ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

518:三倍の力でISD条項ネジ込めます♪ カナダ、メキシコの加入で&著作権法案はTPP参加の入場料でした♪ - 元アメリカ国務省アドバイザー、かく語りき #TPP

2012/07/13 (Fri) 12:50

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ





※新著、好評発売中! アマゾンでの購入はこちら 



「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)

消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…




“バーチャル立ち読みコーナー”開設しました

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!

こちら










さて、TPPについて、↓のようなJPEGファイルを作ってみました。

これは、あくまでも私の主張ではなく、
アメリカの反TPP
の皆さんの主張ですが…

No_TPP.jpg  









まずは、

先般のカナダ、メキシコのTPP交渉への参加表明を受けて、

アメリカの在カナダ大使館(=米国務省)
米加通商関係のアドバイザーをしていた

Laura Dawsonさん

カナダFinancial Post (以前も出てきたNational Postの経済部門)に投稿した記事をご紹介

要するに、TPPのバリバリの推進派の方の書いた文章です。

なお、文章のニュアンスからすると、カナダ人としてカナダの立場で、という感じです。




TPP: Now the hard part
TPPは、もはや現実的な問題

Only bloc that would give us access to growing markets
成長市場へのアクセスを与えてくれる唯一の経済ブロック

http://opinion.financialpost.com/2012/06/21/tpp-now-the-hard-part/
Laura Dawson, Special to Financial Post Jun 21, 2012

For weeks, speculation had run wild on Canada’s prospects for an invitation to the Trans-Pacific Partnership free trade negotiations, but the results, in the end, unfolded according to script
この数週間、カナダのTPP交渉への招待の見込みについて、さまざまな憶測が流れていたが、結果は筋書き通りの展開となった。




On Monday, Mexico gets the nod from Obama and the rest of the TPP parties.
月曜、メキシコはオバマ大統領および他のTPP参加国から承諾を得た。

Canadian observers wring their hands.
カナダはそれをやきもきしながら眺めていた。



On Monday night (at midnight, no less) the House finally passes the copyright bill.
月曜の深夜、カナダの下院は著作権法案を遂に可決した。

This provides the Americans with the minimal conditions they require to admit Canada.
このことが、カナダをTPP交渉参加国として認めるための最低限の条件を、アメリカに提供した。

By Tuesday afternoon it is hearty handshakes all around as Canada becomes the newest TPP negotiating party.
火曜日の午後、カナダは新しいTPP交渉参加国となり、心のこもった握手がそこかしこで交わされた。



Was supply management a red herring?
供給管理制度(カナダ独特の農業保護制度)は、単なる「目くらまし」だったのだろうか?
(著作権法案が通っただけで参加を許されたということは、農業保護政策は問題にならない、ということだったか?)

Not as far as New Zealand is concerned.
ニュージーランドに関する限りでは、そうではない。
(農業保護政策も問題になる)

The kiwis are still not comfortable sharing a table with agricultural protectionists, but the reality is that many other TPP states will have agricultural no-fly zones that they will want to protect as the negotiations progress.
ニュージーランド人は、農業保護主義者が交渉のテーブルにつくことに、いまだ不快
のままである。
しかし、現実には、ほかの多くのTPP交渉参加国は、交渉の進展につれて「農業の飛行禁止区域(農業保護)」を持とうとするだろう。

In a statement following Tuesday’s announcement, New Zealand’s trade minister emphasized the positive effect that the new entrants will have on a TPP membership decision by Japan, the real prize for many of the countries involved.
火曜日に発表された声明によれば、ニュージーランドの貿易大臣は、新しいTPP参加国を加えたことは、日本の意思決定にポジティブな影響を与えるだろうと強調している。
日本こそ、多くのTPP交渉参加国にとっての、本当のprize(ご褒美、賞、景品)である、と。





日本の参加こそ




 the real prize

 真のご褒美




って、あんた…。




日本が交渉参加を表明すれば

「カモネギ、キターーーッ \(^o^)/」

ということなんですかね、やっぱり^^;




っていうか、

「著作権法案がカナダのTPP参加の最低条件」

って、なんでしょう?

そういえば

先日、日本でも著作権法の一部改正案、国会で可決

していましたよねえ。


6月27日にその可決法案が公布されています。




著作権法の一部を改正する法律について(通知)
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/1323510.htm

24庁房第91号
平成24年6月27日

文部科学副大臣
高井美穂

「著作権法の一部を改正する法律」が第180回国会(常会)において成立し、平成24年6月27日に平成24年法律第43号として公布されました。





これってひょっとして、カナダ同様

「著作権法案が日本のTPP参加の最低条件」

としてアメリカが要求していた
、ということなんでしょうか???



聞いてないよ~

 (野田総理にソックリといわれるダチョウ倶楽部・上島竜兵氏風に)







そして、これに先立つ6月半ばの、例の

ISD条項リーク

を意識した、と思われる記述があります。


It seems a no-brainer that the U.S. would eventually support bringing Canada and Mexico to the table.
最終的にカナダとメキシコが交渉のテーブルに付くことを米国が支援することについて、障害は無いように見える。

The three NAFTA partners have already reached agreement on issues that are causing the U.S. grief at the TPP, such as investor-state dispute settlement.
このNAFTA三国は、ISD条項など米国のTPPにおける悩みどころついて、すでに合意済みである。

The presence of all three triples the support for the U.S. position.
この三国によって米国の立場への支援が三倍になるのだ。

Also, a negotiation that does not include Mexico and Canada poses major logistical challenges in determining trade preferences linked to national origin.
さらには、メキシコとカナダを含まない貿易交渉は、原産国ルールに関連する貿易特恵の決定の点において、物流に大きな障害をもたらす。

