ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

549:是清も「カネよりモノ」だと言っていた - 【金(かね)本位から物質本位の思想へ】:高橋是清『随想録』より

2012/09/22 (Sat) 13:23
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら






私の著書、「『国の借金』新常識」のアマゾン・レビューで興味深い現象が起きています。


「国の借金」大丈夫だ派の急先鋒である三橋さんの本(「グロ韓」)については、

―――
三橋さんの本はいろいろ読んできました。きちんとデータを示してくれて、説得力のある論理展開がいつも素晴らしいです
―――
というレビューを書いているのと同じ人が、

「国の借金」大丈夫だ!と書いている私の著書については、全否定のレビューを書いているという現象です。


しかも、そのレビューの内容が何とも、破綻論者の皆さんによって今まで使い古されたような内容のオンパレード(=三橋氏がこれまでさんざんそれと戦ってきたような内容)だったりします。


ここまで矛盾した行動を取られるのは、何か余程の、人知ではうかがい知れないような深遠な事情があるのか、とも思われます。

しかし、どうやらこの方がこの「全否定レビュー」を書いたきっかけである、当ブログへのコメント

---
その本を買えば、きちんと説明が有るのかもしれませんが、政府の借金を国の借金と言ってるのは財務省の手先のような悪質なミスリードに感じます。
---

を書き込んだ方のドメインが、全く得体の知れないプロバイダー住所等非公開【訂正】その後住所が公開されているのを発見しました)であるため、これらを総合すると

積極財政派に対する何らかの分断工作

の可能性も出てきました。


分断工作であるならば、なかなか良い線行ってるような気もしますが、いかんせん、スケールが小さすぎるようにも思えます。


それはさておき、以前、当ブログで「批判レビューがあれば、ご質問があったものとして回答を当ブログで掲載します」と宣言していたので、その通りにしたいと思います。


ただ、普通に回答を書くだけだと、本の内容をおうむ返しするだけで終わってしまい、常連読者の皆様には実につまらない内容になってしまうかと思います。よって、できるだけこれまで本やブログで書いて来なかった、新しいネタを盛り込んでおきたいと思います。

―――

新常識など書かれていません。奇をてらったトンデモ本です。
http://www.amazon.co.jp/review/R12IIY9WTE1PNI/ref=cm_cr_rdp_perm?ie=UTF8&ASIN=4774151491&linkCode=&nodeID=&tag=
By アイアンフルーツ 2012/9/16

 

面白く読ませていただきました。タイトルおよび内容に矛盾と誤謬がありますので、あえてレビューを書かせていただきます。



何をもって「トンデモ」、「矛盾」、「誤謬」とするかは、主観的問題であり、人によって違うものと思われます。アイアンフルーツさんにとってはこれが正しいのであり、私にとっては、残念ながら違います。




著者自身がよーくご存じのはずなのに、はじめにタイトルありきで、こんな明るい未来の展望みたいな結論にしたのはなぜでしょう。



結論は「おわりに」に書かせて頂いております。
その内容はネット上でもPDFファイルにて公開させて頂いておりますが、かなりの制約条件を付けさせて頂いております。だから、単純に「こんな明るい未来の展望」となっているものではありません。

例えば、

「アメリカ大統領に重大な影響を与えているような『大金持ち』の人々に、何が彼らの本当の利益となるかということを理解してもらい、納得してもらうこと」

と書いてます。これ、読む人が読めば、かなりきわどいことを書いていることがお分かりだと思います。


また、

 私が皆さんと共有したい「夢」の実現にはそれこそ50年、100年以上の長い歳月がかかるかもしれません。

としています。これは、決して簡単ではない、という認識を示しています。




本が売れないと困るから、こういう趣旨の内容にしたのでしょうが、それが理由としたら、無責任で欺瞞的で不誠実の印象はぬぐえません。



もしこの本のタイトル程度で「無責任で欺瞞的で不誠実」だとすれば、世の中の大半の書籍について、その著者や出版社は「無責任で欺瞞的で不誠実」ではなかろうかと思います。

