ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

553:政府、日銀の“初の共同声明”:「デフレ脱却には日銀の金融緩和+政府の財政出動が必要」と取れる内容は前向きに評価したいと思いますが…

2012/10/31 (Wed) 19:46
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら





まずは先ほど入りたてのこのニュースのご紹介から…




昨日発表の政府、日銀の“初の共同声明”について、です。


とりあえず、そのまま引用しておきます:
-----

http://www.boj.or.jp/announcements/release_2012/k121030b.pdf


デフレ脱却に向けた取組について

政府及び日本銀行は、我が国経済のデフレ脱却に向けて、当面、以下のとおり取り
組む。

1. 政府及び日本銀行は、我が国経済にとって、デフレから早期に脱却し、物価安
定のもとでの持続的成長経路に復帰することが極めて重要な課題であるとの認識
を共有しており、一体となってこの課題の達成に最大限の努力を行う。

2. 日本銀行としては、上記1.の課題は、幅広い経済主体による成長力強化の努
力と金融面からの後押しがあいまって実現されていくものであると認識しており、
政府が成長力強化の取組を強力に推進することを強く期待する。
日本銀行としては、「中長期的な物価安定の目途」を消費者物価の前年比上昇率
で2%以下のプラスの領域にあると判断しており、当面、消費者物価の前年比上昇
率1%を目指して、それが見通せるようになるまで、実質的なゼロ金利政策と金融
資産の買入れ等の措置により、強力に金融緩和を推進
していく。その際、金融面
での不均衡の蓄積を含めたリスク要因を点検し、経済の持続的な成長を確保する
観点から、問題が生じていないかどうかを確認していく。
日本銀行は、『経済・物価情勢の展望』(平成24年10月30日)において消費者
物価の見通しを公表した。日本銀行としては、引き続き「1%」を目指して、強
力に金融緩和を推進していく。今後の物価動向については、「デフレ脱却等経済状
況検討会議」において定期的に報告する。
また、日本銀行は、金融政策運営の考え方を市場にわかりやすく説明していく
努力を続ける。

3. 政府は、日本銀行に対して、上記2.の方針にしたがってデフレ脱却が確実と
なるまで強力な金融緩和を継続することを強く期待する。
政府は、デフレからの脱却のためには、適切なマクロ経済政策運営に加え、デ
フレを生みやすい経済構造を変革することが不可欠であると認識している。この
ため、政府としては、足下の景気下押しリスクに対応し経済活性化に向けた取組
を加速すべく、平成24年10月17日の内閣総理大臣指示に基づき、経済対策を速
やかに取りまとめる。また、政府は、「日本再生戦略」(平成24年7月31日閣議
決定)に基づき、平成25年度までを念頭に、「モノ」「人」「お金」をダイナミッ
クに動かすため、
規制・制度改革、予算・財政投融資、税制など最適な政策手段
を動員
する。
デフレ状況を含めた経済状況及び経済運営については、「デフレ脱却等経済状況
検討会議」において、定期的に点検を行う。


平成24年10月30日

日本銀行総裁  
白川 方明


内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当) 前原 誠司

財務大臣 城島 光力





先ず第一に、

一応は、

「デフレ脱却には日銀の金融緩和+政府の財政出動が必要」

と取れる内容になっている点を、前向きに評価したいと思います。


第二に、

日銀が、インフレ率が+1%になるまでは、強力な金融緩和(=ゼロ金利+金融資産買い取り)を継続する、というかなり具体的な数値目標を掲げている点についても、かなり前向きに評価したいと思います。


第三に、

政府が、表現が若干弱いものの、

予算措置、税制措置を講ずる、と取れる文言を入れていることも、一応は前向きに評価したいと思います。


そして何よりも、政府側で「デフレ脱却は日銀の金融政策だけでは無理」と宣言しているに等しい声明が、政府から出されたことは、非常に価値が大きいと思います。

特に、財務大臣名も入っていることが、特に注目に値します。


しかしながら、日銀が数値目標を具体的に盛り込んでいるのに対し、政府の声明が極めて抽象的な点は多少難あり、と言えるでしょうか。


この辺りは、「国の借金大変だ教」の教義に従って、躍起になって「事業仕分け」をやってきた民主党政権の限界かも知れません。
しかし、その限界の中において、その方向性を180度反対方向に転換した点は、やはり前向きに評価したいと思います。


