ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

514:日本経済とイラン有事についての考察 ― 意外にも「ホルムズ海峡封鎖→天然ガス不足で大規模停電」の可能性?

2012/07/09 (Mon) 14:11

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ





※新著、好評発売中! アマゾンでの購入はこちら 



「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)


消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…


詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら








新著、さっそくアマゾンにレビューを書いてくださっている方がいます(ありがとうございます!)。
今のところ、2件、5つ星のレビューを頂いております。

さて、いずれ「批判レビュー」も頂くかも知れませんが、私はそのような場合、「ご質問を頂いた」と解釈し、

できる限り、「このように考えることも出来るかも知れません」というような形で、当ブログにて「回答」を書かせて頂こうかと思います。


まあ、以前は「国債を刷れ!」戦後のインフレについて8回も書いているのに「戦後のインフレのことを知らないのか!」と書かれているようなことがありました(その後、そのレビューは削除されてましたが)。

あるいは

「国債を刷れ!」では、改めて数えてみると「インフレ」という言葉を目次を含めれば198回にもわたって書いており、相当にインフレには気を使っていました。
「インフレにならないうちは、もっと国の借金を増やすべき」とか「80年代のイタリア程度の財政出動を現代の日本でやったとしても、大したインフレにならないだろう」というようなことを書いていたのですが…
それでも、
「これ以上、財政出動して国債を増発すればハイパーインフレになる」といった感じでインターネット上で書かれている方が少なからずいらっしゃいました。


最近、このような現象は、”経済学”の問題でも、日本語の問題でもなく、純粋に心理学の問題ではないかと考えるに至っています。


「国の借金」という言葉の放つ、強烈な印象によって「眩惑」され、、本に書いてある詳細な説明がまったく印象に残らないようになってしまっていたのではないかしら、というわけです。



いずれにしましても、

ある人の、ある時点における考えは、
先天的、後天的要因によって、その時点までにその人の内部に形成された価値観によって決定づけらるのであって、
ある人が、ある時点で考えることは、その人にとって完全に正しい

のであります。

(これはつまり、私自身におけるここ数年の情報のインプットや考察という”後天的要因”によって、私自身の価値観を変化させていることによって、現在、正しいと感じられるようになっている考え方であります)






さっき、久しぶりに自分の名前をグーグルに入れてみたところ、

つまり、「廣宮孝信」と入れてみたところ

「廣宮孝信 トンデモ」というものが出てきました♪

「国の借金、てえへんだ教」の皆さんにとっては、まさに「トンデモ」、「邪教」でなければ私が本を書く意味も全くないので、全くもって光栄の至りであります\(^o^)/。


そして、私はそんな皆さんの長期的で安定的な繁栄をも願わずにはいられません。


新著の最後に書きましたように、

「全人類の平和的で安定的な繁栄
の達成という私の”夢”の、その全人類には、もちろん、文字通り全ての人が含まれますので!

なぜなら、全員の長期的繁栄なくして個人の長期的繁栄はままならないからであります。


そして、上記のような心理学的要因があるので、世の中を本当に変えようとする場合、やはり50年、100年はかかる、というのが私の見積りであります。





先日、チャンネル桜の番組の収録に1年8ヶ月ぶりくらいで、久方ぶりに参加してきたのですが、Youtubeにアップされています

【1/3【経済討論】亡国増税日本と世界経済の行方[桜H24/7/7] 】
http://www.youtube.com/watch?v=Z8ovYy7IJbM
【2/3【経済討論】亡国増税日本と世界経済の行方[桜H24/7/7] 】
http://www.youtube.com/watch?v=I9hwuyKbauM
【3/3【経済討論】亡国増税日本と世界経済の行方[桜H24/7/7] 】
http://www.youtube.com/watch?v=TTE14Ec597Y


出演者
(あいうえお順)

上念司さん(経済評論家)、
田中秀臣さん(上武大学教授)、
田村秀男さん(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)、
廣宮孝信(作家・経済評論家)、
三橋貴明さん(作家・経済評論家)、
渡邊哲也さん(作家・経済評論家)


