ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

600:「国の借金」とトラウマ(心的外傷)--マクロ経済を扱うのに「感情」の問題に取り組むことが必要な理由

2014/01/07 (Tue) 11:02
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ






前回のエントリーでコメントを読ませて頂いた後で、またまた思いついたことがありましたので、予定外でしたが更新してみました。
(コメントを頂きました皆様、ありがとうございました!)


「国の借金」について、なぜ感情をも取り扱うことが大切なのか?

ということについて、
具体例を挙げて説明を試みたいと思います(すでに私がコメント欄で書かせて頂いたものに、修正・加筆する形になります)。


例えば、ドイツ政府がなぜ財政均衡にこだわるかということについて少し考えて見たいと思います。

これは、彼らが経済学的、財政学的に「無見識」だからでしょうか?私は恐らく違うと思います。

恐らくは、第一次世界大戦とその後の定義通りのハイパーインフレ、さらにはナチの台頭とその後の悲惨な結果となった第二次世界大戦に対する、恐怖体験の記憶、すなわちトラウマ(心的外傷)が大きな要因だと思われます。

これはまさしく、感情の問題です。

最近の脳科学が教えるところでは、恐怖体験の記憶は生涯消えません。その記憶を形成する脳神経回路が物理的に消えず、死ぬまで保持され続けるということになります。というのは、恐怖体験の記憶は、本来的には生物にとって生命保全のための危険回避行動を取るために必須の情報であるからです(『エモーショナル・ブレイン 情動の脳科学』ジョセフ・ルドゥー著 松本元・川村光毅ほか訳 参照)。

それからもう一つは、最近ニュースで伝えられていたところによると、マウスの実験で、親の恐怖体験の記憶が子に遺伝することが確認されたとのことです(“恐怖の記憶、精子で子孫に「継承」 米研究チーム発表”朝日新聞 2013年12月4日 http://www.asahi.com/articles/TKY201312040021.html )


以上のことを踏まえると、経済を考える上で、このトラウマの問題は決して避けては通れません。

日本でも同様に、第二次世界大戦のトラウマが大きな影響を及ぼしている可能性があります。
(憲法9条問題には、確実に影響を与えているものと思われます。
 私の親族で、戦時中B29に追い回され、命からがら甲子園球場に逃げ込むということを何度も
 経験している者がおり、憲法9条擁護派となっています。
 私は、上記のような脳の仕組みを踏まえれば、このことはまったく仕方がないことであり、
 正当な反応であると考えます。
 また、恐怖体験の記憶(トラウマ)が子孫に遺伝するということが、人間においても起こるの
 であれば、この憲法9条問題は心理学や脳科学の観点から極めて根が深い問題である、という
 認識を持つ必要があることになり、そこを出発点とせざるを得ないでしょう。
 なお、私は、憲法9条擁護派ではありません。念のため)


そういったわけで、
「国の借金」問題、財政問題に、戦争トラウマが絡んでいるという、上記の私の仮説が正しいとすれば、これを扱うには経済学では残念ながらまったく不可能です。
これには心理学や脳科学その他の学問領域からの取り組みが必要不可欠、というのが、現在、私の考えるところのものであります。



それと、頂いたコメントから思ったのは、感情の問題について、もっと身近な事例を考えてみるということも必要なことかな、と思いました。

例えば、私の知人に高所恐怖症の人がいます。
それで、飛行機にも乗ることができません。
「飛行機で事故に遭う確率は、自動車交通事故で死ぬ確率よりも圧倒的に低い云々」
と、論理的にいくら説明したところで、この人が飛行機に乗れるようには残念ながらならない、という具合です。
というのは、論理的に納得できたとしても、感情的にはそう簡単に納得できないからです。

まずは、この人が高所恐怖症で飛行機に乗れないということを否定せず、客観的事実として肯定し、受け入れることが出発点になるでしょう。


もう一つ、少し違う視点の、もっとマクロな事例を挙げておくと、アメリカの銃規制が進まない問題です。

銃乱射事件の頻発、という強烈な恐怖体験がありながら、なぜか銃規制が進まない、という問題です。

私はこれはおそらく、民族の性質というようなものが絡んでいるという仮説を持っています。

銃規制に反対しているのは、保守派の皆さんであり、つまりは、イギリスから支配されるのが嫌だ、自由になりたい!束縛されたくない!という人たちの子孫、ということになるのではないかと思います。

政府は小さいほうがいい。極端な話、無政府でもいいくらいだ!国家財政は切り詰めるべきだ!

