ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

557:積極財政論、大ブレイクの兆し?:G20、日米の「財政の崖」に集中砲火-世界大恐慌目前のこのご時世では、頑なな新自由主義シンジユウシュギは心中主義シンジュウシュギに等しい!

2012/11/06 (Tue) 11:38
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら







 政府の支出を減らせば、
 消費者の財政に対する安心感が高まり、
 消費が増え、景気が良くなる。
 それが経済学の主流。
 世界の常識。
 ぐろーばるすたんだーどだ!


と声高に叫び続けてきた日本の多くの「経済学部教授」その他の新自由主義な皆さんの心がそこはかとなく痛み、あるいは
あまりのショックで心臓が停止してしまいかねないような、日本経済新聞の記事であります。






日米の「財政の崖」警戒

G 20会議 対応促す圧力強まる


日経新聞夕刊 2012年11月5日 6面


4日開幕した20カ国・地域(G 20)財務相・中央銀行総裁会議では、今年末の大型減税失効などに伴う「米財政の崖」の回避が大きな焦点になる。
赤字国債発行法案の成立が遅れている日本の財政問題も議論に上るとみられ、市場の混乱回避へ各国が日米に早急な対応を促す構図が強まる。

「米財政の崖が世界経済の大きなリスク。米当局は回避するため打てる手をすべて打たなければならない」。
経済協力開発機構(OECD)とグリア事務総長は四日、日本経済新聞記者のインタビューで強い危機感を示した。



こうした「崖」がユーロ危機と並ぶ「2大リスク」(国際通貨基金のラガルド専務理事)として実体経済への悪影響に対する警戒が広がっており、G 20 では各国が米の対応を求め圧力を強める。



一方、日本は国の予算執行に欠かせない赤字国債発行法案がまだ成立していない。
11月末にも国の資金繰りがつかなくなる日本版「財政の崖」に市場の関心が向かいつつあり、G 20 会合の議題に浮上してきた。
日本の財務省幹部が G 20会合に当たり「財政をふくむ日本経済の現状を説明したい」と述べ、ユーロ的対応や中国経済の減速などとともに主要議題の一つになるとの認識を示した。






米国の「財政の崖」問題、すなわち、ハリケーンで言えば「サンディ」クラスの“超大型”緊縮財政問題は、もはやユーロ危機をしのぐほどの世界経済に対するリスクであるというのが、OECD事務総長やIMF専務理事を始めとする、世界の常識、ぐろーばるすたんだーどになっているようです。


また、

-----
日本版「財政の崖」に市場の関心が向かいつつあり、G 20 会合の議題に浮上してきた。
-----

ということで、
日本についても緊縮財政すると景気が悪化するというのがこれまた、ぐろーばるすたんだーどになりつつあるようであります。


もっとも、もし仮に、「世界の常識」が新自由主義的な、緊縮財政万歳論がいまだに「主流」として蔓延していたとしたら、もっと早い段階で世界大恐慌に突入し、さらにもっと多くの人々の心臓がショックで停止していたことになりかねなかった、ということに変わりはありませんが…。

まあ、今この世界的大恐慌直前という感のあるご時世に、かたくなに「新自由主義シンジユウシュギ」を貫こうとするならば、それは皆共倒れの「心中主義シンジュウシュギ」になることは間違いのないところでありましょう。





重ねて傷口に塩を塗りたくるようで、まことにご愁傷様、じゃなかった、恐縮でありますが、今日の朝刊にこんな記事も:





ポルトガル 暗雲

財政赤字の削減

緊縮策でマイナス成長→税収減

日経新聞朝刊2012年 11月3日 6面

欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF )から財政支援を受けているポルトガルの財政赤字削減目標の達成に暗雲が漂っている。
緊縮財政を進めた結果、景気が一段と落ち込んでいるためだ。
同国は2013年まで3年連続のマイナス成長になる見込みで、国民の不満も高まる。
同国政府は大規模な増税で目標達成を目指すが、金融市場では赤字目標の修正か、追加支援が必要になるとの見方も出てきた。



大胆な緊縮財政の進める背景には、IMFなどと決めた財政赤字の削減目標の達成が危うくなりつつある状況がある。政府はGDP比の財政赤字を12年は 5%、13年には4.5%にする計画だ。
だがIMFは 10月25日の声明で、財政赤字の目標を達成できないリスクが「大きく強まっている」と警告。
緊縮財政が景気を下押しし景気低迷が長期化。それが税収減につながる悪循環に陥りつつあると警戒感を示した。



野党「景気に配慮を」

財政再建や労働市場改革を進めてきたコエリョ政権の政策は、欧州各国から一定の評価を受けている。
それでも野党からは「景気に配慮すべきだ」との圧力も強い。
金融市場では「財政目標の見直しか、IMFなどによる追加支援が必要になる可能性がある」(欧州証券)との声も聞かれる。




おっと、なんとあのIMFが!

