ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

556:「利権の総量規制」:日本の現状は、「国の借金が大変」ということで「利権の総量規制」がかかっているようなものと考えます

2012/11/04 (Sun) 12:15
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら






コメント欄においてご質問を頂きました。

(内緒さま、拙著を毎回お買い上げの上、ネット上でもご紹介頂いているとのこと。まことに、ありがとうございます!)


PFIについて、
「ヘタをすると私企業が不当に利益を上げるような仕組みになるのではないでしょうか?」というような趣旨と解釈いたしました。


さて、これに関して、

内閣府の「PFIに関する年次報告(平成21年度)」概要版

http://www8.cao.go.jp/pfi/pdf/annual21_gaiyou.pdf

の最後のページを見ると、PFI方式は請負業者にとって必ずしも「おいしい」ものとも限らないようです。
おそらく、政府は地方自治体が支払いをケチり過ぎなんじゃないかと…

-----
PFI市場、プレイヤーの拡大に向けて

近年、PFI事業の1件あたりの応募者数も減少傾向にあり、民間事業者のPFI市場に参入する意欲が低下している傾向がうかがえる。

民間事業者がPFI事業への応募に躊躇している現況を調査し、応募者数減少の要因を分析民間事業者のニーズに対し、管理者等が応えられていない現状。

・事業の内容、性質が事業者にとって魅力的でない。
・適切なリスク分担がなされていない。
・PFI事業参画に係るコスト負担が過大。


-----
その他、PFI資料
http://www8.cao.go.jp/pfi/index.html
をご参照ください。




公共工事・公共事業はどんな方式でやるにせよ、必ず何らかの形で結局は「利権」を生みます。政府がカネを使う限り、必ず誰かの「利権」になるのです。
よって、この方式に関して、あまり目くじらを立てなくても良いかも知れません。

今の問題は「国の借金大変だ!」の前提に基づき、公共支出が絞られ、いわば「利権の総量規制」がかかっている状態であることです。

公共支出を増やし、どんな形であれ、利権の総量を増やすことが最も肝要であると勘考致します。
今は利権の総量が増えないため、利権の奪い合いになっているからダメなんじゃないでしょうか。



いまの状態は、

リケンのわかめスープにわかめが入っていない」

ようなものであります。

そして、

「わかめは十分腐るほどにあるんだから、もっとわかめを入れてちょうだいよ!」てなもんではないかと。






もう少しついでに書いておきますと、
世の中でいろいろ反対運動が起こっているもの…、例えば、すぐに思いつく限り挙げてみますと

・消費増税反対
・法人減税反対
・原発の存続反対
・白川日銀総裁に反対
・オスプレイ導入反対
・TPP反対


といったものがあります。

このうち、私が明確に、本気で反対しているのはTPPだけです。


TPPだけは国家の存亡、国家主権・国民主権に関わる致命的重大事ですが、他のものは「国家の存亡、国家主権・国民主権」に関して本質的で致命的ではないと考えているからです。

・消費増税
 →それ以上の財政出動をするなら問題なし。

・法人減税
 →国内向けの投資減税ならむしろ推進すべき。
  オバマ政権は減価償却の一括償却を認めて製造業を国内に
  引き込むことに成功した。
  むしろ雇用増の呼び水、労働者の「利権」増大のためのツール
  として活用すべきかと思います。

・原発の存続
 →既にあるものを使わないのはもったいないし、安全保障上必要。
  また、全部一気に廃止すると天然ガスや石炭などを金に物を言わ
  せて諸外国から奪い取ることになり、弱小途上国が困る。ほかの
  代替エネルギー源が本格的に育つまで、当面は原発を存続すべ
  きと思います。

・白川日銀総裁
 →多くの発言が「?」であるものの、口で何を言おうとデフレが続く間
  きっちり金融緩和を実行するのなら実体経済にあまり悪影響はな
  いかと…。実際のところ、かなりの金融緩和をしていますので…。

・オスプレイ導入
 →本当に「危ない」のは米兵でもオスプレイでもなく、人民解放軍なの
  で。

・TPP
 →これだけは
「参加しない」以外の選択肢が考えられない



それゆえ、

TPP以外は容認もしくは黙認


という姿勢であります。



そして、

私の最終目標は、

「毎日が国家存亡の危機」の国である
イスラエルの新聞記者が書いていたように、

「右でも左でもなく共産主義でも資本主義でもない、社会の調和的統合」が成されること

であります。




私の望みは、

大企業の利権も、労働者の利権も増えることであり、
その他すべての人の利権が増えること


なのです。







 『国の借金大変だ!』

 に基づく

 『利権の総量規制』

 の即時撤廃を希望!!!



と、思われた方は、


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087



関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 積極財政論、大ブレイクの兆し?:G20、日米の「財政の崖」に集中砲火-世界大恐慌目前のこのご時世では、頑なな新自由主義シンジユウシュギは心中主義シンジュウシュギに等しい!
≫次の記事 NY市長、オバマ支持に転換。ユダヤ系大金持ちで「ウォール街そのもの」のようなブルームバーグ市長の考えが変わったその意味とは…?

コメント

1145:

利権という言葉を聞くたびに思うこと。

農政に詳しい議員が、農家が仕事をしやすく儲かるようになる法律を作るのは農業の利権ですし、工業分野に強い議員が、工業を進めやすい法律を作るのは工業の利権であり、物販に詳しい議員が(以下略

この世の誰の利益にもならない政治をするほうがおかしいわけで(現在の民主党は万人に損害をもたらすという意味で利権と縁のない政権ですがw)利権という言葉を悪者扱いするのをやめるべきではないでしょうかね。

私なんかは、「国民の利権が最大になるように、各分野の利権を代弁する政治家が、談合で利権を調整する政府」こそが理想の政府だと思うんですがw

とは言え不当な利権というものが世の中にあるのも事実なので、あるべき利権の姿とは何か?というのを、きちんと考え、議論するのが重要ではないかと思います。

「国の借金」を議論し精査したように、「利権」もそろそろ議論し精査されるべきでは?

2012/11/04 20:17 | #- URL [ 編集 ]
1148:利権を目の敵にする愚

こんにちは。このブログには初めて投稿します。よろしくお願いします。
上の方のコメントを読んで、なるほどと思う事がありました。

> 現在の民主党は万人に損害をもたらすという意味で利権と縁のない政権ですが

これは考えてみれば当然のことだと思います。利権をすべて否定すれば、行くつく先は「みんなが平等に貧乏になる世界」になってしまうのは、間違いありません。たとえば「公務員叩き」も、「俺たちは損をしているのに公務員は楽をしてもうけている。お前たちも俺たちのように貧乏になれ。」ということならば、結局みんなが不幸になるだけです。「みんなが不幸になれば平等だ」という考え方も無くはありませんが、それよりも「あなたの持つ利権も儲かる。私の持つ利権も儲かる。みんな儲かって良かったね。」の方がずっと良いに決まっています。そして、そのためには「積極財政政策」を行うしかありません。石原氏は「第三極は小異を捨てて大同に」とおっしゃっていますが、その大同とは「大型予算による積極財政政策」以外には無いと思います。

2012/11/06 19:56 | jaxvn #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。