ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

500:報道! #TPP重大リーク の件:日本農業新聞さん、やってくれました

2012/06/21 (Thu) 11:59

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ






皆様にもご協力頂いた「#TPP重大リーク」の件、6月19日に

日本農業新聞によって報道


されました!


TPP投資分野 企業の権利拡大 合意案、環境や労働で ―関連記事―
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=14903
日本農業新聞 2012年06月19日

環太平洋連携協定(TPP)交渉の焦点の一つとされている投資分野に関する合意案が明らかになった。

外国企業が直接政府を訴えることができる投資家・国家訴訟(ISD)条項では、環境や労働、消費者行政などについて政府の権限を制限する内容になっていることなどが分かった。

参加9カ国のうち、オーストラリアを除く8カ国が合意している。

文書を入手した米国の市民団体は、これまで結ばれてきた自由貿易協定(FTA)に比べ「TPPは、はるかに企業寄り」と反発している。

---

続きは会員登録(無料)しないと読めないので、項目名とちょっとしたさわりだけご紹介。


・日本政府関係者のコメント


・[解 説] 米国中心の側面露呈 年内決着ずれ込みも

  ・加盟国の自由縛る
   オークランド大学(ニュージーランド)のジェーン・ケルシー教授の話

  ・合意案の問題点

---


ちなみに、こないだの「Twitterデモ」の際、


日本農業新聞さんのアカウント(?)

JAグループTPP関連情報
https://twitter.com/#!/ja_tpp

でもリツイートして頂いていいたようです。



また、

私に「アメリカにもTPP反対派がいる」と最初に教えて下さった、藤井厳喜さんもリツイートして下さっていました(ありがとうございます!)。



なお、以下は、
フェイスブックの「TPPって何?」グループの方がまとめて下さった、
今回の「#TPP重大リーク」に関する時系列の流れ
です(いままで当ブログでちゃんと説明するのをやりそびれていました。すみません!):

----

15日一斉にパブリックシチズンから各国に通報
 ↓
「TPPって何?」でキャッチ
 ↓
「TPPって何?」に情報スレ投稿
 ↓
廣宮さんが解説ブログを公表
 ↓
廣宮さんよりツイッター拡散の「TPPって何?」ご依頼
 ↓
TPPって何?有志が廣宮さんの解説ブログ記事と共に
日本農業新聞さんなど、いくつかの個人的つながりのマスコミにリーク
 ↓
緊急ツイッターデモの提案(17:00~ 21:00開始)、
呼びかけ(ここまで15日)
 ↓
ツイッターデモ #TPP重大リーク が拡散する
 ↓
G20が始まる
 ↓
日本農業新聞、6/19
政府関係者とケルシー教授の分析を入れて記事 ←今ここ

----




さて、

日本農業新聞では↓こんな報道も




TPP 日本の参加支持せず 自動車産業に配慮 米共和党ロムニー氏
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=14927
日本農業新聞 2012年06月20日

米大統領選挙の共和党候補ロムニーの陣営が日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加を支持しない方針を示した。
米国ミシガン州の新聞社デトロイト・ニュースが15日付で、同氏陣営のサラ・ポンペイ広報官の「ロムニー候補は現時点で日本のTPP交渉入りを支持していない」との発言を報じた。






他の新聞さんは、↓こんな感じ




TPP交渉:日本、メキシコに出遅れ 広がる悲観論
http://mainichi.jp/select/news/20120620k0000m020109000c.html
毎日新聞 2012年06月19日

オバマ米大統領は18日、メキシコの環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参加受け入れを表明し、全交渉参加国が同意したことでメキシコの参加が固まった。以前から「メキシコに後れを取るのではないか」と警戒していた日本政府の不安は現実のものとなった。
日本が年内にTPP交渉に参加するには、9月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で参加表明する必要があるが、国内外の課題は解決するめどが立たず、政府内には「年内参加は難しい」と悲観論が広がっている。

----


いやいや、日本の参加には米議会の承認がいりますぜ!毎日新聞さん!


アメリカじゃあ共和党の大統領候補が「現時点では日本の参加を支持しない」ってんですから、

下院で過半数を握る共和党が日本の交渉参加に賛成するかどうか、疑問を持つべきでは?

上院で過半数を握る民主党も、オバマ大統領とは違うスタンスになる可能性も十分にありますぜ!

大体、昨年2011年9月20日に、
オバマ大統領にTPPに関するTPA(大統領貿易促進権限)、つまり、本来は議会にある交渉権を大統領に与える法案が、
身内である上院民主党のほぼ全員による反対で否決されています。

大統領が「歓迎」でも、議会民主党が賛成するとは限りません!


また、今度の大統領選と同時に議会の選挙もありますが、議会の民主・共和の勢力関係がどう転んでも、日本の交渉参加が議会で承認されるかどうか自体が見通し立たない状態です。


そんな中で、メキシコやカナダが参加するとかしないとかで一々一喜一憂するのは完全に無意味でしょう。

そもそもメキシコやカナダの参加も、米議会で承認されるかどうかはまた別問題ですよ!


それよりも何よりも、米議会がTPPに関する詳細をちっとも把握できていない状況のほうがよっぽど重大事でしょうに。

それに、オーストラリアがISD条項の件で猛反発し、参加国間の交渉自体が揉めに揉めていることには、「悲観」しないのでしょうか、毎日新聞さん。



「 

え?

メキシコのTPP参加表明、

『日本出遅れ』で

『悲観論広がる』って?


こんな茶番協定、

参加しないのが正解なんだから、

『楽観論広がる』

の間違いじゃないですかい?



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう




関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 韓国、ノロウィルスを世界に拡散か?― 自由貿易より下水処理の推進を!
≫次の記事 モンサント、日本で承認済み―フランスで一時禁止されたMON810トウモロコシや、除草剤耐性トウモロコシも + 除草剤耐性の雑草も日本上陸済み、の可能性も… #TPP

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。