ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

5:質疑応答

2010/05/02 (Sun) 11:44
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました
https://twitter.com/YNHiromiya



http://bit.ly/aSelfc

「さらば、デフレ不況」好評発売中!

アマゾンでのご購入はこちら→ http://bit.ly/d7Th6o (短縮URL)








三橋貴明後援会はこちら→http://bit.ly/aLVNrv (短縮URL)




溜まっていたご質問に簡潔にお答えをば…
(すべてのご質問に対応できるわけではないですが、悪しからずご了承くださいませ)



・ハブ空港の必要性は?指定するなら何処?羽田、関空、千歳?

すみません。航空行政に関してはほとんど勉強したことがないので、正直、分かりません^^;
お詳しい方、コメント頂けると幸いでありますm(_ _)m


・フロー(GDP)とストック(金融資産)以外の国富、不動産(固定資産?)は財務諸表の何に相当?

端的に言えば、株や不動産は「純資産」です。(株は資金循環統計では形式的に時価で負債側に計上し、資産・負債が相殺される)

詳細は↓こちら
【株・不動産は純資産〔補足〕 】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21857908.html


・成長産業ってなんだ?

以前にも書いたようが気がしますが、私が思うに「成長産業」という捕らえ方をしない方が良いと思います。
100年後1000年後において国民生活を維持するために必要なもの(例えば、食料・エネルギー・災害対策などの分野)で、民間だけに任せていたら進まないかもしれないようなものに政府が積極的に支出すべきという考え方です。

考え方としては、↓の大坂冬の陣における「真田丸」の話です。

【政治=人的資源の最適配分[2](姉川の合戦・大坂冬の陣編) 】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/25127876.html

また、カネの使い方については、できるだけ太閤殿下流の競争の原理を応用した方が良いでしょう。

【「天下びと」のカネの使い方】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/19141573.html


・外貨準備高って何ですか?また、これを国内景気対策に使うことはできますか?

外貨準備高というのは、対外資産のうち、政府や中央銀行の保有分のことです。

詳しくは↓こちら参照
【中国外貨準備2兆ドル】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/20195939.html

これを景気対策に使えるか?
外貨を国内向けに使うとすれば両替する必要があります。
すると、ドルを大量に売って円に換えることになり、それは急激な円高ドル安になりますので、国際経済に混乱を招き、景気対策どころではなくなるのではなかろうかと思われます。よって、「不可」ということになりましょうか。


・GDPがゼロ(おカネの流れがゼロ)の場合、資産・負債はどうなるか?

資産負債は変動しないことになりそうですが、
収益や所得がゼロの企業や個人の続出で貸し倒れ続出、金融資産(貸し手側から見た場合)、負債(借り手から見た場合)が両建てで減少すると考えられます。

経済活動が縮小するということは、金融資産と負債の両方が減ることにつながり、
経済活動が拡大するということは、金融資産と負債の両方が増えることにつながります。



・増税すると金持ちが逃げるといいますが、何がいけないんでしょうか。

というよりは、
【菅氏の知恵袋:「増税してでも雇用創出を」 】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/25298988.html#25308644

で、

金持ち増税→景気対策(雇用対策)

という策に対して、増税を嫌がって金持ちが海外に逃げたら結局増税は失敗、景気対策もできない理屈になる、というのが私の書いたことの趣旨です。

私は累進的な税制には賛成ですが、度が過ぎるのは良くないと思っています。所得税や法人税や消費税などのあり方、税構造というのは、他国の状況も踏まえながら程よい状況にしておいた方が国際競争上も無難でありましょう。


・ドーマーの条件(名目成長率>利子率でないと債務GDP比が発散うんぬん)

80年代のイタリアで10年以上ほぼ連続してGDP比10%超の財政赤字を続けながら政府支出を増やして行きましたが、ずっと小さい財政赤字GDP比で余り政府支出を増やさなかった90年代日本と比べて、債務GDP比の増え方はずっと小さかった。

ということを踏まえれば、ドーマーの条件を金科玉条にして緊縮財政、プライマリーバランスの黒字化によって債務GDP比の「発散」を防ぐというのは筋違いとしか思えません。

なお、ドーマーの条件とプライマリーバランスについての詳細は
↓こちらを参照下さい。

【プライマリーバランス黒字化は手段に過ぎない!】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/19202170.html

それ以前に、デフレのときにこのドーマーの条件を絶対視してデフレ圧力となる緊縮財政をとるのは正直意味不明です。
【ドーマーの条件】とやらが、
「100年後も1000年後も国民生活を維持向上し続けること」以上に重要なことかといえば、
そんなわけ、ありません!

われわれはドーマーの条件の奴隷でしょうか?主人でしょうか?


「少なくとも俺っちはそんなヨコモジの得体の知れん【条件】とやらの奴隷に成り下がるなんぞ、真っ平ごめんじゃい!」、と思われた方は↓下のリンクのクリックをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!




http://bit.ly/aSelfc


というテーマの拙著「さらば、デフレ不況」好評発売中!

アマゾンでのご購入はこちら→ http://bit.ly/d7Th6o (短縮URL)




☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 消費税で財政再建?
≫次の記事 本日、横浜です(お知らせ色々)

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。