このような「民族の性質」は、銃規制のような政治問題だけでなく、国の借金問題にまで幅広く影響を与えるのだと考えますが、これも感情の問題と思う次第であります。

これは、「お前たちは間違っているのだ!」と言っていて解決できる問題では、恐らく、あり得ないわけであります。
「老子スタイル」の「私も正しい、あなたも正しい」というところから出発するのが良いのではないか
と思うわけです。


というわけで、



 経済や政治を考えるうえで、

 心理学や脳科学も

 どうやら必要、ということか?



と思われた方は、下のリンクのクリックをお願い致します。 

 人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087





関連記事
スポンサーサイト

心理学コメント(7)トラックバック(0)|

≪前の記事 「恐怖は安全に対する願望の裏返し」+【ご案内】李登輝 元台湾総統に合いに行こう(日本 修学院 台湾研修講座 『武士道とトップリーダーの実践』)
≫次の記事 「国の借金」論に対する新しいアプローチの提言(前回エントリーの補足です)

コメント

1332:本日のエントリーでまた考えさせられました

日本において財政出動を増やすことが理屈で正しいと分かっていても
・軍事費アップは戦争につながるのではないかという恐怖
・公共事業費アップは癒着・汚職の温床になるのではないかという恐怖
・質素倹約は素晴らしいものだと考える民族性
などなど考えると、感情的な問題もクリアする必要がありますね。

解決方法は心理療法的なものになるのでしょうか。結構難しい問題とは感じますが、これからの廣宮先生のご活躍に期待しております。

2014/01/07 12:39 | くらえもん #- URL [ 編集 ]
1333:

「質素倹約でひたすら働いた戦後復興の成功体験」が今の状況では一番の問題でしょうね。
金を持っている老人に「貯金は悪だ、消費をしよう」と言っても、「自分たちの若いころはあんなに苦労したのに今の若いものは・・・・」とあさっての向きの話を始めてしまいますから。

困ったもんだ。

2014/01/07 12:47 | #- URL [ 編集 ]
1335:

応援の意味で、1つ別の視点から私が思ってることを書きます。
この問題は二段階あると思っています。
第一段階としてはお金=借金という現行システムの理解度が低いことの問題。これが解決すれば財政出動などの理解は当然飛躍的に高まるわけですが、それで話が全て解決するとは私は全く思っていません。むしろ本当の本当に大事なのはここからです。
第二段階として、お金=借金という現行システムの是非、という問題にようやく辿り着きます。借金を永遠に増やし続けなければならないシステムに対する不安や疑問は、第一段階をクリアした人間にも確実にあるはずです。私自身、貨幣システム改革が最終的には必ず必要になると考えています。そして第一段階をクリアしていない人達も、知識はなくとも心の奥底で何か察知してこの不安感を抱いているのではないかと思っています。つまり最終的な恐怖は政府の借金額や支出額などにあるのではなく、現行システムそのものにあるということです。

2014/01/08 16:15 | asd #- URL [ 編集 ]
1337:『STALKER ZERO~被害者が守られる社会へ~』

芸能プロ役員から脅迫被害を受けていた
ミス世界一吉松育美さんが、署名活動を開始しました。
『STALKER ZERO~被害者が守られる社会へ~』
https://www.change.org/stalkerzero

2014/01/11 14:15 | 『STALKER ZERO~被害者が守られる社会へ~』 #DcMVF8fg URL編集 ]
1338:

治療を試みるような感じで頑張るしかないんですかね
やり方としてはモラルハラスメントへの対処辺りが近いんでしょうか?
一人ひとりに寄り添う地道なやり方になってしまいますけど…

2014/01/13 16:14 | ホワホ #- URL [ 編集 ]
1340:

増税ばっかして支出減らしてなにやってんだか。
国民の生命財産守れないなら徴税権なんぞイランだろうに。
中世かよまったく。

2014/01/15 15:30 | #- URL [ 編集 ]
1347:腕力。経済力。声力。連呼力。

 あなたも正しい‥‥   (…私も正しいとは言えない自虐的脳神経回路読者です)
そうですね。
時間上をあっちこっちそっちどっち…するもんですよね。

なんですが、
今日のあまり大臣の国会演説‥‥構造改革、財政均衡、民間手動、PFI、特区戦略、経済諮問、子門真人(駄洒落挿入)、あまりな借金恐怖症理論熟語、あるいわ主流派経済理論信仰の熟語、言葉、単語を連呼し、埋め尽くされた原稿(と感じられる、本人が噛み砕いたと思えない語り)。

デフレ(過疎地は怒デフレ派遣状態)と言う臨床状態から完全に退院してから言って欲しい。


論理的なモノが感情的なモノの上位にあるのは、ヒトが現れた時から延々繰り返されているのでしょうか。

2014/01/24 20:38 | ブーム #5weN/snY URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。