ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

546:財務省の陰謀?-「国の借金」という言い方について

2012/09/15 (Sat) 17:06
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら







↓このようなコメントを頂いたので、「国の借金」という言い方について少々書いてみたいと思います。

---
その本を買えば、きちんと説明が有るのかもしれませんが、政府の借金を国の借金と言ってるのは財務省の手先のような悪質なミスリードに感じます。
---

恐らく、「政府の借金を国の借金と言っている」ことをよく問題にされている三橋貴明さんのことを念頭に置かれているのではないかと思われますが、

その三橋さんに「国の借金」問題についてお教えしたのは、ほかならぬ、この私です。



それは、2009年2月の私の「国債を刷れ!」出版前後の三橋さんのブログや、あるいは、私が三橋さんの要請で監修させて頂いた三橋さんの著書「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」とそれ以前の三橋さんの著書(たとえば、「ドル崩壊!」など)を読み比べて頂ければ、良くお分かり頂けることと思います。






私が発案し、そして、ありがたいことに三橋さんが盛んに取り上げて世の中に広めて下さっている「国家のバランスシート」(私の原案の呼び方は「国全体の連結貸借対照表」)は、私が苦心して税理士試験の「簿記論」や「財務諸表論」の勉強をしたことによって生み出されたものであります。

このようにして会計に関する専門的知識の獲得することでようやく、「ああ、マクロ経済というのは、全経済主体の連結決算か!」と気づくことが出来たのです。

この税理士試験のうちの「簿記論」や「財務諸表論」という科目の試験に合格するための勉強量、苦労の度合いは、元来が工学部出身の私にとっては、大学受験のために要した努力の数層倍の努力が必要なものでした。

それだけの苦労をした上で、「国家のバランスシート」(「国全体の連結貸借対照表」)にようやくたどり着いたのです。



それで「政府の借金を国の借金と言ってるのは財務省の手先のような悪質なミスリードに感じます」のように私が言われてしまうとは、何とも残念でなりません。





なお、私が「国家のバランスシート」(「国全体の連結貸借対照表」)にたどり着くためには、日本経済復活の会会長の小野盛司さんや、丹羽春喜さんがネット上で「国の借金」問題について発信し続けておられたことや、河村たかし名古屋市長が周囲の否定的反応を恐れず、勇気を奮ってテレビで繰り返し発言していたこと、あるいはその他大勢の皆さんの努力があったからこそでもあります。





なお、「国」という言葉は、

例えば、

を相手取り損害賠償を求める訴訟を地裁に起こす
(出典:読売新聞 2012年9月13日 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20120912-OYT8T01523.htm

のように政府を意味する言葉でもあります。


大辞林 (三省堂)にも、

(地方自治体に対して)中央政府。

を意味するとあります。


だから、一般政府(中央+地方+社会保障基金)を指すのは多少誤りかも知れませんが、「国の借金」という場合の「国」というのは政府を意味するものであり、根本的に国語として間違い、というわけでも無いものと思われます。





また、本のタイトルで「『国の借金』新常識」としているのは、「『政府の借金』新常識」というタイトルでは、世の中の多くの人々にとって、ピンと来ないからです。

世の中の多くの人々に読んでもらおうとするならば、やはり「『国の借金』新常識」が適正であるものと考えられます。当ブログ名もその意図で現在のようになっております。

なお、このタイトルには「『国の借金』という言葉のもつ悪い響きそのものを消滅させてしまおう」という意味を込めています。それを是非とも汲み取って頂ければ幸いです。






 『国の借金』は良い、

  正しく増やし、正しく使われれば、もっと良い



と、改めて思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087


関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(8)トラックバック(0)|

≪前の記事 株式相場の読み方の検討 - あのQE3の張本人、バーナンキFRB議長も、QE3は“財政の崖”の「衝撃による影響を相殺するほど十分強力ではない」と警告!
≫次の記事 米経済、来年失速確実か? - 大統領選によらず下院は共和党過半数確実の見通し(日経報道)で、アメリカの超緊縮財政&来年の景気後退はほぼ確定的!

コメント

1109:

廣宮先生も三橋先生もデフレ脱却という目標、それを達成する為に有効需要を作り出す必要性を訴えるために、国家のバランスシートという考え方を使われ、借金ではない事を示されていると捉えています。

また、タイトルというのはあくまで看板ですから、その本を手にとってもらう為にいろいろ試行錯誤されるだろうし、逆説的になっていたり、多少の誇張があることを差し引いて見るものです。

「国の借金新常識」というタイトルには、財務省のプロパガンダに染まって国(政府)の借金何とかせねば、と言っている方がこの本を手に取り、こういう考え方もあるのかと膝を打つきっかけを作る意図が感じられます。

上記のように苦心されたであろう廣宮先生や出版社の方の御苦労に思いが至るならば、国か政府か、などという重箱の隅を突つく指摘などできるはずはないです。

廣宮先生のような言論活動を頼もしく思い、応援している方はたくさんいらっしゃいます。

私もその一員です。小さな声ではありますが、引続き応援させて頂きます。

2012/09/16 00:11 | gaNeza #- URL [ 編集 ]
1110:

私も最初は国の借金=悪いものなんじゃね??と思っていましたが、廣宮さんのご本を読み進めるうちに借金=悪いものじゃないんだ!という認識に変わりました。

…ていうか、借金のない国なんてないし、なくても破たんするし(爆)。
国の借金が景気に関係する訳ではないんですよね。

誤解を受けることもあるでしょうが、私達も詳しい事は知らないので質問させて頂いていると思います。お気を悪くすることもあると思いますが、お互いが理解を深めるプロセスですのでめげないで頑張ってくださいね。

応援しています。お体良くなったみたいで良かったです(^o^)。

2012/09/16 05:34 | おれんじ #- URL [ 編集 ]
1112:誤解を解くには

やっぱり財務省(←実は上層部の99%が東大“法学部”出)
がTVや新聞で喧伝していった「国の借金を人口で割ると~」
作戦は、敵ながらあっぱれな浸透力でした・・。
政府の財政収支が黒字か赤字か・・と言う国の一部分だけを
取り上げて問題を矮小化するのでなく、国家全体対国家全体
での競争の結果と言える経常収支が黒字なのか赤字なのか・・
またその経常収支黒字の積み重ねである対外純資産が世界一
位である日本がなぜにデフレ脱却の為の財政出動をためらう
必要があるのか・・。TVと新聞だけからしか情報を取れない
人にはなかなか難しそうです。

あと私もずっと心配だったのですが、廣宮さんのブログを初め
て訪れた人が最初に目に入れるであろうブログの条文の2段目
の、「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」の部分が、多分
財政収支と経常収支の違いが解らない人には、「破綻論者だ!」
と早とちりされてしまいそうで心配ではあるんです。。

(「経済学とは何だろうか_現実との対話」と言う書を取り
 寄せで手に入れました。単行本にしては値段が高いなー
 とか思いながら取り寄せたんですが、普通に教科書で読み
 応えがありすぎなかなか読み終わりません・・(笑)
 でもこの書は、廣宮さんやポール・クルーグマンと同じ考え
 に導かれる教科書で(日本では珍しいですよね)読んでいて
 すごく楽しいです。買って良かったですよー。)

2012/09/17 19:18 | もふもふ #- URL [ 編集 ]
1113:アマゾンのレビュー

gaNezaさん、おれんじさん、もふもふさん、コメントありがとうございます。

いや、しかし。今度はアマゾンのレビューで明らかに三橋さんのファンの方が、「『国の借金』新常識」を「トンデモ本」とするレビューを書かれています。
http://www.amazon.co.jp/review/R12IIY9WTE1PNI/ref=cm_cr_rdp_perm?ie=UTF8&ASIN=4774151491&linkCode=&nodeID=&tag=

三橋さんの「グロ韓」のレビュー
http://www.amazon.co.jp/review/RSUVI428989SU/ref=cm_cr_rdp_perm
では「三橋さんの本はいろいろ読んできました。きちんとデータを示してくれて、説得力のある論理展開がいつも素晴らしいです」と書かれているのと同じ方がです!

ちなみに、私、こないだのチャンネル桜の収録のとき、三橋さんから直接聞く機会はなかったのですが、上念さんから「あ、廣宮さんの新しい本、この前一緒に飲みに行ったときに三橋さんが絶賛していましたよ!」と伺いました。つまり、三橋さんのことを絶賛している方が、三橋さんが絶賛している私の本をトンデモ本とおっしゃっているのです。

さて、このレビューの投稿日が2012/9/16、このエントリーの更新日がその前日です。このレビューの投稿が、このエントリーを受けてのことだとしたら…

私はこれまでブログ、また「『国の借金』新常識」でも、日本や世界が平和的調和的繁栄の道に転ずるには「50年、100年はかかる」という推計を書いてきましたが、残念ながら、もはやこれは推計ではなく確信に変化しました。
皆様、長丁場になると思いますが、気長にぼちぼちお付き合い頂ければ幸いの至りであります。


さて、以前、「アマゾンで批判レビューがあれば、それはご質問があったものとしてブログで回答を書きます」というように書いていましたが、このレビューは三橋さんのファンの方によるものなので、本の内容それ自体に触れても何の意味も無さそうです。はて、どうしたものかしら…

2012/09/18 14:56 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1114:

>「三橋さんの本はいろいろ読んできました。きちんとデータを示してくれて、説得力のある論理展開がいつも素晴らしいです」

こんなこと書いてる人が「国の借金新常識」をトンデモ本よばわりですか!積極財政派が天下取れてもこんな敵と味方の区別がつかない人ばかりだったら内ゲバが始まってあっという間に崩壊しますね。こんな調子じゃブログ主がいうように50年、100年かかりそうです。

2012/09/21 09:18 | #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
1115:

>アマゾンで批判レビュー

批判を見るに、三橋氏のファンではなく、I田N夫氏のファンの間違いではないかと、自分の目を疑ってしまいました。
といいますか、批判内容から察するに、本自体まともに読んでないかもしれません。
しかし、三橋さんの本はいろいろ読んできました、とありますが、レビューした三橋氏の本はグロ韓1冊だけなんですね。

