ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

563:世界各国過去32年分データを解析:政府総支出と名目GDPの相関関係極めて高い。小泉政権は政府総支出増加も名目GDP増加も世界最低水準!デフレ日本には大胆な財政出動必要!!

2012/11/23 (Fri) 16:41
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら






コメント欄のエラーにつきまして:

コメント欄でコメントを入力しても「コメント欄が空白です」のようなメッセージが出てコメントを受け付かないというエラーが発生する現象が起こるようです

どうやら、当ブログの左欄の「最新コメント」をクリックして当該エントリーを表示させ、URLの最後に「#comment1150」というような文字列が付いている状態でコメントを入れようとすると、エラーになるようです。

お手数ですが、その場合は、上の方の当該ブログエントリーのタイトルをクリックしてURLの最後に「#comment1150」が表示されないような状態にした上で、再度コメントを入力して頂ければ大丈夫かと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。





今回のエントリーは更新に8時間かかりました!!!





では、本題です。


―――

元既存政党の自民党政権で金融担当大臣や総務大臣を歴任された竹中平蔵先生「公募選考委員長」を務める、日本維新の会の代表代行であり、既存政党・自民党の全面的バックアップで大阪府知事選を勝ち抜いた過去をお持ちの橋下徹大阪市長が、

近頃、

自民党の「国土強靭法案」を

「予算で景気を良くするというのは間違い」

とか

「小渕政権の財政出動はまったく効かなかった」

とか

「財政と金融緩和で景気を良くしようとするのは簡単なので誰でもやりたがる」

とか

「従来型の公共投資は既存政党の既得権益が喜ぶだけ」

とかテレビで散々批判されています。



この辺り、

先月更新されたばかりの最新のIMFデータベース(WEO Oct. 2012)から膨大なデータを解析して検証させて頂こうと思います。


まず、

小さな政府をこよなく愛する構造改革派の皆さんの憧れのまと、

マーガレット・サッチャー第71代英国首相について:





イギリス政府総支出



まことに残念なお知らせですが、

小さな政府のサッチャー政権は、11年間の在任中に政府を2倍超のビッグサイズの「大きな政府」

にしております。




次に、同じく、構造改革派の皆さんが愛して止まないアメリカ、レーガン政権。



アメリカ政府総支出

アメリカの1980年から2011年データのみOECD Stat.Extracts



こちらも、まことに残念なお知らせとなりますが、

レーガンさんも8年間で政府サイズをほぼ倍増…


ついでながら、

ブッシュ(子)政権も8年間で倍近く増やしています(1.7倍増)。


それに比べて「小渕政権の大規模財政出動(?)」と来たら…




日本政府総支出




小渕政権があと6年続いていたらとつくづく残念なことですが、
2年間でわずか1.06倍増で終わっています。

サッチャーやレーガンやブッシュに比べれば、政府歳出規模の増加はほとんどゼロに近いのです。

それで「小渕政権では景気が良くならなかった」と言うのは、「それは故人に対する冒涜である」と言われやしないか、心配でなりません…。



そして、竹中先生が重要な役割を果たした小泉政権は、レーガンやブッシュ(子)やサッチャーとは正反対、何かのジョークだったのか、政府の規模を本当に小さくしてしまいましたが、小泉政権の名目GDP成長率は実に世界最低を記録しています。

小泉政権の2001年から2006年は、まさしく日銀の量的緩和が実施された時期ですが、それでも名目成長率は、しつこいようですが重要なので繰り返しておきますと、世界最低でした!

あれだけの金融緩和をしたのに、名目成長率がゼロ、かつ、世界最低だったのです!

いかに財政が重要かこれで良く分かる、という恰好の事例を世界の経済学の発展のために提供したのが竹中さんだった
のね、というべきものです。



あ、いや、失礼しました。
IMFデータベース、今回のバージョンでは「はいぱあいんふれ」なジンバブエのデータが、ジンバブエドル建てから米ドル換算に変更されており、データが変化しています。

ということで、日本は、最下位から一位だけ繰り上がり、

01年から06年の平均名目成長率+0.0%で、183ヶ国中、182位
ということになりました!!!

とは言え、ジンバブエが米ドル換算でなければ、日本はやはり堂々の世界最低です!


