ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

583:ロゴフ教授が謝罪!ユーロ債務危機の緊縮政策の参考となった「国の借金が大きいと成長しない」という結論はエクセルの操作ミスだった、と。

2013/04/19 (Fri) 10:33
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ




新著、全国書店で好評発売中です!
アマゾンでのご購入は
こちら
「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)



消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…



図表が全部、短い説明文付きの「プレゼン形式」など、
分かりやすくする工夫がいっぱい! 

◯日本の財政余裕度は世界一。世界で一番「破綻」と縁遠い国!
◯そもそも「破綻」した国は、むしろその後、急成長している場合が多い! 


という、「究極の二段構え」の“新常識”で、あなたと日本を元気にします!




“バーチャル立ち読みコーナー”開設:

《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら


その他詳細な内容紹介:
1.“章別の内容紹介”→こちら
2.“5つのことわざで分かる、簡単マクロ経済入門”→こちら






↓こちらもよろしくお願い致します

国債を刷れ新装版表紙

「国債を刷れ!新装版-これがアベノミクスの核心だ」







今回の表題の件、

第二次大戦直後、アメリカや日本の政府債務がGDP比で100%とか200%になったあと、両国とも人類史上空前の急成長を遂げたことを踏まえれば、当たり前と言えば当たり前ですが…


まずはコメント欄で教えて頂いた(ありがとうございます!)、日本語の記事のご紹介。


-----

「ごめんなさい」では済まされない! 財政切り詰め策の根拠となった論文に誤り 欧州連合の方針に疑問
http://markethack.net/archives/51871682.html
Market Hack 2013年04月18日

2009年にギリシャ問題が発覚し、それが欧州財政危機問題へと拡大した際、欧州委員会は危機を回避する政策を策定するにあたってひとつの論文を参考にしました。

それはハーバード大学のケネス・ロゴフ教授とハーバード・ケネディ・スクールのカーメン・ラインハート教授による「Growth in a Time of Debt(国家債務時代の経済成長)」という論文です。

ロゴフ教授とラインハート教授は『国家は破綻する』という本の著者でもあり、日本でも知られています。

ところがマサチューセッツ大学アマースト校の博士課程に学ぶトーマス・ハーンドンがこの論文に書かれている結果を再現しようとしたところ、ロゴフ教授とラインハート教授が主張するような、「国家負債が90%を超えるとGDP成長が著しく鈍化する」という結果が得られませんでした。そこで彼の指導教授であるマイケル・アッシュ教授ならびにロバート・ポーリン教授とともに「結果がそうならなかった」という指摘をしました。

これが両者の間で論争を巻き起こしましたが、結局、ロゴフ教授とラインハート教授がエクセルのスプレッドシートを操作する際、コーディングのミスをした為、一部のデータが演算に反映されていなかったことが判明しました。

ロゴフ教授とラインハート教授がエクセル操作上の凡ミスを全面的に認め、謝罪の声明を出すということで論争には終止符が打たれました。

しかし切り詰め政策を強要されているギリシャやスペインの国民からすれば「間違いでした、ごめんなさい」ですまされることではありません。

-----


ちなみに、ロイターでも

-----

「国家は破綻する」著者らが誤り認める、米研究者らの指摘受け
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE93H04720130418
ロイター 2013年 04月 18日

-----


また、Forbes誌でも記事が掲載されています。

-----

That Reinhart and Rogoff Committed a Spreadsheet Error Completely Misses the Point
ラインハートとロゴフ、スプレッドシートのエラーが完全なるミスであったと認めた

http://www.forbes.com/sites/realspin/2013/04/18/that-reinhart-and-rogoff-committed-a-spreadsheet-error-completely-misses-the-point/
Forbes 4/18/2013


Their 2010 paper in the American Economic Review, “Growth in a Time of Debt,” is perhaps the most quoted but least read economic publication of recent years. The paper concluded that advanced economies with debt in excess of 90% of their Gross Domestic Product suffer a diminution of economic growth.
彼らの2010年のAmerican Economic Reviewに掲載された「Growth in a Time of Debt」という論文は恐らく近年で、ほとんど読まれていないが最も頻繁に引用された経済出版物であろう。その論文では、GDP比で90%を超えた債務をもつ先進経済国では、経済成長の低減に苦しむことになると結論付けていた。

The professors (we’ll call them R&R) acknowledged yesterday that there were “Excel coding errors” in the analysis of the data which impacted their conclusions about the relationship between debt and growth.
教授ら(以後、彼らをR&Rと呼ぶことにする)は昨日、債務と成長の間の関係についての結論を決定づけたデータの分析において「エクセルのコーディングエラー」があったと認めた。


-----


これで、緊縮財政の流れが積極財政の流れに変わるかも知れませんね。

世界中で(日本含む)。


ということで、



 結論。 

 『もっと、もっと、国債を刷れ!』
 
 で、OK牧場 \(^o^)/



と、思われた方は、 


↓クリックをお願いいたしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087





関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(9)トラックバック(0)|

≪前の記事 アベノミクス検証:金融緩和はやりすぎかも…「異次元金融緩和+ショボイ財政出動」についての考察
≫次の記事 中国、香港の民主派を武力で威嚇…香港「一国二制度」形骸化鮮明と日経が報道 ― 絶賛交渉中の日中韓FTA、大丈夫?

