ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

519:モンサント擁護法案(?) - 米下院で今月23日に採決される見通し + 米下院議員(民主党)いわく、「“自由”貿易協定は合衆国の主権侵害」 #TPP

2012/07/14 (Sat) 15:43

政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
 

 
人気ブログランキングへ





※新著、好評発売中! アマゾンでの購入はこちら 



「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)

消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…




“バーチャル立ち読みコーナー”開設しました

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!

こちら










さて、TPPについて、↓のようなJPEGファイルを作ってみました。

これは、あくまでも私の主張ではなく、
アメリカの反TPP
の皆さんの主張ですが…

No_TPP.jpg  



 
RT.comでモンサントの記事がありましたので、ご紹介。

※RT(ロシア・トゥデイ)はあくまでもロシアのメディアなので、その点、割り引いて読むことをおすすめします。


Monsanto rider: New bill could make biotech companies immune to courts
モンサント付加条項: 新しい法案によってバイオ企業が裁判所からの影響を受けずに済むようにできる可能性も
http://rt.com/usa/news/monsanto-bill-immunity-court-862/
RT.com  11 July, 2012

If passed, an amendment in the Agricultural Appropriations Bill will not just allow, but require the secretary of agriculture to grant permits for planting or cultivating GM crops – even if a federal court has given an injunction against it.
可決されれば、
農業歳出法の修正法案は、
仮に裁判所の禁止命令が出たとしても、
遺伝子組み換え作物の栽培を許すだけでなく、
農務長官にその遺伝子組み換え作物の栽培許可を出すよう要求することになるだろう。



Basically, all Monsanto and other biotech companies have to do is ask and the industry gets its way.
基本的に、モンサントやその他のバイオ企業が彼らの道を進むためにやるべきことは、要求することだけ、ということになる。

Issues like crop contamination, damage to farmers or consumers, courts orders or USDA studies all go out the window and the biotech industry cashes in.
作物の汚染や、農家や消費者への損害に関して、裁判所命令や、米国農務省による調査は、完全に脇に追いやられ、バイオ企業はそれに乗じて金儲けする、ということになる。


Organizations like Food Democracy Now are in a panic, calling all to petition against the bill, which they say “fundamentally undermines the concept of judicial review and would strip judges of their constitutional mandate to protect consumer rights and the environment, while opening up the floodgates for the planting of new untested genetically engineered crops, endangering farmers, consumers and the environment.”
Food Democracy Now のような団体はパニックに陥っており、
「基本的には、司法権の侵害であり、消費者の権利や環境を守るために憲法が裁判官に与えた権限を丸裸にするものであり、一方で新しい試験を受けていない遺伝子組み換え作物の栽培の水門を開き、農家や消費者や環境を危険にさらす」
として、
この法案に反対する陳情を行うよう全面的に呼びかけている。


Representative Peter DeFazio has been trying to push through an amendment that would kill the havoc-wreaking rider. He has the support of organizations like Organic Consumers Associations, Center for Food Safety and others. Their warnings have been circulating the web, gathering attention and support – but will they be enough to sway the House?
Peter DeFazio議員(民主党 オレゴン 下院議員)は、大惨事をもたらす付加条項を削除する修正を押し通そうと頑張って来ました。

He has the support of organizations like Organic Consumers Associations, Center for Food Safety and others.
彼は、Organic Consumers AssociationsやCenter for Food Safetyその他の団体からの支持を得ています。

Their warnings have been circulating the web, gathering attention and support – but will they be enough to sway the House?
彼らの警告はウェブ上で出回っており、注意喚起と支持を集めていますが、下院を動かすのに十分でしょうか?




ここで

Peter DeFazio下院議員について。

議員の公式ホームページによれば、


As a member of the House Trade Working Group, DeFazio has been a leader in fighting "free" trade agreements that have led to massive job loss, the withering of the U.S.
manufacturing base, soaring trade deficits ($497 billion in 2010 alone), and the erosion of U.S. sovereignty, among other problems.
下院のTrade Working Groupのメンバーとして、DeFazio 議員は、大量失業、米国製造基盤の衰退、巨額の貿易赤字による苦しみ、米国の主権の侵食、その他の問題をもたらしている「自由」貿易協定と戦うリーダーであり続けてきました。

He has voted against every free trade agreement and was a lead opponent of NAFTA.
彼はすべての自由貿易協定に反対票を投じ、NAFTA反対派の先頭に立って来ました。

とのことで、バリバリの反自由貿易派です。


また、

Organic Consumers Associations

と言えば、以前もご紹介したアンチ・モンサントの特設ページ

Millions Against Monsanto

を掲げている団体であります。







But how has such a rider even made it on to the Agricultural Appropriations Bill?
しかし、いかにしてこのような付加条項が、農業歳出法案の中に作られたのだろうか?