もし、このエントリーを受けてのアマゾンでの批判レビューだとしたら、批判した方のメンタル、打たれ弱すぎです。逆に心配になります。

まともな見方は他の方に譲るとして、斜め上の思い付きを言いますと、もしかして離間工作?なんて見方もできたりしますw
何との離間かはわかりませんが。
適当な思い付きなので、本気にしないでくださいねw

2012/09/21 21:38 | alt #WCSj23LI URL [ 編集 ]
1116:

altさん、
ありがとうございます。

> まともな見方は他の方に譲るとして、斜め上の思い付きを言いますと、もしかして離間工作?なんて見方もできたりしますw
> 何との離間かはわかりませんが。
> 適当な思い付きなので、本気にしないでくださいねw

いや、あとからよくよくこのコメント(「国の借金」がどうたらこうたらのコメント)を頂いた方のドメインを調べてみると全く得体の知れないプロバイダーだったので、その可能性無きにしもあらずです。

 ちなみに、もう一人コメント欄とは別にメールフォームで「私は団塊世代」と名乗る、というか名も名乗らず無礼千万な批判を並び立てたメールを寄越したクソッタレがいます。
 このアホ曰く、私は努力が足りないのだとか。三橋さんとくらべてテレビに出ていない、本を出していない、街頭演説をしていないとかなんとかかんとか。
 というか、テレビとか本とか、依頼が来んかったら出るとか出ないとか努力とかまったく関係ないんですけど。それに私、政治家でも何でもないので街頭演説なんてする気ないんですけど…。
 ほんでもってこの人自身は「あなたの本で読んだ内容で私が街頭演説しようと思ったくらい」なんだとか。ちゅうことは、お前は何も行動せずに頭の中で「思った」だけかよ!てな具合です。
 しかも団塊の世代というのが本当なら私より30年も年上の計算になりますが、ほんならこのアホンダラは30年何をしくさっとったんじゃ、何もせずに30年ずっと寝とったんかい、あまり寝ぼけたこと言うてるとこっちは本気で怒り出すぞ、神戸っ子なめてんとちゃうぞこの野郎!と一瞬私自身が殺気立つのを感じましたが、最近はいかにして簡単にかつ、短時間で感情をコントロールすることができるか、という方法の研究開発にやっきになっていたところなので、ちょうどタイミングが良かったです。まあよくよく考えるとこのアホンダラも何かの工作員かも知れません。だとしたらスケール小さすぎ、ですが…。


 さらにちなみに、ですが、最近はお陰様で某有名政治家の方が、テレビに出てて発言がコロコロ変わるのを見ても、ちっとも気にならないようになりました。この人、またおもろいこと言いよるなあ、くらいに思えます。前はテレビで顔が映っているだけでかなりイラついていたのですが…。
 あと、こないだは、蚊に右手の薬指の第一関節のしかもしかも手のひら側をを噛まれたのですが、「気にするのも気にしないのも自分の選択次第である」という具合に考えて、全く気にせずやり過ごすことができていました。昔ならヒイヒイ言ってたところです。

 今回の一連の出来事は、蚊に薬指噛まれる以上のインパクトがありました(笑)が、お陰様で、研究開発をさらに踏み込んで行うことに成功し、今や気分最高です。「怒り」を生じさせる出来事は、自分の心の中に埋めるべき穴があることを教えてくれるシグナルであり、自分の心をさらにより一層改良する余地があったことを教えてくれる、天からのかけがえのない贈り物であります。だから、私はこの方々に心から感謝しています。私の人生にとって非常に重要で、かつ、不可欠なことを教えて下さったからです。

 実はこの研究開発、「『国の借金』新常識」の「おわりに」で「筆者の夢は…この世界からあらゆる種類の対立、あらゆる種類の争いを終わらせることです」と書いて以来、私にとっての最重要・最優先事項となっています。いずれ、少なくとも50人規模の検証データを取ってから、何らかの形で公表したいと思っております。

2012/09/21 22:45 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1125:

感情のコントロールは私にも大きなテーマです。いつも参考にさせていただいてます。

「どんなに過酷な状況に追い込まれようとも,それをどう受けとめるか選ぶ権利は誰にも奪うことはできない」

ヴィクトール・E・フランクルの言葉だそうです。この言葉を思い出しました。


>この世界からあらゆる種類の対立、あらゆる種類の争いを終わらせる

壮大な夢ですね。
人間(の力)をどこまで信じられるか?そこがキーポイントではないかな、と私は感じました。
発表を楽しみにしております。

私は、太陽が膨張して地球を飲み込んだ後くらいに可能ではないかな?と"今は"考えています。
今のままだと、争いが無くなっても、人類が自身を間引きせざるを得ない状況になります。そうなると平和が新たな悲劇を生むかもしれない。それを避けるには、冗談っぽいですが、人類が宇宙に進出しなければならない事態に直面すると思います。
今は完全にSFですけど・・・考え得る可能性の一つではあります。

2012/09/23 10:08 | alt #WCSj23LI URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。