コメント

1260:オバマさんが起訴?

正式なブッシュ?ジュニア/オバマ/CIA/米軍GITMOでの9/11囚人戦争犯罪起訴( Dr. Steve Pieczenikさんが詳しいです) http://pieczenik.blogspot.jp/
英語が分かりません。オバマさんが起訴されたらばTPPは消えますか?

数日前にうっすら聴きました。真偽は?よろしくお願いします。

不安で不安で農業壊滅、表示規制とか大嫌いなTPPです。
忙しいでしょうからURL貼りました。

2013/04/22 17:05 | よろしく #- URL編集 ]
1261:続報?

ケネス・ロゴフとカーメン・ラインハートをメッタ斬りにした学生、トーマス・ハーンドンがビジネス・インサイダーに寄稿
http://markethack.net/archives/51872333.html

2013/04/23 01:06 | clabrar #- URL [ 編集 ]
1262:オバマさん起訴?TPP無くなるように!


2013/04/23 11:48 | 続き #- URL [ 編集 ]
1263:オバマ氏起訴とか

>追記オバマ(本当の名前はBarry Soetoro)/Bush jr./CIA/米軍が、正式に9/11GITMOでの囚人拷問戦争犯罪として起訴がついに、認められました。つまり、もう、オバマには、米軍に命令を下す権利がないということです。
>Dr. Steve Pieczenikが詳しく書いていらっしゃいます。=> http://pieczenik.blogspot.jp/search?updated-max=2013-04-16T20:54:00-07:00&max-results=7
>http://pieczenik.blogspot.jp/

2013/04/23 22:25 | TPP断乎反対 #- URL [ 編集 ]
1270:TPP進行中

廣宮孝信さんは
何を待っているのですか?
TPPは進んでます。
@kakuma1875
@nyantomah 商務長官にプリツカー氏、
USTR代表にフローマン大統領顧問を指名。
上院の審査を経て承認への手続き。
6月までにTPA法案(4月24日ボーカス財政委員長談)提出へ。
米通商代表 フロマン氏 大統領が指名TPP交渉精通
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013050302000131.html

>TPP参加交渉推進派 
>小泉進次郎、安倍晋三、麻生太郎、石原伸晃、茂木敏充、小池百合子、
>平沢勝栄、鴨下一郎、河野太郎、石波茂、菅義偉、伊吹文明、甘利明、
>岸田文雄、平将明、中曽根弘文、丸山和也、丸川珠代、三原じゅん子

安倍内閣=TPP内閣そのもの!逃げるは策は有りますか?

反対派の寝返り寝返しは究極なペテン。

2013/05/06 13:51 | 名無しA #- URL [ 編集 ]
1271:廣宮さん

大丈夫ですか?邪魔は消せですから。

2013/05/08 10:57 | 通りがけ #- URL [ 編集 ]
1272:

お疲れ様です。

この「論文の嘘がバレちゃいました」の件で何が笑えるかって、単なるミスなんかではなく、
もともとケネス・ロゴフ教授とカーメン・ラインハート教授がデータからして
結論ありきの詐欺論文を書いたという事が、明らかになっちゃった事ですよねw

んでもって、公式発表とか事実とかを何故か無視して必死に
「安倍内閣=TPP内閣」としたがってるのが湧いててワロタw
先ず、TPPの目玉である「聖域なき関税撤廃」を骨抜きにした条件を、
交渉参加のさらに前段階の時点で突き付けてる事とかは無かったことに
なってるなんて、好都合過ぎますよね~。

2013/05/11 16:33 | 白珠 #- URL [ 編集 ]
1273:ウソ日米事前協議

【激ヤバ拡散】日米事前協議による合意事項は、日本がTPP交渉に参加しなくても【有効】
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3564.html
「怒りで頭がおかしくなりそうだが、まず日本政府発表は、USTR原文と大きく異なっている:内田聖子氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/10626.html
【東田剛】米国通商代表部の外国貿易障壁報告書は、毎年、日本の自動車市場の閉鎖性を問題視しています。TPPと軽の関係が全然ないはずがありません。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/03/06/korekiyo-34/
サルでもわかるTPP
http://project99.jp/?page_id=75
堤未果 TPP解説 「知的財産所有権保護項目から皆保険が形骸化」
http://sun.ap.teacup.com/applet/souun/10349/comment?guid=on



2013/05/11 18:02 | 普通なヒト #- URL [ 編集 ]
1276:中国様もTPPらしい

ロイター 2013年 05月 31日 05:49 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE94T08U20130530

ご相談なのですが

シナ様も?NWO?

日本が、
どうすれば良いのやら。教えて下さい。
断乎反対TPP

ドキュメンタリー映画衝撃内容 遺伝子組み換え食品はやっぱりヤバイ
(2013/5/30)
「世界が食べられなくなる日」
◆ラットに次々と異常が
日本の行く末は真っ暗か――。来月8日公開のドキュメンタリー映画「世界が食べられなくなる日」が話題になっている。「遺伝子組み換え食品」の恐ろしい実態を描いているのだ。内容は、09年、フランスの分子生物学者~
http://gendai.net/articles/view/syakai/142528

2013/05/31 16:09 | 桜桃 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。