According to Tom Philpot of Mother Jones, agricultural sub-committee chair Jack Kingston is responsible for inserting this pro-industry provision, which, many argue, has nothing to do with agricultural appropriations.
Mother Jones誌(米国の労働団体関係の雑誌)のTom Philpotによれば、農業小委員会の委員長ジャック・キングストン下院議員(ジョージア 共和党)によってこの農業の歳出とは何の関係もない「業界に有利な条項」が挿入されたという。

Interestingly enough, Kingston was also voted “legislator of the year for 2011-2012″ by none other than the Biotechnology Industry Organization, whose members include Monsanto and DuPont.
キングストン議員は、他でもない、モンサントやデュポンをメンバーに持つバイオテクノロジー産業機構によって「立法者オブ・ザ・イヤー 2011-2012」 に選ばれていた、ということは非常に興味深い。




確かに、Biotechnology Industry Organization (BIO) のホームページを見ると、


Representative Kingston Honored as BIO Legislator of the Year
キングストン議員、「立法者オブ・ザ・イヤー」の栄光に輝く

とあります。





The media is speculating that the House of Representatives will vote on the bill on July 23rd, after allegedly delaying the issue twice earlier this month.
Mother Jones誌は、7月23日にこの法案の採決が下院で行われるものと推測している。なお、今月の初めにこの法案は、2度も審議を延期されていると伝えられている。

But one thing is certain – if passed, this one line in a 90-page document will mean Frankenfood for consumers, losses for farmers and huge profits for biotech companies that don’t appear to care much for anything else.
しかし、一つ確かなのは、もし可決されれば、この90ページの文書は、消費者にはフランケン・フード(遺伝子組換え食品のスラング)を、農家には損失を、儲けること以外はあまり気にしていないバイオ企業には巨額の利益をもたらすことになるだろう。




最後の最後の部分はちょっと言い過ぎの感もなきにしもあらず、ですが、

2度も審議が延期されている、というのが本当であれば、やはり、議会では揉めに揉めている、ということなのでしょうか。






一応、その問題になっている農業歳出法案についてみてみましょう。

06.19.12 FY 2013 Agriculture Bill - Full Committee Draft
農業歳出法案

米下院 歳出委員会 ホームページより)




たぶん、問題の箇所は↓ここです(p.86)。

全訳はキツイので、重要そうな箇所を赤太字で表示した上で、下で要約します。


SEC. 733. In the event that a determination of nonregulated status made pursuant to section 411 of the Plant Protection Act is or has been invalidated or vacated,
the Secretary of Agriculture shall, notwithstanding any other provision of law, upon request by a farmer, grower, farm operator, or producer, immediately grant temporary permit(s) or temporary deregulation in part, subject to necessary and appropriate conditions consistent with section 411(a) or 412(c) of the Plant Protection Act, which interim conditions shall authorize the movement, introduction, continued cultivation, commercialization and other specifically enumerated activities and requirements, including measures designed to mitigate or minimize potential adverse environmental effects, if any, relevant to the Secretary's evaluation of the petition for non-regulated status, while ensuring that growers or other users are able to move, plant, cultivate, introduce into commerce and carry out other authorized activities in a timely manner:

まず、下準備として、

Plant Protection Act 植物防疫法

411

SEC. 411. REGULATION OF MOVEMENT OF PLANT PESTS.
病虫害の移動規制
農務長官が許可したもの以外の植物の病原菌や害虫の輸出入や国内移動の禁止)

412条

SEC. 412. REGULATION OF MOVEMENT OF PLANTS, PLANT PRODUCTS,
BIOLOGICAL CONTROL ORGANISMS, NOXIOUS WEEDS,
ARTICLES, AND MEANS OF CONVEYANCE.
植物、植物由来製品、生物学的防除用生物、害草の移動および輸送手段の規制
(農務長官が許可したもの以外の植物等の輸出入や国内移動の禁止)

となります。

で、
農業歳出法案のほうで、

植物防疫法の411条(
病虫害の移動規制)に基づく規制対象外の決定が、
 無効とされることがあった場合に、
 農務長官は、
 他の法律の規定に関わらず、
 農家、栽培者、農場管理者、生産者の請求に応じ、
 
植物防疫法411条の(a) もしくは 412条の(c)と矛盾しないことを条件として、
 速やかに一時的許可もしくは、
 一時的な部分的規制除外を与えなければならない。

