ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

560:米国TPP反対派は「既に決まった不条理なルールを飲まされるだけ。TPP参加は日本のような大国にとって屈辱的」と、ご心配+自民・安倍総裁は「TPP前向き」報道を明確に否定!

2012/11/16 (Fri) 13:38
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら






コメント欄のエラーにつきまして:

コメント欄でコメントを入力しても「コメント欄が空白です」のようなメッセージが出てコメントを受け付かないというエラーが発生する現象が起こるようです

どうやら、当ブログの左欄の「最新コメント」をクリックして当該エントリーを表示させ、URLの最後に「#comment1150」というような文字列が付いている状態でコメントを入れようとすると、エラーになるようです。

お手数ですが、その場合は、上の方の当該ブログエントリーのタイトルをクリックしてURLの最後に「#comment1150」が表示されないような状態にした上で、再度コメントを入力して頂ければ大丈夫かと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。




今日も引き続き安倍さん効果で日経平均は上昇、午前中は前日比+166円で引けています。

〔株式マーケットアイ〕日経平均は堅調継続、主力株に買い戻し
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities/idJPTK055530520121116
2012年 11月 16日

<09:11> 続伸、円安進行で輸出株中心に買い先行

 寄り付きの東京株式市場で日経平均は続伸。8900円台を回復している。1ドル81円台に進んだ円安を好感し、自動車、電機などの輸出株に買いが先行した。自民党・安倍政権が誕生した場合の金融緩和や景気刺激策などへの期待が続いている。一方でユーロ圏経済のリセッション入りや米国の「財政の崖」問題など欧米の不安要因が上値を圧迫。買い一巡後は為替にらみの展開とみられている。

―――――

もちろん、これがいつまでも続くわけではないでしょうし、マーケットの気分というのはころころ変わりますので、それほど当てになるものでも無いように思います。

ただ、株価上昇の理由として「自民党・安倍政権が誕生した場合の金融緩和や景気刺激策などへの期待が続いている」ということが報道記事に書かれていることは、注目に値するでしょう。





さて、本題です。

著名な弁護士ラルフ・ネーダー氏が創立した米国の市民団体、パブリック・シチズンの貿易担当、ロリ・ワラックさんから、

ある方を介して

日本のTPP交渉参加についてどう思いますか?

という質問を投げかけ、回答を頂きましたので、紹介させて頂きます(ここはタイプ・ミスかな?と考えられるところは、私のほうで修正しています):


―――――

I have your earlier email open on my computer, thinking about how to respond to your blogger friend...
少し前に頂いたあなたからのメールを開き、あなたの友人のブロガー(注:廣宮のこと)にどのようにお返事をしようかと考えています。

I would say the main thing people here wonder is WHY any country would want to submit itself to THIS set of dangerous corporate-written rules and especially any major nation.
(TPPに関して)人々が主に不思議に思うことは、なぜこの一連の危険な、企業によって作成されたルールに、自ら参加したいという国があるのか、ではないでしょうか。とりわけ、主要国が、です。

We understand why other countries seek access to the U.S market, but not why they would trade away their rights to regulate foreign banks or foreign investors or land use in their own country or to protect food safety and provide consumers with affordable medicines and all of the other non-trade dictates that TPP would impose over allegedly sovereign nations.
私達は、諸外国がなぜ米国市場へのアクセスを求めるか、理解しています。しかし、なぜ彼らが外国銀行や外国投資家に規制をかける権利を投げ打とうとするのか、あるいは、彼ら自身の国の土地の使用や、食の安全や、消費者の医薬品の購入の権利を投げ打とうとするのか、そして、TPPによって主権国家に課せられるであろう、そのほかの貿易以外の要求を飲もうとするのかは、分かりません。