もっともこの問題についても、主観的問題であり、相対的な問題であると思われますが。



著者が指摘しているように、日本国民の預貯金がなくなりつつあるのですから、国債を消化できなくなる日が来ますよ。



残念ながら著者である私は、「日本国民の預貯金がなくなりつつある」と指摘している事実はありません。

例えば、p.107のプレゼン32で以下のようなグラフを提示していますように、民間の金融純資産は政府の金融純負債以上に増えていることを指摘しています。

日本対外純資産


この事実は「国債を消化」する余裕がむしろ増え続けているということを示すものです。




日本は、外国から借金をほとんどしていないから安心などというのは、現在、GDPの2倍の累積債務があるのに円高という説明にはなっても、

将来安心という根拠にはなりません。





事実として、本書ではそのような将来リスクがあることをしっかり示しております。

p.187において
「少子高齢化で働き手が減ることにより、モノやサービス――食べ物、飲み物、電気・ガスなどのエネルギー、医療・介護サービス、医薬品等々、衣食住を維持するために必要なモノやサービス――が足りなくなってしまうことは十分にあり得ます。」

というリスクを指摘し、

「モノやサービスが不足し、国民の生活が成り立たなくなる、という『物流上の破綻』を防ぐことこそ、政府が果たすべき役割です。」

という対策の方針を明確に示しています。

また、この「物不足を防ぐための対策」については、p.189からp.217で29ページというかなりのページ数を割いて説明しておりますので、お手元にある本書を是非お読みください。

また、p.90のプレゼン28、鳥取城包囲戦の「城内はお金だけがうず高く積み上がり、食べ物がない状態に」も併せてご覧ください。


ところで、経済は「カネではなくモノの充実こそ重要」という考え方について、実は高橋是清「随想録」に以下のように書いています

―――
金(かね)本位から物質本位の思想へ



金(かね)さへあれば力を以て弱いものを征服して行った。
しかるに持って帰った金はいつの間にやら余所(よそ)へ取られて仕舞った。
何故に取られたかと云ふとスペインやポルトガルの国は一時金銀の洪水が漲(みなぎ)ったやうなもので、国民は自分が作る絹で満足しないで他国で作ったものを無闇(むやみ)に買入れたためにその代わりに金銀がドンドンと出て行った。

そこへアダム・スミスと云ふ有名な経済学者が百五十年程前に一国として尊ぶべきは金だと云ふが金ではないといった。
金は前に言ふ通り他の国に取られて仕舞へば無くなるのである。
してみれば金よりは品物が大切である。
物資こそ国富の元だから盛んに物資を作らなければならぬ。
物資は即ち金を取るゆゑんであり金ばかり溜めたって役に立たぬから物を作らなければならぬ、如何にして生産を盛んにするかと云ふことが国富の元であると云ふのがアダム・スミスの経済論の骨子である。

それから五十年も後にアメリカのビリュウスと云ふ学者が同じことを唱へてアダム・スミスの言ひ足らなかったところを補って居る。
物資が大切である、物資を作るところの国民の生産力を作らなければならぬ、これが元であると説いたが、その生産力を増進すると云ふことが今日いよいよ各国共に必要を感じて来た時代になって来たのである。

―――

モノが足り続けることこそ、経済の根本であり、生存の根源であります。カネではありません!



著者は、お金を刷ればよいとの言説ですが、民間金融機関に国債買い入れの資金(銀行にとっての借金・国民にとっての預金)がなくなれば、

法改正して日銀に直接国債を引き受けさせるしかありません。そうなっても大丈夫と言えますか? そこが最大の問題でしょう。

お金を刷っても、ハイパーインフレで、国債を保有している個人や金融機関が大損した敗戦直後の繰り返しになりますよ。




「お金を刷ればよいとの言説」ということが著者である私の言説ではありません。上記のようにモノ不足に陥らないようにカネを使わなければ意味がありません。カネだけあってもモノが無ければ人間は生きていけません。


また、法改正しなくても日銀の国債直接引受けは可能です。

財政法第5条では

特別の事由がある場合において、国会の議決を経た金額の範囲内

で認めています。

ちなみに、借り換え国債であれば、実際の実務上、すでに特例として認められています。

つまり、

1.通常の金融調節の範囲内で市中銀行に日銀が資金貸付

2.市中銀行が「1」の資金を利用して国債を政府から買い付け

3.日銀が「2」の国債を市中銀行から通常の金融調節として買入れ

4.「3」で買入れた国債の借り換え国債を直接引受け

という手順を踏めば、
特に新しく国会決議を要することなく、直接引受けは可能となります。

要はやる気、意志の問題です。

また、現在の財政法が成立し、戦後の強烈なインフレが終息した後も、しばらくの間、実は日銀は政府に直接貸し付けをしたり、低利で発売されていた短期国債の売れ残りの直接引受けをやっていましたが、ハイパーインフレにはまったくなっていません。

