藤吉郎による鳥取城包囲戦の話です。

とにかく、藤吉郎は鳥取城を攻めおとさなければならない

が、なにぶん山陰有数の堅城であり、力攻めすれば、損害ははかり知れぬであろう。

ということで、兵糧攻め、というわけです。

(敵に、飢饉(ききん)を与えることである)

それを主題とし、その主題をつらぬくためのあらゆる方法を考案し、用い、主題以外の方法はすてることにした。


↑国の借金大変だ教の「経済学者」様に決定的に足りないのは、このような主題でありますまいか?



いまは、雪で鳥取までゆけない。

しかしこの時期になすべき飢饉作戦の一方法がある。


米を買いしめることであった。

ということで、秀吉は商人上がりの小西行長らに命じ、若狭(福井県)あたりから船を差し回して鳥取あたりの米を買い占めさせました。

「北陸はたいそうな飢饉じゃ、米でもよい、麦でもよい、大豆でもよい、この土地の値段の二倍で買おう」
とさかんに吹聴したから、百姓どももあらそって売った。

籠城中の山名家の諸将も、

――兵糧を売って軍資金の足しにしよう。

とし、むやみに持ちだしては売った。


城内には金銀がつみあげられて行ったが、兵糧はとぼしくなった。


はい、

カネはあっても食糧が無い

というパターンのいっちょ上がりというわけです。


そんな中、

山名家諸将から請われて毛利家から派遣されて入城した

吉川経家

は、城の兵糧が空っぽになっていることに、驚きあきれてしまいましたが…

しかしあれほど景気よく買いに来た若狭船がじつは織田家の兵卒だったことは因幡(いなば。現在の鳥取県)人はおろか、経家も気づかなかった。

そのようなことが兵法であるとは、先人の経験にもなく、兵書軍書にも書かれていないのである。


雪解けを待って秀吉は二万の兵を引き連れ、

兵糧のほとんどない鳥取城の周囲に包囲のための堅固な城郭を築き

蟻の這い出る隙間も無いように厳重に包囲します。


さて、籠城四ヶ月

城内は地獄であった。

この地獄のなかで、かろうじて山名衆を統率できたのは吉川経家の徳望であったといえるであろう。



四月目には、紙や草など咀嚼できるものはすべて食いつくし、馬も、乗り替え馬や荷駄の馬はすべて食いつくし、

ついに一部のあいだで餓死者の肉を食う者が出てきた

古来、人肉を食った例は、残されている資料ではこの鳥取城の場合しかない。



さすがに士分のあいだではそれほどの事象はみられなかったが、

足軽以下には名誉心がとぼしく、容赦なく屍肉を食い、

死体をあさるために夜間柵のそばまで忍びよって味方の戦死者の足をひきずろうとする者も出、

それが羽柴方の哨兵に撃ちころされるや、その男を他の味方が食ってしまうというありさまになった。

さらには生きている者さえ殺され、仲間に食われた。



このような日本史上稀にみる悲惨な事態になるとは、
当の秀吉にとっても予想外の事態だったのですが、

城方のこのような状況を知るに至り、
殺生は好まないので、

・城さえ明け渡してくれれば、城兵の命は全て助ける

但し、
 「勝敗のあかしだけはせねばならぬ」ので、
 「城方の重だつ者、指名はせぬゆえだれでも、一、二人自殺してもらえばよい」

という非常に寛大な条件を出し、城方もこれを受けることにしました。


秀吉

落城の責任などまるで無い「被害者」としか思えない上、人物としても優れている吉川経家を本音では助けたかったのですが、

責任感の強い経家は自決してしまいます。




本当の意味での破綻というのは、これくらいの

そこかしこに死体が転がっている

というような事態です。

「破綻破綻」と騒いでいる破綻教の「経済学者」様には、よくよくこの事例について深く深く考えてみていただきたいと思います。


あなた方は、
あなた方が「国の借金が大変だ」と騒いでいるせいで備えが間に合わず、日本全体が鳥取城のような極度の食糧難の状況になったとして、

吉川経家公のように立派に振舞えるや否や、是非とも御自らの胸に聞いてみて頂きたい。

このように思う今日この頃であります。

「国民が100年後も1000年後も生存を続けること」、「それを主題とし、その主題をつらぬくためのあらゆる方法を考案し、用い、主題以外の方法はすてる」こと以外に一体何が重要なのか、破綻教の「経済学者」様には是非とも明確で現実的な代替案を出して欲しい!!!(たぶん、全くノーアイデアだろうけど) と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!
スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「国の借金」論のトレンド
≫次の記事 続 「破綻」を再定義してみます[1]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。