And, then when it comes to Japan people wonder WHY a major nation would agree to be treated in such a disrespectful way to have to sign on to what other countries have agreed not being treated as an equal to the other countries and having the terms dictated not negotiated, and especially when Japan has so much to lose under the rules that are already written and Japan would be forced to just accept.
さて、日本の人々のことを考えますと、(日本のような)大国がなぜ、諸外国によってすでに合意された、それら諸外国と平等に扱われることのない、そして交渉の余地がないことを条件にすることを要求されている、そして日本が、受け入れることを強制されるであろう、その既に出来上がっているルールのもとで、たくさんのものを失うことになるであろう、屈辱的な状況において署名しなければならないという扱いを受けることに合意しようとするのだろうかと、不思議に思ってしまうのです。

―――――


アメリカの反対派の皆さんからすると、例えば全米最大の労働団体であるAFL-CIOが「TPPをNAFTAのようなものにしてはいけないが、まだ良く分からない。ただ、日本と中国のTPP参加だけは絶対に反対」というスタンスであり、日本が参加表明してくれたほうが、反対運動が盛り上がるため、むしろ歓迎、という面もあります(これはある情報源からのアメリカ反対派に関する情報)。

しかし、ワラックさんは上記のように、日本の参加について、本当に心配してくれているのであります。



ところで、

一部メディアで自民党・安倍総裁が「TPP交渉参加に前向き」と報道されていることについて、安倍さん本人が「それはミスリードです」と明確に否定しています。





↑この動画の3:23辺りから。


なお、↓こちらのリンクのクリックすれば、当該箇所から再生されます
http://youtu.be/-ONfXcGvU5o?t=3m23s



また、自民党の政策パンフレットには、こうあります:

「聖域なき関税撤廃」など日本の国益に反する形でのTPP交渉参加に反対します

―――――

なので、

野田政権のように、これだけは受け入れられないという内容を列記したネガティブリストは心の中だけで持って「交渉(実際にはほぼ交渉の余地のない交渉)」に挑むことなく、

「屈辱的な状況において署名しなければならないという扱いを受けることに合意」

することも無いでしょう。


ところで、

あのアメリカにおけるTPP推進派企業の一つであるモンサントと遺伝子組み換え作物で長期的に協力関係、じゃなかった、モンサントの遺伝子組み換え作物とセットで使用する強力な除草剤の分野で長期的に協力関係を構築している住友化学の会長にして経団連会長の米倉さんは、TPPが進まないことに不快感をお持ちのご様子です:


―――――

TPPめぐる経産相発言に経済界反発 「タイミング逸しない方がいい」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/121114/bsg1211140502002-n1.htm
SaikeiBiz 2012.11.14


東アジアサミットでのTPP交渉への参加表明は困難とする枝野幸男経済産業相の発言に対し経済界は強く反発している。

 経団連の米倉弘昌会長は13日、北陸経済連合会との懇談のため訪れた福井市内のホテルで会見し、「TPPの交渉は来年に終了するといわれている。東アジアサミットがラストチャンスだ」と改めて強調し、枝野経産相の発言に不快感を示した。

 また、米倉会長に同行した主要企業のトップも枝野発言を批判。アサヒグループホールディングスの荻田伍会長は「せっかく機運が盛り上がっているのに」と不満を隠さず、三菱商事の小島順彦会長も「タイミングを逸しない方がいい」と語気を強めた。

 一方で、米倉会長は会見で「どれだけスピードを上げて党内を調整していくか野田佳彦首相のリーダーシップに期待したい」とも述べ、首相の決断を促した。





日本が参加表明すれば、日米両国において、日本の参加に反対する人々の反対運動の機運が同時多発的に高まるだけだと思いますが…




 アメリカ人からも

 『日本のような大国にとって屈辱的』

 と心配されるTPPには、

 米倉さんじゃないですが、
 
 やはり不快感を示さざるを得なさそうです♪
 


と、思われた方は、



↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087



関連記事

TPPコメント(1)トラックバック(0)|

≪前の記事 災害対策軽視はロムニー敗北の大きな理由の一つ:いまだに「コンクリートから人へ」と言って災害対策を軽視する野田総理はロムニー氏に学んだほうが良いのでは?
≫次の記事 「財務省解散」で景気回復!?

コメント

1158:

今日はめでたい解散記念日です♪

2012/11/16 14:38 | 白珠 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。