終戦直後は2発の原爆を食らったのを始め、全国主要都市が爆撃で破壊されていたのですから、激しいインフレにならない方が不思議です。


さて、私の知る範囲で国債直接引受けの代表的な例を挙げると

①第1次大戦のドイツ

②第1次大戦のアメリカ

③第2次大戦の日本

④第2次大戦のアメリカ


となります。

①と③は激しいインフレを引き起こしましたが、②、④、つまりアメリカはちっともハイパーインフレのハの字も起こっていません。

要は、モノが足りるかどうかです。本土の破壊をほとんど受けず、供給能力が毀損しなかったアメリカは、国債の直接引受けをしようが何だろうが、激しいインフレになどならなかったのです。
(この辺り、いずれ参考資料付きでもっと正式な文章を書きます)


よって、

「国債を中央銀行が直接引受ければ必ずハイパーインフレになる」

というのは幻想に過ぎません。



江戸時代は中央銀行が存在せず、通貨は中央政府たる幕府が直接発行していました。
しかし、残念ながら江戸時代にハイパーインフレは起こっていません。

ただし、局地的には飢饉、つまり、物流上の破綻は起こっていましたが。




超円安で輸出代替化効果に望みを托すみたいな単純な復活論理は、国民窮乏の中で起こることなんですよ。。

著者は、論理をすり替えて、破たんした国々は、みんな元気に甦っているかのように言いますが、元気に甦ってはいませんよ。

国民は塗炭の苦しみを味わっています。著者はこれぐらい調べていて、よく知っているのに、これはないでしょう。




理論のすり替えとは何を指すのか分かりかねますが、事実として、ほとんどの国は何度かの「財政破綻」を経験しながら、今日の人類史上空前の豊かさを享受するに至っています。

―――
ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授らの著書『国家は破綻する』には、「対外債務危機は新興市場経済が先進的な経済へ成長する過程で避けて通ることのできない通過儀礼のようなものである」
―――

とあり、また同書に

―――
「国家としての初期段階では、あのフランスでさえ、すくなくとも八回は対外債務のデフォルト(債務不履行)を起こしている。スペインは一八世紀末までは六回で済んでいたが、一九世紀に入ってから八回を記録して、フランスを追い抜いた。このように今日のヨーロッパの大国が新興段階からのし上がる過程では、今日の多くの新興市場国と同じく、対外債務のデフォルトを繰り返している
―――
という記述もあることは、p.30に引用したとおりです。


また、

「破綻→通貨安→回復→破綻前以上の成長」

というのは世界中でお決まりのパターンです。

本書第1章のグラフをすべてお読みかえし頂いた上で、

当ブログ記事

【経済破綻と回復】
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-83.html

も併せてご参照ください。


もちろん、その過程で過度の格差拡大が生じ、それによって破綻を来たしてしまうこともあるでしょう。

格差拡大を防ぎながら成長するための方策については、

お手元にある本書のp.218からp.240をご覧ください。




ただでさえ、財政規律が緩みっぱなしで、自己保身だけの政と官は、これが怖いからこそ増税に走って自分たちの保身と延命に走っているわけです。



増税は財政規律の緊縮化です。



ならば、さっさと破綻したほうがマシという結論なら、納得できますが、どうしてバラ色の未来に結論付けしたいのですか?



上記のように結論はかなり厳しい条件付きです。
とは言え、第6章および「おわりに」でその対策を詳細に書いていますので、ご参照ください。



超円安の貧乏国家になったら、海外からエネルギー資源も、輸入食品も調達できなくなりますよ。

円を闇雲に印刷するということは、円の価値を暴落させることであって、国民生活は地獄絵になります。




それを防ぐための方策は、前述のとおり第6章に50ページ以上のページ数を割いて詳細に書いておりますので、もう一度お手元の本書をお読みください。



そうなれば連続世界一の債権国家の日本といっても、そのお金もあっというまに枯渇します。これが常識ですよ。

常識に「新常識」などと付けて、煽ったタイトルにしていますが、どうして著者のような見識ある人が、こんなトンデモ本を出すのか、不思議です。




何をもって「常識」とするか、これもまた主観的、相対的問題であると思われます。
もしあなたが、本書の内容をあなたの「常識」と異なると感じられるのであれば、それはまさにあなたにとって常識とは異なる「新常識」であることに他なりません。
著者としてこれ以上の喜びはありません!
心より感謝申し上げます!!






 
 高橋是清のみならず、

 アダム・スミス「国富論」も

 経済は『カネではなくモノ!』

 だったか!



