ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

574:NHKスペシャル「日本国債」→財務省が「海外で日本国債の安全性を訴え、長期保有を呼びかけています」とナレーション

2012/12/25 (Tue) 13:04
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら






一昨日、日曜日の夜9時に放送された

NHKスペシャル「日本国債」 について。


まずはNHKサイトの紹介文を引っ張りながら、私の所感をつれづれなるままに:


http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/1223/index.html




年々膨れ上がる“日本の借金”、日本国債の発行残高が、ついに700兆円を超える。その額は、対GDP比でみると先進国では最も大きい。



なお、番組本編のナレーションでは「日本の財政は先進国で最悪」と言っていました。



さて、

明治維新以来、日本政府の借金がゼロになったことなどありません。

政府債務が年々増えるのは当たり前。



成熟した先進経済国では、通常、国民は貯金を増やします。
マネーは資産・負債の両面の性質をもつ、いわば、「両性具有対」です。
誰かがマネーを貯金すれば、他の誰かが必ず借金としてのマネーを背負い込むことになるのです。

後進国ならば、いまだ貯金する余裕もないですから、国民は日本でも江戸時代にあったような「宵越しの銭は持たねえ」的な生活をすることになり、貯金もなく借金もない、という仕組みも可能です。

先進国ならば、北欧型の高福祉政策によって安心感を持たせ、貯蓄の必要性をなくさない限り、国民は貯金を増やし、政府の借金が増えるのが当然の理屈です。


よって、日本政府の借金が大きいのは、先進国のなかで「財政が最悪」なのではなく、先進国のなかで最も安定している、ということを意味するのです。安定しているから政府の負債も民間の貯蓄も安定して両建てで増えているのです。



日本対外純資産



マネーのこの「両性具有対」としての性質を、ユング風に言うと、心の中の思考機能を用いた論理的理解だけでなく、感情機能を用いた情緒的理解を、国民全体に広める必要があります。

それをやるべきなのがNHKのような公共放送だと思うのですが、いかがでしょうか?








莫大な国の借金は、ヨーロッパでは信用不安の原因となり、混乱が続いている。その額の大きさから“薄氷の上にある”とも例えられる日本国債は「安全な資産」として資金が集まって連日高値を記録し、長期金利は10年ぶりの低水準で盤石にみえる。



「日本国債は『安全な資産』」って、その通りじゃないですか。

えーと、番組中で「薄氷」といっているのは、作家の幸田真音さんですが、「日本は薄氷薄氷」と言っている間に、「先進国で財政が最悪」なはずの日本より健全なはずのアイスランドやギリシャが破綻してましたね。

日本の「薄氷」は薄くて丈夫な最新鋭のカーボンファイバーか何かで出来てるってことでしょうか?




これに対し、人々の預金を元手に国債を大量に保有する金融機関では、国債価格の下落に警戒を強めている。



そりゃまあ、銀行さんは価格変動リスクがある長期国債はあまり買いたくないでしょう。
だって、今、金利は歴史上最低水準です。つまり、長期国債の価格は歴史上最高水準です。いま、長期国債を買うのことは高値掴みになること間違いなし、というのは小学生でも分かる理屈です。
誰が好き好んで買いまんねん。

でもそういう時は、日銀が「金融調節」目的で買うし、それに、長期国債が不人気になるのと入れ替わりに短期国債の人気がうなぎのぼりになりますね。それは実際、近年において、日本でもドイツでも起こった現象です。




デフレ対策のため、事実上、国債を買い支えている形になっている中央銀行「日銀」は、購入による副作用を意識しながらも、かつてない額の買い入れを行っている。



副作用。
確かに、金融緩和だけやって財政出動しないと、副作用が起きるでしょう。
財政出動のような国内での投資計画、国内での具体的な使途が準備されない限り、かつてケインズが予言したようにキャリートレードが盛んになって、例えば原油や穀物の先物価格を押し上げ、輸入物価の上昇を招き、下手をすると物価だけ上昇して景気はよくならない「スタグフレーション」になります。

だから、国土強靭化などの財政出動、まさしく「国内での具体的な使途の準備」が必要なんですよ!


え?幸田さん、規制緩和も必要っておっしゃるのですか?

ならばここは思い切って、「原発の発電停止」という規制の緩和をしてみるのはいかがですか?