なお、同期間の政府総支出の平均増加率は-1.0%で、171ヶ国中、169位で、やはり、世界最低水準です。


さて、「それでも財政は効かない」とな????







さて、次に、

政府総支出と名目GDPについて、もっと多数のデータセットの解析を示しておきます。


なお、ここでは上述のような「成長率」とか「増加率」ではなく、以下のような算式で計算した値を使用しました:


政府総支出の変化 

 (ある年の政府総支出-5年前の政府総支出)÷5年前の名目GDP


名目GDPの変化

 (ある年の名目GDP-5年前の名目GDP)÷5年前の名目GDP



―――――

成長率や増加率だと、例えばある政府の総支出がある年にゼロであったのが、5年後に総支出1兆円となった場合、成長率が無限大になってしまい、不適当な数値になるからです。


それゆえ、

5年間の変化を名目GDPで割る
ようにすることで、上記のような不適当な数値が出ることを防ぎつつ、国際比較可能な数値を求めて解析することとあいました。

―――――

このように求めた、5年間の政府総支出の変化と名目GDPの変化のデータセットは計2916個という膨大な数となり、その相関係数はなんと、0.95 となりました。

相関係数は1に近いほど「相関関係が高い」のであり、かつ、1が最大値です。

だから、政府総支出の変化と名目GDPの変化は極めて高い相関関係にあると言えます。

(まあ、これは以前から何回かデータをお示ししている通りですが、今回の分析は、用いたサンプル数が圧倒的に多くなっています)



世界最高峰のデフレ状況が打ち続く日本では、実質GDPよりもまずは名目GDPを上げることが肝要ですので、上記の解析事実は今回の衆議院選挙においても極めて、致命的に重要な意味を持つと言えます。






政府総支出と名目GDP(1)


近似曲線(1次)の近似式をみると、

y=2.66x+0.8

つまりは、

名目GDPの変化 = 2.66×政府総支出の変化 + 0.8

のようになっています。

つまり、このデータセットからは、各国政府の1985~2012年の各年における「過去5年間」の政府支出の増加額に対して、名目GDPは、平均するとその2.7倍の額だけ増加していた、というような意味合いを見出すことができます。


(細かい説明をしておきますと、IMFデータで一番古いデータが1980年ですので、
 1980年~1985年のデータ
 1981年~1986年のデータ
 …
 2007年~2012年のデータ
 について解析を行っています。
 なお、国によって違いますが、おおむね2011年以降が推計値で、
 場合によってはそれ以前の年も推計値です。)



さて、

上のグラフでは、8万%とか、20万%とか特異なデータを含み、一番サンプル数の多い部分があまりしっかり表示されていないので、もっと範囲を絞ってグラフを拡大したものを示します:


政府総支出と名目GDP(2)


政府総支出が増えれば増えるほど、名目GDPが増えている、という傾向が見受けられることが、よく分かります。







さらに、もっと範囲を絞ってグラフを拡大してみると、

「5年間の政府総支出の増加が、その5年間の最初の年の名目GDP比で+30%程度以上となっている事例において、名目GDPがプラスになっていない事例はまったく存在しない」

ということが分かります:




政府総支出と名目GDP(3)





また、以下に示しますように

日本の政府総支出の増加ペースは、世界全体の中央値(データ順位が真ん中の順位のサンプルのデータ)よりも常にかなり低くなっています。



政府総支出5年間増減、日本と世界全体の中央値


日本の政府総支出の増加は、過去30年において、世界と比べると常に、圧倒的に控えめなのです。

サッチャーやレーガンに憧れるのなら、もっと勢いよく、ガンガン歳出を増やすようでなくてはなりません!