と、思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087

関連記事
スポンサーサイト

「国の借金」新常識 バーチャル立ち読みコメント(9)トラックバック(0)|

≪前の記事 日銀当座預金の仕組みから分かる、政府の財政赤字それ自体が国債発行をファイナンスする構造
≫次の記事 #TPP とシェールガス輸出:アメリカと違い、カナダはFTA締結を条件とするような、面倒なことはしないそうです

コメント

1119:変なレビュー

不思議なレビューですね。
廣宮殿は昔から金より物だと言われていましたからね。

2012/09/22 19:59 | 政兄い #- URL [ 編集 ]
1120:妄想はやめてください

例のコメントを投稿した者です。わざわざ1つのコメントのために1エントリーを費やされるとは思いませんでした。
かなり感情的になられていましたね。私の文章も挑発的過ぎたかと反省しております。でも、国の借金という言い方は正確ではないが販売政策上あえて使っているというご回答は予想の範囲内でした。この件については終わった話と思っていましたが、本日見過ごせない文章が掲載されましたので、不本意ですが、再度投稿します。

>どうやらこの方がこの「全否定レビュー」を書いたきっかけである、当ブログへのコメント

被害妄想が過ぎませんか、私はそのレビューを書いた人とは何の関係もありませんし、レビューに値しないものであることは私も思いました。
こんなしょうもないレビューは普通の人は黙殺してしまうと思うのですが、何故そんなに大げさに反応してしまうのでしょうか。根拠のない陰謀論を持ち出してまで。

>全く得体の知れないプロバイダー(住所等非公開)
これには驚きました。私はそんなプロバイダーを使っていたのですか。他の人にはそのように言わないということは由緒正しいプロバイダーなんでしょうね。

で、私からもプロバイダーに問い合わせたいと思いますので住所が公開されていないということをどのようにして判断したか教えてください。ホームページにはきちんと住所は載っているんですが。

2012/09/22 21:06 | 塗り壁 #- URL [ 編集 ]
1121:

塗り壁さん

> >どうやらこの方がこの「全否定レビュー」を書いたきっかけである、当ブログへのコメント
>
> 被害妄想が過ぎませんか、私はそのレビューを書いた人とは何の関係もありませんし、レビューに値しないものであることは私も思いました。…根拠のない陰謀論を持ち出してまで。

いいえ、当方の見解は
「しかし、どうやらこの方がこの「全否定レビュー」を書いたきっかけである、当ブログへのコメントを書き込んだ方のドメインが、全く得体の知れないプロバイダー(住所等非公開)であるため、これらを総合すると
積極財政派に対する何らかの分断工作の可能性も出てきました」

ということで貴殿とそのレビューの方とが同一人物と断定しているわけではありません。原因となっている可能性を指摘したまでです。「陰謀論(?)」云々についても「可能性」と書いており、全く断定ではありません。

貴殿の「その本を買えば、きちんと説明が有るのかもしれませんが、政府の借金を国の借金と言ってるのは財務省の手先のような悪質なミスリードに感じます」というコメント自体が「積極財政派に対する分断工作(笑)」と疑われても全く不思議はないものと考えられますが…。
というよりも「国」という言葉には「中央政府」という意味があるので、「国の借金」というのは正確には「中央政府の借金」です。念のため。

なお、当初、貴殿のプロバイダーについて検索したところ、「教えて!goo」で「二時間検索したが正体が分からなかった」というような書き込みがあり、当方でも当該プロバイダーのHPを確認したところ住所を発見できなかったのです。
ところが、貴殿からの再度のコメントを拝見し、もう一度確認したところ、2度クリックして出てくる箇所で住所を発見致しました。これは当方の誤りです。すみません。この場を借りてお詫びと訂正を致します。

また、貴殿の、当方の数年にわたる、積極財政派の発展に貢献してきた苦心惨憺の努力の積み重ねを全く顧みない、この上なく素敵で魅力的なコメントのおかげ様を持ちまして、当方としては心理学的にかなり重要な知見を得ることにつながりましたことを、この場を借りて感謝いたします。誠にありがとうございます!