そして海外のヘッジファンドの中には、人口が減少し低成長が続く日本は、やがて苦境に陥ると予測し「次なるターゲットは日本国債」と公言しはばからないところまで出てきている。



ああ、これはこれは、なつかしのカイル・バス氏ではないですか。番組本編にご出演されていました。

2010年 1月 4日 ウォール・ストリート・ジャーナル の記事でもこんな記述がありました:

―――
ヘイマン・アドバイザーズのカイル・バース氏は、「(日本の国債価格の暴落は)必ず起きる。問題はいつ起こるかだ」と語った。同氏は起こる方に賭けている。
―――

えーと、もう、それから3年近く経ってるんですけど…

日本国債の暴落が必ず起きるかどうか分からないなかで、ヘイマン・アドバイザーズのお客さんは皆、極めて我慢強い人種であるということだけは確定的事実として分かります。


日本国債にまつわるヘッジファンド云々については

「ヘッジファンドで国債暴落→日本終了」のウソ

↑このエントリーで大量のデータ付きで解説していますので、ご参照ください。




欧州の信用不安。アメリカの景気の先行き不安。こうした状況から、豊富な個人金融資産と対外資産を持つ日本の国債は、今のところ“安全”と見なされて買われている。しかし、ひとたびその安定が崩れれば、財政が悪化し、暮らしに直結する公共サービスが滞り、企業経営、個人の家計にも大きな影響が出るとの懸念もある。



「ひとたびその安定が崩れれば」って、どないやねん。

番組本編では「IMFが日本の政府債務が大きすぎると言っている」ということを紹介していましたが、こないだ発表された別のIMFのレポートも紹介してみればいかがですか?

そのIMFレポートでは、日本は「その安定」が先進諸国の中でももっとも崩れにくいと評価しています。




日本国債に今何が起きているのか。番組では、安泰に見える現状の背景で進む大きな変化を、ドキュメンタリーとドラマで多角的に描く。



よその国はもっと大変やがな。

というか、終戦直後の、広島や長崎に原爆を落とされ、全国の大都市がことごとくB-29で爆撃されまくった状態とくらべて、どれくらい大変でどれくらい安泰か、という多角的な視点も必要ではないかしら。




ちなみに、番組の中で、以下の二冊の本が紹介されました:

三橋貴明氏
日本は「国債破綻」しない!





朝倉慶氏
2012年、日本経済は大崩壊する!




うーん、2012年はあと6日。
ということは、日本経済はそろそろ「大崩壊」するんすかね?







では次に、番組本編の最後の方の内容をご紹介。

ジョージ・ソロスと一緒にガッポリ儲けていまはシンガポールご在住の有名な投資家(というか投機家?)ジム・ロジャーズ氏が登場しました:

―――

私は日本を愛しています。
東京は大好きな都市です。
しかし、日本には驚くほど借金があり、
毎年積み上がっています。

解決策は3つ。
まず“子供を増やすこと”。出来ていません
“移民の受け入れ”も拒否しています。
あとは“生活水準を下げる”しかありません。

日本国債は厳しい事態に陥るでしょう。


(以上、シンガポールでの講演の映像。字幕付き)


多くの人が日本国債の下落で儲けようとしましたが、
この15年間誰もが失敗し続けてきました。
しかし、日本国債を売るタイミングは近づいてきていると思います。


(以上、単独インタビューの映像。字幕付き)





ロジャースさん、申し訳ないですが、余計なお世話です。

移民の受け入れって、あんた、シンガポールがつい最近制限し始めたやないですか。

「移民お断り」に転換 ― シンガポール:格差差拡大&中国人若手投資家フェラーリ暴走死亡事故で国民がたいそうご立腹


大体、移民受け入れで財政再建って、何ですかそれ?

移民受け入れます。
移民の皆さん、年金に入ります。
移民の皆さん、高齢化します。
それでもって
「ワタシ、年金モライマス。
 デモ、
日本ノ物価、高イネ。
 自分ノ国ニ、帰リマス。
 アディオス、ツァイチェン、アンニョンヒケセヨ~」
ということになったらどうしまんねん?



それから、

「多くの人が日本国債の下落で儲けようとしましたが、
この15年間誰もが失敗し続けてきました。」


とおっしゃるなら、この15年間で実際に財政破綻した国々、

例えば、
ロシア(98年)
ナイジェリア(01年)
インドネシア(00年、02年)
ドミニカ共和国(05年)
アルゼンチン(01年)
エクアドル(08年)
パラグアイ(03年)
ウルグアイ(03年)
アイスランド(08年)
ギリシャ(12年)
と、日本の違いについて、少しは調査しはったらどうですか???