皆さん、ユーロに関する裏事情など、結構ディープな話をされており大変興味深い内容でした。


なお、のほうでは

・アメリカ議会予算局の”積極財政論”の話
・ギリシャ在住グリコーゲンさんからコメント欄で教えて頂いたギリシャの移民問題


など話させて頂きました。

あと、最後の最後(3時間目の最後)で司会の水島さんから一人ひとり、日本の経済を良くするためにどうしたら良いかと聞かれたときに、

・次の財務大臣が
 「日本の国の借金はまったく大丈夫です、
  と宣言することです」

とお答えしておきました。

ちなみにそのときは、日清戦争で得た巨額賠償金(GDP比20%、現代日本で言えば100兆円相当)と絡めてお話したのですが、これについての詳細はまたいずれ別の機会に!





さて、本題です。

↑のチャンネル桜番組でご一緒した渡邉哲也さんに、

「ホルムズ海峡が閉鎖された場合の日本への影響について、

 どう思われますか?」


と聞いてみたところ、

・日本の石油備蓄は数ヶ月分ある

・ホルムズ海峡が閉鎖されても、サウジが増産し、ホルムズ海峡を通らないルートを使えば、多少日数はかかるが、安全に日本に石油を運ぶ事が可能

・日本の火力発電の主力はいまや石油ではなく、天然ガス、石炭である
 (→原発の未稼働&石油の一時的な不足でも、
   電力に関してはそれほど心配しなくても良いのではないか)

ということで、ホルムズ海峡封鎖による一時的石油不足は、短期的には多少の波乱要因になるが、長期的にはそこまでの影響はないのではないか


というようなことを答えて頂きました。


ふむふむ、なるほど。


この話を伺い、さっそく

・石油の国別輸入先
・石油の備蓄状況
・火力発電の燃料別状況


など、調べてみました。


まず、日本の国別の石油輸入先

2011年4月から2012年3月の状況

H23石油輸入先

経済産業省「平成23年(2011年)資源・エネルギー統計年報」から作成



ホルムズ海峡封鎖/イラン有事で特に影響を受けそうなのは、
上の話と下の地図を総合すると、

イラン
イラク
カタール
アラブ首長国(UAE)

という感じでしょうか。(あ、すでにイランの原油は経済制裁で止まる予定ですね)


すると、この国々からの日本の石油輸入におけるシェアは、およそ50%ということになります。



大きな地図で見る



とりあえず、

ホルムズ海峡封鎖/イラン有事

となると、少なくとも短期的には、原油価格や原油の調達に関して、それなりのインパクトとなりそうですね。

ただし、備蓄が結構な分量ありまして、ということでしたね。


上記の経済産業省資料によると、石油の備蓄は200日分、となっています(今年3月時点で民間87日分、国家備蓄113日分)。


しかし、天然ガスが、どうもネックになる可能性があるようです。





調達先偏在・在庫薄…火力発電、LNG頼みの危うさ
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO38992910S2A220C1EE2000/
日経新聞 2012/2/22



 「イランがホルムズ海峡を封鎖すると東海地方が停電になりかねない」。政府内でこんな懸念が浮上している。

イラン情勢の緊迫化で中東諸国から原油輸入が止まる恐れはよく指摘されるが、実は深刻なのは6割が発電に使われる液化天然ガス(LNG)の輸入が途絶えることだ。

 一見、LNGの中東依存度は約3割と、8割を超す原油より大幅に低い。ただ、会社ごとに細かくみれば中部電力は6割がカタール産だ。昨年の浜岡原発の緊急停止でカタールからの追加調達に踏み切り、比率は従来の5割から高まった。原発停止でLNG火力への依存度も高まっており「カタールからの輸入が止まれば、発電量の約4割を失う」(中部電力)。

 原油は官民で200日分の備蓄があるが、LNGには備蓄の義務がない。「LNGはあくまで原油の代替とされてきたので原油を備蓄すれば十分という考えだった」(資源エネルギー庁)。電力各社には2~3週間分の在庫しかないとされる。

 しかもLNGは長期契約の比率が高く、原油と比べると短期調達の市場にも厚みがない。石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の石井彰特別顧問は「ホルムズ封鎖は『電力危機』。万が一、封鎖が1カ月も続けば東京電力、関西電力、九州電力も厳しいだろう」と話す。