2012/09/22 22:47 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1122:

>私の文章も挑発的過ぎたかと反省しております。でも、国の借金という言い方は正確ではないが販売政策上あえて使っているというご回答は予想の範囲内でした。

塗り壁さん、あなたが失礼過ぎる。それがそもそもの原因では?被害妄想はあなたじゃないですか?自分が種まいてるじゃないか。

2012/09/22 22:53 | 通りすがり #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
1123:二種の人間

塗り壁さん

貴方の書込みを読んでいて、不可解な所がありましたので、もし宜しければ真意を確認させて頂けますでしょうか。

貴方が書かれていた以下内容です。

___________________________

こんなしょうもないレビューは普通の人は黙殺してしまうと思うのですが、何故そんなに大げさに反応してしまうのでしょうか。
____________________________

貴方は三橋先生のブログも読まれているだろうと推察しますが、三橋先生が同志と考える中野剛志先生、その方の御師匠の西部邁先生の思想に触れられたことはないのですか?

彼らが引用するスペインの思想家ホセ・オルテガは著書の「大衆の反逆」で、人間には自分に多くを要求し自ら困難と義務を背負う人と、自分になんら特別な要求をしない人の2種類に分けられるとし、後者を大衆と定義し、大衆は先祖の培ってきた国家社会を戯れに壊してしまう幼児的存在であると断じます。

何故貴方は御自身で「しょうもない」と認識しているレビューを、廣宮先生の御著書をよく読みもせず戯れに書いたのですか?

廣宮先生のようにこれまでの情報媒体に極力頼らずに言論活動されている方にとって、インターネットは自らダイレクトに視聴者に発信できる媒体であり、そこに上がる情報はその活動の生命線だと思います。

そのようなことに想いが至れば、「しょうもない」レビューなどできるはずがないですし、百歩譲って本の内容に批判があるのであれば、コメント欄でわざわざ書くなどせず、直接メール配信される等の方法を取るべきと思いますが、如何でしょうか。

2012/09/23 08:54 | gaNeza #- URL [ 編集 ]
1124:

私の不用意な発言により、ブログ主様が謝るようなことになってしまったことにおいて、大変申し訳ない気持ちです。すみません。
と同時に、新しいネタをを拝見できたことに感謝しています。
経済を数字ではなく活物として見る方は、金ではなくモノに行き着くことが再確認できました。
GDPが、付加価値の合計、単なるお金の集合体ではなく、人の幸せの集合体であるようにすることが政治、経済の役目であって欲しいと思います。

2012/09/23 09:37 | alt #WCSj23LI URL [ 編集 ]
1126:

gaNeza様
>大衆は先祖の培ってきた国家社会を戯れに壊してしまう幼児的存在

考えさせられます。塗り壁さんの「政府の借金を国の借金と言ってるのは財務省の手先のような悪質なミスリード」のコメントこそブログ主を財務省の手先で悪質なミスリードしているとするしょうもない陰謀論で被害妄想ですよ。塗り壁さん本人はそれに少しも気づかず「国家社会を戯れに壊してしまう幼児的存在」として「戯れに」ブログ主を攻撃し続けているように感じます。アマゾンのレビューは自分じゃないと否定してますが本当はどうなんでしょう。違う人だとしても「国家社会を戯れに壊してしまう幼児的存在」という点で違わないですね。

alt様
「批判した方のメンタル、打たれ弱すぎです」とのご指摘は的中していると思います。

2012/09/23 11:09 | 通りすがり #Wo7cu4MY URL [ 編集 ]
1127:Re: タイトルなし

政兄いさん、通りすがりさん、gaNezaさん、altさん
ありがとうございます。

altさん、
>私の不用意な発言により、ブログ主様が謝るようなことになってしまったことにおいて、大変申し訳ない気持ちです。すみません。

いえいえ。とんでもありません!

塗り壁さん、
お陰様で、私自身の中の「いまだ統合されていない部分」を発見することができましたことを、改めて心から感謝いたします。
人の心というのは、油田やガス田に似ています。30年以上前には「石油はあと30年で枯渇する」と言われていましたが、次から次への新しい油田が新技術による探索によって発見され、埋蔵量がどんどん更新されていますが、人の心もそのようにして拡大を続けることが可能であるようです。
称賛よりはむしろ批判のほうが「新たな油田の発見」につながると言えるかもしれません。今回はあなたの協力により、私の心の中でかなりの埋蔵量を有する未確認油田を発見することにつながったのです!

2012/09/24 10:08 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1128:

>もしあなたが、本書の内容をあなたの「常識」と異なると
>感じられるのであれば、それはまさにあなたにとって常識
>とは異なる「新常識」であることに他なりません。
>著者としてこれ以上の喜びはありません!
>心より感謝申し上げます!!
分け隔てなく新常識を教えてくれる著作『「国の借金」アッと驚く新常識』の素晴らしさに拍手♪

2012/09/25 22:06 | 白珠 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。