これら破綻国と日本の違いについては私の↓この本を是非お読みくださいませ。



「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る




もっと書いておくと、破綻した国はたいてい、破綻前と比べて物凄い勢いで成長してます。念のため。


成功した投資家。成功した経営者。
皆さんが陥りやすいのは、国家財政を企業会計と同一視してしまうことです。

だから、「借金が増えると大変だ」という考えと「政府の借金が増えると大変だ」という考えが「同一化」してしまうのであります。

このような考えから「脱同一化」すること、仏教で言うところの「解脱(げだつ)」をすることこそが重要なのであります。






さて、番組の内容紹介を続けます。


財務省の国債投資情報官の方が登場し、シンガポールの政府系投資機関「GIC」を訪問している様子を映しながら、以下のようなナレーション:

「アジア、中東各国を回り、日本国債の安全性を訴え、長期の保有を呼びかけています」



つまり、日本国債は安全なんですね!

そりゃあもう、上記のIMFレポートを見せりゃ、イチコロでしょう。


最後、財務省の国債業務課の様子を映しながら、こんなナレーション:

「国家の財政を支える日本国債。この日も順調に発行されました。
 国際の信用を保って行くには何が必要か。
 発行残高709兆円。
 日本の大きな課題です。」



日本の大きな課題はマスコミの皆さんのこのような報道姿勢だと思いますが…。


経済をカネで考えるからこのようなことになってしまいます。


カネで考えても様々な指標を「多角的に」見てやれば日本は大丈夫ですが、
経済の根本はモノです。モノが足りるかどうか。

だから、明治維新政府が行ったように、国(中央政府)が借金を増やしてでもモノを充足させるための投資をしっかり行うことこそが、国家の永続的繁栄につながるのです。




 NHKの番組、

 財務省の国債投資情報官について、
 
 
『アジア、中東各国を回り、

  日本国債の安全性を訴え、
 
  長期の保有を呼びかけています』


 とナレーションしていたところにこそ

 日本国債の本質が出ていましたな




と、思われた方は、



↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087





関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(10)トラックバック(1)|

≪前の記事 2012衆院選の分析:各社直前の比例投票先調査の精度を評価すると…最高は共同通信、最低は読売新聞&日テレ。有権者の最大多数派は無投票層4400万人。
≫次の記事 #TPP 新定義:「巨大国際企業という既得権益の既得権益による既得権益のためのルール作り」。米国“既得権益”CEOは年収10億円⇔日本は瀕死の“危篤権益”

コメント

1213:

必見だ!

【頑張れ日本】12.23 シンポ「新内閣誕生とこれからの日本」[桜H24/12/25]

http://www.nicovideo.jp/watch/1356430532

2012/12/26 10:40 | 拡散希望 #- URL [ 編集 ]
1214:

わたしもNHKスペシャルを見ました。
外資のことは詳しくないので判りませんでしたが「日銀はこれまでも大量に円を刷って、公共事業もやられてきたのに効果が無かった」というウソの説明をしていました。本当にひどい番組でした。


2012/12/26 10:48 | 楽仙堂 #LkZag.iM URL編集 ]
1215:

ジム・ロジャーズって私も大嫌いなんです。

彼の言葉で一番呆れたのは、
「中国は今、日本の幕末と同じ時代に入っている」と言っていたこと。

アホじゃなかろうか?

移民受け入れとか言いながら自分はさっさと自国捨ててるし、第一シンガポールってものすごーく危うい(それこそ薄氷の上を)状況の中で何とか成長している国だと思いますが。

この番組、流れた瞬間から意図が分かったのでホントにNHKはどこの国のメディアかと思ってしまいました。解説乙です。

応援クリック。

2012/12/27 00:35 | おれんじ #- URL [ 編集 ]
1216:

日本は低成長で危なくて破綻するのが彼らの主張ですよね?
おかしいですよ。どうして危ない国に移民させろというのでしょうか?普通移民というのは危ない所から安全な所に行こうとします。執拗に日本に移民を受け入れろということはつまり日本は将来もすっごい安全なんだということです。
それを隠すために移民を受け入れないと日本はダメだというロジックを日本人に言わせているのでしょうね。