ちなみに、天然ガスの輸入先国別シェア(JOGMEC資料

H23LNG輸入先



オマーンは地形上、何とかなる(かも知れない)として外すとしても、

カタール、アブダビ(UAE)で22%となり、それでもかなりのシェアになります。



そして、電源別の発電シェアを見てみると、

2012年度は、石油19.1%、天然ガス45%という試算があります。

電源別発電シェア

出典:
日本総研 「高まる火力発電への依存 ~ 2012年度の燃料費は、10年度対比約4兆円の増加に ~」



といったことを勘案すると、

上記の渡邉さんの意見に加えて、意外にも天然ガスがボトルネックになるんじゃないか、ということで、

ホルムズ海峡封鎖/イラン有事

は、日本の電力事情にもかなりの影響を及ぼす可能性
がありそうです。

原発の再稼働問題もこの文脈の中で捉えたほうが良さそうですね。


ただし、2~3週間で事態が収まれば、とくに深刻な影響には至らない、とは言えそうですが…







なお、渡邉さんから聞いた話で一番、「げ!」と思ったのが↓こういう可能性です(あくまでも最悪のリスク)

イラン有事となったとすれば、在日米軍の空母がイランに派遣され、日本近海が手薄になる可能性がある。

・そのとき、イラン制裁に反対している中国、さらにはイランとも近い北朝鮮が何かしらの形でイランの動きと「連動」する可能性もなくは無い。


私はそこまで思い至っていなかった(せいぜい中東の石油が止まって”第三次石油危機”くらいの感覚)ので、

ここまで幅広く考える必要があったか!

と感嘆
してしまいました。




最後に、

最近のイラン情勢と、イラン情勢とも深い関わりがあるシリア情勢について
(シリアはイランの数少ない友好国)


以前のイラン関連について書いたエントリー以降、ツイッターでつぶやいていた話と、シリアの最新情報をまとめて書いておきます。

まあ、いつものようにRT.comを引用しまくっていますが、あくまでもロシアのメディア(どちらかというと親シリア・親イランの国のメディア)という目線で御覧ください。

それでも引用しまくるのは、単純にRT.comではニュース項目がまとまっていて見やすいからです。



イラン


イランのホルムズ海峡封鎖をあきらめさせるべく、米軍がペルシャ湾周辺の掃海艇配備を倍増、いくつかのF-22、F-15 飛行中隊を近隣基地に配備 03 July, 2012 RT.com報道 http://www.rt.com/news/us-iran-forces-minesweepers-hormuz-318/

「イラン国会議員がホルムズ海峡を封鎖べきかどうかを討議している間に、イラン革命防衛隊が米国軍事基地の模型をミサイルで攻撃する軍事演習を行なう予定」と、ロシア・トゥデイ報道 03 July, 2012 http://www.rt.com/news/iran-us-military-strike-254/


ミサイルを数百発発射する大規模軍事演習を実施したイラン、「数分で」米軍基地を破壊する能力があると主張。04 July, 2012 ロシア・トゥデイ報道 http://www.rt.com/news/iran-great-prophet-hormuz-us-bases-416/




シリア

NATO launches war games in Mediterranean amid tension with Syria
シリアとの緊張が続くなか、NATOが地中海で軍事演習
http://www.rt.com/news/nato-navy-drills-syria-474/
RT.com 05 July, 2012



Show of force: Syria conducts major drills amid Western pressure
力の誇示: シリアが西側からの圧力が高まる中、大規模軍事演習を実施
http://www.rt.com/news/syria-major-military-exercise-674/
RT.com 08 July, 2012 

(↓ミサイル、撃ちまくっています)



Syria`s military has launched a series of large-scale exercises starting with naval maneuvers in the Mediterranean Sea. The move is thought to be targeted at the West to demonstrate Syria`s capacity to defend its borders.
シリア軍は、地中海における海軍の演習を皮切りに、一連の大規模な演習を行った。この動きは、西側世界に対して、シリアには国境を守る能力があることを見せつけることが狙いであると考えられる。




【追加のおまけ】

ヨルダン


シリア問題についてのテレビ討論番組での出来事。
ヨルダンの国会議員が政治活動家から「あんたはイスラエルのモサド(情報機関)のために働いている!」と言われてブチ切れ、靴を投げ、銃を持ち出し、てんやわんやの大騒ぎ!