If, for example, the TPP partners grant duty-free treatment to U.S.-made cars, it will be very difficult to find American vehicles that don’t have significant Canadian and Mexican content, owing to the NAFTA automotive agreement.
例えば、TPP参加国が米国製自動車の関税撤廃をした場合、NAFTAの自動車協定の影響によってカナダやメキシコの重大な関与のないアメリカ製自動車を見つけることは極めて難しい、ということになるだろう。

A strong NAFTA bloc within the TPP improves the competitiveness of all three countries in new Asian markets.
TPPに入ることで、強力なNAFTA経済ブロックは、このNAFTA3国の新興アジア市場における競争力を改善することになるだろう。





TPPの恩恵を最大限受けようとすると、
アメリカにとっては、カナダやメキシコが入ってもらわないと困る。

カナダにとっても、アジア市場へのアクセスを拡大するためには、TPPに入れてもらわないと困る。

→アメリカは、とりあえず農業問題は置いておいて、
 著作権法案の可決を最低限の条件としてカナダに課し、
 カナダはこれをクリア


問題になっているISD条項問題も、カナダ、メキシコの加勢により、三倍の力で推し進めることができる、と。

現在、交渉参加国の中で唯一ISD条項に反対している、オーストラリアは、この三倍の力で、見事に押し切られるんでしょうか?


そして、

日本は多くのTPP交渉参加国にとって「the real prize 真のご褒美」


カナダの農業にとっても、
前々回ご紹介しましたように、カナダ政府の内部文書では

カナダはTPPのほとんどの参加国とすでにFTAを結んでおり、日本が入らなければカナダ農業がTPPで大きなメリットを得ることはない。

という趣旨のことが書かれています。






さて、先般、ツイッターでご紹介した

鈴木宣弘・東京大学教授による、

「日本政府、8月に正式参加表明へ」報道に関する、緊急メッセージ
http://notpp.jp/2012_07_11_Prof_Nobuhiro_Suzuki.html

を改めてご紹介しておきたいと思います。


「実務レベルでは、水面下で、

 米国の要求する『入場料』ないし『頭金』

 支払いの交渉は着々と進んでいます」




※かなり長い(A4で24ページ!)ですので、

 
PDFバージョン

 のほうが読みやすいかと思います。

 また、「時間がないけど、読んでみたい」と思われる場合は、
 最初と最後の部分だけでも、かなり興味深い内容です。











 日本のTPP交渉参加が、

 『多くの参加国にとっての

  the real prize 真のご褒美』

 って、そのまんま過ぎて

 ワロタ\(^o^)/



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう




新著、

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

アマゾンでの購入はこちら

詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら

「国の借金」カバー表面

「新常識」後ろ

 

「新常識」表紙裏
関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(4)トラックバック(0)|

≪前の記事 モンサント擁護法案(?) - 米下院で今月23日に採決される見通し + 米下院議員(民主党)いわく、「“自由”貿易協定は合衆国の主権侵害」 #TPP
≫次の記事 世界史上空前の大復活:アメリカのわずか30分の1から始まった戦後日本経済の奇跡  《「国の借金」新常識》バーチャル立ち読みコーナー開設しました+「企画こぼれ話」も

コメント

989:悪夢です

鈴木先生の緊急メッセージ読みました。

日本は多くのTPP交渉参加国にとって「the real prize 真のご褒美」

実務レベルでは、水面下で、米国の要求する『入場料』ないし『頭金』支払いの交渉は着々と進んでいます。

恐ろしすぎます!!

役人だろうが政治家だろうが誰もTPPの被害から逃れることは出来ないのに一体何を考えているのか???

今から我々に出来ることはないのか??政治家は何をしているのか?!

そういえば谷垣さんはTPP反対を明言できませんでしたね…。安部さんもできませんでした。ということは自民党にも期待は持てない訳で。

どうしたら良いんでしょう!?これは「塞翁が馬」と言うには恐ろしすぎます!

とりあえずTPP反対の議員さんにメッセージを送ってデモに参加しようと思いますが。

応援クリック。

2012/07/13 19:25 | おれんじ #- URL [ 編集 ]
990:

おれんじ様

谷垣さんや安倍さんの本心はわかりませんが、自民党としてはTPP参加に対して条件を付けています。
実質拒否と同義の条件ですので、賛成派も丸め込んだ大人のやり方ではないかと思われます。
ただし、この条件を譲歩させないようにする必要はあります。

2012/07/13 21:13 | alt #WCSj23LI URL [ 編集 ]
992:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/14 00:37 | # [ 編集 ]
993:

水面下で自動車企業も妥協しているようですし、日本が今度参加を表明をしたらアメリカから許可される可能性も大きくなってきました。
また、産経が8月参加の記事を書いただけで他の新聞は沈黙しています。野田総理も電話で参加を既成事実化しようとしているのでやや産経が先走ったと見るべきか他のマスコミが国民の反発をそらそうとしているのか等、考えは尽きませんが昨年11月より切羽詰った状況になっていると思います。
大体何故野田内閣はそこまでアメリカに依存するのでしょうか?アメリカに全てを任せれば安全だと未だに思っているのでしょうか?破綻寸前の今のアメリカの状況を考えればこのTPPは日本に輸出したい、日本の資産を狙っていると考えるのが当然なのに目を背けて国民に全てを負担させようとする姿勢は売国奴あるいは国賊以外の何者でもありません。
TPPも報道は抑えられていますが今が正念場のように思います。まずは本記事が削除されても消されないようにIT拡散をします。

2012/07/14 12:40 | さくらんぼ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。