ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

561:災害対策軽視はロムニー敗北の大きな理由の一つ:いまだに「コンクリートから人へ」と言って災害対策を軽視する野田総理はロムニー氏に学んだほうが良いのでは?

2012/11/17 (Sat) 17:29
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら






コメント欄のエラーにつきまして:

コメント欄でコメントを入力しても「コメント欄が空白です」のようなメッセージが出てコメントを受け付かないというエラーが発生する現象が起こるようです

どうやら、当ブログの左欄の「最新コメント」をクリックして当該エントリーを表示させ、URLの最後に「#comment1150」というような文字列が付いている状態でコメントを入れようとすると、エラーになるようです。

お手数ですが、その場合は、上の方の当該ブログエントリーのタイトルをクリックしてURLの最後に「#comment1150」が表示されないような状態にした上で、再度コメントを入力して頂ければ大丈夫かと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。




では、本題です。

日経ビジネス 212.11.19に興味深い記事があったのでご紹介。


特集 「希望の再生」に挑む米国

の最後の方から少し引用します:

―――――

…自然災害も経済を巡る論争に荷担する。
ニューヨークなど東海岸に大きな被害をもたらしたハリケーン「サンディ」の到来だ。
2005年に米南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の対応に失敗した当時の大統領、ジョージ・ブッシュは支持率を急落させた。
それを反面教師としたオバマは遊説を中止し、すぐにサンディの被災地に入る。
その対応は高く評価され、ABCテレビの世論調査では78%が「評価する」と回答した。


ロムニーは割を食った。オバマがリーダーとしての存在感を示したことだけが理由ではない。
「小さな政府」によって財政再建を目指すのがロムニー共和党の政策だが、災害に立ち向かうオバマの姿は連邦政府の必要性を連想させたからだ。
しかも過去にロムニーは、災害対応の窓口となる米連邦緊急事態管理局(FEMA)の縮小廃止を主張していた。
テレビでは「FEMAは不要なのか」というリポーターの問いかけに答えられず、聞えないふりをするロムニーの映像が繰り返し流された。民主党政権による「大きな政府」を攻撃してきた共和党には痛手となった。


―――――


アメリカだけでなく日本でも風水害は年々激しさを増しています。
また、巨大地震が遠くない将来に来る確率も非常に高く、災害対策は致命的に喫緊の課題であります。


先般も民主党政権が予算を止めて九州で極めて遺憾な事態が出来したといいます。以前も取り上げたこの記事をもう一度:

―――――

九州北部豪雨「民主党の仕分けで氾濫」 谷垣自民総裁
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120717/stt12071714560002-n1.htm
MSN産経ニュース2012.7.17

自民党谷垣禎一総裁は17日の党役員会で、16日に九州北部豪雨被害の視察のため熊本、大分両県入りしたことに触れ、「大分県竹田市の災害現場ではダム建設済みの河川は氾濫していない。一方、民主党の事業仕分けによってダム建設が延期になっている場所が氾濫している」と指摘した。

 自民党は東日本大震災を踏まえ、災害に強い国土を目指す「国土強靱(きょうじん)化基本法」をまとめ、10年間に200兆円規模のインフラ整備への集中投資を目指している。
谷垣氏の発言は、これを念頭に防災対策の必要性を強調したものだ。

―――――


一方、アメリカの災害対策重視の民主党と違い、日本の民主党党首にして現職総理大臣の野田閣下は、昨日の衆院解散後会見でもまだ「コンクリートから人へ」などという、時代錯誤も甚だしいとんでもない演説をしていらっしゃいました:


…二つ目は、経済政策の軸足をどう置くかの選択であります。
自民党は、国土強靭化計画、こうした方針のもとで、これからの経済を語ってくると思います。
でも、積算根拠もなく、総額ありきで、従来のように公共事業をバラまく、そういう政策で日本が再生するとは思いません。

私達は、グリーンエネルギー革命、ライフイノベーションの実現、農林漁業、中小企業を伸ばす、
コンクリートへの投資ではなく、人への投資を重視して民の力を育む、
そして雇用を作り出していく、働くことを軸として、安心して生きていける社会を作っていく、
さらに、狭い国土に留まらず、世界とともに成長をする、世界の需要を取り込む、
そのために国益を守るということを大前提として、守るべきものは守り抜きながら、TPP、日中韓FTA、あるいは
RCEP、こうした経済連携を同時に追求し、推進をしていきたいと考えています。
こうした、経済政策の軸足をどう置くかも問われる選挙になると思います。…

*  *  *  *  *

衆議院解散受けて野田総理会見ノーカット2/9(12/11/16)



↑この動画の2:01のところからです。

↓のリンクをクリックすると該当箇所から再生されます
http://youtu.be/2pDZSnUL8AA?t=2m1s






ところで、

上の九州北部豪雨でもろに洪水被害に遭われたsiorinさんから、
こんなコメントを頂いていおりました:

―――――
ご無沙汰しておりました。7/3、7/14二度の河川氾濫で自宅が浸水したsiorinさんです。一生に一度あるかないかの体験ですよね、こんなの。堤防増強工事が順番待ちだったので、このザマです。竹田の玉来川もそうですが、工事が終わってればなかったはずの災害です。トボけたことを言うな(中略)卵投げつけたやりたいよ=!!!
―――――


「コンクリートへの投資ではなく、人への投資を重視」で災害対策を「仕分け」したうえで、

一体どこの国の「安心して生きていける社会を作っていく」のでしょう、野田総理
(あとひと月だけ総理)。さすが、福島瑞穂さんにまで「あなたはどこの国の総理ですか?」と言われてしまうだけのことは、おありですね…。