Jordanian MP pulls a gun during live TV debate on Syria
ヨルダンの国会議員、テレビ討論会で銃を持ち出す

http://www.rt.com/news/jordanian-gun-live-tv-649/

RT.com 08 July, 2012





The discussion heated up after the politician claimed that Murad was promoting the Syrian regime’s agenda, alleging that he was on its payroll. In his turn, the activist accused Shawabka of working for the Israeli Mossad intelligence agency.
国会議員→活動家 「あんたはシリア政権の政策を後押ししている!」
活動家→国会議員「あんたはイスラエルの情報機関モサドのために働いている!」
⇒国会議員、ブチギレ


ヨルダンじゃ、国会議員が普段から銃を携帯している模様…

とにかく、親シリア・反シリアでかなりギスギスしているようです。







米軍 VS イラン

米軍の湾岸への配備増強 ⇔ イランの大規模ミサイル発射演習



NATO VS シリア

双方、相手を意識しながら軍事演習を実施







クラウゼヴィッツ戦争論の第一章の「戦争の定義」というところで

「戦争は一種の強力行為であり、その旨とするところは相手に我が方の意志を強要するにある。」

とあります。

「相手に我が方の意志を強要するという点で、互いに軍事力を誇示しあっている現在の状態は、「すでに戦争が始まっている状態」、と見ることが出来るかも知れません。



いずれにせよ、





いざ、

ホルムズ海峡封鎖/イラン有事

となったとき、


『国の借金、大丈夫だ教』

でなければ、

混乱は乗りきれませんぜ!



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう




新著、

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

アマゾンでの購入はこちら

詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら

「国の借金」カバー表面

「新常識」後ろ

 

「新常識」表紙裏
関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(9)トラックバック(0)|

≪前の記事 #TPP、8月に正式参加表明:日本政府 ― カナダ政府筋いわく「日本のTPP参加なければカナダにメリットなし!」 → TPP=「日本カモネギ化協定」か?
≫次の記事 新型東西冷戦 ― “米露「昆虫型無人機対決」”の幕開けか? ロシアはかなり本気の模様です。

コメント

971:

最後の文章だけべらんめい?岡っ引き?になる廣宮氏が面白いです(勿論、本文もですが)。

2012/07/09 15:00 | 素浪人 #z8Ev11P6 URL [ 編集 ]
972:

廣宮先生、経済討論会、お疲れ様でした。

上のヨルダンの動画を見て思いました。
地中海沿岸に面したアフリカ、中東、南ヨーロッパの国々の論客というのは同じです
まったく普段はとろくさいのに、こういうときだけ、勇ましいです。
基本的にヨルダン人はのんきでいい人です。

日本の討論会は穏やかな流れで、模範として、地中海沿岸国に見せないといけません。

イランといえば、廣宮先生はアーラシュという歌手をご存知でしょうか?
イラン人で、スウェーデンに住んでいる人物です。その人の歌がギリシャで人気があり、
テレビのオープニングや、カフェテリア、エーゲ海のビーチに流れています。
Boro Boro という曲なんですが、
私にはいつも嫌なことがあると「♪~ボロボロダ~」と歌っています。
歌手Arashはアーラシュと日本語のウィキにありました。
Boro Boroの歌の背景撮影がボリウッドのようです。
ボロボロダ~~のサビに感動します。結構前から歌われていましたが、
いい曲なので、リクエストが多いです。
22秒あたりから曲が始まります。
http://www.youtube.com/watch?v=3Qpz9OuCqik

さて悲しい知らせがあります。
あのアナーキスト犬ロウカニコス(現地ギリシャはルカニコス)が
心臓麻痺で天国へ行ったようです。
せっかくスペインのどこかの喫茶店でロウカニコスという名の喫茶店をオープンされたのに寂しいです。

2012/07/09 21:03 | グリコーゲン #DDJALrL2 URL [ 編集 ]
973:

廣宮さんこんばんわ!久しぶりの経済討論、楽しく拝見しました。

以前よりかなり話し方もスムーズになって落ち着いて話されていましたよ~。発言のたびに「がんばれ~」「落ち着いて~」と声を出しながら見てました。もう参観日にハラハラしながら息子を見守る母の気分ですわw。コメも「がんばりや~」(関西?)とか励ますものが多かったですよー。