-----
IMFは 10月25日の声明で、財政赤字の目標を達成できないリスクが「大きく強まっている」と警告。
緊縮財政が景気を下押しし景気低迷が長期化。それが税収減につながる悪循環に陥りつつあると警戒感を示した。

-----


緊縮財政すると景気が悪化すると、

ここでもおっしゃっているそうです。




ここはそろそろ、日本についても力強く

-----
緊縮財政が景気を下押しし景気低迷が長期化。それが税収減につながる悪循環に陥りつつあると警戒感を示した。
-----

仰っていただければ幸いです。







さて、頑なな新自由主義的発想による緊縮財政論財政破綻論を展開されてきた皆さんというのは、「より良いアイデアを誘発するための刺身のツマ」のような存在であり、「陰が極まれば陽に転ずる」という中国古典の陰陽理論における「陽に転ずる」ための前段階として「陰を極める」役割を果たしてくださってきた、という私の認識については、これまでも書いてきました。


さて、よくよく考えると、これは私が高校のときに「倫理政経」で習った、ドイツ哲学の「アウフヘーベン」というやつです。


Wikipediaの「止揚(アウフヘーベン)」によると、

-----

ドイツ語の aufheben には、廃棄する・否定するという意味と保存する・高めるという二様の意味があり、ヘーゲルはこの言葉を用いて弁証法的発展を説明した。つまり、古いものが否定されて新しいものが現れる際、古いものが全面的に捨て去られるのでなく、古いものが持っている内容のうち積極的な要素が新しく高い段階として保持される。

このように、弁証法では、

否定を発展の契機

としてとらえており、のちに弁証法的唯物論が登場すると、「否定の否定の法則」あるいは「らせん的発展」として自然や社会・思考の発展の過程で広く作用していると唱えられるようになった。


-----

陰が極まると陽に転ずる、というそのままの概念も含みつつ、

また、世界が破綻を繰り返しながら、なんだかんだと言ってそのたびにそれ以上に成長し、今日の人類史上空前の豊かさを築いてきた、という私がこれまでに書いてきた概念も含まれてしまいます。

これは非常に素晴らしい概念ではないかしら、と私は思うのであります。

拙著「『国の借金』新常識」は、まさに経済・財政論におけるアウフヘーベンの書、という格好になっております。


緊縮財政大好きなドイツのメルケル首相あたりにも、ぜひ、そろそろアウフヘーベンして頂きたいと思う今日この頃です。








 『新自由主義シンジユウシュギ』は

 『心中主義シンジュウシュギ』

 に座布団一枚!




と、思われた方や、




 『シンジユウシュギ』もまた

 『らせん的発展』として自然や社会・思考の

 発展の過程に必要不可欠な刺身のツマの

 ようなものかも。

 アウフヘーベン万歳!!!



 と、思われた方は、



↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087



関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 オバマ氏再選、TPP、欧米FTA、財政の崖…:過半数を確保した上院民主党が #TPP の日本参加に歯止めをかけることに期待したい、今日この頃です
≫次の記事 「利権の総量規制」:日本の現状は、「国の借金が大変」ということで「利権の総量規制」がかかっているようなものと考えます

コメント

1147:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/11/06 18:42 | # [ 編集 ]
1149:

IMFの趣旨変えはやはり、チーフエコノミストが2008年にオリヴィエ・ブランシャールに代替わりしたことに端を発するだろう。
ブランシャールは自身の財政政策分析において、財政乗数が1を超える(つまり、クラウディング・アウトを起こさない)という研究結果を披露している(http://econdays.net/?p=7183より)ように、財政政策が経済に対して有意であると認めるエコノミストである。

ブランシャールといえば邦訳教科書もある著名な経済学者だが、彼に対しても「経済学がわかっていない」と高説を垂れる"心中"主義者はいらっしゃらないものか。


P.S.
時に、(本文を入力しているにも関わらず)「コメントが空欄です。」と表示され、書き込みができないことがある。原因不明だが、心当たりがあれば教えて欲しい。

2012/11/06 22:51 | aaa #- URL [ 編集 ]
1150:

aaa様

私も同じく、「コメントが空欄です。」と表示されました。

私の場合は、どうやらトップページの記事のコメント欄からコメントを送信するとそうなるみたいです。
左にある最新記事等から記事を選んでその記事のページからコメントを送信すると正常に投稿できました。
仕様なのかエラーなのかわかりません。

実は、私がしばらくコメントしてなかったのもこれが理由の一つだったりしますw

2012/11/07 21:22 | alt #WCSj23LI URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。