最後に、日本に関するまとめ表を提示しておきます:



日本の政府総支出、名目GDP変化のまとめ表


2000年代の日本の政府総支出の5年間の増減は、世界最低水準で推移しており、名目GDPもまた然りです。

2012年の政府総支出(5年間の増減)はようやく、最低から数えて19位くらいに浮上(笑)しそうですが、世界全体の中央値+18%の3分の1程度の水準でしかありません。

世界全体の中央値は過去28年、+20%前後で推移していますが、日本の過去28年の平均は+5%です。

つまり、日本はようやく過去の日本の平均値に戻ろうとしている、というだけのことです。
世界に比べれば圧倒的に低いのです。

世界の中央値と肩を並べるには、5年間でGDP比+20%分、政府総支出を増やすようでなくてはなりません。
つまり、名目GDPが500兆円日本であれば、5年間で100兆円です。

すなわち、10年間で政府総支出を+200兆円という計算になります。


これはちょうど、自民党の国土強靭化法案の金額と符合しますが、これだけやって、やっと世界に肩を並べるだけなのです。

本来なら、インフレ率も名目成長率も世界最低であり、経常黒字を続け、世界最大の対外純資産を抱える日本は、世界全体の中央値を超えるくらいの勢いで歳出を拡大すべきであり、10年で+200兆円であっても、むしろ足らないくらいなのです。


《訂正》

↑の取り消し線を施した箇所、誤りがありました。

コメント欄でご指摘頂いたのですが、最後の方を書くときはボーっとしていたのか、うっかりしておりましたm(_ _)m

世界全体の中央値のペースで行くなら、10年の累積では政府支出の増加は+200兆円では済まず、+1100兆円の計算になります:

〔計算過程〕
とりあえず10年間でも直線的に5年間と同じペースで増えるとして、10年目でざっくり単年度+200兆円(5年で現在のGDP比20%、10年で現在のGDP比40%とします)。

10年間、政府支出の基準年に対する増分が等差数列になると考えると、10年目が+200兆円で9年目が+180兆円、…、1年目が+20兆円という具合になりますね。

+200兆円
+180兆円+160兆円+140兆円+120兆円+100兆円++20兆円=1100兆円

となります。

[等差数列の公式で行くと、+200兆円が10に対応、+20兆円が1に対応するとして、10年間の累積は等差数列の和で10×(10+1)÷2=55となり、累積は200兆円÷10×55=1100兆円、ということになります]

ということは、

10年の累積で200兆円というのは、むしろ、余りにも小さすぎるくらい、ということになります!







橋下市長がテレビでおっしゃっていたような、「財政と金融緩和で景気を良くしようとするのは簡単なので誰でもやりたがる」よりは、むしろ「緊縮財政と金融緩和と規制緩和で成長」を標榜する方がよっぽど簡単であると言えます。
現に竹中さんが小泉政権でこれを実施し、ドル換算のジンバブエを除けば、名目GDP成長率が堂々の世界最低を記録したのです。



「緊縮財政と金融緩和と規制緩和」の政策ミックスを繰り返して、名目成長率世界最低を繰り返すのか、

もしくは、それはもう手じまいにして、

「大胆な財政出動と金融緩和」を行って名目成長率を世界でも真ん中あたりの順位に復帰させるのか、

その選択をするのが今回の選挙の歴史的意義であると言えるでしょう。






 『大胆な財政出動と金融緩和』を行って

 名目成長率を世界でも真ん中あたりに復帰させる

 第二次安倍内閣を希望!



と、思われた方は、



↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087



関連記事
スポンサーサイト

2012衆院選コメント(9)トラックバック(0)|

≪前の記事 公共工事、TPPについて:アジア開発銀行(歴代総裁が財務省出身)が「持続的成長のためアジアはもっと災害対策必要!」と主張/野田閣下のTPP推進公約に米政権が「NO!」
≫次の記事 各社「比例代表投票先」調査まとめ―新聞・テレビ10社のデータまとめました:いずれも自民トップですが、毎日と産経だけ維新が自民と並んで異常に高いのはなぜ???

コメント

1167:はじめまして

いつも楽しく拝見させてもらっています。

>世界の中央値と肩を並べるには、5年間でGDP比+20%分、政府総支出を増やすようでなくてはなりません。
つまり、名目GDPが500兆円日本であれば、5年間で100兆円です。

とありますが、5年間の累積が+100兆円ということですか?式からすると5年後の政府総支出が単年度で+100兆円かと思ったのですが。そうすると国土強靭化の10年200兆円というのは意外にも規模は小っちゃいのかもと思ったり。劇的に支出をもっと増やしてよいということですね。

ともかく、第二次安倍内閣に期待です。

2012/11/23 18:29 | くらえもん #- URL [ 編集 ]
1168:Re: はじめまして

くらえもんさん


あ、いやはや、ご指摘の通りですね。ありがとうございます!