これと比べると、国土強靭化法案を掲げる自民党や、減災ニューディールを掲げる公明党の関与が著しかったと思しき、「2020年には名目GDPを644兆円にする」と読めるような、具体的な
数値目標を盛り込んだ消費増税法案の附則18条は、かなり秀逸と言えるでしょう。


第二次安倍内閣(予定)では、
政府側の数値目標等、もっと踏み込んだ内容の共同声明が出されることを期待したい


と思います。



さて、ついさっき


「常々不思議に思っていたのですが、何故日本は積極財政を行わないのでしょうか。」

というコメント
をコメント欄に頂きました。


これはやはり、「国の借金大変だ」という概念のもつ強烈なインパクトの問題ではないでしょうか。


「借金=悪」という概念は、非常に長い歴史を持つ、全人類共通的概念であり、それゆえに強力な浸透力があり、それゆえに「国の借金は実は大丈夫なんですよ」という考えが主流を得るのがなかなか難しい、ということではないかと思います。


しかしながら、「国の借金大変だ!」という破綻本が本屋さんにズラリと並んでいたことは、実は現在のような「国の借金大丈夫だ!」という考えが徐々に広まることに、確実につながっています。

例えば、私が「国の借金」問題について真剣に調査研究するようになったのは、他でもない、破綻本のおかげで危機感をもったことがきっかけでした。

「うーわ、もうすぐ破綻するなあ。やばいなあ。破綻するとしたらいつだろうか?どんな経路で破綻するだろうか?」ということを必死で調査研究した結果、「あれ、日本はむしろ世界で一番余裕があるじゃないか」と結論に至ったのです。


古代中国の思想、「易経」などに現れる陰陽理論では、陽が極まれば陰に転じ、陰が極まれば陽に転ずることになっています。

数年前までは「破綻論」が国内を席巻し、陰が極まっていたところ、却って「国の借金、実は大丈夫なのでは?」と発想をする人々が徐々に増え、現在は陽に転じつつある、という状況なのかもしれません。

こういった変化は、時間がかかるものだと思います。世の中、そういうものなのではなかろうかと思います。





そのように考えますと、「いまだ陽に転じきっていない」、つまり、国の借金は大丈夫だという考えがまだ国民全体に十分に浸透しきっていない、とすれば、積極財政を展開するには、やはり「国の借金大変だ」の皆さんにも一定の配慮があって然るべきと言えるでしょう。



たとえば、公共工事は、できるだけPFI方式で行うことです。
そうすれば、数十年単位で考えれば政府の支出総額が同じであっても、PFIであれば、まずは建設費用を民間企業が借り受けることになり、政府の見かけ上の借金の増加を抑制することができます。

請け負う民間企業は政府と、施設建設費用と数十年にわたる維持管理費用について、長期契約を結ぶことになり、実態は単なる政府支出の分割払いです。しかし、これによって政府の借金が、少なくとも見かけ上は、一時に急増することが無くなります。なお、この場合、企業に対しては実質的な政府による債務保証が付くことになるので、銀行も資金を貸しやすくなります。


もう一つは、米国の議会予算局のように、「デフレギャップのある間は積極財政を行い、デフレギャップが埋まったのち財政再建を行う。そのようにすれば、短期的な経済への悪影響をなくし、かつ、長期的な財政懸念をも解消できる」というスタンスを取ることです。









 民主党政権、お疲れ様でした!

 第二次安倍内閣(予定)に期待!!!  



と、思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087



関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 アメリカ、デフォルトの危機再び?
≫次の記事 「侵略的外来植物」とTPP考 ―― 独占のし過ぎは衰退への道+「外圧を利用して改革」は、自らの意思で国家主権を放棄するのと同じ!

コメント

1143:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/11/03 10:12 | # [ 編集 ]
1146:

>第二次安倍内閣(予定)では、
>政府側の数値目標等、もっと踏み込んだ内容の共同声明が
>出されることを期待したい
>と思います。
第二次安倍内閣がこれを実行できるようにするためにも、
国民が応援したり意見を伝えたりして支えなければなりませんよね。

2012/11/06 18:02 | 白珠 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。