ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

554:アメリカ、デフォルトの危機再び?

2012/11/02 (Fri) 13:09
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら







アメリカでまたもや連邦債務の上限問題が出てきました。


-----

米、債務上限 年内に到達
財務省、議会に対応促す


日本経済新聞 2012年11月1日夕刊 3面


国債発行や予算執行に支障
市場の波乱要因に


米財務省が31日、連邦政府の総負債残高が 2012年末までに法律で認められた上限額に到達するとの見通しを明らかにした。
市場の混乱回避に向け米議会に早急な対応を促した格好。
だが条件の再引き上げに向けた12月の政治折衝は難航が予想され、大型減税の失効などに伴う「財政の崖」と並ぶ米大統領選後の波乱要因になりそうだ。

米債務上限法で決まった現行の債務上限は16兆3940億ドル (約1310兆円)だが、財政赤字の累積ですでに 9月には 16兆ドルを突破。
月1000億ドル規模のペースで膨らんでいる模様で「12年末近くに」(同省)上限に達する。
米当局は今年末の残高見通しを法定上限を下回る16兆20000億ドル弱と見込んでいたが、予想よりもやや早く国の借金が増えた。
上限を速やかに上げないと国債の新規発行ができず、予算執行や国債の利払いに支障が出る恐れが強まる。
昨夏と同様に市場への深刻な不安が広がりかねない。

昨夏は同上限を巡るホワイトハウスと米議会の対立深刻から一部格付け会社による米国債の格下げ論議に発展。
この騒動で与野党とホワイトハウスはきわどい折衝の末、歳出削減が軸の財政再建策と、おおむねそれに見合う規模の上限引き上げで同時決着した。

米財務省は同日、仮に年内に与野党合意できない場合でも、13年初めまでは公務員向け手当ての一時支給延期などの非常手段で乗り切る構えだと表明。
年明けが合意の最終期限と区切ったものだが、「財政の崖」への対応をにらむと実際には 12月中が調整のヤマ場になる見通しだ。

財政の崖は年末でブッシュ減税が切れるなどして 13会計年度だけで650億ドル規模にのぼる景気下押し要因が発生する問題だ。
大統領選の結果にかかわらず崖を回避するには年内に妥協点を見いだす必要がある。

債務上限で連邦にどれだけの財政赤字を認めるのかと、減税をどこまで延長するのかという「崖」回避の財政論議は表裏一体で、別々に議論するのは難しい。
昨夏と同じく12月末にかけ財政の崖への対応と債務上限の引き上げ問題を一体で協議していく展開とみられ、市場でも緊迫感が高まりそうだ。

-----


では、

連邦債務の上限と債務残高の追いかけっこのグラフ

を見てみましょう。


昨年作ったもの更新版です。

(なお、債務上限の線については、以前コメントで指摘を受けた問題点を改善しています。)


出典:

ホワイトハウス予算局 http://www.whitehouse.gov/omb/budget/Historicals/

表7.1 連邦政府債務残高 Table 7.1—Federal Debt at the End of Year: 1940–2016

表7.3 連邦債務上限 Table 7.3—Statutory Limits on Federal Debt: 1940–Current


米債務上限1940-2020

※点線は推計値


上のグラフは1940年から2020年までのもの。2012年よりあとは推計です。

なお、このデータは元のエクセルファイルの更新日が2012/1/27となっているので、今年初めの推計のようです。


さて、上のグラフから最近の部分、2008年~2013年の部分を抜き出します。

米債務上限2008-2013



日経の記事で触れられているように、

9月時点で上限にほぼ上限に近い感じですね。




去年の5月にこの債務上限問題について書いていたときは、「どうせいつものように、最終的には上限は引き上げられるだろう」と云うような感じの楽観的な書き方をしていました。

しかしその後、藤井厳喜さんのバカで野蛮なアメリカ経済を読ませて頂いて考えが少し変わりました。

該当箇所を引用させて頂きます:

-----

ティー・パーティー派の主張が厄介なのは、彼らのラディカル(根源的で急進的)な主張が、左翼リベラル主義からではなく、保守的な愛国心から発しているところにある。彼らは「小さな政府」「均衡財政」を理想とし、その為には、アメリカ政府をディフォールトに一旦、追い込むことが、長い目で見れば、アメリカの再生につながると固く信じているのだ。
(p.152)




-----


ティーパーティーといえば、その名付け親たるロン・ポール下院議員です。

ポール議員の「(NAFTAなど自由貿易協定により)我々の国家主権が危機にさらされている」という考えには非常に共感を覚えるところがああります。
しかしながら、大きな政府も国民の自由を脅かす存在ということで、小さな政府、均衡財政となっているところは、残念ながら共感を覚えることはできません…


さて、

もし、この債務上限問題でアメリカ政府が破綻(一時的であっても借金を期日までに返さない債務不履行)するとしたら、それは純粋な財政破綻ではなく、心理学的破綻と言えそうです。


いや、議会が揉めに揉めて日経記事にある

「公務員向け手当ての一時支給延期」

つまりは、公務員のボーナスの支払い延期でしょうか、があれば、約束の期日までに支払う義務を履行しないので、これはこれで一種の債務不履行、つまり財政破綻ですが(笑)。

いや、笑えないか…。



また、仮に何かの間違いで債務上限が12月中に順調に引き上げられたとしても、

「歳出削減とセット」

での引上げならば、財政の崖の深みがさらに増すことになります。


いずれにせよ、アメリカの経済、来年はかなり厳しい状態になりそうです。

大統領がオバマさんになるにせよ、ロムニーさんになるにせよ、下院は緊縮財政大好きな共和党が過半数を握り続ける見通しですから、だれが大統領になるにせよ、かなりしんどい、というところでしょうか。

先般の「サンディ」による米東部の莫大な風水害により、「やっぱり災害復旧・災害対策のために財政出動が必要だよね」という機運が高まれば、変わって来るかも知れませんが…


そうならなければ、12月までにはやはり中東あたりで戦争になるかもしれません。戦争こそ「財政の崖」の心理的障壁を打ち破って財政出動を行うためのもっとも容易な方法であるからです。

それ以外の打開策が見出されて実行されることを願わずにはいられませんが、

「国の借金」に対する思い込み、という心理学的問題こそ、全人類が抱える最大の問題であると言えるのかも知れません。

私の意見では、いかなる政府の「債務上限」も、それは、心の中で想像している限界でしかありません。外国からの外貨、または共通通貨建ての借金でない限りにおいて。




また、これは独りアメリカだけの問題ではなく、日本にも重大な影響が及ぶ問題です。

ただ、これは、この危機があった場合に、ただただ翻弄され続けるか、機敏に対処して日本のプレゼンスを高める絶好の機会とすることができるかどうかだ、と言えるのではないでしょうか。




 そのための最大の対策は

 政権交代

 か?



と、思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087



関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(1)トラックバック(0)|

≪前の記事 NY市長、オバマ支持に転換。ユダヤ系大金持ちで「ウォール街そのもの」のようなブルームバーグ市長の考えが変わったその意味とは…?
≫次の記事 政府、日銀の“初の共同声明”:「デフレ脱却には日銀の金融緩和+政府の財政出動が必要」と取れる内容は前向きに評価したいと思いますが…

コメント

1144:財政破綻の種類

>純粋な財政破綻ではなく、心理学的破綻

一般的な表現なのかどうか分かりませんけど、「デット・サービス・デフォルト」と「テクニカル・デフォルト」という呼び分けがあるそうです。
http://zai.diamond.jp/articles/-/113742

日本政府に対する指摘だとこうなりますね。
http://blog.livedoor.jp/kaki_sk/archives/51728965.html

2012/11/04 07:35 | clabrar #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。