ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

533:消費増税: 附則18条、実は「TPPで成長(笑)」の40倍の成長を狙う野心的な成長目標となっています♪

2012/08/09 (Thu) 18:17
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
 アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら










さて、本題です。


消費税、ついにヤマ場となって参りました…






野田首相、総選挙を「近いうち」に実施―消費税増税支持の見返りに
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_491694
ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)日本版  2012年 8月 9日

野田佳彦首相は8日夜、自民党の谷垣禎一総裁と会談し、消費税増税関連法案への支持取り付けの見返りに、総選挙を近いうちに実施することを約束した。
この結果、消費増税法案をめぐる政局の混乱は収拾され、高まっていた日本の財政の悪化懸念も収まった。







これまで書いてきました通り、
私は消費税増税は「条件付き黙認」です。

積極的賛成では決してありませんが、

増税法案の附則第18条を順守し、増税以上の財政出動によってデフレ不況の脱却を図るのであれば、あえて黙認、という具合です。


しかし、

WSJの記事、増税が明日にも決まりそうなので

「高まっていた日本の財政の悪化懸念も収まった。」

としているのはいかがなものでしょうかねえ。



消費税を5%分上げたからと言って、1%は最大でも2兆円程度(国税のみ。詳細はこちら)なので、最大でも10兆円の増収にしかならず、単純に増税するだけで財政出動なしなら、ほぼ間違いなく景気悪化でその10兆円も取らぬ狸の皮算用に終わります。

今年度、政府の一般会計の財政赤字は44兆円の見込み平成24年度当初予算案)なので、10兆円の税収が増えたからと言って、

「高まっていた日本の財政の悪化懸念も収まった。」

などと、なぜ言えるのでしょう?



大体、財政黒字でも破綻した国の例はいくらでもありますので、「財政赤字の何がそんなに心配でんねん?」という話です。


消費税が決着するのであれば、話題にすべきは

×44兆円の赤字が34兆円に減るかも知らないのでマンモスうれぴーとか、
 そんなチマチマした話ではなく、


○附則18条の目標「2011年から2020年までの平均年間成長率を名目3%、実質2%」
 をいかにして達成するか


というもっと前向きで大きな話を話題にすべきであります。



さて皆さん、10年間、平均で3%、というのはかなりの金額になります。

ちなみに、普通、成長率で「平均」というからには、これは複利ベースの話になります。


さて、内閣府「国民経済計算」の2010年度確報によりますと、

2010年度の名目GDPは479兆円です。

これを、毎年3%複利で10年間増やすとどうなるか?

479兆円×(1.03^10)= 644兆円

GDPを10年で164兆円増やすぞ!

という目標なんですね、これ。



もし、「いや、すみません。実は複利ではなく単利ベースです」ということだったとしても、

479兆円×(100%+3%×10) = 479兆円×1.3 = 623兆円

となり、これでもGDPを10年で144兆円増やすぞ!ということになります。


TPPの「10年で2.7兆円」というチンケな話とは雲泥の差です。





TPP経済効果、10年で2.7兆円 政府が見解
http://www.asahi.com/business/update/1025/TKY201110250694.html
朝日新聞 2011年10月25日

内閣府は25日、環太平洋経済連携協定(TPP)に参加した場合、実質国内総生産(GDP)を10年で2.7兆円押し上げる経済効果があるという政府の見解を示した。






ああ、TPPの試算は実質ベースでしたね。

実質でも消費税増税法案の附則18条の目標は平均2%ですから、これでも10年で100兆円増、となります。

複利でも単利でも100兆円前後となります。ただ、実質の成長率で単利ということはまずありえませんが。


附則18条はTPPの約40倍もの成長を目指す、野心的な取り組み(!)というわけです。


まあ、TPPの試算は「やった場合は、やらなかった場合に比べて」というような計算だと思うので、単純にそういう言い方をするのは若干違うかも知れませんが、

附則18条の成長目標に比べれば、本当にチンケな話です。



それと、さっきの「消費増税で財政赤字が毎年10兆円減るかもしれない(たぶん10兆円は無理)」という話ですが、これも附則18条の名目の成長目標の累積と比べれば、ほんとうにチンケな話です。


仮に、政府(+日銀)が有効な成長政策を打ち出せず、名目GDPが横ばいを続けるとします。
落ちないだけマシであり、政府が何もしないというのにGDPが落ちないとするのは、むしろ甘い見通し、というレベルの仮定です。