 その暫定条件は、移動、導入、継続的栽培、商的活動…を許可しなければならない。


というようなことが書いてあります。

「無効とされることがあった場合」
=裁判所命令による規制があった場合


ということでしょうね、おそらく。

そして、

「農務長官は、
他の法律の規定に関わらず、
農家、栽培者、農場管理者、生産者の請求に応じ」


つまり、農務長官は、例えば、モンサント関係者の請求に応じ、他の法律の規定=裁判所が禁止命令の根拠とする法律の規定に関わらず、速やかに一時的な許可を出さなければならない

と、いうことでしょうか。



なお、細かいところ、例えば、

・植物防疫法の411条(病虫害の移動規制)に基いて農務長官が遺伝子組換え作物の栽培許可を出せるのか?

というのは、私はよく分かりません。しかし、

農務長官が許可した植物以外の栽培を禁止する植物防疫法412条について、この農業歳出法案に記載がある

ので、多分、これが今回、問題になっている箇所だと思います。



そして一応、この条項には以下の但し書きが付いています:

Provided, That all such conditions shall be applicable only for the interim period necessary for the Secretary to complete any required analyses or consultations related to the petition for non-regulated status:
ただし、これら全てのは、農務長官が、規制対象外を求める陳情に関連する必要な分析や協議を完了させるまでの一時的な期間にのみ適用される

Provided further, That nothing in this section shall be construed as limiting the Secretary s authority under section 411, 412 and 414 of the Plant Protection Act.
ただし、
本条は、農務長官の植物防疫法411条、412条、414条に基づく権限を制限することは一切ない。



ということで、法案の問題箇所についてまとめる
↓こうなるでしょうか。


農務長官の許可がある作物について、
裁判所の栽培禁止命令が出た



農務長官はその作物の栽培の継続の陳情を受ければ、
分析や協議が完了するまでの間、
栽培許可を出さなければならない

…ということは、

その分析や協議の結果、最終的な許可の判断はこれまた農務長官がするので、
裁判所命令の効果が無くなる

ということになろうかと思われます。


ということは、

一旦、農務長官が許可を出せば、裁判所が覆すことが絶対にできない

ということなんでしょうか。

きっと、反対派はそこを問題にしているのですね。





ところで、

米国民主党オレゴン選出のDeFazio下院議員公式サイトの記述をもう一度:


"free" trade agreements that have led to ...

the erosion of U.S. sovereignty




合衆国の主権侵食をもたらした


「自由」貿易協定


と書いています。

これ、普通に爆弾発言ではないでしょうか。

ちなみに、その「公式ホームページ」とは

政府が用意している各議員の公式ホームページです。









 TPP はアメリカだけでなく

 the erosion of Japan sovereignty

 日本の主権侵食


 でもある、ということか?




と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう




新著、

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

アマゾンでの購入はこちら

詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら

「国の借金」カバー表面

「新常識」後ろ

 

「新常識」表紙裏
関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 TPP世論調査:大手メディアとニコニコの調査を平均すれば賛否拮抗 → 反対の声を広めるための反対論をまとめてみました♪ #TPP
≫次の記事 三倍の力でISD条項ネジ込めます♪ カナダ、メキシコの加入で&著作権法案はTPP参加の入場料でした♪ - 元アメリカ国務省アドバイザー、かく語りき #TPP

コメント

994:

TPP はアメリカだけでなく日本の主権侵食でもある、ということか?

→その通りだと思います。

オレゴンはリベラルな州ですから、こういう議員さんを応援する方も多いのでしょうね。反自由貿易主義、反モンサント!の議員さんと協力していきたいですね。

いつも私ばっかりですいませんww。応援クリック。

2012/07/15 00:16 | おれんじ #- URL [ 編集 ]
996:Re: タイトルなし

おれんじさん

> いつも私ばっかりですいませんww。応援クリック。

とんでもありません!いつもありがとうございます!!!

そして、他の皆様もコメントありがとうございます(近頃はすべてのコメントに返信することができておらず、すみませんですm(_ _)m)


2012/07/15 15:52 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
999:

廣宮さん、コメントありがとうございます(赤面)!

何かいつも私ばかりコメントしているようで恥ずかしかったのですが、TPPの件についても他の件についても、ここでした得られない貴重な情報と分析が述べられていて、本当に勉強になっています。

孫子の兵法の推薦文にも書かれておられましたが、事実を正確に把握し、分析する事がいかに大切か、いつも煽られたり流されたりしやすい私は痛感させられます。これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

2012/07/15 21:29 | おれんじ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。