2012/12/28 00:12 | かげちん #NqNw5XB. URL [ 編集 ]
1217:

よくテレビや新聞で、国の借金が気になると言うコメントが出てきます。その度に、下らない番組ばかり流して、肝心の知識は全く教えないマスコミには憎しみがわきます。不安ばかりあおって最低です。こちらのブログはデータをもとに、感情論でなく説明して下さるので、勉強になります。ありがとうございます。

2012/12/29 10:17 | ふく #- URL [ 編集 ]
1218:

こんにちは。今年はいろいろとコメントさせて頂き充実でした!有難う御座いました!皆様来年も宜しくお願いを致します!好いお年をお迎えを下さいませ!

2012/12/30 11:06 | RALLY NEW WAVE #- URL編集 ]
1221:

今年も良い記事、良い本をありがとうございました。

企業家、ビジネスマンの企業会計と国家財政の同一視は目に余るものがあります。
家計簿と企業会計を同一視するなと言うのに、自分は同じ事をしているという客観性に欠けた意見を聞くと、マクロ的に見るとどっちも同質だよ、と言いたくなってしまいますw
ポジショントークもあるので見極めないといけませんが。(中には消費増税を反対しながら国家破綻する、なんて言ってる人もいます)

消費増税派の人達の意見を企業に当てはめると、

「儲からないから値上げしますと言っているようなものですが、おたくの会社はそんな事するんですか?税収増やすために増税ってそういうことでしょ?」

と言ったら賛成してくれるのでしょうか?w

ともかく、来年はこんな軽口言っていられるか正念場です。
それでは、良いお年を。

2012/12/31 10:58 | alt #WCSj23LI URL [ 編集 ]
1222:明日は我が身【集団ストーカー犯罪】の被害が全国で急増中

~ 全国で多くの方が人生をメチャクチャにボロボロに壊され苦しんでいます ~
些細なトラブル(言い争い、ゴミ出しを注意、勧誘を断った等)でターゲット(仏敵)に
http://youtu.be/0fo1owo7oeQ

犯罪被害 人気ランキング
http://life.blogmura.com/hanzai/
事件・犯罪 人気ランキング
http://politics.blogmura.com/jiken/

2013/01/06 14:13 | tomomo #HC8yu80U URL [ 編集 ]
1223:ナリスマシ湯田の走狗な売国奴だらけ

>ねずさんは北朝鮮人?コードネームNezu621(平壌放送hertz)

戦後世界史最大のタブー。
ナチ「ガス室」はなかった。
http://yiori.tripod.com/nogas/marco0.html
一月二十七日、アウシュヴィッツ収容所は「解放」五十周年を迎える。だが、ここには戦後史最大のタブーが秘められている。実は「ホロコースト」=ナチスによるユダヤ人虐殺説には、今、大きな疑問が投げかけられ始めているのだ。
ユダヤ人が悲惨な死を遂げたことは、間違いない(ペスト感染)
日本に圧力をかけるシオニスト組織「SWC」
~ 「サイモン・ヴィーゼンタール・センター(SWC)」の実態 ~
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html
●1995年1月に、日本のジャーナリズム界を震撼させる事件が起きた。
この事件は、アウシュヴィッツのガス室に疑問を投げかける記事が、雑誌『マルコポーロ』(文藝春秋社)に載ったのがきっかけだった。廃刊に。



2013/01/14 10:08 | 一期一会 #- URL [ 編集 ]
1227:

>ちなみに、番組の中で、以下の二冊の本が紹介されました
2012年の年末に、わざわざ三橋氏の著作と一緒に「2012年、日本経済は大崩壊する!」
なんてタイトルの著作が晒された朝倉慶ってヤツが哀れ過ぎて笑いが止まりませんw

それと、ジム・ロジャーズって生き物に至っては、シンガポール在住である事が
更に法則発動に拍車をかけるわけですね?楽しみです。



2013/02/17 17:25 | 白珠 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

17:財務省理財局斎藤国債企画官の全面的協力で放送法逸脱の財務省のプロパガンダ放送局NHK

相変わらず、NHKは、日本国債について 勝前財務次官時代と同じで財務省寄りの一方的な 財政危機だから、増税止む無し 放送【NHKスペシャル「日本国債」】を行ったそうだ。 放...

政治の本質 2012/12/27 22:56

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。