この横ばいモデルに比べると、附則18条の名目GDPの成長目標は、なんと、10年間の累積で866兆円の名目GDP増加となります。


附則18条成長モデル(名目)


「10年間の累積で866兆円の名目GDP増加」というのは、

上のグラフの青の線(附則18条の成長目標)と、赤の線(横ばいモデル)の三角形の面積で表されます。


1年あたり87兆円の話です。

1年あたり最大でも10兆円の「赤字縮小」というような話がいかにチンケな話か、ということが分かると思います。

TPPはそれよりもさらにチンケな話で、どうでもいい話、ということになります(それは言い過ぎか)。





 チンケな財政再建の話とか

 チンケなTPPで成長(笑)の話とか

 そんな後ろ向きのケチ臭い話よりも、

 『10年間の累計で866兆円GDPを増やすぜ!』

 という附則18条のゴージャスな話をしましょうぜ、

 マスメディアの皆さん!!



と思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087


関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(5)トラックバック(0)|

≪前の記事 #TPP 衝撃!「全参加国で同じ労働条件を目指す」とUSTR次席代表が下院公聴会で認めていた!要するに日本企業も米国並みにバシバシ解雇可能になるということか?
≫次の記事 日本破綻論の心理分析:「信念の形成過程」の観点から「日本破綻論」を考察+世界の歴史を見ればネガティブな事柄はポジティブな結果を引き出す刺身のつまのようなものだと分かります

コメント

1050:三党合意を巡る攻防

廣宮さんコメント先程読みました!ありがとうございます!

しかし政治家は目指されないのですね・・もったいない・・
ですがAJERに出演されてるみなさんもそれぞれの形で
社会に情報を発信したり、共に考えたりといろいろな方法
(会社や研究会などを作る)で活躍されてますから、
廣宮さんの今後の活躍や活動、楽しみにしてます!

三党合意の攻防ですが、民主党の輿石氏が「総裁が代わった場合、
合意は無かった事になる」みたいな事を言ったには、さすがの
私も頭に血が上るのを実感しました・・。ですが民主のいい加減さ
もピークに達し、鳩山グループへの火付け効果もあった筈で、
あとは麻生さんの発言「16日からは決戦だな」の対決姿勢が
もっと自民内で拡がって、解散要求+その前に谷垣総裁を代えよう圧力
の高まりを祈って止みません、、なんとか積極財政のできる総裁の誕生
で日本が元気になってほしいです・・。

2012/08/09 23:18 | もふもふ #- URL [ 編集 ]
1053:

附則の目標を『誠実に』判定すれば、現実的には平成26年4月から増税、っていうのは無理無理だと思いますが。マスゴミは、早くも自動的に増税、って話に持って行こうとしてますが、やはり努力目標だと時の政権に良い様に解釈されてしまう可能性が大きいですかね~、民主が万が一、時の政権であれば、間違いなくデフレ下でもこの附則を無視して増税すると思います。

2012/08/10 20:36 | 素浪人 #z8Ev11P6 URL [ 編集 ]
1054:

いつも有意義な内容をありがとうございます。

附則18条の真の意味というか威力を、明白に理解出来ました。
この附則18条が現実に存在している事に拍手♪


2012/08/11 01:39 | 白珠 #- URL [ 編集 ]
1055:サラリーマンの所得

いつもためになることを教えていただきありがとうございます。
国の成長に関して、GDPという面と一般企業で働く会社員の給与というものをいつも考えてしまいます。これまでも低成長といえ、GDPは増えているのに、サラリーマン給与が減っている。この問題はどのようにとらえればいいとおかんがえでしょうか?…付則通りの成長ならサラリーマンの給与も大幅に上がるから問題なし!なのか、結局一部の金持ちが潤うだけなのか?そこら辺が気になります。低所得者対策ありきで増税はあり得ないと思いますし。対策をされた人々は働く気を無くしていくような気がしますし…そのあたりよろしくお願いいたします。

2012/08/12 01:02 | のりじい #JalddpaA URL [ 編集 ]
1057:長期建設国債、大至急発行

チンケな話よりゴージャスな話、大賛成です。
なによりも長期建設国債発行で国土強靭化が急ぎです。
07/27の岩手県普代村 15.5m防潮堤の話、感動です。

2012/08/12 15:54 | 新潟県民 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。