途中からあんまり発言のチャンスがなかったですが、新著買いますのでめげないでくださいね!これからも応援しています。

2012/07/09 22:50 | おれんじ #- URL [ 編集 ]
974:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/09 22:57 | # [ 編集 ]
975:がびーん

中電は原発依存度低いから余裕だぜーとおもってたらまさかのどんでん返しですね。東南アジアからも輸入しているとばかり思ってました。
天然ガスが止められるとロシアも動くでしょうね。北方領土を売ってガスを買うような事が無い様原発を再稼動させたいですね。

2012/07/10 01:37 | So #- URL編集 ]
976:Re: タイトルなし

グリコーゲンさん、いつもありがとうございます♪
なんと、ルカニコちゃん・・・、そうでしたか。

> ボロボロダ~~のサビに感動します。結構前から歌われていましたが、
> いい曲なので、リクエストが多いです。
> 22秒あたりから曲が始まります。

ありゃあ、なかなか良い曲ですね!私、こういう中近東系の音楽結構好きだったりします。
コロンビアのシャキーラもレバノン系でたまにこんな中近東ちっくなリズムの曲があります。
それにしても、イラン生まれのスウェーデンの歌手がインドでビデオ撮影とは、なんとも国際的ですねえ^^


> 廣宮先生、経済討論会、お疲れ様でした。
>
> 上のヨルダンの動画を見て思いました。
> 地中海沿岸に面したアフリカ、中東、南ヨーロッパの国々の論客というのは同じです
> まったく普段はとろくさいのに、こういうときだけ、勇ましいです。
> 基本的にヨルダン人はのんきでいい人です。
>
> 日本の討論会は穏やかな流れで、模範として、地中海沿岸国に見せないといけません。
>
> イランといえば、廣宮先生はアーラシュという歌手をご存知でしょうか?
> イラン人で、スウェーデンに住んでいる人物です。その人の歌がギリシャで人気があり、
> テレビのオープニングや、カフェテリア、エーゲ海のビーチに流れています。
> Boro Boro という曲なんですが、
> 私にはいつも嫌なことがあると「♪~ボロボロダ~」と歌っています。
> 歌手Arashはアーラシュと日本語のウィキにありました。
> Boro Boroの歌の背景撮影がボリウッドのようです。
> ボロボロダ~~のサビに感動します。結構前から歌われていましたが、
> いい曲なので、リクエストが多いです。
> 22秒あたりから曲が始まります。
> http://www.youtube.com/watch?v=3Qpz9OuCqik
>
> さて悲しい知らせがあります。
> あのアナーキスト犬ロウカニコス(現地ギリシャはルカニコス)が
> 心臓麻痺で天国へ行ったようです。
> せっかくスペインのどこかの喫茶店でロウカニコスという名の喫茶店をオープンされたのに寂しいです。

2012/07/10 16:22 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
977:Re: タイトルなし

おれんじさん、

> 以前よりかなり話し方もスムーズになって落ち着いて話されていましたよ~。発言のたびに「がんばれ~」「落ち着いて~」と声を出しながら見てました。もう参観日にハラハラしながら息子を見守る母の気分ですわw。

それはそれはm(_ _)m。

> 途中からあんまり発言のチャンスがなかったですが、新著買いますのでめげないでくださいね!これからも応援しています。

なにせエディ・マーフィー顔負けのマシンガントークな皆さんでしたので^^;。あ、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

2012/07/10 16:26 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
981:サウジを入れると80%

サウジ原油の積出港はアラビア湾のラスタヌラです。ホルムズ海峡が封鎖されたら日本がペシャンコになる恐れが大です。

2012/07/10 20:48 | 世話焼き爺 #fT4uiAoI URL編集 ]
984:

イラクは大量破壊兵器、イランは原爆製造、いちゃもんをつけて戦争をしたがる米国はヤクザのような気がします。オスプレイが日本に配備されることをイランの放送が報じているようですが、私は日本全国の基地に配備されるとなれば山もあるイランに対し何か戦争準備をしているのではないかと感じます。

2012/07/11 23:36 | 匿名 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。