最後の方を書くときはボーっとしていたのか、うっかりしておりましたm(_ _)m

とりあえず10年間でも直線的に5年間と同じペースで増えるとして、10年目でざっくり単年度+200兆円。10年間等差数列になると考えると、10年目が+200兆円で9年目が+180兆円、…、1年目が+20兆円という具合になりますね。
+200兆円+180兆円+160兆円+140兆円+120兆円+100兆円+…+20兆円=1100兆円

[等差数列の公式で行くと、+200兆円が10に対応、+20兆円が1に対応するとして、10年間の累積は等差数列の和で10×(10+1)÷2=55となり、累積は200兆円÷10×55=1100兆円、ということになりますね!]

ということは、10年の累積で200兆円というのは、むしろ小さすぎるくらい、ということになります。

> いつも楽しく拝見させてもらっています。
>
> >世界の中央値と肩を並べるには、5年間でGDP比+20%分、政府総支出を増やすようでなくてはなりません。
> つまり、名目GDPが500兆円日本であれば、5年間で100兆円です。
>
> とありますが、5年間の累積が+100兆円ということですか?式からすると5年後の政府総支出が単年度で+100兆円かと思ったのですが。そうすると国土強靭化の10年200兆円というのは意外にも規模は小っちゃいのかもと思ったり。劇的に支出をもっと増やしてよいということですね。
>
> ともかく、第二次安倍内閣に期待です。

2012/11/23 20:52 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1169:

面白かったです。この記事をアップされるのは、大変な御労力だったと思います。選挙前に、有権者全員に読んで欲しいですね。

2012/11/24 00:19 | ふく #- URL [ 編集 ]
1170:素晴らしいの一言です!

ハシシタ氏の言動はマスコミが拡声器的に報道の密度を上げるので、注目が集まりますから、それに対してデータで有無を言わさず撃ち落とすのは効果絶大です。

わたくしもささやかながらブログを書いておりますので、ご紹介させて頂きますし、FBでも書かせて頂きます。

2012/11/24 02:47 | gaNeza #- URL編集 ]
1171:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/11/24 11:11 | # [ 編集 ]
1172:

サッチャーがドバドバ支出してたとは…。思い込みのイメージというのは良くないですね。
公共工事支出10年200兆が、過去の例からして経済効果無いと田中秀臣さんとかが言っててそれも一理あるかなと思ってましたが、財政出動の絶対量自体が過去は少なすぎたから効果薄かったという事でしょうか。
まあとにもかくにも8時間ご苦労さまでした。目からウロコぽろぽろです。

2012/11/24 13:17 | やまだ #Uh60rX9Y URL [ 編集 ]
1173:

大作お疲れ様です。

アメリカはソ連との冷戦で軍事費増大しなければならなかったですものね。

しかし、日本は国土強靱化の10年200兆円でもしょぼいとは、病根の深さは凄まじいと考えればいいのか悩むところです。
ただ、国土強靱化の200兆円は、試算結果であり、最初に数字ありきではないので、他に必要なことが出てくればいくらでも変わる可能性がありますね。
ま、お金の使い道がたくさんあると前向きに考えることにしましょうw

ところで、新自由主義チックな思考をする人に、優秀といわれるビジネスパーソンが多い印象(あくまで印象ですがw)があります。
多いかどうかはともかく、その人達は、家計簿と企業会計を一緒にするなと言うのに、企業会計と国家会計を一緒にしてたりするのは何ででしょうね?
ポジショントークでなければ、一種の傲慢に思えます。

2012/11/24 15:31 | alt #WCSj23LI URL [ 編集 ]
1174:小さい政府のウソ!

貴重なデータと分析、有難うございます。
自分の周りには、データ(数字)を見もせず、
サッチャー政権が「小さい政府」を実現してイギリス病を克服した・・・との誤りがまかり通って困っています。
(まだ一般的には積極財政論=悪玉論は根強いです。)
ここ20年で一番、小渕政権が名目GDPの押し上げに成功したのは日本経済復活の会でしりました。


2012/11/24 16:06 | YUUYA #- URL [ 編集 ]
1256:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/11 17:59 | # [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。