野田閣下の演説を聞いていると、「全身全霊」とか「命がけ」とかよく出てくるのですが、これではまるで

大災害が起きた時には、全身全霊、命がけで、一人でも多くの国民を三途の川の向こう側にお送りする所存です。多くの国民の皆さんが三途の川の彼岸に行くか、此岸に留まるか、どちらに軸足を置くかが問われる選挙だと思います!」

と言っているようにしか聞こえないと、私は全身全霊で思います。





最後に、もう一つ、以前ご紹介した記事を再掲します:


―――――

明治の教訓、15m堤防・水門が村守る…岩手
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110403-OYT1T00599.htm
読売新聞 2011年4月3日


津波で壊滅的な被害を受けた三陸沿岸の中で、岩手県北部にある普代(ふだい)村を高さ15メートルを超える防潮堤と水門が守った。

 村内での死者数はゼロ(3日現在)。計画時に「高すぎる」と批判を浴びたが、当時の村長が「15メートル以上」と譲らなかった。

 「これがなかったら、みんなの命もなかった」。太田名部(おおたなべ)漁港で飲食店を営む太田定治さん(63)は高さ15・5メートル、全長155メートルの太田名部防潮堤を見上げながら話した。

 津波が襲った先月11日、店にいた太田さんは防潮堤に駆け上った。ほどなく巨大な波が港のすべてをのみ込んだが、防潮堤が食い止めてくれた。堤の上には太田さんら港内で働く約100人が避難したが、足もとがぬれることもなかった。

 村は、昆布やワカメの養殖が主な産業の漁村で、人口約3000人は県内の自治体で最も少ない。海に近く狭あいな普代、太田名部両地区に約1500人が暮らし、残る村人は高台で生活している。普代地区でも高さ15・5メートル、全長205メートルの普代水門が津波をはね返した。

 防潮堤は1967年に県が5800万円をかけ、水門も84年にやはり35億円を投じて完成した。既に一部が完成し60年にチリ地震津波を防ぎ、「万里の長城」と呼ばれた同県宮古市田老(たろう)地区の防潮堤(高さ10メートル)を大きく上回る計画は当初、批判を浴びた。

 村は1896年の明治三陸津波と1933年の昭和三陸津波で計439人の犠牲者を出した。当時の和村幸得村長(故人)が「15メートル以上」を主張した。「明治に15メートルの波が来た」という言い伝えが、村長の頭から離れなかったのだという。

 今回の津波で、宮古市田老地区は防潮堤が波にのまれ、数百人の死者・不明者を出した。岩手県全体で死者・行方不明者は8000人を超えた。

 普代村も防潮堤の外にある6か所の漁港は壊滅状態となり、船の様子を見に行った男性1人が行方不明になっている。深渡宏村長(70)は「先人の津波防災にかける熱意が村民を救った。まず村の完全復旧を急ぎ、沿岸に救いの手を伸ばす」と語った。
(2011年4月3日22時05分 読売新聞)


―――――


結局のところ、

「大きい」か「小さい」かではなく、「機能する政府」こそが必要です!





 国民の命をいまだに軽視する、

 機能しない政府よ、さようなら。

 国民の命を大事にする、

 機能する政府よ、こんにちは。

         +

 この期に及んで、

 日中韓FTAなどTPPと同等以上に論外。


 そんなことより

 尖閣、竹島を守ることだけ考えろ!



と、思われた方は、



↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087



関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 各社「比例代表投票先」調査まとめ―新聞・テレビ10社のデータまとめました:いずれも自民トップですが、毎日と産経だけ維新が自民と並んで異常に高いのはなぜ???
≫次の記事 米国TPP反対派は「既に決まった不条理なルールを飲まされるだけ。TPP参加は日本のような大国にとって屈辱的」と、ご心配+自民・安倍総裁は「TPP前向き」報道を明確に否定!

コメント

1160:「希望の再生」とはいかに

「サンディ」と「カトリーナ」のどちらが
大きかったのかを比較しないとブッシュが
対策に失敗したとは言えないし, カトリーナ
はかなり前から災害が予測されていたのに
オバマは遊説スケジュールを変更して対策を指示
したのだろうか.

米国の大メディアは大体がオバマ支持, つまり,
リベラル系であるからメディアの主張は日本と
同様にそのままは信用できないのではないか.

現在もリビア領事館襲撃の責任隠しをしている
政権が「希望の再生」とはいかに.

共和党は南部に支持母体があり, 金融と結び付いて
いるのは今や民主党ではなかったろうか.
これからの米国は更に豊かな中産階級が没落し,
国からの援助を受ける大多数の低所得層を
0.5%が支配するという方向に行かざるを得ない
ように思われるのだが.

いずれにしても, オバマの時代に傾いた米国が
オバマの続投で回復するとは思えない. オバマには
十分に危機に対処する時間はあった筈.

2012/11/18 13:15 | ちび・むぎ・みみ・はな #- URL [ 編集 ]
1163:

選挙にて、候補者の中からよりましな方を選ばなかったらどうなるかは、言うまでもないですよね~w
オバマ氏とロムニー氏の経済政策の違いが特に明白なわけで。

デフレに突っ込もうとしてるアメリカで、緊縮財政をしようとするロムニー氏が大統領になっていたら最悪だったけれど、
そうはならなかったのが現実です。
最悪を回避する選択をしたのは、アメリカの有権者です。
メディアのロムニー応援キャンペーンはアメリカの有権者を
煽動できなかったようで、これも重要ですよね。

2012/11/21 02:34 | 白珠 #- URL [ 編集 ]
1164:

ロムニー氏の反中の姿勢がポーズかも知れないという事や、
下記の記事や画像にあるように、よりによって韓国とべったりだという事もありましたっけね。
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2012100878138

http://blog-imgs-44.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/long722317.jpg


2012/11/21 04:39 | 白珠 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。